について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

エノキサパリン API 市場調査 -タイプ別(ブランド、ジェネリック)、エンドユーザー別(病院、クリニック、研究および学術機関)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5467 | 公開日: December, 2023

エノキサパリン API 市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

エノキサパリンAPI市場規模は、2036年末に200億米ドルに達すると予想されています。2024年―2036年の予測期間中に8%のCAGRで成長します。 2023 年にエノキサパリン API の業界規模は 100 億米ドルを超えました。 エノキサパリン API 市場は、世界中で心血管疾患の発生率が増加していることを主な要因として、大幅な成長を遂げる準備が整っています。 心血管疾患の有病率の上昇が、エノキサパリン API の需要を促進する重要な要因として浮上しています。 座りっぱなしのライフスタイル、不健康な食習慣、高齢化が心血管疾患の急増の一因となっているため、効果的な抗凝固療法に対する前例のないニーズが存在しています。 エノキサパリンは、その有効性と安全性プロファイルで有名で、心血管疾患に関連する血栓性疾患の管理に基礎となっています。 世界保健機関(WHO)の最近の報告書によると、心血管疾患は世界の罹患率と死亡率の主な原因となっています。 2019年に、世界で推定17.9百万人が心血管疾患により死亡しており、これは世界全体の死亡者数の約32%を占めています。

この憂慮すべき統計は、心血管の健康危機の大きさを強調し、エノキサパリンのような抗凝固薬を含む医薬品介入の緊急性を浮き彫りにしています。低分子量ヘパリンであるエノキサパリンは、一般に心臓血管障害に関連する深部静脈血栓症や肺塞栓症などの症状の予防と治療において極めて重要な役割を果たします。 エノキサパリンなどの API を含む医薬品市場は、規制当局の承認プロセス、特許の有効期限、市場競争の影響を受けます。


エノキサパリン API 市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

100億米ドル

予測年市場規模(2036年)

200億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

エノキサパリン API 市場の地域概要

エノキサパリン API 市場 – 日本の展望

日本は高齢化が進む人口動態の変化を経験しており、これがエノキサパリンAPI市場の重要な推進力となっています。 高齢になると、深部静脈血栓症などの心血管疾患のリスクが高まります。 日本にエノキサパリン API の需要は、高齢者の医療ニーズの高まりによって促進されています。 2020年現在、日本は世界でもトップクラスの平均寿命を誇り、平均寿命は84歳です。 65 歳以上の高齢者として定義される高齢化人口は、総人口の 28% 以上を占めます。 この人口動態傾向は心血管疾患の発生率の上昇に寄与し、エノキサパリンのような抗凝固療法の需要を促進しています。 日本のエノキサパリン API 市場は、人口動態要因、病気の有病率、ヘルスケアへの取り組みの組み合わせによって成長が見込まれています。 この国の独特な医療環境は、特定の健康上の課題と相まって、エノキサパリンを日本人の抗凝固薬のニーズに応える重要な要素として位置づけています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Enoxaparin API Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

アジア太平洋地域市場予測

アジア太平洋地域のエノキサパリン API 市場は、2036 年末に 41% の最大市場シェアを保持すると予測されています。アジア太平洋地域では、座りっぱなしの習慣や不健康な食生活を特徴とする西洋的なライフスタイルの導入が、発症率の上昇に寄与しています。 心血管疾患や血栓性疾患などです。このライフスタイルの変化により、関連する健康リスクに対処するためのエノキサパリンなどの抗凝固療法の需要が高まっています。『Lancet Diabetes & Endocrinology』ジャーナルに掲載された研究では、アジア太平洋地域の心臓血管の健康に対する西洋の食事パターンの影響が強調されています。 飽和脂肪が多く、身体活動が少ない食事の採用は、心血管危険因子の有病率の増加に寄与しており、抗凝固剤による介入の必要性が強調されています。 アジア太平洋地域における癌の有病率の増加は、エノキサパリン API 市場の重要な成長原動力です。 癌患者は血栓性合併症を発症するリスクが高く、エノキサパリンは癌関連血栓症の予防と治療に広く使用されています。 アジア太平洋地域では、癌の発生率が2030年までに約40%増加すると予測されていると報告されています。

北米市場統計

北米地域のエノキサパリン API 市場は、予測期間中に 2 番目に大きなシェアを保持すると予測されています。 北米にエノキサパリン API 市場の主な成長原動力は、心血管疾患の有病率の高さです。 この地域は深部静脈血栓症(DVT)や肺塞栓症(PE)などの疾患が多発しており、エノキサパリンなどの抗凝固薬の使用が必要となっています。 整形外科手術と関節置換術の急増は、北米のエノキサパリン API 市場の注目すべき成長原動力です。 エノキサパリンは、その抗凝固作用により、術後ケア、特に整形外科的処置を受ける患者に一般的に処方されます。 北米に高齢化人口の増加は、エノキサパリン API 市場の主要な成長原動力です。 高齢になると心血管疾患や血栓症のリスクが高まるため、治療と予防の両方に抗凝固剤の使用が必要になります。

エノキサパリン API 市場のセグメンテーション

タイプ別(ブランド、ジェネリック)

ブランドセグメントは、2036 年には最大市場シェア 60% を獲得すると推定されています。ブランドのエノキサパリン製剤は、多くの場合、プレミアム価格戦略を採用し、市場内で高品質で信頼できる製品としての地位を確立しています。 厳格な臨床試験、安全性データ、ブランドの評判を通じて確立された知覚価値により、企業はプレミアム価格を維持することができ、収益の増加に貢献します。 『ジャーナル・オブ・メディカル・エコノミクス』に掲載された研究では、プレミアム価格の医薬品はジェネリック医薬品との競争が存在する場合でも市場での地位を維持することが多いことが判明しました。 この研究では、さまざまな治療カテゴリーにわたる価格設定と市場動向を分析し、プレミアム価格の製品における知覚価値の役割を強調しました。 ブランドエノキサパリン部門の成長は、高度な薬物送達技術、研究開発への多額の投資、患者中心のアプローチ、独自の技術、およびプレミアム価格戦略の組み合わせによって推進されています。

エンドユーザー別(病院、クリニック、研究および学術機関)

病院セグメントは、2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されています。エノキサパリン API 市場に病院セグメントの重要な成長原動力は、外科手術と入院の持続的な増加です。 医療の進歩により、より複雑な手術や処置が可能になるにつれ、病院での術後ケアや血栓予防のためのエノキサパリンの需要が高まり続けています。 世界保健機関(WHO)によると、世界で年間に行われる外科手術の件数は2020年に313百万件を超えました。この統計は、手術に伴う血栓リスクを管理するために、世界中の病院でエノキサパリンを含む抗凝固療法の必要性が大きく高まっていることを浮き彫りにしています。 エノキサパリン API 市場における病院セグメントの成長は、外科手術件数の増加、高齢者人口の増加、DVT 予防への注目の高まり、肺塞栓症のリスクに対する認識、整形外科手術の急増などの要因によってさらに促進されています。 これらの要因を総合すると、病院ベースの医療、特にさまざまな医療介入に伴う血栓リスクの管理におけるエノキサパリンの重要な役割が強調されます。

エノキサパリン API 市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • ブランド
  • ジェネリック

