について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

製品タイプ別(シングルゾーンおよびデュアルゾーン)およびエンドユーザー別(病院、診療所、心臓カテーテル検査検査室、外来手術センターなど)別の皮下植込み型除細動器(S-ICD)システム市場調査セグメンテーション - 2027年の世界的な需要分析と機会展望

RFP提出
レポート: 718 | 公開日: May, 2022

リサーチ・ネスターは、業界調査レポートのコレクションに「皮下埋め込み型除細動器システム市場 - グローバル需要分析と機会見通し2027」という新しいタイトルを新たに追加しました。これは、市場全体のすべての最近の情報を含む進行中の調査です。皮下埋め込み型除細動器システム市場に関する市場調査には、2018年から2027年までの市場規模と予測、地域国別のさまざまな市場セグメント分析、および市場のバリューチェーン全体で特定された主要プレーヤーに関するセクションが含まれます。

皮下埋め込み型除細動器システム市場ビジネスインテリジェンスレポートは、2016年から2027年までの市場データ、過去の現在の市場規模に関する情報、年間成長率(%)、すべてのセグメントおよび地域別の市場シェアと市場予測に関する情報、ならびに競争環境およびさまざまな定性的および同様にすべてのセグメント分析の複合年間成長率(CAGR)を含むすべてのセグメントの分析を表します。市場に関連する定量的な情報として。クリックして無料サンプルをダウンロード

皮下埋め込み式除細動器システム市場規模と予測

高齢者人口の増加、人々の不健康なライフスタイル、アルコール摂取、喫煙などの心血管疾患の蔓延につながる要因は、今後数年間で世界の皮下植込み型除細動器システム市場に多くの成長機会を生み出すと予想されます。 S-ICD市場は、予測期間、つまり2021年から2028年にわたって大幅なCAGRを記録すると予想されます。 S-ICD 市場は、エンドユーザーごとに病院、診療所、心臓カテーテル検査室、外来手術センターなどに分割されています。 これらのセグメントの中で、病院セグメントは、心血管疾患に伴う心拍数の増加、息切れ、動悸、胸痛などの重度の合併症を背景に、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されています。 世界保健機関 (WHO) によると、心血管疾患は世界の主な死因であり、毎年推定 1,790 万人の命が奪われています。 心血管疾患に苦しむ患者は、厳密な観察とケアを必要とします。 病院でこのような救命ケアが利用できること、および病院での救命ケアに対する個人の嗜好が高まっていることにより、このセグメントは予測期間中に顕著な成長を遂げると予想されます。

Research Methodology

レポートのカバレッジ:

  • 研究手法
  • 市場定義の前提と略語
  • 市場エグゼクティブサマリーとセグメント別抜粋
  • リスク分析
  • 最近の市場の変化と発展
  • 市場ダイナミクス
    1. 成長の原動力
    2. 課題
    3. 機会
    4. 動向
  • 市場の成長に影響を与えるマクロ経済指標
  • 地域平均価格分析
  • ポーターのファイブフォース分析
  • バリューチェーン分析
  • 市場セグメンテーション
  • すべてのセグメントによる市場の魅力
  • すべてのセグメントによる市場全体の年間アップサージ値
  • 競争環境
  • キープレーヤーの競争上の位置づけ

methodology for calculating

地理によるカバレッジ:

地理によってカバーされる内容は次のとおりです。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模 前年比成長率と機会分析
  • ラテンアメリカブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模 Y-O-Yの成長と機会分析
  • ヨーロッパ (イギリス ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベルギー オランダ & ルクセンブルク ノルディック ポーランド トルコ ロシア その他のヨーロッパ) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • アジア太平洋(中国 インド 日本 韓国 インドネシア マレーシア オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • 中東・アフリカ(イスラエルGCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模:前年比成長と機会分析

会社によるカバレッジ:

会社ごとのカバレッジには以下が含まれます:

  • 会社概要
  • 財務実績
  • 製品ポートフォリオ
  • 事業戦略
  • 最近の動向
  • リスク分析
  • SWOT分析

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで