について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場調査 -タイプ別 (ソフトウェア)、製品タイプ別、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5381 | 公開日: November, 2023

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

プログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場の規模は、2036 年末までに約 180 億米ドルに達すると予想されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 5% の CAGR で拡大します。2023 年にプログラマブル ロジック コントローラー (PLC) の業界規模は 120 億米ドルを超えました。 市場の成長は、いくつかの業界や企業でオートメーションの統合が進んでいることに起因すると考えられます。 IT リーダーの 83% は、生産性を高めるにはワークフローの自動化が必要であると述べています。 現在、組織の 48% が手動操作を自動化する自動化ソリューションを導入しています。 さらに、企業の約 24% がローコード プロセス オートメーション テクノロジを採用しており、29% がまもなく導入する予定です。 これらのシステムは、企業のワークフローの合理化、データの有効活用、時間とコストの節約を支援します。

さらに、再生可能エネルギーの受け入れの高まりにより、太陽光発電や風力発電施設の設置が増加しており、プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場拡大を促進していると考えられます。 プログラマブル ロジック コントローラーは、風力タービン、ソーラー パネル、水力発電所を操作します。システムを介して電力を制御と監視するためにも利用されます。 これらにより、より正確なシステム制御が可能になり、効率が向上し、無駄が削減されます。 さらに、システムの機能をリアルタイムで監視し、欠陥を特定し、タイムリーなメンテナンスと調整を可能にすることもあります。 2022 ― 2027 年の間に、世界の太陽光発電容量はほぼ 3 倍に増加し、石炭に取って代わり世界最大の電力容量になると予測されています。 予測期間中に世界の風力発電容量はほぼ 2 倍になり、洋上プロジェクトが増加分の 5 分の 1 に貢献しました。 今後 5 年間で、新たに追加される再生可能電力容量の 90% 以上を風力と太陽光が占めることになります。


プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~5%

基準年市場規模(2023年)

120億米ドル

予測年市場規模(2036年)

180億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場の地域概要

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場 – 日本の見通し

日本のプログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場は、国内産業の自動化の進展により成長すると予想されています。 オートメーションは、包装、医薬品、食品、物流、輸送など、日本のいくつかの業界の一部となっています。 ロボット、インダストリー 4.0、他の自動機械を導入する主な理由は、国内の労働力不足です。 OECDのデータによれば、日本は人口の点で最も高齢化が進んでいる国の一つであり、高齢者の割合が最も高い国です。 さらに、日本で最も有名な産業やロボット企業の存在によって自動化も促進されています。そのためにこの国は人間 10,000 人あたり約 631 台のロボットを製造しており、これは世界のロボット生産全体の 45% のシェアを占めています。 製造業とは別に、日本で製造業は2022年に70億米ドル以上を支出し、産業用ロボットの購入全体でトップとなっており、この支出は2021年に比べて約1.6%増加しています。

これに加えて、エネルギー効率の高い国への注目の高まりが日本市場の成長を牽引すると予想されます。 2020年10月に日本政府は温室効果ガス排出実質ゼロ、脱炭素社会、カーボンニュートラルを達成すると約束しました。 この議題は、日本の将来のエネルギーと気候政策における重要なポイントを示しています。 宣言された公約を遵守するのに、政府はこの目標を達成するためにいくつかの政策や取り組みに積極的に取り組んでいます。 これには、持続可能なインフラの開発、持続可能な製品の製造、エネルギー効率の高い技術の高度な利用が含まれます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Programmable Logic Controller (PLC) Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米にプログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場シェアは、他のすべての地域市場の中でも最大となり、2036 年末までに約 35% を占めると予測されています。市場の成長は主に、業界の変革の拡大と自動化とロボットプロセスオートメーションの導入の増加に起因すると考えられます。 北米の企業は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック後の需要拡大に対応しようとして、第1四半期に産業用ロボットへの支出を増加しました。 オートメーション推進協会によると、北米企業は2022年に第1四半期に約9,000台のロボットを注文し、前年比約20%増加しました。 受注総額は466百万米ドルを超えました。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパのプログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場は 2 番目に大きく、2036 年末までに約 28% のシェアを獲得すると推定されています。市場の成長は主に、オートメーションの第 4 革命への投資の増加に起因すると考えられます。 インダストリー 4.0 革命への投資拡大の結果、ヨーロッパは最も注目すべき産業オートメーション導入国として浮上しました。 CBI外務省によると、ヨーロッパは世界のインダストリー4.0投資の3分の1以上を占めています。

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場のセグメンテーション

製品タイプ別 (モジュラー PLC、コンパクト PLC、ラック PLC)

モジュラー PLC セグメントは、2036 年には約 65% という最大市場シェアを獲得すると推定されています。自動化された製造プロセスにおいて、コンパクトおよびラック 1 よりも現在の PLC の効率が向上したことが、このセグメントの上昇に貢献する可能性があります。 最新の PLC は主に、コンピュータ ビジョン ベースの品質管理、AI 主導の出荷、予知保全など、より複雑な用途に統合されています。 これらは他の 2 つの PLC よりも大幅に優れた能力を持っています。 モジュラー PLC は、製造業界のプロセス管理など、出力に加えて多数の入力を必要とするアプリケーションで一般的に使用されます。 その結果、大量のデータを保存し、複数のアクティビティを実行できます。

エンドユーザー別 (食品と飲料、自動車、化学と石油化学、パルプと紙、石油とガス、製薬、上下水処理、エネルギーと公共事業)

自動車セグメントは、2036 年には約 30% という大きなシェアを獲得すると予想されています。このセグメントの成長は主に、自動車製造におけるオートメーションとロボットの統合の高まりによるものです。 自動車部門は世界中の施設で最も多くのロボットを採用しており、稼働在庫は 1百万台を超えています。 これは、全業界に設置されている合計のほぼ 3 分の 1 に相当します。 これまで基本的な組み立てのために従来の産業用ロボットに投資してきたほとんどの自動車メーカーは、現在、最終的な組み立てと仕上げ作業のための協調アプリケーションに投資しています。 自動車ロボットが小型化、多用途化され、プログラミングが容易に、この状況は変化すると予測されています。

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • ソフトウェア
  • ハードウェア

製品タイプ別

  • モジュラー PLC
  • コンパクト PLC
  • ラック PLC

エンドユーザー別

  • 食品と飲料
  • 自動車
  • 化学と石油化学
  • パルプと紙
  • 石油とガス
  • 製薬
  • 上下水処理
  • エネルギーと公共事業


growth-drivers

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場:成長要因と課題

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場の成長要因ー

  • ダウンタイムを削減する必要性の高まり - ダウンタイムは、メンテナンスコストと生産損失の両方の観点から、企業にとって非常に大きなコストとなる可能性があります。 特に不注意によるダウンタイムは、労働災害や意図しない燃料流出などの環境問題のリスクを高める可能性があります。 企業の大部分はスムーズに動作するテクノロジーに依存しているのに、エンタープライズ市場にダウンタイムのコストは、罰則や制裁がなければ 1 時間あたり 1百万米ドル以上、場合によっては 5百万米ドルを超えることもあります。
  • 大量生産からマスカスタマイゼーションへのトレンドの移行 – プログラム ロジック コントローラーなどの革新的なテクノロジにより、マスカスタマイゼーションや積層造形を使用した組立および製造プロセスが進歩しました。 また、より詳細なレベルでの大規模カスタマイズの実装も支援しました。 自動化、コンピュータ統合製造およびモデリング、コンピュータ支援設計および製造 (CAD/CAM)、およびフレキシブル製造システム (FMS) は、マス カスタマイゼーションにおける重要なテクノロジです。 マスカスタマイゼーションの主な利点の 1 つは、廃棄物の削減とより持続可能な開発の可能性です。 メーカーは必要なものだけを作ることで、過剰在庫や資源の無駄を減らすことができます。 さらに、マスカスタマイゼーションによりコスト削減と効率の向上が可能になります。
  • スマート交通管理の高度な実装 – 米国、オーストラリア、ロシア、イギリスなどの多くの富裕国は、インテリジェントな交通管理システムの構築に取り組んできました。 発展途上国であるインドでも、スマート交通管理システムの開発が進められています。 新興市場では自動車の販売が増加しており、その結果高速道路の交通量が増加しています。 この戦略は、信号機がいつ反応するかを決定することによって開発されました。 コントローラーは優先順位を評価し、信号柱に出口信号を送信し、赤、黄、または緑の信号をオンまたはオフにします。
  • PLCの利用促進に向けた民間企業の取り組みーロックウェル・オートメーションとファナック アメリカは、アップグレードされた作業と学習のトレーニング プログラムを共同開発しました。彼らは、先進的な製造、ロボット工学、オートメーション分野での雇用に向けて、現在および将来の労働者のスキルアップに重点を置きました。 このプログラムでは、PLC 技術者の認定資格も提供します。

