について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

CART細胞療法市場ー標的抗原別(CD19、CD22、BCMA、およびその他);および治療への応用(急性リンパ芽球性白血病、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫、濾胞性リンパ腫、慢性リンパ性白血病、多発性骨髄腫、その他)–グローバル需要分析と機会の見通し2030年

RFP提出
レポート: 3750 | 公開日: July, 2022

CAR T細胞療法の市場調査、規模、動向ハイライト(2022-2030年予測)

CAR-T細胞療法の紹介

体の免疫系は主にリンパ球で構成されており、B リンパ球または B 細胞、T リンパ球または T 細胞、およびナチュラルキラー細胞の 3 種類の細胞で構成されています。 一般にCAR T細胞療法として知られるキメラ抗原受容体T細胞療法は、遺伝子レベルおよび細胞レベルでの癌の治療に使用するために開発されている免疫療法の一形態です。 近年、がんの症例数は大幅に増加しており、その治療には効果的な標的療法が必要となっています。

CAR T細胞療法には、患者の白血球、主にT細胞の抽出が含まれ、その後、キメラ抗原受容体の遺伝子を含むように修飾されます。 これらの細胞は患者の血液に戻されます。 キメラ抗原受容体は、癌細胞に特異的に結合するタンパク質であり、したがって癌細胞の状態を治療します。

市場規模と予測

CAR-T細胞療法市場は、予測期間、つまり2020年から2028年にかけて約35%のCAGRを記録すると予想されています。 市場は適応症、標的抗原、地域ごとに分割されています。 適応症に基づいて、市場はさらに急性リンパ芽球性白血病(ALL)、慢性リンパ芽球性白血病(CLL)、多発性骨髄腫(MM)、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)などに分類されます。このうちDLBCLセグメントは CAR T細胞療法の需要が高まっている症状の症例が増加しているため、CAR T細胞療法市場で最大のシェアを握ると予想されています。 多発性骨髄腫のセグメントは、その分野での研究開発の高まりの結果、市場の大幅な成長が見込まれるもう1つのセグメントです。 標的抗原に基づいて、CAR T 細胞療法市場は CD19、CD20、CD22、CD30、GD2 などに分割されます。 このうち、CD19 および CD20 標的抗原のセグメントが市場で最大のシェアを占めると予想されます。 これは、これらの抗原を含む治療法の承認率が高いことに起因すると考えられます。

 

 


地域別

地域別分析では、CAR T細胞療法市場は北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ地域の5つの主要地域に区分される。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
CAR-T-Cell-Therapy-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

CAR T細胞療法市場は、北米地域で主要シェアを占めると予測されている。これは主に、米国で大きなシェアを占めていることに起因している。同地域では、CAR T細胞療法やがん治療の分野で研究開発が活発化しており、米国食品医薬品局(FDA)の承認を受ける治療法が増加していることも、市場成長をさらに押し上げると推定される。例えば、KymriahはNovartisが製造し、2017年にFDAによって承認されたCAR T細胞療法である。この療法は急性リンパ芽球性白血病の治療用である。欧州では、欧州医薬品庁(EMA)によるKymriahやYescartaなどのCAR T細胞療法の承認が拡大していることから、同市場が第2位のシェアを占めると予想されており、今後数年間で市場規模がさらに拡大すると予測されている。

市場セグメンテーション

当社のCAR T細胞療法市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます:

適応症別

  • 急性リンパ芽球性白血病[ALL]
  • 慢性リンパ性白血病[CLL]
  • 多発性骨髄腫
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫[DLBCL] 
  • その他

標的抗原別

  • CD19
  • CD20
  • CD22
  • CD30
  • GD2
  • その他

CAR T細胞療法市場はさらに地域別に以下のように分類される:

  • 北米(米国、カナダ)市場規模、前年比成長率、機会分析
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米)市場規模、前年比成長率、機会分析
  • ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)の市場規模、前年比成長率、機会分析
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)の市場規模、前年比成長率、機会分析
  • 中東・アフリカ(イスラエル, GCC(サウジアラビア, アラブ首長国連邦, バーレーン, クウェート, カタール, オマーン), 北アフリカ, 南アフリカ, その他の中東・アフリカ地域)市場規模, 前年比成長率, 機会分析


growth-drivers

成長ドライバー

世界的な癌患者の増加が市場成長を牽引

白血病リンパ腫協会によると、米国では3分に1人が血液がんと診断されている。さらに、2019年には米国で合計176,200人が白血病、骨髄腫、リンパ腫と診断されると推定されている。さらに、白血病、骨髄腫、リンパ腫は2019年の新規がん症例全体の10%を占めると予測された。世界中で様々な種類のがん症例が増加していることが、CAR T細胞療法市場の成長をもたらす主要因になると推定される。この結果、がんを標的とした効果的な治療法に対する需要が大幅に増加する。

代替療法に対抗するCAR T細胞療法への需要の高まりが市場成長を後押し

2017年、米国FDAは成人患者における大細胞型B細胞リンパ腫の治療薬としてCAR T細胞療法であるKymriahを承認した。ノバルティス社が開発したこの治療法は、さらに急性リンパ芽球性白血病、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)、濾胞性リンパ腫に起因するDLBCLの成人患者の治療にも使用できる。CAR T細胞療法が様々な種類の癌に使用され、複数の形態のリンパ腫を治療できるという特性は、CAR T細胞療法市場の主要な成長要因である。

阻害要因

CAR T細胞療法に伴う副作用が市場成長の阻害要因に

サイトカイン放出症候群(CRS)、発熱、食欲減退、低血圧、頭痛、脳症、吐き気、出血、浮腫など、CAR T細胞療法に伴うさまざまな副作用が、市場の成長を制限すると推定される。有害な副作用に加えて、この治療を受けるための費用が高いことも、予測期間中の市場成長を妨げる重要な要因になると予測されている。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2021年10月 - 韓国科学技術院(KAIST)のバイオ研究チームは、免疫チェックポイントシグナルを克服することができる次世代キメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法を開発しました。

  • 2021年10月- ギリアド社のカイトは、米国食品医薬品局(FDA)が、難治性または再発性のB細胞急性リンパ芽球性白血病の成人を対象とした最初で唯一のCAR T細胞療法としてTecartusを承認したと発表しました。

市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Novartis International AG

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Gilead Sciences, Inc.
  • Pfizer Inc.
  • Johnson & Johnson
  • Amgen Inc.
  • Bellicum Pharmaceuticals, Inc.
  • Immune Therapeutics
  • Sorrento Therapeutics
  • Celgene Corporation
  • Bluebird Bio

レポートで回答された主な質問

Ques: CAR T細胞療法市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 市場の成長を牽引する主な要因は、世界中でがんの発生が増加していることと、がんの治療法を改善するための急速な技術進歩です。

Ques: 予測期間中にCAR T細胞療法市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、予測期間、すなわち2022年から2030年の間に38.7%のCAGRを達成すると予想されています。

Ques: 将来、CAR T細胞療法市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域は、中国とインドにおけるがん患者数の増加により、市場成長のためのより多くのビジネスチャンスを提供します。

Ques: CAR T細胞療法市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、bluebird bio Inc.、Noile-Immune Biotech、Celgene Corporation、Bellicum Pharmaceuticals Inc.、Novartis International AGなどです。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業プロファイルは、製品セグメントから生み出された収益、収益創出能力を決定する会社の地理的プレゼンス、および会社が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: CAR T細胞療法市場の成長に影響を与える課題は何ですか?

Ans: CAR T細胞療法の高コスト、および治療に関連する有害な副作用は、市場の成長を妨げると推定される。

Ques: CAR T細胞療法市場のセグメントは何ですか?

Ans: 市場は、標的抗原、治療用途、および地域によってセグメント化されています。


Ques: CAR T細胞療法市場における標的抗原セグメントで最大の市場規模を占めているのはどのセグメントですか?

Ans: