について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

ドラッグデリバリーシステム市場調査―タイプ別(経皮、吸入、注射)、デバイスタイプ別 (従来型、アドバンスト)、適応症別(糖尿病、心血管疾患、多発性硬化症、喘息、COPD)、 流通チャネル別 (病院薬局、小売薬局) -世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023 ― 2035 年

RFP提出
レポート: 4460 | 公開日: August, 2023

ドラッグデリバリーシステム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

ドラッグデリバリーシステム市場規模は、2035年末までに4,330億のCAGRを記録すると予想されており、2023―2035年の予測期間中に11%のCAGRで増加します。 2022 年のドラッグデリバリーシステムの業界規模は 420 億米ドルでした。 この市場の成長は、腸チフス、結核、インフルエンザ、肝炎など、さまざまな種類の病気に対するワクチンの入手可能性が増加したことに起因すると考えられます。 報告書によると、2021年の世界的なB型肝炎の罹患率は約80%で、ヘモフィルス・インフルエンザB型ワクチンの接種率は約71%、世界中の乳児の約80%がポリオワクチン接種を受けています。

生活習慣の乱れ、不健康な食習慣、睡眠障害などにより、慢性疾患の患者数は増加の一途をたどっています。 世界保健機関によると、毎年約 17.9百万人が心血管疾患で死亡しており、世界の死因のほとんどは心血管疾患です。


ドラッグデリバリーシステム市場 : 主な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

~11%

基準年市場規模(2022年)

420億米ドル

予測年市場規模(2035年)

4330億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

ドラッグデリバリーシステム市場の地域概要

ドラッグデリバリーシステム市場 – 日本の展望

日本のドラッグデリバリーシステム市場は、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。 この地域の製薬会社は、新しい薬物送達システムを実装するための研究開発に多額の投資を行っています。 これは、日本において医薬品の有効性と安全性を向上させ、慢性疾患の新しい治療法を開発する必要性が高まっていることが影響しています。 さらに、日本政府はこの地域における医薬品流通システムの開発を奨励しています。 たとえば、ここで政府は、新しい医薬品や医療機器の開発を促進するための「革新的な医薬品および医療機器のための戦略的行動計画」イニシアチブを開始しました。

これに加えて、日本では高齢者人口が増加しているため、この地域では在宅ケアと長期ケアの需要が高まっています。 在宅ケアに対する高い需要の結果、在宅治療での使用率が高いため、ドラッグデリバリーシステムの需要も増加すると予想されます。 例えば、日本では2012年の5.3百万人から2021年には6.8百万人以上が長期介護を必要としています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Drug Delivery System Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

当社のドラッグデリバリーシステム市場調査によると、北米市場予測

2035 年末までに、北米の薬物送達システム市場は、全世界で 35% という最大の市場シェアを獲得すると予想されています。 この地域での長期入院は、予想される期間中に北米でのドラッグデリバリーシステム市場の拡大を促進する可能性があります。 2021年4月に発表された論文によると、カナダでは2019ー2020年の間に約3百万人の急性入院患者が発生した。 これらの入院の結果、この地域の配送システムは改善されることが期待されています。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパは予測期間中にかなりの市場シェアを維持すると予想されます。 これは、この地域における最先端の薬剤投与方法に対する認識の高まりと、最先端技術の受け入れによって説明されます。 重要な利害関係者による新しい薬剤送達システムの発売も、革新的な医薬品の重要なガバナンス許可のための臨床研究と同様に、地域市場の拡大を促進すると予測されています。

ドラッグデリバリーシステム市場の地域概要

適応症(糖尿病、心血管疾患、多発性硬化症、喘息、COPD)

当社のドラッグデリバリーシステム市場調査によると、糖尿病市場は今後数年間で拡大し、33% という最高の CAGR を記録すると予想されています。 世界中で糖尿病患者数が増加しているのは、この部門の拡大が原因である可能性があります。 世界保健機関によると、世界中に糖尿病患者が 4 億 2,200 万人います。 さらに、糖尿病患者によるインスリン注射の利用率が高いことも、予測期間におけるこの部門の成長を促進すると予想されます。

タイプ(経皮、吸入、注射)

注射可能な分野は、今後数年間で最も市場が成長すると予想されています。 これは、個人がウェアラブルな注射薬送達方法をより認識するようになったことによるものです。 さらに、世界中で注射器の使用が増加している予防接種キャンペーンの拡大によって、今後数年間で分野の拡大が促進されることが予想されます。 また、ワクチンが完成するまでは、針や注射器のニーズの高まりにより分野の拡大が促進されると予想されます。

ドラッグデリバリーシステム市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • 経皮
  • 吸入
  • 注射