当社のプログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • セキュリティに対するサイバー脅威のリスク - PLC は、より大規模なシステムへのリンクと統合が進むにつれて、サイバーセキュリティの脅威にさらされることがますます増大しています。 PLC をサイバー攻撃から保護し、産業用制御システムのセキュリティを確保することは大きな課題です。 PLC 攻撃が発生すると、PLC から通信された情報が結合されて、セキュリティ侵害が発生し、ワークステーションに悪意のあるマルウェアがインストールされます。 コンピュータ システムをハッキングした後、攻撃者は他のネットワーク システムに侵入する可能性があります。
  • PLC のエンドユーザーは、安全性とメンテナンスに関する厳格な規制の下で動作します。
  • PLC の熟練したプログラマーと技術者の不足です。

inside-report-bg
Programmable Logic Controller (PLC) Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 7 : Omron Corporationは、小型機器でのデータ収集とマシン間通信を可能にする CP2E マイクロ PLC を開発しました。 CP2E は、大量生産される単一マシンの最も信頼性が高く、コスト効率の高い代替手段の 1 つです。 CP2E シリーズ コントローラは、トレーサビリティと機械監視が重要な柔軟な製造にコスト効率の高いオプションを提供します。
  • 2023 3 : Emerson Electric Co. は、PACSystem RSTi-EP CPE 200 プログラマブル オートメーション コントローラーを発表しました。 最もコンパクトな PAC は、専門のソフトウェア エンジニアリング担当者の必要性を減らし、OEM が顧客の要求を満たすのに役立ちます。CPE 200 コントローラは、低コストで小型の IIoT 対応フォーム ファクタで大規模なプログラマブル ロジック コントローラ (PLC) 機能を提供するため、機械メーカーがパフォーマンスとコストを引き換えにする必要がなくなります。
  • 20217月:自動車部品と工作機械メーカーのジェイテクトが、機器故障の根本原因を調査する「サイクルレコーダー機能」の構築を発表しました。この新機能は、ジェイテクトのプログラマブルロジックコントローラー(PLC)「TOYOPUC-Nanoシリーズ」に搭載される予定です。車載カメラが故障した場合、オペレーターはサイクルレコーダー機能を利用してカメラ映像や動作履歴を分析できます。
  • 2021 年 12 月: Deltaは、新しい DVP シリーズ プログラマブル ロジック コントローラーの発売を発表しました。 これらは、幅広い産業オートメーション機器に高速で安定した信頼性の高いアプリケーションを提供します。 コスト効率の高い DVP-PLC は、多数の通信プロトコルをサポートし、デルタの AC モーター ドライブ、サーボ、ヒューマン マシン インターフェイス、温度コントローラーを産業用ネットワーク経由でリンクします。素早いロジック操作、豊富な命令、複数の機能カードに加えます。

プログラマブルロジックコントローラー(PLC)市場を支配する注目の企業

top-features
  • Eaton Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • ABB Ltd.
  • JTKET
  • Mitsubishi Electric Corporation
  • Toshiba Electronics
  • Delta Electronics Inc.
  • OTEK Corporation
  • Electric Power Construction Corporation
  • Robert Bosch GmbH
  • Honeywell International Inc.
  • Siemens AG
  • Rockwell Automation
  • Schneider Electric SE
  • Omron Corporation
  • Emerson Electric Co.

レポートで回答された主な質問

Ques: プログラマブルロジックコントローラー市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 製造業に自動化の増加と再生可能エネルギーへの需要の増加が、市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にプログラマブルロジックコントローラー市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: プログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場の規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に ~5% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、プログラマブルロジックコントローラー市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域市場は、2036 年末までに最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス 機会がもたらされます。

Ques: プログラマブルロジックコントローラー市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Eaton Corporation、Omron Corporation、Emerson Electric Co、OTEK Corporation、Electric Power Construction Corporation、Robert Bosch GmbH、Honeywell International Inc、Siemens AG、Rockwell Automation、とSchneider Electric SE です。

Ques: プログラマブル ロジック コントローラー (PLC) 市場の製品タイプ セグメントで最大市場の規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: モジュラー PLC セグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。