について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

InGaAsカメラ市場調査 -冷却技術別(冷却カメラ、非冷却カメラ)、スキャンタイプ別、アプリケーション別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5351 | 公開日: November, 2023

InGaAsカメラ市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

InGaAsカメラ市場規模は2036年末までに534百万米ドルに達すると予想されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 13% の CAGR で増加します。2023 年に、InGaAs カメラの業界規模は 119百万米ドルを超えました。 InGaAs カメラの需要の高まりは、ハイテク画像システムや国境管理技術に対する世界的なディフェンス分野の支出増加によって促進されています。 例えば、米国国防総省の予算は、2021 年に新しい画像技術の研究、開発、テスト、評価に 160 億米ドル以上を費やす予定です。

インダストリー 4.0 の出現の結果、さまざまな分野向けに自動化されたプロセスが開発され、企業はその活動から長期的な利益を享受できるようになり、人間の関与と無駄が削減され、柔軟性が強化され、意思決定が最適化されています。 自動化産業は、相互接続された企業の増加、産業オートメーションを促進する政府の取り組み、モノのインターネットや人工知能などの新技術の導入が成長を促進するために予測期間中に成長すると予想されます。


InGaAsカメラ市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~13%

基準年市場規模(2023年)

119百万米ドル

予測年市場規模(2036年)

534百万米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

InGaAsカメラ市場の地域概要

InGaAsカメラ市場 – 日本の展望

日本InGaAsカメラ市場は、予測期間中に大幅なCAGRで成長すると予想されます。 市場の成長は、日本のさまざまな業界で InGaAs カメラの用途が拡大していることによるものです。 日本の監視や空撮に使用される商用ドローン市場は、2020年度には前年に38百万米ドルから58百万米ドルを超えると推定されています。 関係者は、2027 年度までに市場は約 20 億米ドルの価値があると推定しています。 また、日本における最先端技術の利用の増加も市場の成長を牽引していると考えられます。

さらに、日本InGaAs カメラ市場の拡大は、マシン ビジョン システム (3D 検査用) やビジョン誘導ロボットの需要によってさらに加速されています。 調査開発活動の拡大とその結果としての新製品の導入により、国内市場はさらに前進しています。 日本はIoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)、ビッグデータ、ロボティクスなどのテクノロジーを活用し、デジタルマニュファクチャリングに積極的に取り組んでいます。 また、日本では超スマート社会を目指し、デジタル化を社会的な視点から検討するSociety 5.0への移行が進んでいます。 2021 年に日本におけるモノのインターネット (IoT) ユーザー支出の予想値は、日本円で 39百万米ドルになります。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
InGaAs cameras market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米地域InGaAs カメラ市場は、2036 年末までに約 35% の最大シェアを獲得すると予想されています。ディフェンスと産業アプリケーションにおける UAV や UGV などのロボットの使用の増加により、この地域での InGaAs カメラの需要が高まると予想されます。FAAの報告によると、2022年5月までに国内で855,860台のドローンが登録されており、登録のうち37%(316,075)台が企業向けで、63%(536,183)台がレクリエーション活動向けがありました。さらに、FAA は遠隔操縦士向けに 277,845 証明書を発行しました。 米国に本拠を置くレイセオン社は、2020年3月に、戦術画像化目的で使用される高精細短波赤外線カメラの買収でQuantum Imaging Inc.と提携すると発表しました。Quantum Imaging は、13.5百万米ドル相当のこの契約に基づいて、宇宙および航空システム部門内の戦術 VIS アプリケーション向けに高解像度 SWIR カメラを納入する予定です。 これらの InGaAs カメラは、10 × 10 ミクロンのピクセル ピッチと一体型アンチブルーミングを備えて設計されることが期待されています。

APAC市場統計

アジア太平洋地域InGaAsカメラ市場は、予測期間中に約29%市場シェアを獲得して成長すると予想されています。 急速な工業化と、発展途上産業で高解像度イメージング技術を活用する政府の取り組みにより、市場の成長が見られました。

InGaAsカメラ市場のセグメンテーション

アプリケーション別(軍事とディフェンス、産業オートメーション、セキュリティと監視、科学研究)

