について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

ヘッドマウントディスプレイ市場調査規模・シェア:HMDタイプ別(ディスクリート、一体型、スライドオン)、製品タイプ別(アイウェア、ヘッドマウント)、技術別(AR、VR)、接続タイプ別(有線、無線)、用途別(消費者、企業、商業、産業、軍事、医療) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2035

RFP提出
レポート: 56 | 公開日: July, 2022

ヘッドマウントディスプレイ市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

ヘッドマウントデバイスの世界市場は、予測期間(2023年~2035年)のCAGR(年平均成長率)~45%で成長し、2035年末までに4,600億米ドルの収益を獲得すると推定される。さらに、同市場は2023年には53億米ドルの収益を生み出した。市場の成長は主に、世界中でARとVRの導入が急増していることに起因している。例えば、2018年には1億5,000万人以上の人々が世界中でVRを使用していることが確認されており、2020年には約5,000万人のVRユーザーと8,000万人のARユーザーがアメリカのみで生活していると言われている。これとともに、マイクロディスプレイのコストが低いこと、軽量ヘルメットマウントディスプレイの需要が増加していること、ポータブルであることが市場の成長を後押ししている。

さらに、ヘッドマウントデバイスの世界市場は、予測期間中、人々の仮想世界への傾斜の高まりを背景にさらに成長すると予測されている。さらに、ゲーム産業における継続的な発展が、ヘッドマウントデバイスの需要に拍車をかけている。ヘッドマウントデバイスは基本的に、帽子やヘルメットに取り付けられ、アイウェアと一体化した小型ディスプレイ&デバイスである。このようなデバイスは、ユーザーの視界を遮ることなく、現実世界に仮想イメージを投影して目撃することができる。例えば、VRヘッドマウントデバイスの販売台数は、モバイル向けでは約70%、PC向けでは2020年に約22%になると予測されている。

ヘッドマウントデバイスの世界市場定義

ヘッドマウントデバイスは、技術的に先進的で携帯可能なゴーグルである。ユーザーとセットアップを関連付けるため、拡張現実/仮想現実技術において重要な役割を果たす。持ち運びが可能なHMDディスプレイは、防衛サービスで採用されているほか、バーチャルリアリティのためのゲームや医療分野でも使用されている。ヘッドマウントの発明は、ユーザーにより良い快適性と人間工学の向上を提供し、ひいては拡張現実/仮想現実技術の体験を向上させました。


ヘッドマウントディスプレイ市場 : 主な洞察

基準年

2022

予想年

2023-2035

CAGR

~45%

基準年の市場規模(2023年)

~ 53億米ドル

予測年市場規模(2035年)

~ 4,600億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

ヘッドマウントデバイスの世界市場の地域別概要

北米地域のヘッドマウントデバイス市場は、他のすべての地域の市場の中で、2035年末までに最大の市場シェアを占めると予測されている。同地域の市場成長は、膨大なオンラインゲーム利用者の存在に起因する。2020年現在、北米では約1億5,000万人の成人がオンラインゲームに参加しており、全人口の約65%を占めている。さらに、主要プレイヤーの存在と最新技術の採用増加も、予測期間中の同地域の市場成長を押し上げると予想される。さらに、アジア太平洋地域は、必要な技術を開発するための大手企業による投資の増加を背景に、予測期間にわたって世界のヘッドマウントデバイス市場で2番目に大きなシェアを占めると予測されている。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Head-Mounted-Devices-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

世界のヘッドマウントデバイス市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます:

