について RFPを提出する お問い合わせ info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

RNase制御市場調査―製品タイプ別(組換え、非組換え)、アプリケーション別(ファミリーを阻害するRNase制御)、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024―2036 年

RFP提出
レポート: 5512 | 公開日: January, 2024

RNase制御市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

RNase制御市場規模は、2036年末までに6.03億米ドルに達する見込みで、2024―2036年の予測期間中に8%のCAGRで成長します。2023年のRNase制御の業界規模は2.09億米ドルでした。 この増加の背景には、世界中でHIV感染者数が増加していることが挙げられます。 世界の健康と発展に対する最大の脅威の 1 つは、汚染された注射器具の使用や、売春婦とその顧客の間の無防備な性交によって引き起こされる HIV です。 世界保健機関 (WHO) によると、2022 年の世界の HIV 感染者数は 39百万人と予測されています。

RNase 技術のますますの進歩が市場の成長を促進すると考えられています。 重要な進歩の中には、遺伝性前立腺がんに関連するRNase Lシグナル伝達経路の同定や、抗ウイルス薬や抗菌薬の創製の可能性のある治療標的が含まれることなどがあります。


RNase制御市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

2.09億米ドル

予測年市場規模(2036年)

6.03億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

RNase制御市場の域概要地

RNase制御市場 – 日本の見通し

日本のRNase制御市場は、高齢者の割合が高いことによるバイオテクノロジー分野の成長と、より優れた医薬品へのニーズの高まりにより、予測期間中に拡大する可能性があります。 日本では、政府が税制上の優遇措置、研究開発税額控除、ローンの有利な減価償却スケジュールなどの形で間接的な支援をバイオテクノロジーに提供しているため、バイオテクノロジーは幅広いビジネスでますます商業的に実現可能になってきています。 これらの要因により、バイオテクノロジーを進歩させる可能性のある遺伝子活性を制御するための RNA ベースのツールセットの需要が高まると予想されます。 たとえば、2021 年の日本のバイオテクノロジー市場の規模は約 440 億米ドルと推定されています。

さらに、日本は科学研究への公的資金を増強するために大規模な新たな基金を設立し、この分野で以前の地位を取り戻す可能性があります。 その結果、RNase コントロール キットなどの先進技術により多くのリソースが投資されています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
RNase Control Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米の RNase制御 市場は、臨床試験数の増加により、2036 年までに 44% の最大シェアを占めると予測されています。 その結果、幅広い病気の治療におけるRNAベースの薬剤の大きな可能性を実証する可能性のある、より多くのRNaseが検査されています。 たとえば、米国では、2023 年 1 月の時点で 38,835 件を超える臨床試験が進行中です。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパのRNase制御市場は、世界が最も重要な持続可能性と健康問題に取り組むのに役立つバイオテクノロジーとライフサイエンスの利用と開発の増加に牽引され、予測期間中に2番目に大きい市場であると推定されています。 さらに、この地域は、世界のトップ 100 大学の 40% 以上がライフサイエンス分野で、トップ 100 大学の約 30% がコンピューターサイエンス分野であり、科学的に大きな強みを持つ大陸です。

APAC市場分析

また、アジア太平洋地域の市場は、2036年末までに大きなシェアを握る見込みです。バイオテクノロジーと生物医学分野は、経済的繁栄の高まり、健康意識の高まり、人口の増加により、近年急速に拡大しています。 さらに、インドは生物学研究にとってより魅力的な目的地となりつつあり、バイオテクノロジー分野の大幅な拡大が期待されています。

RNase制御市場のセグメンテーション

製品タイプ別(組換え、非組換え)

人口の長さの増加と高齢化の結果として世界中で膵臓がんの負担が増大しているため、組換えセグメントは今後数年間で55%という強力な市場シェアを獲得すると推定されています。 たとえば、膵臓癌 (PC) は極めて致死率の高い癌であり、ヨーロッパでは 3 年全生存率は 0.4% 以上から 8% までの範囲です。 特に、2040 年までに EU 全体で感染者数が 25% 以上増加すると予想されます。

癌の分野では、癌を治療する可能性のある組換え DNA 技術のおかげで、治療法に革命が起きています。 さらに、アポトーシス経路の欠陥は癌細胞の抵抗性につながる可能性があるため、組換えタンパク質であるTRAIL-Mu3は膵臓癌細胞のアポトーシスシグナル伝達経路を強化します。 これにより、抗がん活性を有し、癌細胞を破壊するさまざまな方法を実証することが知られているリボヌクレアーゼを特異的に阻害する組換えタンパク質であるRNase阻害剤の需要が高まる可能性があります。

アプリケーション(ファミリーを阻害するRNase制御、ファミリー以外を阻害するRNase制御)

ファミリーを阻害するRNase制御セグメント以外を阻害するRNase制御は、間もなく注目すべきシェアを獲得することになります。 リボヌクレアーゼ A、B、および C は、大腸菌株から抽出された組換えタンパク質である RNase インヒビターによって正確に阻害されます。 大腸菌は、今でも、ラクトースを誘導剤として使用することで効果的に達成できる組換えタンパク質生産用の最も人気があり、経済的な微生物工場です。 さらに、大腸菌では、エンドリボヌクレアーゼ RNase E が RNA の処理と破壊に重要です。これは、RNase E の過剰生産を制限し、この濃度が通常よりも低下するとその合成を促進するためです。

RNase制御市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

製品タイプ別

  • 組換え
  • 非組換え

アプリケーション別

  • ファミリーを阻害するRNase制御
  • ファミリー以外を阻害するRNase制御

エンドユーザー別

  • 研究機関
  • 研究所
  • 保健機関


growth-drivers

RNase制御市場:成長要因と課題

RNase制御市場の成長要因ー

  • 微生物学におけるRNase制御の重要性の高まり – 微生物学では、RNA分子の完全性を維持することが、遺伝子発現の瞬間を捉えてRNA分解を防ぐことを目的とした研究にとって極めて重要です。 さらに、RNase フリーの環境で作業することが不可欠であり、可能な限り衛生的に維持する必要があります。
  • ゲノミクスとプロテオミクスの人気の高まり - プロテオミクスとゲノミクスは密接に関連しており、健康と病気に影響を与える複雑なメカニズムを理解し、医学を進歩させる大きな可能性を示しています。
  • ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法の採用増加 - RT-PCR(逆転写酵素PCR)と呼ばれるポリメラーゼ連鎖反応のバリアントは、遺伝子発現を検査するために研究室で使用されており、遺伝子検査の臨床応用も行われています。したがって、正確な RT-PCR を保証するために、RNA 安定剤と RNase 阻害剤が使用されます。

当社のRNase制御市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • コントロール キットの法外なコスト - RNase コントロール キットのコストは、高度な製造プロセスを必要とする厳格な品質管理措置の関与と、これらのキットの性能を向上させるための非常に効果的な RNase コントロール ソリューションを製造するための大規模な研究開発投資の影響を受けます。
  • 品質保証プロセスに対する厳しい規制要件により、製品の全体コストが増加する可能性があります
  • RNase コントロール キットを使用するための専門スキルと有能な研究者の不足
  • 予算の制約と必要なインフラストラクチャの欠如

inside-report-bg
RNase Control Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Merck & Co.は、癌や感染症のワクチンと治療法を発見、開発、販売するためにバイオテクノロジー企業オルナ・セラピューティクスと提携した。 さらに、この提携により、Orna Therapeutics は、oRNA-LNP 技術プラットフォームの所有権を維持し、遺伝性疾患および腫瘍学に関連するプログラムのさらなる開発を追求する予定です。
  • Eli Lillyとカンパニーは、ProQR Therapeutics N.V.との提携を発表し、ProQR独自のAxiomer RNA編集プラットフォームを利用して新規遺伝子医薬品を特定、作成、販売し、満たされていない医療ニーズの高い病気の患者に提供するためのAxiomerプラットフォームのさらなる用途を調査することを発表した。
  • 日本の大阪大学の研究者らは、最近の研究で、全身性自己免疫疾患の治療はRNaseと組み合わせると有害になる可能性があることを示し、また、RNaseの存在下では抗体が免疫複合体中の抗原により頻繁に結合し、それが自己免疫を高めることも検証した。
  • Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.は、xFOREST Therapeutics Co., Ltd.と協力し、xFOREST独自の技術プラットフォームを活用し、世界中の人々の健康を改善する新しいコンセプトと技術を備えた最先端の製品を創出することで、さまざまな疾患に対するRNA構造を標的とした医薬品の開発を行いました。

RNase制御市場を支配する注目の企業

top-features
  • Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品内容
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域での存在感
    • SWOT分析
  • Daiichi Sankyo Co.
  • Takara Bio Inc.
  • Thermo Fisher Scientific
  • QIAGEN
  • Merck & Co.
  • Beyotime
  • NEB
  • Promega
  • BioVision
  • Rockland Immunochemicals
  • AG Scientific
  • Jena Bioscience
  • Eli Lilly and Company
  • Ginkgo Bioworks
  • Carver Biosciences, Inc.

レポートで回答された主な質問

Ques: RNase制御市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 世界中で HIV 感染者数が増加していることと、RNase 技術の進歩が成長していることが、市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にRNase制御市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: RNase コントロールの市場規模は、2024 年から 2036 年の予測期間中に 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、RNase制御市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: RNase制御市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、QIAGEN、Merck & Co.、Beyotime、NEB、Promega、BioVision、Rockland Immunochemicals、AG Scientific、Jena Bioscience などです。

Ques: RNase制御市場の製品タイプセグメントで最大の市場規模を獲得しているセグメントはどれですか?

Ans: 組換えセグメントは、2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。