産業オートメーションは、予測期間中に約 35% の最大市場シェアを占めると予想されます。 マシンビジョンシステムの採用の増加により、産業オートメーションセグメンテーションで InGaAs カメラの需要の増加が予想されます。 企業内の業務の少なくとも 30% を自動化することは、全職種の約 60% で実現可能です。 それまでに、自動化により世界の生産性は年間 8% から 1.4% 向上することが可能になります。 スマート カメラ システムは生産ラインに設置され、マシン ビジョン環境での製品検査に使用されます。 画像はカメラによって取り込まれ、定義された一連の基準に従って分析されます。 特にIFRは、産業用ロボットの稼働在庫が2018年に2440百万台から2021年までに3554百万台に増加すると予測しています。InGaAs カメラは、産業用にさまざまなサプライヤーから供給されています。 Tattile s.r.l は TAG-7 SWIR を提供します。 このカメラは、非可視スペクトルにおける高度なマシン ビジョン アプリケーション向けの短波赤外線ライン スキャン カメラ ファミリの一部です。 この機能により、このカメラは分別アプリケーション、リサイクル、半導体産業で使用に適しています。

冷却技術別(冷却カメラ、非冷却カメラ)

非冷却カメラセグメンテーションは、予測期間中に約 72% で最大のシェアを保持すると推定されます。 冷却技術ではイメージセンサーに極低温冷却は必要ありません。 軍事、ディフェンス、航空宇宙、産業監視、食品検査、電気通信、分光分析などは、非冷却カメラの用途のいくつかです。 さらに、非冷却と InGaAs カメラの需要の成長は、非破壊検査の需要の増加によってサポートされると予測されています。 予測期間中にマシンビジョンアプリケーションの拡大だけではなく、産業における自動化の採用なども見込まれます。

InGaAsカメラ市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

冷却技術別

  • 冷却カメラ
  • 非冷却カメラ

スキャンタイプ別

  • エリアスキャンカメラ
  • ラインスキャンカメラ

アプリケーション別

  • 軍事とディフェンス
  • 産業オートメーション
  • セキュリティと監視
  • 科学研究


growth-drivers

InGaAsカメラ市場:成長要因と課題

InGaAsカメラ市場の成長要因ー

  • 自動運転車で使用 - 市場には、運転支援システムおよび自動運転車への InGaAs カメラの導入に関して、大きな可能性が秘められています。 SWIR イメージングは、歩行者、道路標識、標識などを検出することにより、夜間の霧の状況でも車両が安全に走行できるようにします。 Trieye の SWIR イメージング センサーは、運転支援と自動運転を支援することが最近実証されました。2019 年には、最低限の自動化レベルを備えた約31百万台の車が道路を走行していました。 2024 年までにその数は 54百万人を超えると予想されています。
  • 量子コンピューティングの新たな利用法 - チャンスとなる主な分野は、量子コンピューティングにおける SWIR 光子の利用に関する研究の成長です。 InGaAs カメラは単一光子を検出できるために量子コンピューターの開発に貢献できます。 この方向の開発は、Quantum Opus などの企業によって追求されています。 カメラ企業と量子技術企業との提携によってビジネスチャンスは広があります。
  • 食品検査用途の拡大 - InGaAs カメラメーカーが食品業界に参入する可能性は、品質監視や異物の検出などのさまざまなタスクで SWIR ハイパースペクトル イメージングを使用して画像化できる能力によって生み出されます。 2021年にResononはIMSpecと提携し、SWIRハイパースペクトルイメージングカメラと分析ソフトウェアを組み合わせた食品検査用のターンキーソリューションを開発しました。
  • セキュリティと監視の需要の増加 - 製品の需要は、セキュリティと監視システムの設置数の増加によって促進されています。 特にビジネス部門においては、安全性とセキュリティに対する重点が高まっています。 InGaAs カメラの場合、低照度条件に関係なく、24 時間イメージングで観察することが可能です。 最近、Revel Eye は SWIR を介したリアルタイム監視のにセキュリティ カメラの導入を開始しました。

当社のInGaAsカメラ市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 透明スペクトルカメラと比較してコストが高い - シリコン可視カメラと比較して InGaAs センサーとカメラのコストが高いのは、それらを製造する複雑な製造プロセスが原因です。 これは、コスト重視のあらゆる分野で SWIR カメラを大量に採用する上で大きな障害となっており、市場の成長が制限されています。 SWIR カメラのコストは、プレーンサイトカメラの通常のコストの約 4 ― 5 倍です。
  • SWIR カメラはディフェンスセグメンテーションで慎重に使用されるためにいくつかの国で厳格な輸出規制が適用され、市場の成長が妨げられています。 国際貿易を妨げ、製品価格を引き上げるのに企業は赤外線カメラの販売について輸出許可を取得する必要があります。
  • 主な課題は、開発途上地域における InGaAs ベースの SWIR イメージングの機能と利点についての認識が不足していることです

inside-report-bg
InGaAs cameras market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2020 年 5 月: NIT は、高レベルのパフォーマンスを備えた HiPe SenS 最終バージョンを発売しました。 HiPe SenS は、同社の最新 SWIR センサー NSC1902T-SI で構成されています。 InGaAsフォトダイオードアレイの革新的な設計と高性能ROICを組み合わせています。 この新しいセンサーは、低ノイズ動作と超低暗電流を実現します
  • 2020年1月:Allied Visionは、2020年2月4日から6日までカリフォルニア州サンフランシスコのモスコーンセンターで開催されるSPIE フォトニクス ウェスト2020年に、アルビウムカメラシリーズやゴールドアイ SWIR(短波赤外線)などのカメラソリューションを展示すると発表しました。
  • 2019年6月:浜松ホトニクスは、このタイプのエリアイメージセンサで検出可能な世界最長波長である2.55μmまでの短波長赤外光を検出できるハイパースペクトルカメラ用InGaAsエリアイメージセンサを開発しました。 2019年7月1日より商品の受注を開始いたします。自社が長年培ってきた化合物光半導体製造技術をアプリケーションします。当社は、最大2.55μm(マイクロメートルまたは百万分の1メートル)までの短波長赤外光を検出できるインジウムガリウムヒ素(InGaAs)製の新しいエリアイメージセンサーG14674-0808Wを設計・開発しました。これは、タイプのエリアイメージセンサーで検出できる世界最長の波長です。
  • 2020年5月:インジウムガリウムヒ素(InGaAs)化合物半導体層上にフォトダイオードを形成するソニー独自のSenSWIR※2技術を新製品に採用です。読み出し回路を構成するシリコン(Si)層とCu-Cu接続*3で接続されており、幅広い波長域で高感度を実現する設計となっています。 この画期的な進歩により、コンパクトな SWIR イメージ センサーが実現しました。短波長赤外域(波長0.4μm~1.7μm)の可視光から非可視光までの幅広い波長域でシームレスな撮影が可能です。

InGaAsカメラ市場を支配する注目の企業

top-features
  • Allied Vision Technologies GmbH
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Hamamatsu Photonics K.K.
  • Shibuya Optical Co., Ltd
  • BlueVision Ltd.
  • Sony Corporation
  • Artray Co., Ltd.
  • Acal BFI Limited Company
  • Coherent Corporation
  • Flir Systems Inc.
  • FluxData Inc.
  • Jenoptik AG
  • First sensor
  • Teledyne Technologies Incorporated
  • Thorlabs Inc.
  • New Imaging Technologies (NIT)

レポートで回答された主な質問

Ques: InGaAsカメラ市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 工業製造とオートメーションの分野で技術アプリケーションが増加しており、インダストリー 4.0 が技術開発の触媒となっており、これらが InGaAs カメラ市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にInGaAsカメラ市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: InGaAs カメラ市場規模は、予測期間中に(2024 ― 2036 年) 13% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、InGaAsカメラ市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域市場は、2036 年末までに最大市場シェアを保持すると予測されており、将来には多くのビジネス チャンスがもたらされると予想されています。

Ques: InGaAsカメラ市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Acal BFI Limited Company、Coherent Inc、Flir Systems Inc.、FluxData Inc、Jenoptik AG、First sensor、Teledyne Technologies Incorporated などです。

Ques: InGaAs カメラ市場のアプリケーションセグメントで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: 産業オートメーションセグメンテーションは、2036 年末までに最大市場規模を獲得し、大きな成長の機会を示すと予想されています。