について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

水中ロボティクス市場調査 -タイプ別(遠隔操作車両、自動運転車両)、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 1520 | 公開日: November, 2023

水中ロボティクス市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

水中ロボティクス市場の規模は、2036年末までに77億米ドルを超える見込みます。2024 ― 2036 年の予測期間中に約 16% の CAGR で拡大します。2023 年の水中ボティクスの業界規模は 13億米ドルを超えました。

海洋の石油・ガス活動の拡大により、水中ロボティクスの需要が高まっており、探査、掘削、メンテナンスに水中ロボティクスが必要となります。海洋学の研究と探査に対する需要の高まりも市場の成長を促進しています。これらの水中ロボティクスの助けを借りて、丘(高さ 500―1,000 m)および丘(高さ < 500 m)として知られる 138,000 以上の小さな構造物と、33,400 以上の海山(海底から 1,000 m 以上の高さ)が存在することが判明しました。 世界中に存在すると考えられています (Pitcher、2007)。推定 1,720 万 km^2、または世界の海底の 4.7% は海山で構成されています。海山に関連した流れの仕組みにより海洋湧昇が起こり、栄養分が表層水に輸送され、海綿動物、サンゴ、イソギンチャク、フェザースターなどの生物の成長が促進されます。

テクノロジーなどの分野で使用される鉱物と金属の需要の増加により、海底の鉱物資源の探査が再活性化しています。これにより、資源の成長を原動力とする、採掘、石油・ガス探査、環境モニタリング用の水中ロボティクスの需要が増加しています。深海採掘は、豊富な未開発資源が目前に迫っており、探査の新たなフロンティアになると予測されています。しかし、この新たな慣行が環境に与える影響についても高い懸念が寄せられています。2019年7月以来、中国は263の個別のライセンスに相当する総面積161,211.2ヘクタールを深海鉱山探査に割り当てています。


水中ロボティクス市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~16%

基準年市場規模(2023年)

13億米ドル

予測年市場規模(2036年)

77億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

水中ロボティクス市場の地域概要

水中ロボティクス市場 – 日本の展望

日本の水中ロボティクス市場は、予測期間中に顕著な市場価値に達すると予測されています。日本は海洋研究と探査に力を入れているため、水中ロボティクスへの大きな需要が生じています。この国の深海探査と熱水噴出孔を含む水中資源の研究への取り組みが市場を押し上げてきた。さらに、日本は地震と津波に対して脆弱であるため、災害対応と海底断層の監視に水中ロボティクスの導入が促進され、早期警戒と備えが確保されています。

さらに、日本は技術の進歩でも有名です。この国のロボット工学とオートメーションの専門知識により、同国は水中ロボティクス開発の世界的リーダーとしての地位を確立しており、この分野で革新的な企業が強力な存在感を示しています。さらに、この国はロボットの工業生産でもリードしており、今後数年間で注文が10%増加すると予想されています。2022年の時点で、世界の産業用ロボットの45%を日本企業が製造または設計しており、日本メーカーへの産業用ロボットの受注は前年比1.6%増の73億5,000万米ドルに達し、過去最高を記録した。生産は5.6%増加した。 これは市場に大きなプラスの影響を与えました。さらに、この地域には主要企業向けの革新的な製品ラインがあり、たとえば、別の Seaeye Falcon 水中ロボティクスが、複雑な環境で作業するための重要な運用ツールとして、拡大する日本の洋上風力産業に追加されました。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Underwater Robotics Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米は予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されており、世界市場の約46%に相当します。近年、この地域は海洋での作戦を支援するために陸海軍のハードウェアに多額の投資を行っています。報告書によると、米国は2021年よりも2022年に防衛に710億ドル多く支出し、国の安全保障のために総額8110億ドルを支出した。より多くの国がこの地域の海洋権益を保護するためにAUVを開発しているため、AUVは将来、特に軍事分野でより大きな役割を果たすことになります。さらに、この地域の工業化と都市化が進むにつれて、ガスと石油の需要が増加しています。市場の需要は、海洋活動の効率を高めるための最先端の機械とインフラへの投資によって促進されています。

