について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

口腔ヘルスモニター市場調査 -タイプ別(スマート歯ブラシ、歯科用画像装置)、ソース、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 3128 | 公開日: December, 2023

口腔ヘルスモニター市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

口腔ヘルスモニター市場の規模は、2036年末までに200億米ドルを超える見込みます。2024 ― 2036 年の予測期間中に約 8% の CAGR で拡大します。2023 年の切削液の業界規模は 100 億米ドルを超えました。センサー技術、人工知能、接続性における継続的な革新により、口腔ヘルスモニターの機能が強化される可能性があります。これらの進歩は、口腔ヘルス指標のより正確なモニタリングと分析につながると期待されています。口腔ヘルスの重要性と予防ケアの役割に対する意識の高まりにより、口腔ヘルスモニタリング装置の需要が高まると推定されています。消費者は口腔衛生を積極的に管理するのに役立つツールを求めています。口腔ヘルスモニターとスマート デバイスおよびプラットフォームの統合が、その人気に貢献しています。スマートフォンとその他のデジタル プラットフォームとの接続により、ユーザーは口腔ヘルスデータを長期にわたって追跡できるようになると推定されています。口腔ヘルスモニターが予防ケアに効果的なツールであることが証明されれば、歯科専門家はこれらのテクノロジーを採用して患者ケアを強化し、個別の推奨事項を提供できるようになります。

口腔ヘルスモニターは、個人と医療専門家が口腔ヘルスのさまざまな側面を追跡および評価できるように設計されたデバイスです。これらのモニターには、スマート歯ブラシ、歯科用画像装置、ブラッシング技術に関するリアルタイムのフィードバックを提供したり口腔状態を監視したりするアプリなどのテクノロジーが含まれる場合があります。規制上の承認と基準は、健康関連テクノロジーの導入において重要な役割を果たします。口腔ヘルスモニターの成功と普及には、規制要件の遵守が不可欠です。


口腔ヘルスモニター市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

100億米ドル

予測年市場規模(2036年)

200億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

口腔ヘルスモニター市場の地域概要

口腔ヘルスモニター市場 – 日本の展望

人口の高齢化と高度な医療インフラを抱える日本は、口腔ヘルスモニター市場の成長にとって独特の状況を示しています。国が予防医療と最先端技術の導入にますます重点を置く中、いくつかの重要な成長原動力が日本の口腔ヘルスモニタリングの将来を形作っています。日本は世界で最も急速に高齢化が進んでいる国の一つです。2019 年の世界人口見通しによると、日本の人口の約 28% が 65 歳以上です。この人口動態傾向は、歯周病と虫歯などの口腔ヘルス問題の有病率の上昇に大きく寄与しています。人口の高齢化により口腔ヘルス上の問題が生じやすくなっているため、口腔ヘルスモニターの魅力的な市場が形成されています。これらのデバイスは、口腔状態を管理するためのプロアクティブなアプローチを提供し、歯磨き習慣、歯ぐきの健康状態、潜在的な問題に関するリアルタイムのデータを提供します。高齢者が口腔の健康を自分で維持する方法を模索しているため、使いやすい口腔ヘルスモニターの需要が急増すると予想されます。日本の口腔ヘルスモニター市場は、この国の人口動態、技術、医療情勢に特有の要因の融合により、大幅な成長を遂げる態勢が整っています。高齢化する人口の口腔ヘルスへの懸念は、技術の進歩、予防医療の考え方、消費者の意識の高まり、政府の支援と相まって、口腔ヘルスモニタリング市場の拡大に向けた肥沃な土壌を生み出しています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Oral Health Monitors Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

アジア太平洋地域の口腔ヘルスモニター市場は、2036 年末までに 38% の最大の市場シェアを保持すると予測されています。アジア太平洋 (APAC) 地域では、この地域の多様な医療環境と消費者の嗜好の進化を反映するいくつかの重要な要因により、口腔ヘルスモニターの導入が大幅に増加しています。APAC地域における口腔ヘルスモニター市場の成長の主な原動力は、予防医療に対する意識の高まりと重視です。APAC諸国の医療システムが進化するにつれて、口腔の健康を含む全体的な健康を維持する上での予防措置の重要性に対する認識が高まっています。APAC 地域の政府と医療機関は、予防医療の実践を積極的に推進しています。口腔ヘルスモニタリングは、個人が口腔衛生に対して積極的にアプローチできるようにすることで、この傾向と一致しています。口腔ヘルスモニターによる歯磨き習慣と歯ぐきの健康状態の定期的なモニタリングなどの予防策は、潜在的な問題の早期発見、健康文化の促進、医療システムへの負担の軽減に貢献します。アジア太平洋地域における口腔ヘルスモニター市場の成長は、予防医療に対する意識の高まり、中産階級人口の増加、技術の進歩、高齢者人口の増加、医療支出の増加によって推進されています。

北米市場統計

北米地域の口腔ヘルスモニター市場は、予測期間中に 2 番目に大きなシェアを保持すると予測されています。北米の市場は、口腔衛生問題の高い有病率、技術の進歩、健康とウェルネスのトレンドの受け入れ、高齢化人口の増加、戦略的コラボレーションによって推進されています。この地域では引き続き予防医療、デジタルヘルス統合、革新的な健康ソリューションが優先されており、口腔ヘルスモニター市場はヘルスケア分野で持続的な成長と卓越性を示す態勢が整っています。歯周病と虫歯などの口腔ヘルス問題の有病率の高さが、北米における口腔ヘルスモニターの導入の重要な推進力となっています。医療制度が確立された地域として、これらの一般的な問題に対処するための積極的な口腔ヘルス管理の必要性に対する認識が高まっています。アメリカ疾病予防管理センター (CDC) によると、米国の 30 歳以上の成人のほぼ 45% が何らかの歯周病を患っています。口腔ヘルスモニターは、個人の口腔衛生習慣、歯肉の健康状態、潜在的な問題に関するリアルタイムのデータを提供する上で重要な役割を果たします。自宅で口腔ヘルスパラメータを監視および評価できることは、北米における予防医療の広範な傾向に沿って、早期発見と介入に貢献します。

口腔ヘルスモニター市場のセグメンテーション

タイプ(スマート歯ブラシ、歯科用画像装置)

歯科用画像装置セグメントは、2036 年には 60% という最大の市場シェアを獲得すると推定されています。歯科用画像装置は歯科分野で不可欠なツールとして台頭し、診断能力と治療計画に革命をもたらしました。このセグメントの成長は、いくつかの重要な要因によって推進されています。歯科用画像装置の成長の主な原動力の 1 つは、技術の継続的な進化であり、診断精度と画像処理能力が向上しています。コーンビームコンピュータ断層撮影 (CBCT) とデジタル X 線撮影などの高度な画像診断モダリティにより、口腔および顎顔面領域の詳細な 3 次元ビューが提供されます。この高レベルの精度は、歯科医による口腔状態の正確な診断、治療計画、モニタリングに役立ちます。AI アルゴリズムを歯科用画像装置に組み込むことで、診断の精度がさらに向上します。AI を活用したシステムは、画像データを分析し、異常を検出し、臨床医が潜在的な問題を早期に特定できるように支援します。技術が進歩し続けるにつれて、歯科用画像装置は、より効果的で個別化された患者ケアを提供するために不可欠なものになってきています。歯科用画像装置セグメントの成長は、技術の進歩、歯科疾患の有病率の増加、予防歯科への移行、治療計画への患者中心のアプローチ、デジタル歯科医療と EHR の統合によって促進されています。これらの要因が総合的に、歯科用画像装置の採用の増加に寄与し、口腔医療の状況に革命をもたらし、現代の歯科医療における高度な診断の役割を強化しています。

エンドユーザー(病院、歯科医院、患者)

病院セグメントは 2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されます。歯科用イメージング デバイスは、病院内での学際的なコラボレーションの触媒として機能します。口腔は健康全般のさまざまな側面と複雑に関係しており、歯科専門家は多くの場合、腫瘍専門医、耳鼻咽喉科医、形成外科医などの他の専門家と協力して、複雑な医療ニーズに対応しています。調査によると、調査対象となった口腔顎顔面外科医の 77% が、包括的な患者ケアのために病院内の他の医療専門家と協力していると報告しました。病院セグメントの成長は、包括的な医療サービスの統合、診断と治療計画の強化、多分野の連携の促進、研究と教育の取り組み、口腔および顎顔面の疾患の発生率の増加によって推進されています。病院が学際的なケアと医学教育の拠点として進化を続ける中、先進テクノロジーの戦略的統合は、より広範な医療環境の水準を向上させる上で極めて重要な役割を果たしています。

口腔ヘルスモニター市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ

  • スマート歯ブラシ
  • 歯科用画像装置

エンドユーザー

  • 病院
  • 歯科医院
  • 患者


growth-drivers

口腔ヘルスモニター市場:成長要因と課題

口腔ヘルスモニター市場の成長要因ー

  • 口腔ヘルスモニターの技術進歩―テクノロジーの継続的な進化は、口腔ヘルスモニター市場の主な成長原動力です。高度なセンサー技術、人工知能 (AI)、および接続性は、口腔ヘルスケアの状況に革命をもたらしました。報告書によると、口腔ヘルスモニターを含む歯科診断および外科用機器の世界売上高は、2024 年までに 67 億米ドルに達すると予測されています。さらに、歯科画像技術の進歩は、口腔ヘルス評価の向上に貢献します。口腔内カメラと手持ち型 X 線装置により詳細な視覚化が可能になり、口腔内の問題の早期発見に役立ちます。これらのデバイスに AI アルゴリズムを組み込むことで、診断の精度が向上します。モバイル アプリと統合されたものなど、接続された口腔衛生デバイスにより、シームレスなデータ追跡と分析が容易になります。口腔ヘルス指標を長期にわたって監視できるため、ユーザーの関与と口腔ケアルーチンの遵守が促進されます。
  • 市場競争がイノベーションを推進―口腔ヘルスモニター市場内の激しい競争は、イノベーションの触媒として機能します。企業は、最先端のテクノロジーを組み込み、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、特定の医療上の課題に対処することで、自社製品を差別化しようと努めています。スマート歯ブラシ、歯科用画像装置、接続アプリなど、多様な口腔ヘルスモニタリング製品が競争環境を特徴づけています。さまざまなオプションが用意されているため、消費者は自分の好みとニーズに最も合った製品を選択できます。口腔ヘルスモニタリングに携わる企業は、競争に先んじるために研究開発に継続的に投資しています。このイノベーションへの焦点は、新しい機能の導入につながります。
  • 規制環境と基準への準拠―規制環境は、口腔ヘルスモニター市場の成長軌道を形成する上で極めて重要な役割を果たします。これらの機器の安全性、有効性、市場での受け入れを確保するには、規制基準を遵守し、必要な承認を取得することが不可欠です。米国食品医薬品局 (FDA) と欧州医薬品庁 (EMA) などの規制機関は、口腔ヘルスモニターを含む医療機器に対して厳しい要件を定めています。メーカーは、厳格な試験と臨床試験を通じて製品の安全性と有効性を証明する必要があります。規制当局による口腔ヘルスモニタリング装置の承認により、新たな市場機会が開かれます。その好例は、特定のスマート歯ブラシと歯科用画像装置の FDA 認可であり、これらの製品カテゴリーの拡大に貢献しています。規制当局の承認により、消費者と医療専門家は口腔ヘルスモニターの信頼性と安全性を確信できます。

当社の口腔ヘルスモニター市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • ユーザーの関与と遵守―高度な口腔ヘルスモニターが利用できるようになったにもかかわらず、ユーザーの継続的な関与と、推奨される口腔ケア ルーチンの遵守を確保することは依然として大きな課題です。ユーザーは最初はテクノロジーの目新しさに動機づけられるかもしれませんが、長期的な関心とコンプライアンスを維持するのは難しい場合があります。ユーザーエンゲージメントが低いと、口腔ヘルスモニタリングデバイスの有効性が損なわれる可能性があります。ユーザーがこれらの機器の使用を中止したり誤用したりすると、予防ケアと早期介入の潜在的な利点が完全には実現されない可能性があります。一貫した口腔ケアの重要性とモニタリング装置が全体的な健康にどのように貢献するかを強調する包括的な教育プログラムを実施します。
  • データのプライバシーとセキュリティに関する懸念
  • コストとアクセシビリティ

inside-report-bg
Oral Health Monitors Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2021年にProcter & Gambleは女性向けの直販パーソナルケアブランドであるビリーを10億米ドルで買収した。この買収により、P&Gはミレニアル世代とZ世代の女性の間で人気のあるビリーのカミソリとシェービングのサブスクリプションサービスにアクセスできるようになった。
  • Procter & Gambleは、その完全子会社である日本の消費財会社であるP&G Asia Pacific Pte. Ltd.,をP&Gアジア・パシフィックPte. Ltd.と合併しました。 Ltd.はシンガポールに本拠を置く消費財会社です。この合併は、アジア太平洋地域における業務の合理化と効率の向上を目的としていました。
  • 2021年にPanasonicはエンドツーエンドのデジタルフルフィルメントプラットフォームプロバイダーの大手Blue Yonderを68億米ドルで買収した。この買収により、Panasonicのサプライチェーン管理および物流ソリューションのポートフォリオが拡大しました。
  • 2022年、Panasonicは住宅所有者に太陽エネルギーソリューションを提供するドイツの企業Enpal GmbHを買収した。この買収により、ヨーロッパの太陽光エネルギー市場におけるPanasonicの存在感が拡大すると期待されています。

口腔ヘルスモニター市場を支配する注目の企業

top-features
  • Philips Sonicare
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Idemtsu Kosan
  • Procter & Gamble
  • Colgate-Palmolive Company
  • Waterpik, Inc.
  • GlaxoSmithKline (GSK)
  • Panasonic Corporation
  • Oral Science Inc.
  • Quip
  • Dentsply Sirona
  • FOREO
  • Panasonic Corporation
  • Lion Corporation
  • Shofu Inc.
  • GC Corporation
  • Yamahachi Dental Mfg., Co., Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: 口腔ヘルスモニター市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ヘルスケア分野の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に口腔ヘルスモニター市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 口腔ヘルスモニター市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に最大 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、口腔ヘルスモニター市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域市場は、2036 年末までに最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス 機会がもたらされると予想されています。

Ques: 口腔ヘルスモニター市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Philips Sonicare、Procter & Gamble (Oral-B)、 Colgate-Palmolive Company、 Waterpik, Inc.、 GlaxoSmithKline (GSK)などです。

Ques: 口腔ヘルスモニター市場の機械タイプセグメントで最大市場の規模を占めるセグメントはどれですか?

Ans: 病院セグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。