デバイスタイプ別

  • 従来型
  • アドバンスト

適応症別

  • 糖尿病
  • 心血管疾患
  • 多発性硬化症
  • 喘息
  • COPD

流通チャネル別

  • 病院薬局
  • 小売薬局


growth-drivers

ドラッグデリバリーシステム市場:成長要因と課題

ドラッグデリバリーシステム市場の成長要因ー

  • 薬物送達システムの技術進歩と革新 - 皮膚を通して薬物を送達するための新技術であるマイクロニードルアレイなど、技術の発展は常に市場の成長を促進してきました。 これらのアレイでは、髪の毛よりも細い数本の微細な針が、薬剤でコーティングまたは充填されています。 したがって、ドラッグデリバリーシステムの技術進歩により、今後数年間で市場の成長が促進されると予想されます。 たとえば、メドトロニックは、2020 年 1 月に SynchroMed II 髄内薬物送達システムで使用する高度なクラウドベースのデータ管理技術アプリケーションである Efficio のリリースを発表しました。
  • 世界中で新型コロナウイルスワクチン接種が急速に推進 - 世界中で新型コロナウイルス感染症ワクチン接種が増加しているため、注射器の需要が高まっています。 さらに、注射可能な薬物送達の生産を促進し、市場の成長を促進すると予測されています。 報告されたデータによると、世界中で毎日3.87百万回のワクチン接種が行われ、126.9億回の接種が行われています。
  • デジタルドラッグデリバリーの成長 - 企業間でのデジタルドラッグデリバリーの人気と重要性の高まりにより、世界のドラッグデリバリーシステム市場の成長が高まると予想されます。 規模 5,000 人の企業で働く従業員の 60% が、デジタルドラッグデリバリーテクノロジーが重要であると考えています。

当社のドラッグデリバリーシステム市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 政府が定めた厳格な規則と規制 - 製品の有効性と安全性を確保するために、政府は製品を検査する際に従うべき厳格な義務を課しています。 これらの厳しい規則や規制により、新製品の生産や古い製品のその他の開発が制限される可能性があります。 したがって、この要因は市場の成長を妨げる可能性があります。
  • ドラッグデリバリーシステムに伴う悪影響とデータセキュリティリスク
  • ドラッグデリバリーの侵襲的な性質により顧客の信頼が損なわれます

inside-report-bg
Drug Delivery System Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023 年 7 月、Takeda Pharmaceuticalsは、吸入インスリンの新しい薬物送達システムの開発と商品化に向けて、旭化成株式会社と提携関係を結ぶことを発表しました。 このシステムは肺へのインスリンの送達を強化するように設計されており、糖尿病患者に対する吸入療法の有効性と安全性の向上に役立つ可能性があるります。
  • 2023 年 5 月、Pfizer Inc.は、ブデソニドの新しい薬物送達システムの開発と商品化に向けて大日本住友製薬と提携したと発表しました。 ブデソニドは、喘息やその他の呼吸器疾患の治療に使用されるコルチコステロイドです。 新しい薬物送達システムは、肺へのブデソニドの送達を強化するように設計されており、ブデソニド治療の有効性と安全性の向上に役立つ可能性があります。
  • Nemara は、On Drug Delivery の最新発売ウェアラブル インジェクターに対する Celie Gross のスポンサーシップを発表しました。 この製品は、慢性疾患における満たされていない薬物送達のニーズを満たすように設計されています。 生物学的製剤、自己投与、接続性、持続可能性に関連する課題に 1 つのデバイスで同時に対応できないことが、慢性疾患に苦しむ患者にとってインテリジェントで持続可能なデバイスがあればよいという考えの背後にある原動力となっています。 ボディインジェクター。
  •  Merck KGaA は、Innocare に独自の SynBiosys 生分解性ポリマー プラットフォームを提供するため、InnoCore Pharmaceuticals との提携を発表しました。 注射製剤のハードルを下げるために開発されたドラッグデリバリープラットフォームです。 この提携により、タンパク質治療製品の市場への長期リリースが実現され、人生を変える可能性のある新薬の利用が可能になります。 投与頻度を減らし、医薬品を治療レベルに長期間維持することで、患者のコンプライアンスも向上します。

ドラッグデリバリーシステム市場を支配する注目の企業

top-features
  • BD (Becton, Dickinson, and Company)
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Takeda Pharmaceutical Company
  • Sumitomo Pharma Co., Ltd.
  • Terumo Corporation
  • Yamanouchi Pharmaceutical Co., Ltd.
  • Gerreshelmer AG
  • Baxter
  • Nemara
  • Kindeva Drug Delivery
  • West Pharmaceutical Services Inc.
  • Ypsomed
  • Medtronic Inc.
  • E3D Elcam Drug Delivery Devices
  • Astra Zeneca
  • Merck KGaA

レポートで回答された主な質問

Ques: ドラッグデリバリーシステム 市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: デジタルドラッグデリバリーの成長と慢性疾患の有病率の増加は、ドラッグデリバリーシステム市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。

Ques: 予測期間中にドラッグデリバリーシステム 市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、2023 年から 2035 年の予測期間中に 11% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、ドラッグデリバリーシステム 市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米市場は 2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネスチャンスがもたらされると予想されています。

Ques: ドラッグデリバリーシステム 市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Gerreshelmer AG、Baxter、Nemara、Kindeneva Drug Delivery、West Pharmaceutical Services Inc.、Ypsomed、Medtronic Inc.、E3D Elcam Drug Delivery Devices、Astra Zeneca、Merck KGaA などです。

Ques: ドラッグデリバリーシステム市場の適応症において最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 糖尿病セグメントは、2035年末までに最大の市場規模を獲得し、大きな成長の機会が見込まれると予想されています。