について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

酵素結合免疫吸着測定法市場調査―タイプ別(間接ELISA、サンドイッチELISA)、エンドユーザー別(病院、製薬、研究と学術機関)-世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年。

RFP提出
レポート: 5526 | 公開日: January, 2024

酵素結合免疫吸着測定法市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

酵素結合免疫吸着測定法市場は、2036年末までに270億米ドルに達すると予想されており、2024-2036年の予測期間中に6%のCAGRで成長します。 2023 年の酵素免疫測定法の業界規模は 120 億米ドルを超えました。 世界中で慢性疾患の有病率が増大していることは、酵素結合免疫吸着測定法市場の力強い成長を推進する極めて重要な原動力となっています。 糖尿病、がん、自己免疫疾患、感染症などの慢性疾患は、世界的に健康への多大な負担を与え続けています。 高い感度と特異性を備えた ELISA は、これらの症状の早期検出、診断、モニタリングにおいて極めて重要な役割を果たし、それによって患者の転帰の改善に大きく貢献します。 世界保健機関 (WHO) によると、慢性疾患は世界全体の死亡の主な原因であり、全死亡の約 71% を占めています。 さらに、世界の慢性疾患の負担は 2025 年までに 57% 増加すると予想されています。この健康危機の拡大は、これらの疾患を効果的に管理し、闘うために ELISA のような高度な診断ツールが非常に必要であることを浮き彫りにしています。

酵素結合免疫吸着検定法は、糖尿病、がん、感染症、自己免疫疾患などの慢性疾患の診断とモニタリングによく使用されます。 これらの病気の有病率が世界的に増加しているため、ELISA などの診断ツールの需要が高まっています。 自動化された ELISA システムの開発など、継続的な技術の進歩により、アッセイの効率と精度が向上しました。 これらの改善は、より合理化された高スループットのソリューションを求めるユーザーを引きつけ、市場の成長に貢献します。


酵素結合免疫吸着測定法市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

約6%

基準年市場規模(2023年)

約120億米ドル

予測年市場規模(2036年)

約270億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東とアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東とアフリカ)

酵素結合免疫吸着測定法市場の地域概要

酵素結合免疫吸着測定法市場 – 日本の見通し

急速な高齢化を特徴とする日本の人口動態は、酵素結合免疫吸着測定法(ELISA)市場の重要な成長原動力となっています。 高齢者層は慢性疾患、感染症、自己免疫疾患にかかりやすくなっています。 ELISA は、さまざまな健康状態の診断に多用途に応用できるため、医療専門家が高齢者層に蔓延する病気の早期発見と管理を優先する中、日本でも需要が高まると見込まれています。 人口の高齢化と疾病負担の増加との相関関係は、日本の医療課題に対処する上でELISAが重要な役割を果たすことができることを強調しています。 2021年の世界銀行の報告によれば、日本は世界で最も高齢化が進んでいる国の一つであり、国民の28.4%が65歳以上であります。日本のELISA市場は、人口動態、技術の進歩、研究活動、疾病のパターン、 そして政府の取り組み。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Enzyme-linked Immunosorbent Assay (Elisa) Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

アジア太平洋地域の酵素結合免疫吸着測定法市場は、2036年末までに40%の最大の市場シェアを保持すると予測されています。医療アクセスの強化を目的とした政府の取り組みがELISA市場の成長に貢献しています。 より多くの人々が医療にアクセスできるようになるにつれて、ELISA などの診断ツールの需要が増加しています。 予防医療と疾病管理に重点を置いた政府支援のプログラムは、高度な診断技術の導入に適した環境を作り出し、ELISA 市場の成長をさらに支援します。 アジア太平洋地域のさまざまな国が医療改革と取り組みを実施しています。 アジア太平洋地域では、体外診断を含む診断技術が大幅に進歩しています。 研究室や医療施設がより高度な診断ツールを採用するにつれて、ELISA は信頼性が高く広く適用可能な技術としての地位を確立し、その採用が増加しています。 IVD 分野における継続的な技術進歩が、この地域の市場の成長を推進しています。 アジア太平洋地域の体外診断薬(IVD)の売上高は、2026 年までに 172.2億米ドルに達すると予想されています。

北米市場統計

北米地域の酵素結合免疫吸着測定法市場は、予測期間中に 2 番目に大きなシェアを保持すると予測されています。 北米では慢性疾患の有病率の上昇が見られ、医療費の増加と早期発見への注目に貢献しています。 ELISA は、慢性疾患に関連する特定のバイオマーカーを正確に特定できることで知られており、疾患の診断と管理において極めて重要な役割を果たしています。 ELISA などの高度な診断ツールの需要は、この地域で増大する慢性疾患の負担に対処する必要性によって高まっています。 疾病管理予防センター (CDC) によると、米国の死亡 10 人中 6 人は慢性疾患で占められており、心臓病、がん、糖尿病が主な原因となっています。 北米は医療分野の技術進歩の最前線にあり、IVD 部門も例外ではありません。 IVD 市場の継続的な成長は、高度な診断ツールの採用を裏付けています。

酵素結合免疫吸着測定法市場のセグメンテーション

タイプ別(間接ELISA、サンドイッチELISA)

サンドイッチ ELISA セグメントは、2036 年には 62% という最大の市場シェアを獲得すると推定されています。学術機関、バイオテクノロジー企業、製薬会社間の協力により、バイオマーカー研究の革新が促進されます。 サンドイッチ ELISA はこの分野の基礎であり、このようなパートナーシップから恩恵を受けています。 共同プロジェクトで共有された専門知識とリソースは、サンドイッチ ELISA アッセイの開発と検証に貢献し、市場の成長をさらに推進します。 ある調査によると、ライフサイエンス業界における戦略的コラボレーションは近年 30% 以上増加しています。サンドイッチELISA分野の成長は、がんバイオマーカー需要の増加、精密医療の進歩、バイオマーカー研究への投資の増加、疾患モニタリングの臨床重視、製薬研究活動の増加、ライフサイエンス業界における戦略的提携や共同研究によってさらに促進されます。

エンドユーザー別(病院、製薬、研究と学術機関)

病院セグメントは 2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されています。個別化医療への移行には、個々の患者の特性に基づいて医療上の決定と介入を調整することが含まれます。 病院では、治療効果を向上させるために個別化されたアプローチを採用するケースが増えています。 特定のバイオマーカーを定量化する ELISA の機能は個別化医療の要件と一致しており、病院はより的を絞った効果的な治療戦略を提供できます。 医療におけるパラダイムとしての個別化医療の成長は、病院環境での ELISA の継続的な使用に貢献しています。 報告書によると、世界の個別化医療の売上高は、2027 年までに 3.2兆米ドルに達すると予測されています。 病院セグメントにおけるELISA導入の増加は、世界的な疾病負担の増加、感染症の蔓延、がん発生率の増加、医療技術の進歩、疾病の早期発見の重視、個別化医療への進展によっても推進されています。

酵素結合免疫吸着測定法市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます:

タイプ

  • 間接ELISA
  • サンドイッチELISA

エンドユーザー

  • 病院
  • 製薬
  • 研究と学術機関


growth-drivers

酵素結合免疫吸着測定法市場:成長要因と課題

酵素結合免疫吸着測定法市場成長要因ー

  • 技術の進歩: 技術の継続的な進歩は、酵素結合免疫吸着測定法 (ELISA) 市場の成長の触媒となっています。 自動化された ELISA システムや強化された検出方法などの革新的な技術により、ELISA アッセイの精度、感度、効率が大幅に向上しました。 特に自動化により、ワークフローが合理化され、所要時間が短縮され、エラーのリスクが最小限に抑えられるため、ELISA はハイスループットで信頼性の高い診断ソリューションを求める研究者や臨床検査室にとって魅力的な選択肢となっています。 世界中の研究室がより洗練された自動化されたシステムに移行するにつれて、技術的に高度な ELISA プラットフォームの導入が大幅に増加し、市場の成長を促進する態勢が整っています。
  • 診断とスクリーニングプログラム: 世界保健機関 (WHO) は、世界の死亡の約 70% が非感染性疾患 (NCD) によるものであると推定しており、効果的な診断ツールの必要性を強調しています。 公衆衛生への取り組みの一環として診断およびスクリーニングプログラムに重点が置かれることが、ELISA市場の実質的な成長原動力となっています。 世界中の政府や医療機関は、病気、特に糖尿病や心血管疾患などの非感染性疾患(NCD)の早期発見のためのスクリーニングプログラムを実施しています。 ELISA は、さまざまな状態に関連する特定のバイオマーカーを検出する能力を備えており、これらのスクリーニング プログラムにおいて極めて重要な役割を果たします。
  • 感染症の蔓延の増加: 世界的にも地域的にも感染症の蔓延が拡大しており、ELISA 市場の重要な成長原動力となっています。 ELISA の感度と特異性により、ELISA は感染因子の検出における重要なツールとなり、早期診断と効果的な管理に役立ちます。 新しい病原体の継続的な出現とパンデミックの脅威が続く中、感染症の蔓延を制御し軽減するための信頼できる診断方法が引き続き求められています。 ELISA は多用途で広く適用可能な技術であり、感染症管理における診断の最前線にあり、導入の増加と市場の成長を推進しています。

