について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)治療薬市場調査 薬剤タイプ別(ビタミンEとピオグリタゾン、オベチコール酸(OCA)、ラニフィブラノール、セマグルチド、レスメチロム、アラムコール、その他)、流通チャネル別(病院薬局、小売・専門薬局)の分析 - 世界の需給分析と機会展望 2023-2035

RFP提出
レポート: 4695 | 公開日: March, 2023

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場調査規模、予測、2023年~2035年までのトレンドハイライト

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場は、予測期間(2023年〜2035年)のCAGRが18%で成長し、2035年末までに48,387.6百万米ドルの収益を獲得すると推定されます。また、2022年には5,246.8百万米ドルの売上を計上しました。市場の成長は、肥満者の増加に起因しています。肥満は肝臓への脂肪組織の蓄積を増加させるため、脂肪肝問題の主要な原因となっています。米国では、約42%の人が肥満であり、そのうち黒人成人のシェアは約50%と高い。さらに、インド人は2015-16年よりも2019-21年の方が肥満になる可能性が高いと言われています。以前は5人に1人だったのに対し、現在は約4人に1人が過体重となっています。

これらに加え、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の市場成長を促進すると考えられる要因として、治療薬のクリナルトレイルによる良好な結果が挙げられます。例えば、Intercept社によるオベチコール酸の第3相再生試験の分析では、OCA 25mgがNASHの状態を悪化させることなく肝線維症の改善という主要な目標を達成したなど、肯定的なデータがいくつか示されています。さらに、プラセボと比較して、OCA 25mgはNASHを悪化させることなく、肝線維症を改善するという2倍の高い奏効率を示しました。クリックしてサンプル レポートをダウンロード

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場。主なインサイト

基準年 2022年
予想年 2023-2035年
CAGR ~18%
基準年の市場規模(2022年) 5,246.8百万米ドル
予測年市場規模(2035年) 48,387.6 百万米ドル
リージョンスコープ
  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジアパシフィック(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジアパシフィック地域)
  • 欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他の欧州地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場。成長ドライバーと課題

成長の原動力

  • 肥満の増加-NASHは、太り過ぎや肥満の危険性がある人に発症しやすい。世界保健機関(WHO)のデータによると、世界では6億5千万人の大人、3億4千万人のティーンエイジャー、3千9百万人の子供が肥満であるとされています。さらに、この数は、人々の不健康なライフスタイルのために継続的に増加すると予想されます。2025年には、1億6,700万人の大人と子どもが肥満の状態にあると予測されています。

肝疾患の負担増 世界で25%の有病率を誇る非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、最も一般的な肝疾患である。NAFLDは、肝臓に脂肪がつくだけでなく、肝臓に炎症が起こり、ダメージを受ける病気です。

  • 例えば、マドリガル社では、NASHの治療薬としてレスメチロムを開発しました。その試験では、80mgの薬を投与された人の約26%がNASHを解消しました。また、Resmetiromは、脂肪肝疾患を悪化させることなく、24%の患者の線維化または瘢痕化を改善しました。
  • 糖尿病の有病率の上昇 - 糖尿病は肝硬変や肝細胞癌のリスクを高め、NAFLがNASHに発展することを促進させます。2021年には、全世界で5億4千万人近くの糖尿病患者がいました。さらに、この数は2030年には6億4千万人近く、2045年には7億8千万人近くに達すると予想されています。
  • NASHの治療薬の承認の増加 - FDAは、Novo Nordiskが開発したセマグルチドやOzempicなど、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の様々な治療薬を承認しました。さらに、2020年には、大手製薬会社であるZydus Cadilaが、インドにおけるNASH治療用に開発したサログリタザール治療薬の新薬承認申請をインド医薬品監督庁(DCGI)から受理された。

課題

  • 肝線維症は何年も何十年もかけてゆっくりと徐々に進行するため、NASHの治療薬の開発は退屈なものになりかねません。患者さんが生涯にわたってNASHの治療を受けることで得られる利益の程度と、薬剤の安全性プロファイルを比較検討しなければなりません。NASH患者は他の病気にもかかりやすいので、心血管疾患、高脂血症、代謝性疾患、糖尿病など他の問題にも留意しながら薬物治療を開発する必要がある。
  • NASHの患者さんは異常が起こりやすい
  • NASHを持つ人口の多くはまだ過小診断されている

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場セグメンテーション

世界の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬市場は、薬剤の種類別にビタミンE・ピオグリタゾン、オベチコール酸(OCA)、ラニフィブラノール、セマグルチド、レスメチロム、アラムコール、その他に分類し需要と供給を分析しています。7種類の薬剤のうち、ビタミンEとピオグリタゾンのセグメントは、予測期間中に12.2%のCAGRで成長し、2035年末には13,340.4百万米ドルの第2位の市場規模を獲得すると推定されます。また、2022年には4,435.0百万米ドルの売上を達成しました。このセグメントの成長は、NASH患者の治療におけるビタミンEとピオグリタゾンの有効性が高まっていることに起因しています。II型糖尿病のNASH患者52名と糖尿病予備軍49名の治療にピオグリタゾンを使用した実験が行われています。その結果、糖尿病のない患者さんの46%に比べ、2型糖尿病患者さんの48%が主要評価項目を達成したことが分かりました。また、2型糖尿病の患者さんの26%と比較して、44%の患者さんでNASHの消失が達成されました。一方、糖尿病のない活動的なNASH成人患者に対して、1日800IUのビタミンE投与が有効であることを示す実験はほとんどない。

また、世界の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬市場は、流通チャネルごとに病院薬局と小売・専門薬局に区分し、需要と供給を分析しています。この2つのセグメントのうち、2035年末までに注目すべき収益を獲得するのは、小売&専門薬局セグメントと予想されます。このセグメントは、予測期間中に18.5%のCAGRで成長すると予想されています。NASHは慢性疾患であるため、患者は長期間の投薬治療を余儀なくされ、それが小売薬局でのNASH治療薬の売上を押し上げています。NASH治療薬は、患者が継続的に服用しなければ、肝不全、肝移植、さらには肝がんなどの深刻な問題を引き起こす可能性があります。肝がんの場合、NASHは肝がん治療薬と併用されるため、その効果が低下します。したがって、NASHの治療薬のコースを継続することが重要である。このセグメントの成長は、小売薬局に接続された在宅介護施設が、適応外薬の需要を押し上げることが大きな要因となっています。いくつかの製薬会社は、NASHの治療薬市場全体が約350億米ドルの価値があると指摘しています。

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場を詳細に分析した結果は以下の通りです。

薬剤の種類別
  • ビタミンEとピオグリタゾン
  • オベチコール酸(OCA)
  • ラニフィブラノール
  • セマグルチド
  • レスメティロム
  • アラムコール
  • その他
流通チャネル別
  • 病院内薬局
  • 小売・専門店向け薬局

非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬の世界市場 地域別概要

北米の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬市場は、他のすべての地域の市場の中で、2035年末までに168億8740万米ドルの最大の市場規模を保持すると予測されます。また、同分野は予測期間中、年平均成長率19.5%で成長すると予測されています。さらに、北米の市場は2022年に1,597.7百万ドルの売上を計上しました。市場の成長は、非アルコール性脂肪性肝疾患の症例が増加していることが主な要因であると考えられます。約8000万人から1億人のアメリカ人が非アルコール性脂肪性肝疾患に罹患しています。さらに、NAFLDに罹患している人のうち、約3,000万人が特に非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に罹患していると言われています。さらに、NASH患者の治療費の増加は、北米の市場成長を促進すると予想されています。米国におけるNASHの年間医療費は約50億ドルです。この支出には、検査、治療、移植、入院など、さまざまな施設が含まれます。

                                        本レポートの詳細情報:サンプルPDFのダウンロード

欧州の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬市場は、他のすべての地域の市場の中で、2035年末までに137億8900万米ドルの市場規模を保持すると予測されます。また、同分野は予測期間中に18.6%のCAGRで成長すると予想されています。さらに、欧州の市場は2022年に1,485.7百万米ドルの売上を計上しました。同地域の市場成長は、肥満人口の規模が増加したことに起因しています。WHOの欧州地域肥満レポート2022によると、この地域では成人の59%、子どものおよそ3人に1人(男子の29%、女子の27%)が過体重または肥満であるとされています。

世界の非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療薬市場を支配する注目のトップ企業

  • Intercept Pharmaceuticals Inc.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な提供製品
    • 財務パフォーマンス
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発状況
    • リージョナルプレゼンス
    • SWOT分析
  • Pfizer, Inc.
  • Inventiva
  • GALMED PHARMACEUTICALS LIMITED.
  • Novo Nordisk A/S
  • Madrigal Pharmaceutical
  • Galectin Therapeutics
  • NGM Biopharmaceuticals
  • Brucitol Myers Squibb Company
  • Camp Fight
  • Zydus Life Science Co., Ltd.
  • Mitsubishi Chemical Group, Inc.

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022年4月:バイオ医薬品会社アーデリクスから、成人の便秘を伴う過敏性腸症候群(IBS-C)の治療薬として最初で唯一のNHE3阻害剤であるIBSRELAが発売されました。Ardelyx社の製品として初めて米国食品医薬品局から承認を取得したのがIBSRELAです。
  • 2022年3月:テクノロジー主導のヘルスケアソリューションを提供するIndegene社、およびReguloraのメーカーでPrescription Digital Therapeutics(PDT)事業を行うMeta Me Health社が提携し、過敏性腸症候群関連の腹痛(IBS)の治療薬としてReguloraを提供。