APAC市場統計

アジア太平洋地域の市場規模は、2036 年までに顕著な市場価値を持つと予測されています。この地域の広大な海岸線と深海地域へのアクセスにより、海洋調査、資源探査、漁業管理における水中ロボティクスの需要が高まっています。さらに、中国と韓国などの国の急速な経済発展により、海洋エネルギー生産と防衛など、さまざまなアプリケーションの水中ロボティクスへの投資が増加しています。アジア太平洋地域はロボット技術革新の中心地であり、最先端の水中ロボティクス技術の開発を促進しています。

水中ロボティクス市場のセグメンテーション

タイプ(遠隔操作車両、自動運転車両)

遠隔操作車両セグメントは最大の市場シェアを保持すると推定されており、市場シェアの約 52% に達します。このセグメントの成長は主に、深海石油掘削業界でそのような車両に対するニーズが高まっていることに起因しています。当社の分析によると、世界の石油消費量の30%以上は海外資源から来ています。さらに、米国のメキシコ湾沖合には、2020 年までに 12 基あったリグが 2021 年には 16 基になると推定されています。測量、検査、サンプリングなど、これまで人間が行っていたミスが懸念されていた作業に活用されています。さらに、海底実験には遠隔操作の車両も使用されており、掘削と機器の正確な位置などの困難な手順が必要となる場合があります。 その結果、水中ロボティクスの売上が増加しました。

エンドユーザー(商業探査、防衛および安全保障、科学研究、水中建設)

商業探査セグメントは、予測期間にわたって市場シェアを支配すると推定されています。商業アプリケーションには、石油とガスの探査、難破船の救助、工場インフラの検査、海洋環境での測量などが含まれます。需要の増加に伴い、石油・ガス部門は成長を続けています。水中ロボティクスの使用は、石油・ガス分野における深海掘削に大きく貢献することができ、メンテナンス作業をできるだけ早く実行できるようになり、これまでアクセスできなかった場所に侵入して探索できるようになります。

水中ロボティクス市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ

  • 遠隔操作車両
  • 自動運転車両

エンドユーザー

  • 商業探査
  • 防衛および安全保障
  • 科学研究
  • 水中建設


growth-drivers

水中ロボティクス市場:成長要因と課題

水中ロボティクス市場の成長要因ー

  • 防衛需要の増大―世界的な安全保障への懸念の高まりにより、地雷除去と監視などの業務に水中ロボティクスの導入が進んでいます。水中ドローンが軍艦の戦い方を変える大きな可能性を秘めています。敵の船舶と潜水艦に関する情報を収集するために、偵察任務の実行に使用される場合があります。さらに、紛争が発生した場合には、水中ドローンを発射して爆弾とその他の物資を目標に届けることができます。
  • 技術の進歩―AI、自律性、材料における継続的な革新により、水中ロボティクスの機能と費用対効果が向上しており、技術の進歩と AI の活用を通じて、水中ロボティクスは最も困難な状況でもますます複雑で危険な作業を自律的に実行できるようになります。技術の発展により、水中ロボティクスは現在、物体認識および認識システム、システムのセンサーを使用した点群モデリング、および長距離ミッションのための遠隔展開を行うことができます。これらすべてのイノベーションが累積的に市場の成長を促進しています。
  • オフショアインフラの維持―石油・ガス部門は、水中ロボティクスを最も頻繁に採用している業界の 1 つです。オフショアのパイプラインとリグを検査および保守することで、これらの施設のより安全で効果的な運用が可能になります。エンジニアは、カメラとその他のセンサーを備えた UUV によって撮影された構造物の写真と動画を調べて、劣化、腐食、その他の構造上の問題の兆候を探すことができます。これにより、重大な事故と機器の故障の可能性が軽減されます。水中ロボティクスは、人間の作業者にとって困難または危険さえある塗装と清掃などの定期メンテナンス業務も実行できるため、このビジネスは拡大しています。
  • 汚染の検出―センサーを備えたロボットはリアルタイムで水質を監視し、データを研究者に送信できます。水路の温度、導電率、毒性を測定し、研究者が研究室で分析できるサンプルを収集できます。ロボットは細菌とプランクトンなどの微生物のサンプルを採取します。水サンプル内の線の密度と生物多様性を評価すると、その水がどの程度生息可能であるかを知る手がかりが得られます。

当社の水中ロボティクス市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 通信制限―水中通信では、音波、自由空間光ファイバー (FSO)、または電磁波を使用して情報を伝達します。水面の温度勾配と周囲の騒音は、水中での通信における音波の利用に大きな影響を与える可能性があります。水中環境、特に塩水のある環境は、電磁波が効果的に動作するには理想的ではなく、FSO 波は非常に限られた距離しか伝わりません。さらに、高度な信号処理と水中通信にはかなりの電力が必要です。水中ロボティクスを実装する場合、通信とナビゲーションの不足などの障害を克服するのは難しく、市場の拡大に悪影響を及ぼします。
  • 水中ロボティクスは多くの場合、複雑で構造化されていない環境で自律的に移動する必要があります。人間の介入なしに正確なナビゲーションを実現することは依然として課題です。
  • 海洋および環境規制の遵守は複雑な場合があります。

inside-report-bg
Underwater Robotics Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2020年3月に ECA Groupは、海上での対策に使用するKTOPER地雷処理船をリトアニア海軍に提供する予定です。
  • 2020 年 2 月 にSAAB とオーストラリア国防総省が発表したように、サーブはオーストラリア海軍のハンター フリゲート艦隊に戦術インターフェースを提供します。戦術インターフェースはサーブの次世代戦闘管理システム CMS に基づいており、海軍の大型水上艦艇の一部となる予定です。
  • 2022 年 8 月 にサーブ シーアイ ファルコン無人水中ロボティクスビークルが、日本の 3D 偵察会社 Windy Network の世界的な事業展開に選ばれました。
  • 2022年10月―2022年8月27日・28日に山口県岩国市で開催された「第8回水中ロボティクスフェスティバル」に、東工大公認学生団体であるロボット学会アクアラボのメンバーが、 3位になりました。チーム東工大が制作したロボット「Kurione2」は、自律型水中探査機(AUV)部門に出場した。

水中ロボティクス市場を支配する注目の企業

top-features
  • MacArtney Group
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • International Submarine Engineering Limited
  • Soil Machine Dynamics Ltd.
  • ATLAS ELEKTRONIK GmbH
  • TechnipFMC plc
  • Deep Ocean Engineering, Inc.
  • Saab AB
  • General Dynamics Mission Systems, Inc.
  • Oceaneering International, Inc
  • ECA GROUP
  • Kawasaki Motors Corp
  • Saab Seaeye Ltd
  • FANUC CORPORATION
  • Sakagami Laboratory
  • Daifuku Co., Ltd.
  • YASKAWA ELECTRIC CORPORATION.

レポートで回答された主な質問

Ques: 水中ロボティクス市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 深海採掘に対する需要の増加、防衛用途への高額投資、汚染対策などが、市場成長の主要な成長要因の一部となっています。

Ques: 予測期間中に水中ロボティクス市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 水中ロボティクス市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に最大 16% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、水中ロボティクス市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米市場は、2036 年末までに最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス 機会がもたらされると予想されています。

Ques: 水中ロボティクス市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、International Submarine Engineering Limited、Soil Machine Dynamics Ltd.、 ATLAS ELEKTRONIK GmbH、TechnipFMC plc、 Deep Ocean Engineering, Inc.、 Saab AB, General Dynamics Mission Systems, Inc.、Oceaneering International, Inc、ECA GROUP, Kawasaki Motors Corpなどです。

Ques: 水中ロボティクス市場の機械タイプセグメントで最大市場の規模を占めるセグメントはどれですか?

Ans: 遠隔操作車両セグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。