当社の酵素結合免疫吸着測定法市場調査によると、以下はこの市場の課題です:

  • 代替技術との競争: ELISA は、分子診断法 (PCR、次世代シークエンシング) など、より高い感度や特異性などの利点を備えた新興技術との厳しい競争に直面しています。 研究室や研究者が特定の用途により適した代替診断方法を模索しているため、この課題は市場の成長を妨げる可能性があります。 従来の ELISA 法には、単一サンプル中の複数の分析物を同時に分析する機能が欠けていることが多く、多重化技術と比較して効率が制限されます。 包括的なプロファイリングが必要なシナリオでは、マルチプレックスができないため、研究者は他の技術を選択する可能性があり、酵素結合免疫吸着測定法市場シェアに影響を与える可能性があります。
  • 限られた多重化機能。
  • 高い開発コスト。

inside-report-bg
Enzyme-linked Immunosorbent Assay (Elisa) Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023年7月、PerkinElmerは早期がん発見のためのリキッドバイオプシー技術のリーダーであるSerena Therapeuticsを21億米ドルで買収しました。この買収により、PerkinElmerの診断薬ポートフォリオは大幅に拡大し、成長するリキッドバイオプシー市場における主要プレーヤーとしての地位を確立しました。
  • 2023年10月、PerkinElmerは、高解像度の光学顕微鏡と強力な相関分析機能を組み合わせた画期的なプラットフォームであるEnVista™ 10X顕微鏡を発表しました。この革新的なツールにより、研究者は様々な分野にわたる複雑な生物学的プロセスをより深く理解することができます。
  • 2023年10月、Sysmexは自動凝固検査装置と試薬のリーダーである米国のInova Diagnostics社を675百万米ドルで買収しました。この買収により、Sysmexは成長する止血市場におけるポジションを強化し、血液凝固障害の検体検査の提供範囲を拡大しました。
  • 2023年9月、Sysmexはヨーロッパ連合の承認を取得し、COVID-19感染を検出するための迅速POC検査であるLumiraDx® SARS-CoV-2抗原検査を発売しました。このポータブルで使いやすい検査は、従来の検査室環境以外のさまざまな場面で、より迅速で利用しやすい検査オプションを提供します。

酵素結合免疫吸着測定法市場を支配する注目の企業

top-features
  • Thermo Fisher Scientific Inc.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • PerkinElmer, Inc.
  • Bio-Rad Laboratories, Inc.
  • Merck KGaA 
  • F. Hoffmann-La Roche Ltd.
  • Siemens Healthineers AG
  • BD (Becton, Dickinson and Company)
  • Agilent Technologies, Inc.
  • BioMérieux SA
  • Ortho Clinical Diagnostics
  • Sysmex Corporation
  • Fujifilm Corporation
  • Tosoh Corporation
  • Sekisui Medical Co., Ltd.
  • Denka Company Limited

レポートで回答された主な質問

Ques: 酵素結合免疫吸着測定法市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ヘルスケア分野の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に酵素結合免疫吸着測定法市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 酵素結合免疫吸着測定法市場は、2024 -2036 年の予測期間中に 6% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、酵素結合免疫吸着測定法市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: 酵素結合免疫吸着測定法市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Thermo Fisher Scientific Inc.、PerkinElmer, Inc.、Bio-Rad Laboratories, Inc.、Merck KGaA (EMD Millipore)、F. Hoffmann-La Roche Ltd.、Siemens Healthineers AG、その他。

Ques: 酵素結合免疫吸着測定法市場のエンドユーザーセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 病院セグメントは 2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。