について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

パワーインダクタ市場調査 -コア別、材料別、実装別、タイプ別、アプリケーション別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5379 | 公開日: November, 2023

パワーインダクタ市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

パワーインダクタ市場の規模は、2036年末までに64億米ドルに達すると予測されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 5.5% の CAGR で増加します。2023 年にパワーインダクタの業界規模は 32 億米ドルを超えました。 市場の成長は、電源回路におけるパワーインダクタの必要性と、その後のスマートフォンや高信頼性が必要なその他のデバイスの使用の急速な増加によるものです。 調査によると、世界中の 80% の人がスマートフォンを使用しています。 携帯電話で費やされる時間の 91% はアプリです。

さらに、小型医療機器に優れた性能と高い信頼性を提供する金属合金パワーインダクタの生産が、パワーインダクタ業界のメーカーによって増加しています。 金属巻線、フェライト巻線、多層構造は、さまざまなサイズと構成で提供される堅牢なパワー インダクタの特徴です。


パワーインダクタ市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~5.5%

基準年市場規模(2023年)

32億米ドル

予測年市場規模(2036年)

64億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

パワーインダクタ市場の地域概要

パワーインダクタ市場 – 日本の展望

日本のパワーインダクタ市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。 この地域市場の成長は、主要企業の存在によるものです。 先進技術にイノベーションの増加が、この地域市場の成長を促進していると考えられています。 インフラ整備に対する需要の高まりにより、日本市場の成長が期待されています。 2023 年までに、水門が 10,000 個、トンネルが 11,000 本、下水管が 470,000 メートル、港湾岸壁が 5,000 個、そして築 50 年以上の橋が 730,000 本以上になる予定です。 このインフラの老朽化とそれに関連する事故は深刻な問題となっているため、国民と政府はより多くの注目を集めています。

これらに加えて、この地域の人口増加により、日本の電力需要が増加すると予想されます。 したがって、電力消費量の増加により、市場の成長が鈍化すると予想されます。 2021 年度に日本で消費された電力は約 3.33 千ペタジュールがありました。日本は主要工業国としての地位により、生産のに大きな電力需要を抱えています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
power inductor market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

アジア太平洋市場予測

アジア太平洋地域のパワーインダクタ市場は、予測期間中に約32%の最大シェアを保持すると予測されています。この地域に本拠を置くトップクラスのインダクタメーカーがいくつかあるのに、エレクトロニクスおよび電気産業の成長にとって不可欠です。 他の地域の多くの電子機器製造企業は、人件費の安いアジア諸国に生産を委託しています。 これは、受動電子部品の組立てやテスト、半導体組立など、労働集約的な仕事の需要が高い業界で特に顕著です。 インダクタの大部分はアジア太平洋地域で生産されており、この地域の人件費が低いため、さまざまな地域に出荷されています。 電力の需要が劇的に高まっているため、電力管理の重要性が高まり、インダクタの需要が高まっています。 2023 年までに、アジア太平洋地域の家電市場全体の収益の 11.0% をインターネット販売が占めると予想されます。 2024 年にアジア太平洋地域の家電産業は数量で 2.0% 増加すると予測されています。

北米市場統計

北米地域のパワーインダクタ市場は、予測期間中に約26%の2番目に大きなシェアを保持すると予測されています。 家庭用電化製品の使用増加とデジタル移行により、北米ではパワーインダクタの需要が増加すると予想されています。 効果的な電圧調整のための高度な技術の進歩により、パワーインダクタ市場は有望な成長が見込まれています。

パワーインダクタ市場のセグメンテーション

コア別(シールド、非シールド)

シールドセグメントは、予測期間中に約 65% の最大市場シェアを保持すると予想されます。 商業用、自動車用、産業用のユニットおよび設計に電源ノイズを効果的に低減するシールドインダクタの機能により、その応用範囲が広がり、セグメントが急速に拡大しました。 2022年4月から2023年3月までに、乗用車、商用車、三輪車、二輪車、四輪車を含む自動車生産台数は25,931,867台であったのに対し、インドでは2021年4月―2022年3月までの生産台数は23,040,066台がありました。

材料別(空芯、強磁性/フェライトコア、鉄芯、金属合金)

空芯セグメントは、予測期間中に約 40% の最大シェアを占めると考えられます。 市場が成長しているのは、ラジオやコンピュータなどさまざまな電気機器で実用化されています。 2019 年には、世界中の一般家庭の約半数がコンピューターを所有していると推定されています。 対照的に、先進国ではパーソナル コンピュータを所有する家庭の割合は 80 %がありました。

アプリケーション別(家電、自動車、産業、ヘルスケア)

家電セグメントは成長を遂げ、2036年末までに約42%の最大シェアを保持すると予想されています。ウェアラブル、5G対応スマートフォン、スマートホームなどの新技術の出現には高電圧が必要となるためにパワーインダクタ市場はさらに拡大すると考えられます。 世界中で接続されるウェアラブル デバイスの数は、2019 ― 2022 年に大幅に増加しました。この数字は 929百万人から、2022 年には約 11 億人に増加しました。

パワーインダクタ市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

コア別

  • シールド
  • 非シールド

材料別

  • 空芯
  • 強磁性/フェライトコア
  • 鉄芯
  • 金属合金

実装別

  • 表面実装技術
  • スルーホール技術

タイプ別

  • 巻線
  • 多層
  • 薄膜電源

アプリケーション別

  • 家電
  • 自動車
  • 産業
  • ヘルスケア


growth-drivers

パワーインダクタ市場:成長要因と課題

パワーインダクタ市場の成長要因ー

  • 家庭用電化製品に進歩と画期的な進歩 – 家庭用電化製品分野はダイナミックかつ急速に変化しており、市場の競合他社が熾烈な競争を繰り広げ、革新的な技術進歩が常に起こっています。 家庭用電化製品メーカーは、製品の機能と品質の向上に努める際に、これらの技術の進歩と改善の恩恵を受けています。 さらに、家電業界で使用されるインダクタの総量が増加すると予想されます。 さらに、メーカーによる新技術への注目の高まりや、人工知能 (AI) やモノのインターネット (IoT) などの主要な新興技術の採用の増加により、インダクタの採用が促進されています。 爆発的なトピックによると、IoT 市場は 2024 年までに 1 兆米ドルを超える規模に達すると予想されています。 最近の調査によると、2030 年までに 500 億ガジェットがオンラインになると予想されています。 さらに、毎秒 127 近くの新しい IoT デバイスがインターネットに接続しています。
  • 電気自動車の使用の増加 - 電気自動車の生産は近年大幅に増加しており、今後も増加し続けると予測されています。 電気自動車の開発は非常に速いスピードで進んでいます。 電気自動車の人気の高まりにより、リンクされた自動車や先進運転支援システム (ADAS) の開発において電子部品が果たす役割はさらに大きくなります。 多くの大手自動車メーカーや最近設立された自動車メーカーが、環境規制の強化に対応して電気自動車の生産量を増やしているため、受動部品の需要は増加すると予測されています。 これらの電気自動車はIoTとAIを活用し、新しいテクノロジーが搭載されています。 電気自動車の使用が増加するにつれて、インダクタの需要は今後数年間でさらに高まる可能性があります。
  • データ主導の意思決定が企業のサプライチェーン最適化を支援 - パワーインダクタ業界の企業は、データ主導の洞察を活用して、世界各地でのパンデミックの深刻度に基づいて部品製造を拡大しています。 裕福な企業は、データ収集手順をできるだけ早く自動化するために懸命に取り組んでいます。 サプライチェーンを最適化するために、同社は電子商取引を含むさまざまな販売チャネルすべてに革新と投資を行っています。

当社のパワーインダクタ市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • インダクタの小型化による複雑さの増大 - 製品は小型化され、より多くの機能が搭載されていますが、同時により洗練されています。 高度で複雑な機能を備えたモバイル機器は小型化が続いています。 リストバンド型ウェアラブル、スマートウォッチ、センサー ネットワーク デバイスなどのモノのインターネット デバイスなどの製品市場では、サイズと厚さの縮小が必要です。 動作時間を延長するには、これらのデバイスには非常に効率的な電源回路も必要です。 スマートウォッチなどのウェアラブル製品のサイズと厚さの縮小により、効率とパフォーマンスを高めるためにマルチコアおよび高速プロセッサの使用が増加しています。 これにより、インダクタを含む必要なすべてのコンポーネントの小型化への道が開かれます。
  • パワーインダクタの製造に必要な基本材料の価格が不安定であるため、市場の成長が妨げられています。
  • メーカーに制限を課す厳しい政府の規則が、電力変圧器事業の拡大を妨げています。

inside-report-bg
power inductor market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2021 年 5 月: Bourns Inc は、新しいモデル SRP03-LAB、SRP04-LAB、SRP05-LAB、および SRP06-LAB ロープロファイル シールド パワー インダクタ設計キットを解放しました。 これらの設計キットには、エンジニアに迅速なプロトタイプテストのためのさまざまなインダクタンス、定格電流、およびサイズを提供するインダクタが含まれています。
  • 2022 年 3 月: Vishay Intertechnology, Inc. は本日、EMI を低減する統合電界シールドを備えた薄型大電流インダクタの IHLE® シリーズを、5 mm x 5 mm x 3.4 mm のケースサイズの新しい商用および車載グレードのデバイスで拡張しました。市場でそのようなデバイスの最小である Vishay Dale IHLE-2020CD-51 および IHLE-2020CD-5A は、個別の基板レベルのファラデー シールドの必要性を排除することでコストを削減し、基板スペースを節約します。
  • 2020 年 6 月: Murata Manufacturing Co. Ltdは、Bluetooth Low Energy アプリケーション向け積層パワーインダクタ LQM18DN_70 シリーズを発売しました。 新しい積層パワーインダクタは、以前の LQM21FN_80 シリーズよりも小型で、より大きな電流を処理できます。 各種ウェアラブル機器など、小型・低消費電力が要求される用途に最適です。
  • 2019年5月:TDK Corporationは、IEC 2012ケースサイズで従来製品と比較して大電流に対応できる小型薄膜パワーインダクタの開発を発表しました。 薄型 TFM201208ALD パワー インダクタの寸法は 2.0 x 1.25 x 0.8 mm で、定格インダクタンス 1.0 µH で入手可能です。 パワーインダクタの直流抵抗は79mΩと従来品より12%低減し、低損失を実現しました。 新パワーインダクタは、直流重畳特性の向上により、定格電流が2.5Aと従来品より4%増加しました。 その結果、この新しいパワーインダクタは、電源回路、特にスマートフォンやタブレットなどの小型モバイル機器の電源回路の高負荷時の電力変換効率の向上に役立ちます。 これにより、デバイスの高機能を維持しながら、バッテリー寿命を最大限に延ばすことができます。

パワーインダクタ市場を支配する注目の企業

top-features
  • Kyocera AVX Component Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • TDK Corporation
  • Murata Manufacturing Co., Ltd.
  • Panasonic Corporation
  • Taiyo Yuden Co., Ltd.
  • Sumida Corporation 
  • Samsung Electro-mechanics Co., Ltd.
  • Vishay Intertechnology, Inc.
  • ALPS ALPINE CO., LTD
  • Delta electronics, Inc.
  • Bournc, Inc.
  • Shenzhen Sunlord Electronics
  • ABC Taiwan Electronics
  • Pulse Electronics
  • TE Connectivity

レポートで回答された主な質問

Ques: パワーインダクタ市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 家庭用電化製品の進歩と躍進、と電気自動車の使用の増加が、パワーインダクタ市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にパワーインダクタ市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: パワーインダクタ市場の規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 5.5% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、パワーインダクタ市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域市場は、2036 年末までに最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス機会がもたらされます。

Ques: パワーインダクタ市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Samsung Electro-mechanics Co., Ltd、Vishay Intertechnology, Inc、ALPS ALPINE CO., LTD、Delta electronics, Inc、Bournc, Inc、Shenzhen Sunlord Electronics、ABC Taiwan Electronics です。

Ques: パワーインダクタ市場のコアセグメントで最大市場の規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: シールドセグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。