について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

半導体知的財産(IP)市場調査―デザインIP 別 (プロセッサ IP、インターフェイス IP、メモリ IP) 、 IPソース別(ロイヤルティ、ライセンス)、 IPコア(ソフトIP、ハードIP)、垂直別 (家電、通信およびデータセンター、自動車、産業、商業) -世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023 ― 2035 年

RFP提出
レポート: 4206 | 公開日: April, 2023

半導体知的財産(IP)市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

半導体知的財産(IP)市場規模は、2035年末までに1,100億米ドルの市場成長に達すると推定されており、2023―2035年の予測期間中に8%のCAGRで拡大します。2022 年の半導体知的財産 (IP) の業界規模は 70 億米ドルでした。 この市場は、処理速度が速く、マルチスレッドをサポートするマルチコア プロセッサ テクノロジの成長に加え、システム オン チップ テクノロジに対する需要の高まりを背景に成長すると推定されています。 最近の統計によると、マルチコア プロセッサの結果は、他のプロセッサ バリアントよりも 35% 高く、高速でした。

世界の半導体知的財産(IP)市場も、世界中のデータセンター数の増加により成長すると推定されています。 最新のデータによると、2021 年には世界中に約 8,000 のデータセンターがありました。 2020 年に世界中で作成されたデータの総量は約 59 ゼタバイト (59 兆ギガバイト) で、2025 年末までにデータ作成量は 175 ゼタバイトに達すると予測されています。


半導体知的財産(IP)市場 : 主な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2022年)

70億米ドル

予測年市場規模(2035年)

1100億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

半導体知的財産(IP)市場の地域概要

半導体知的財産(IP)市場 – 日本の展望

日本の半導体知的財産(IP)市場は、予測期間中に大幅に成長すると見込まれています。 半導体は、タブレット、ラップトップ、データセンター、自動車などの幅広い製品に使用されています。 これらの製品に対する需要の高まりにより、この地域における半導体の知的財産への需要が高まっています。 日本半導体製造装置協会(SEAJ)によると、2021年の日本の半導体製造装置の売上高は360億米ドルという新記録を達成した。

これに加えて、日本における半導体設計におけるセキュリティの重要性が高まっています。 半導体がより複雑になるにつれて、セキュリティの脅威から半導体を保護する必要性が高まっています。 半導体の知的財産は、偽造、著作権侵害、その他のセキュリティ上の脅威から半導体設計を保護するのに役立ちます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Semiconductor Intellectual Property (IP) Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

当社の半導体知的財産(IP)市場調査によると、2035 年末までに、北米の市場は、他のすべての市場の中で 35% という最大の市場シェアを獲得すると予想されています。 これは、この地域の多様な技術開発と半導体部門の成長に起因すると考えられます。 データによると、米国の半導体セクターは2020年に国のGDPに2,400億米ドル貢献した。さらに、家庭用電化製品の使用の増加と、製造および設計コストの削減が相まって、予測期間を通じてこの地域の市場拡大を促進すると予測されています。

APAC市場統計

さらに、アジア太平洋地域の市場は、予測期間中に大幅に拡大すると予想されます。 地域の成長は、スマートフォン、スマートウォッチ、バンドなどのスマート デバイスの人気の高まりによって促進される可能性があります。 たとえば、中国におけるスマートウォッチの推定出荷数は、2020 年に 40百万台を超え、2022 年末までに 55百万台のデバイスが出荷されると予想されています。 さらに、アジアの企業は最近、電子創作の分野で競争力を高めています。 アジア太平洋地域の企業は、低人件費、社内技術の進歩、スマートフォン、電気自動車などの大きな競争上の優位性を活用して、世界のエレクトロニクス産業で強力な地位を確立しようとしています。 これは、この地域における半導体知的財産 (IP) の拡大の促進に貢献しています。

半導体知的財産(IP)市場のセグメンテーション

デザインIP (プロセッサIP、インターフェースIP、メモリIP)

当社の半導体知的財産(IP)市場調査によると、プロセッサ IP セグメントは、予測期間中に 35% という最大の市場シェアを獲得すると予想されます。 これは、自動車業界におけるプロセッサ IP の採用の増加と 5G テクノロジーの拡大によって推進される可能性があります。 たとえば、テクノロジーを含む 5G は、2025 年末までに 12 億接続、つまり世界人口の約 3 分の 1 に達すると予測されています。

垂直(家電、通信およびデータセンター、自動車、産業、商業)

家電部門は、調査期間中に最高の市場シェアを獲得したと考えられます。 セグメントの成長の主な要因は、人口増加により、複雑なシステムを制御および処理するための半導体知的財産(IP)として、携帯電話、コンピュータ、プリンタ、スキャナ、ラップトップ、テレビ、カメラなどの家庭用電化製品の生産が増加していることです。

半導体知的財産(IP)市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

デザインIP 別

  • プロセッサ IP
  • インターフェイス IP
  • メモリ IP

IPソース別

  • ロイヤルティ
  • ライセンス

IPコア別

  • ソフトIP
  • ハードIP

垂直別

  • 家電
  • 通信およびデータセンター
  • 自動車
  • 産業
  • 商業


growth-drivers

半導体知的財産(IP)市場:成長要因と課題

半導体知的財産(IP)市場の成長要因ー

  • Heath ウェアラブルの上昇傾向 ~ 人々の健康への注意が高まるにつれ、健康追跡機能を備えたスマート ウェアラブル デバイスとバンドの需要が増加しており、そのようなデバイスの製造には半導体 IP が使用されています。
  • ラップトップとタブレットの使用の増加 ~ リモート勤務政策により、ラップトップやタブレットなどの IT デバイスの導入が増加しました。 スマートフォン、タブレット、メモリなどの家電製品は、プロセッサ製品とともに集積回路 (IC) やシステムオンチップ システム (SoC) を使用しており、分析期間中に市場の成長が促進されると予想されます。 推定によると、世界中で約 50 億人が毎日インターネットにアクセスしており、約 65% がラップトップを使用してインターネットにアクセスしています。 さらに、2025 年末までに、世界のラップトップ出荷台数は 270百万台に達すると予測されています。
  • 政府の支援と投資の増加 – 電子・電気製品製造における数カ国の政府当局による投資と支援の増加は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。 インド・ブランド・エクイティ財団のデータによると、インド政府は2021ー2022年にかけての間にエレクトロニクス製造部門に約24億米ドルの投資を調達することを目指していた。

当社の半導体知的財産(IP)市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • IT 盗難のリスクとスタティック ランドン アクセス メモリはスムーズな機能を提供できないことが多い – IP 偽造と偽造コンポーネントの開発は、世界的な半導体知的財産 (IP) 市場であると考えられています。 また、スタティック ランダム アクセス メモリは IP の脅威に対して脆弱であり、完全な機能を提供できないことがよくあり、これが再び市場規模の拡大を妨げると予測されています。
  • テクノロジーの絶え間ない変化
  • 先進技術の採用により設計コストが増加

inside-report-bg
Semiconductor Intellectual Property (IP) Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023 年 8 月、Sony Semiconductor Solutionsは、イメージセンサー用の新しい半導体 IP を開発したと発表しました。 この半導体知的財産は、高速画像信号プロセッサと高速ADCを組み合わせた世界初の製品です。
  • 半導体向け可変抵抗スイッチング技術である NanoBridge を使用した高度な回路の設計、製造、IP ライセンスの販売を行う NanoBridge Semiconductor, Inc. は、株式を発行したと発表しました。 シリーズ A は、日本産業パートナーズ株式会社、日本電気株式会社などを対象としています。 企業から約130百万円を調達。
  • 半導体知的財産市場のリーダーである eMemory Technology Inc. は本日、Intel Foundry Services (IFS) Accelerator – IP Alliance との提携を発表しました。 このパートナーシップにより、IFS の顧客は、インテルのテクノロジーをさらに設計するために、eMemory の Neofuse、NeoPUF、および PUF ベースのセキュリティ IP を使用できるようになります。
  • ワイヤレス接続およびスマート センシング技術の市場リーダーである CEVA Inc. は、DARPA プログラムにおける技術革新のために、米国国防事前研究計画局 (DARPA) と商業提携を確立しました。 このパートナーシップは、CEVA が DARPA 研究プログラムにおけるポートフォリオとエコシステムを拡張するのに役立つと考えられます。

半導体知的財産(IP)市場を支配する注目の企業

top-features
  • Arm Limited
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • NanoBridge Semiconductor, Inc.
  • NEC Corporation
  • Sony Semiconductor Solutions
  • Japan Industrial Partners, Inc.
  • Synopsys Inc.
  • Cadence Design System Inc.
  • Imagination Technologies Limited
  • CEVA, Inc.
  • Lattice Semiconductor Corporation
  • eMemory Technologies Inc.
  • Rambus Inc.
  • Silicon Storage Technology Inc.
  • VeriSilicon Microelectronics Co., Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: 半導体知的財産市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ラップトップやタブレットの使用の増加と、健康ウェアラブルのトレンドの成長は、半導体知的財産 (IP) 市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。

Ques: 予測期間中に半導体知的財産市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、2023 年から 2035 年の予測期間中に最大 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、半導体知的財産市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米市場は 2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネスチャンスがもたらされると予想されています。

Ques: 半導体知的財産市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Cadence Design System Inc.、Imagination Technologies Limited、CEVA, Inc.、Lattice Semiconductor Corporation、eMemory Technologies Inc.、Rambus Inc. などです。

Ques: 半導体知的財産 (IP) 市場において、デザインIP で最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: プロセッサ IP セグメントは、2035 年末までに最大の市場規模を獲得し、大きな成長の機会が見込まれると予想されています。