エンドユーザー別

  • 病院
  • クリニック
  • 研究および学術機関


growth-drivers

エノキサパリン API 市場:成長要因と課題

エノキサパリン API 市場の成長要因ー

  • 人口高齢化と医療ニーズの増加:世界的な人口高齢化は、エノキサパリン API 市場の成長にとって重要な触媒です。 年齢が上がるにつれて、心血管疾患や深部静脈血栓症などの関連合併症を発症するリスクが大幅に増加します。 世界中で人口の高齢化が進む中、高齢者の医療ニーズの高まりにより、エノキサパリン API の需要が急増すると予想されています。 国連によると、60 歳以上の世界人口は 2050 年までに 21 億人に達すると予測されており、2017 年に962百万人から2 倍に増加しています。この人口動態の変化は、心血管疾患を含む加齢に伴う健康上の懸念の有病率の増加を浮き彫りにしています。 エノキサパリン API の需要の高まりに対応です。
  • 薬物送達システムの技術進歩:薬物送達システムの進歩により、抗凝固療法の利便性と有効性が向上し、エノキサパリン API 市場の成長が促進されます。 新しい注射装置や徐放性製剤などのイノベーションにより、患者のコンプライアンスが向上し、製薬会社に製品を差別化する機会が提供されます。 これは、先進的な薬物送達技術の採用の増加を反映しており、エノキサパリン API 市場の前向きな見通しを示しています。
  • 血栓性疾患の認識と診断の向上: 認識の向上と診断能力の向上は、血栓性疾患の特定に貢献し、エノキサパリン API の需要を高めます。 医療専門家が深部静脈血栓症や肺塞栓症などの症状の診断に熟練するにつれ、エノキサパリンのような効果的な抗凝固療法の必要性もそれに応じて高まっています。 エノキサパリン API 市場は、人口動態の変化、医療の進歩、治療環境の進化によってさらに成長しており、製薬業界の持続的な成長に向けた位置付けとなっています。

当社のエノキサパリン API 市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 規制のハードルと承認プロセス: エノキサパリン API 市場における重要な課題の 1 つは、承認と製造プロセスを管理する厳しい規制環境です。 保健当局が定めた規制基準を満たすには、研究、開発、コンプライアンスへの多額の投資が必要です。 規制当局の承認の遅れは、市場への参入や製品の商業化を妨げる可能性があります。 エノキサパリンのような抗凝固薬を含む新薬が規制当局から承認されるまでの平均時間は、数か月から数年かかる場合があります。 これらのプロセスの複雑で時間のかかる性質は、新しい製剤やジェネリック版の市場投入を目指す企業にとって課題となっています。
  • 特許の失効とジェネリック競争です。
  • 価格変動性です。

inside-report-bg
Enoxaparin API Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2020年、Sanofiは、希少遺伝性疾患に対するRNA干渉(RNAi)治療薬の開発に注力する米国の遺伝子治療会社Synthorx, Inc.を89億米ドルで買収しました。 この買収によりサノフィの遺伝子治療パイプラインが拡大し、希少疾患市場における存在感が強化されました。
  • 2023 年、Sanofiは米国に本拠を置く mRNA 治療会社である Translate Bio, Inc. を 32 億米ドルで買収しました。 この買収により、サノフィのmRNA技術に関する専門知識がさらに活用され、さまざまな治療分野におけるパイプラインが強化されます。
  • 2023年、Takedaは、炎症性疾患の革新的な治療法の発見、開発、商業化に注力する米国に本拠を置くバイオテクノロジー企業ニンバス・セラピューティクスを43億米ドルで買収しました。 この買収により、武田薬品の重要な注力分野である免疫学と炎症におけるパイプラインが強化されます。
  • 2021年、Takedaは英国に本拠を置く製薬会社シャイアー社を620億米ドルで買収しました。 この買収により、武田薬品の希少疾患、神経科学、消化器疾患製品とパイプラインのポートフォリオが大幅に拡大しました。

エノキサパリン API 市場を支配する注目の企業

top-features
  • Pfizer Inc.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Takeda Pharmaceutical Company Limited
  • Daiichi Sankyo Company, Limited
  • Astellas Pharma Inc.
  • Eisai Co., Ltd.
  • Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation
  • Sanofi S.A.
  • Aspen Pharmacare Holdings Limited
  • Leo Pharma A/S
  • Intas Pharmaceuticals Ltd.
  • Alchem International Ltd.
  • Opocrin S.p.A.
  • Hikma Pharmaceuticals PLC
  • Sandoz International GmbH
  • Dr. Reddy's Laboratories Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: エノキサパリン API市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ヘルスケア分野の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にエノキサパリン API市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: エノキサパリン API 市場規模は、2024 ― 2036 年予測期間中に8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、エノキサパリン API市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域市場は、2036 年末に最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス機会がもたらされると予想されています。

Ques: エノキサパリン API市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Pfizer Inc.、Sanofi S.A.、Aspen Pharmacare Holdings Limited、Leo Pharma A/S、Intas Pharmaceuticals Ltd.、Alchem International Ltd. などです。

Ques: エノキサパリン API 市場のエンドユーザーセグメントで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: 病院セグメントは 2036 年末に最大市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。