HMDタイプ別

  • ディスクリート
  • 一体型
  • スライドオン

製品タイプ別

  • アイウェア
  • ヘッドマウント

BYテクノロジー

  • AR
  • VR

接続タイプ別

  • ワイヤード
  • ワイヤレス

アプリケーション別

  • コンシューマー
  • 企業
  • 商業
  • 産業
  • 軍事
  • 医療


growth-drivers

ヘッドマウントデバイスの世界市場: 成長促進要因と課題

成長ドライバー

  • オンラインゲーム利用者の増加が市場の成長を後押し - 2020年現在、約9億人の成人がオンラインゲームに参加していると予測されている。オンラインゲームでは、ゲーマーに壮大な体験を提供するために、最新デバイスの最も高度なセットアップが必要である。モバイルゲームやPCゲームは通常、あらかじめ設計された仮想世界で行われ、ゲーマーはVRヘッドセットやディスプレイなどのVR機器を使用してゲームの世界と対話する。これらのデバイスは頭部に装着され、ユーザーに全体的な臨場感を与える。
  • 夜間視力を提供するために防衛・航空宇宙分野で採用が増加 - Ebilitという企業が2020年に4億2,000万米ドルの取引で軍に強化型暗視ゴーグルを販売し、海洋分野にも暗視技術を供給している。
  • 世界的なARユーザー数の増加 - 2024年までに約15億人がモバイルAR機器を使用すると予測されている。
  • VRヘッドマウントディスプレイに対する世界人口の傾斜の高まり- VRヘッドマウントディスプレイの出荷台数は、2018年から2019年にかけて20%近く増加し、合計約3,500万台になると予測されている。
  • 2021年、米国では男性の約50%、女性の約40%がビデオゲームをプレイしていることが確認された。

課題

  • より高度な技術が必要
  • 高い初期投資
  • 設計手順の標準化の欠如-標準化の欠如は、販売業者から購入した製品間の互換性の問題につながる。VR、AR、HMDは、消費者への普及と企業への普及を促進するため、普遍的な標準規格が必要である。それぞれが異なるオペレーティングシステムと画面規格を持っているため、モバイルVRアプリを作成することが困難になり、今後の市場成長を阻害する。

ヘッドマウントデバイスの世界市場は、接続タイプ別に有線と無線にセグメント化され、需要と供給が分析される。WLANや、スマートフォン、リモコン、テレビ、GPSシステム、無線機などのデバイスの採用が増加していることが、予測期間中の同分野の成長を押し上げると予想されている。例えば、2021年には200億台以上のデバイスが無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)を介して接続されると予測されている。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Meta Platforms, Inc.は、Duet Displayアプリのサポートを促進する新しいMetaポータル生産性ツールを発表します。このアプリは、ユーザーがMeta Portal GoとMeta Portal Plus (Gen 2)を複数のアプリやスクリーンでハードコアなタスクをこなすためのセカンドディスプレイにするために利用されます。
  • - ソニー株式会社は、拡張現実(AR)モバイルゲーム開発会社のNiantic Inc.と協力し、ヘッドフォン用の聴覚ARを開発する。ソニー株式会社は、仮想世界の音声を受信しながら現実世界の音声を聞くことができるヘッドフォン向け技術を導入する。

ヘッドマウントデバイスの世界市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Sony Corporation

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Magic Leap, Inc.
  • Microsoft Corporation
  • Lenovo Group Limited
  • Meta Platforms, Inc.
  • Google LLC
  • HTC Corporation
  • Seiko Epson Corporation
  • Thales Defense & Security, Inc.
  • Samsung Electronics Co., Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: ヘッドマウントデバイス市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ARおよびVR技術の使用の増加は、市場の成長を牽引する主な要因です。

Ques: 予測期間中にヘッドマウントデバイス市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、予測期間、すなわち2021年から2029年の間に大幅なCAGRを達成すると予想されています。

Ques: 将来、ヘッドマウントデバイス市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域は、この地域の幅広い用途におけるHMDの採用の増加により、より多くの市場成長機会を提供することが期待されています。

Ques: ヘッドマウントデバイス市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、ソニーエレクトロニクス株式会社(SEL)、サムスン電子株式会社、フェイスブックテクノロジーズ、LLCです。(Oculus VR)、その他。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業プロファイルは、製品セグメントから生み出された収益、収益創出能力を決定する会社の地理的プレゼンス、および会社が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: ヘッドマウントデバイス市場の成長に影響を与える課題は何ですか?

Ans: HMDの標準化された設計の存在の欠如は、市場の成長を妨げると推定されています。

Ques: ヘッドマウントデバイス市場のセグメントは何ですか?

Ans: 市場は、技術、接続性、アプリケーション、地域別にセグメント化されています。


Ques: ヘッドマウントデバイス市場のアプリケーションセグメントで最大の市場規模を占めているのはどのセグメントですか?

Ans: