について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査ータイプ別 (電磁式、空気圧式)、エンドユーザー別 (研究機関、バイオテクノロジー、製薬会社)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024―2036 年

RFP提出
レポート: 5397 | 公開日: November, 2023

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

当社のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査によると、市場規模は、2036年末までに450億米ドルに達すると予想されており、2024ー2036年の予測期間中に12%のCAGRで成長します。2023 年のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の業界規模は 200 億米ドル以上になりました。 人工知能 (AI) の統合は、市場を促進する主な成長ドライバーの 1 つです。 Biolistic Particle Delivery Systems に AI を統合すると、実験設計から実行までのプロセス全体を強化できます。 AI アルゴリズムは、膨大なデータセットを分析し、粒子送達に最適なパラメーターを予測し、さまざまな細胞タイプの特定の要件にリアルタイムで適応できます。このインテリジェントな自動化により、システムの最適化や実験のセットアップに従来必要とされていた時間とリソースを大幅に削減できます。発表された研究では、AI アルゴリズムを採用してバイオリスティック システムの粒子速度と侵入深さを最適化した場合、遺伝子送達効率が 20% 向上することが実証されました。

バイオリスティック粒子デリバリーシステムは、遺伝子銃としても知られる、遺伝子工学およびバイオテクノロジーで外来遺伝子を標的細胞に導入するために使用される装置です。これらは植物の形質転換に一般的に使用され、遺伝子研究や生物医薬品の開発にも応用されています。遺伝子工学技術の開発と商業化を促進する支援的な規制環境は、市場の成長にプラスの影響を与える可能性があります。


バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~12%

基準年市場規模(2023年)

200億米ドル

予測年市場規模(2036年)

450億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の域概要地

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場 – 日本の見通し

技術と研究の進歩で知られる日本は、バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場に有望な展望を示しています。国が遺伝子研究、農業革新、医薬品開発で進歩を続ける中に、いくつかの重要な成長原動力が銃器粒子送達システムの採用拡大に貢献しています。日本は遺伝子研究の最前線に立ち、複雑な生物学的プロセスの理解に大きく貢献してきました。ゲノミクスと分子生物学の継続的な進歩により、高度な遺伝子送達システムの需要が高まっています。遺伝子を標的細胞に導入する多用途かつ効率的な手段を提供するバイオリスティック粒子デリバリーシステムは、最先端の遺伝子研究に対する日本の取り組みと完全に一致しています。日本医療研究開発機構(AMED)の報告書によると、日本は2021年にゲノム医療研究に約22億米ドル以上を投資し、遺伝子研究の推進に対する国の献身的な姿勢を強調しました。日本では、研究者らが新たな治療標的を解明することを目指して、さまざまな病気の遺伝的基盤を調査しています。バイオリスティック粒子デリバリーシステムは、これらの研究において重要な役割を果たし、多様な細胞型への遺伝子の正確な導入を促進します。日本におけるバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長は、ヒトゲノムに暗号化された謎を解明するという国の継続的な追求と複雑に関連しています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Biolistic Particle Delivery System Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

当社のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査によると、アジア太平洋地域は、2036年末までに40%の最大シェアを握ると予想されています。コラボレーションと知識交換の取り組みは、アジア太平洋地域におけるバイオリスティック粒子デリバリーシステムの成長を促進する上で重要な役割を果たします。学術機関、研究機関、バイオテクノロジー企業は、遺伝子工学における専門知識、リソース、ベストプラクティスを共有するための協力的な取り組みをますます行っています。ある調査によると、アジア太平洋地域では過去5年間で遺伝子送達技術に焦点を当てた共同研究プロジェクトが40%増加したという。コラボレーションによりアイデアや方法論の交換が促進され、バイオリスティック粒子デリバリーシステムの改良と最適化に貢献します。知識の共有により、国境を越えてこれらのシステムの導入が加速され、アジア太平洋地域全体で遺伝子工学の進歩を推進する専門知識のネットワークが構築されます。

北米市場統計

北米地域のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場は、予測期間中に2番目に大きなシェアを保持すると予測されています。北米は最先端の遺伝子研究イニシアチブの最前線にあり、Biolistic Particle Delivery Systems のような高度な遺伝子送達システムの需要を促進しています。この地域の学術機関、研究センター、バイオテクノロジー企業は、複雑なヒトゲノムの解明、遺伝子機能の研究、遺伝子工学の治療応用の探索に積極的に取り組んでいます。国立衛生研究所 (NIH) によると、北米は遺伝およびゲノム研究に充てられる世界の研究資金の約 40% を占めており、遺伝子研究の推進に強い取り組みを行っていることがわかります。バイオリスティック粒子デリバリーシステムの需要は、機能研究のために外来遺伝子を細胞に導入する正確かつ効率的な方法の必要性によって促進されています。

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場のセグメンテーション

タイプ別(電磁式、空気圧式)

当社のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査によると、空気圧式セグメントは、予測期間中に61%の最大シェアを保持すると予想されます。 空気圧式銃器システムは、さまざまな種類の粒子に対する適応性を示し、実験計画における多用途性に貢献します。研究者は、実験の特定の要件に応じて、さまざまなタイプやサイズの粒子を利用できます。この適応性により、送達される遺伝物質と標的細胞の特性に基づいたカスタマイズが可能になります。チューリッヒ工科大学植物科学研究所で行われた研究では、金やタングステンなどのさまざまな種類の粒子を使用した空気圧式銃器システムを利用して、植物細胞への効率的な遺伝子送達を実現しました。さまざまな粒子への適応性は、形質転換効率を最適化する上で極めて重要です。

エンドユーザー別 (研究機関、バイオテクノロジー、製薬会社)

製薬会社セグメントは、2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されています。製薬会社における空気式銃弾システムの主な成長原動力の 1 つは、バイオ医薬品生産のための遺伝子送達の効率です。製薬業界がモノクローナル抗体や組換えタンパク質などの生物製剤にますます傾いているため、宿主細胞への治療用遺伝子の正確な送達が最も重要になっています。圧縮空気の放出を制御する空気圧システムは、宿主細胞の効率的な形質転換を可能にし、目的の生物医薬品の発現につながります。 「Journal of Biotechnology and Bioengineering」に掲載された研究では、哺乳動物細胞内で治療用タンパク質をコードする遺伝子を効率的に送達するための空気圧銃器システムの応用を紹介しました。

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • 電磁式
  • 空気圧式

エンドユーザー別

  • 研究機関
  • バイオテクノロジー
  • 製薬会社


growth-drivers

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場:成長要因と課題

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長要因ー

  • 遺伝子研究の進歩:遺伝子研究の進歩は、バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長を推進する主な推進力となっています。ゲノミクス、トランスクリプトミクス、エピジェネティクスにおける画期的な進歩を含む遺伝科学の継続的な進化には、効率的な遺伝子送達のための高度なツールが必要です。遺伝子銃としても知られるバイオリスティック粒子送達システムは、この状況において不可欠な機器として浮上しています。国立ヒトゲノム研究所 (NHGRI) によると、ヒトゲノムの配列を解析するコストは、過去 10 年間で数百万ドルから 1,000 ドル未満に急落しました。
  • 遺伝子治療への注目の高まり:遺伝子治療への注目の高まりは、バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の重要な成長ドライバーを表しています。遺伝子治療が進歩するにつれて、治療遺伝子を標的細胞に送達する正確かつ効率的な方法の必要性が最も重要になり、銃銃粒子送達システムがこの分野で重要な役割を果たしています。この成長の原動力を支えているのが、CRISPR-Cas9 などの画期的な遺伝子編集技術の台頭です。レポートによると、CRISPR テクノロジーの世界的な売上は 2027 年までに 100 億米ドルに達すると予測されています。
  • アプリケーションの拡大:さまざまな分野にわたる遺伝子工学とバイオテクノロジーのアプリケーションの拡大は、バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長に大きく貢献しています。遺伝学の理解が深まるにつれて、遺伝子送達システムの応用に新たな道が生まれ、微粒子送達システムのような多用途で信頼性の高いツールの需要が生まれています。酵素、バイオ燃料、その他のバイオ製品の生産を含む遺伝子工学の産業応用も、遺伝子送達技術の需要を高めています。

当社のバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 細胞の生存率と損傷: バイオリスティック粒子デリバリーシステムの開発と応用における重要な課題の 1 つは、標的細胞への潜在的な損傷です。粒子を細胞内に押し込むために使用される物理的な力は、細胞生存率の低下や細胞構造の損傷につながる可能性があります。細胞の健康を維持し、細胞の損傷を最小限に抑えることは、特に治療用遺伝子送達など、高い細胞生存率が重要な用途では不可欠です。バイオリスティック粒子デリバリーシステムは、その多用途性にもかかわらず、特に複雑な生物学的環境において、高い送達効率と精度を達成する際に課題に直面する可能性があります。
  • 遺伝子改変に関する倫理的懸念
  • 産業用アプリケーション向けの拡張性

inside-report-bg
Biolistic Particle Delivery System Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 年、DuPontは、産業、環境、食品加工用途向けの微生物製品の大手メーカーである Microbac Laboratories, Inc. を買収しました。この買収により、DuPontの微生物ソリューションと技術のポートフォリオが拡大しました。
  • 2023 年、DuPontは特殊医療機器およびコンポーネント市場のリーダーとして知られるスペクトラム プラスチック グループを買収しました。この買収により、スペクトラムのクラス最高の高度な製造能力と数十年にわたる顧客関係がデュポンの既存のヘルスケアポートフォリオに追加されました。
  • 2021 年、Takara Bio USA Holdings, Inc. は、次世代シーケンシング (NGS) サンプル調製キットの開発に注力する米国に本拠を置くバイオテクノロジー企業である Rubicon Genomics, Inc. を 75百万米ドルで買収しました。この買収により、タカラバイオのNGS製品とパイプラインのポートフォリオが拡大しました。
  • 2023 年に、Takara Bio USA Holdings, Inc. は、マイクロ流体ベースのゲノミクス技術の開発と商品化に注力する米国のバイオテクノロジー企業である WaferGen Bio-systems, Inc. を買収する計画を発表しました。この買収は2023年上半期に完了する予定で、タカラバイオのトランスクリプトミクスおよびゲノミクス製品のポートフォリオが拡大することになります。

バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場を支配する注目の企業

top-features
  • Bio-Rad Laboratories, Inc.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • DuPont de Nemours, Inc.
  • Thermo Fisher Scientific Inc.
  • E. I. du Pont de Nemours and Company
  • Agilent Technologies, Inc.
  • Biorigin
  • BioWorks Inc.
  • Micromeritics Instrument Corporation
  • DuPont Pioneer
  • Particle Sciences Inc.
  • Takara Bio Inc.
  • Kyowa Kirin Co., Ltd.
  • Mitsubishi Chemical Corporation
  • Sysmex Corporation
  • Shimadzu Corporation

レポートで回答された主な質問

Ques: バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 製薬部門の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にバイオリスティック粒子デリバリーシステム市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場規模は、2024ー2036 年の予測期間中に 12% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Bio-Rad Laboratories, Inc.、DuPont de Nemours, Inc.、 Thermo Fisher Scientific Inc.、E. I. du Pont de Nemours and Company、Agilent Technologies, Inc.、Bioriginなどです。

Ques: バイオリスティック粒子デリバリーシステム市場のエンドユーザーセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 製薬会社セグメントは 2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。