について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

体組成計市場調査ー製品別 {生体電気インピーダンス分析装置、皮下脂肪キャリパー、静水圧計量装置}、エンドユーザー別ー世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023 -2035 年

RFP提出
レポート: 5034 | 公開日: July, 2023

体組成計市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

当社の体組成計市場調査によると、市場規模は、2035年末までに101.3億米ドルに達すると予測されており、2023ー2035年の予測期間中に15.7%のCAGRで成長します。2022 年の体組成計の業界規模は 17.6億米ドルでした。 市場の成長を推進する主な要因は、肥満率の上昇に伴う健康とウェルネスの重要性についての個人間の意識の急速な高まりであると考えられます。健康、生殖、呼吸機能、記憶、気分などあらゆる面で生活の質を低下させます。

体組成計は、体内の脂肪率と除脂肪量の割合を評価します。 糖尿病、高血圧、心臓発作、冠動脈疾患(CAD)、一部のがんなど、体重に関連する健康問題の蔓延が増大しています。 体重関連の健康問題に悩む人々が増えており、変化や進歩を追跡するために体組成、栄養、水分補給、体重管理を定期的に評価しています。これにより、市場関係者に多くの成長機会がもたらされ、プラスの影響がもたらされると予想されます。


世界の体組成計市場の定義: 主要な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

約15.70%

基準年市場規模(2022年)

約17.6億米ドル

予測年市場規模(2035年)

約101.3億米ドル

地域範囲

  • 北米 (米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  •  中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

世界の体組成計市場の地域概要

体組成計市場-日本の見通し

スポーツは日本文化の大きな部分を占めているため、日本でもフィットネスやスポーツイベントに参加する人が増えています。 これにより、体組成計は体脂肪や骨格筋量などの重要な健康指標を評価および監視するためにジムやフィットネス施設で頻繁に利用されるため、体組成計の需要が高まっています。

2021年に実施された調査によると、日本の10歳以上の成人の66%以上がスポーツを行っています。

さらに、日本は少子高齢化により急速に高齢化が進んでいます。 高齢者は加齢に伴うさまざまな健康状態にかかりやすいため、健康状態を監視し、健康的な老化を促進するために体組成計などのツールを使用する必要があります。

推計によると、2014 年には日本の人口の 35% 以上が 60 歳以上で、25% 以上が 65 歳以上であり、2022 年までに 29% 以上増加します。

北米市場予測

当社の体組成計市場調査によると、北米の市場は、2035年末までに約32%のシェアを占める最大規模になると予測されています。特に米国などの国では肥満人口が増加しており、致命的な病気やがんのリスクに対する懸念が高まっているため、体組成測定などによるBCAの需要が高まっています。個人のニーズに最適な個別の健康計画を作成できます。 調査結果によると、米国は北米で最も肥満の国であり、2021年の時点で人口の約36%がBMIが30.0を超えていました。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Body Composition Analyzers Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場分析

アジア太平洋地域の体組成計市場は 2 番目に大きく、2035 年末までに約 26% のシェアを占めると推定されています。この地域の成長は、座りがちなライフスタイルの増加、地域住民の不健康な食事パターンの採用、筋肉と脂肪の比率の悪化によって多くの慢性疾患や代謝障害が引き起こされていることが背景にあります。したがって、アジア諸国における肥満に関連した代謝性疾患の驚くべき速度での増加は、地域市場の成長に起因していると考えられます。

世界の体組成計市場セグメンテーション

エンドユーザー別 (フィットネス クラブおよびウェルネス センター、病院、学術および研究センター)

当社の体組成計市場調査によると、フィットネスクラブおよびウェルネスセンター部門の市場は、2035年末までに35%という最大の成長率を獲得すると予想されています。肥満がいくつかの衰弱性の致命的な病気のリスクを高めるという認識が高まる中、減量によって肥満に関連するリスクの一部を軽減できるとして、世界の人々がフィットネスを意識するようになってきています。 調査によると、体重のわずか 5ー10% を減らすだけで、肥満の人に大きな健康上の利点がもたらされると期待されています。 したがって、ジムへの来店客の増加と、健康的な体重を表すBMIや体重などの従来の方法からBCAの使用へのフィットネスクラブやウェルネスセンターの移行の増加が、このセグメントの成長を押し上げると予想されます。病院部門は、ウェルネス プログラムの一環として体組成分析を推進しているほとんどの病院で最も高いシェアを占めることになります。それは、個人と公衆の健康を大幅に改善し、若い年齢での肥満の蔓延を防ぎ、苦痛を軽減し、毎年医療費に費やされる数十億ドルを節約するためです。

製品別 {生体インピーダンス分析装置、皮下脂肪キャリパー、静水圧計量装置、空気置換プレチスモグラフィー (ADP)、デュアル エネルギー X 線吸光光度計 (DEXA) }

体組成計市場における生体インピーダンス分析装置セグメントは、手頃なコスト、簡単な使用、および高い精度により、製品セグメントの最大の収益シェアを保持すると予測されています。 BIA 検査は、臨床医が患者の食事やライフスタイルをそれに応じて変更できるように支援します。さらに、DEXA サブセグメントは 2035 年末までに大幅な成長を示すと予想されています。骨粗鬆症の診断における骨密度検査が可能になるため、骨折のリスクにアクセスするための DEXA スキャンの利用が増加し、このセグメントの成長が促進されると予想されます。

当社の世界の体組成計市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます:

製品別

  • 生体電気インピーダンス分析装置
  • 皮下脂肪キャリパー
  • 静水圧計量装置
  • 空気置換プレチスモグラフィー (ADP)
  • デュアルエネルギー X 線吸光光度計 (DEXA)

エンドユーザー別

  • フィットネス クラブおよびウェルネス センター
  • 病院
  • 学術および研究センター


growth-drivers

世界の体組成計市場成長要因と課題

体組成計市場の成長要因

  • 増加するメタボリックシンドローム(MetS)の有病率ーメタボリックシンドロームの蔓延により、細胞の健康を改善しメタボリックシンドロームを予防できるライフスタイルの導入が進んでいます。 データによると、米国人口の約 75%、世界人口のほぼ 25% が MetS に罹患しています。体組成の変化は代謝の変化やメタボリックシンドロームのリスクに関連しているため、体組成計などの製品の需要が急増しており、市場の成長を促進すると予想されています。
  • アスリートの体組成を監視する必要性ー業界の成長 ほとんどのアスリートは、筋肉、骨、臓器に対する体脂肪の比率が低い健康ゾーンを維持するために、医学的に認められた基準に従って体重を管理する必要があり、これが体組成分析の絶え間ないニーズを引き起こしています。
  • 低骨密度(骨粗鬆症)の早期発見への応用ー多くのBCAは、体脂肪を測定することにより、他の多くの領域を含む「骨ミネラル量」を測定するために使用されます。 体組成計は、脂肪量、除脂肪筋量、体脂肪のほか、内臓脂肪や骨密度の変化を検出するために使用されます。

当社の体組成計市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 設備費が高いー体組成計は高価であるため、誰もがその恩恵を受けられるわけではなく、成長を阻害する要因となっています。
  • 発展途上国や低開発国では認識不足により普及率が低い
  • 精度の欠如

inside-report-bg
Body Composition Analyzers Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 23 年 3 月、InBody Co., Ltd. は、医療モードでの外出先での検査を可能にする BWA 2.0 体内水分計を導入しました。 これにより、研究者は体内の水分組成をより正確に調査し、健康と活力に対する長期的な影響を評価できるようになります。

さらに、プロ仕様のデバイスのユーザーは、仰臥位、座位、または立位でテストして、体組成の変動がどのように発生するかを示すより詳細な洞察を得ることができます。

  • 2020 年 2 月 A&D Company, Limitedは、新鮮で価値の高い商品やサービスの開発と新製品開発のスピードの加速を目的として、株式会社タニタと提携しました。これは、体組成測定技術の一般普及への第一歩でもあります。
  • InBodyは、専門的な体組成分析および医療機器技術の世界的リーダーである同社は、プロ仕様の機器である BWA 2.0 体内水分計のリリースを発表しました。 このアナライザーは、InBody S10 によって測定された出力を拡張して、体組成と体内水分の変化が健康状態にどのように影響するかを示す、より詳細な洞察をユーザーに提供します。
  • GE HealthCare Technologies Incは、クラウドベースの体組成分析およびレポート作成ソフトウェアの大手企業である FitTrace とのマーケティング提携契約を発表しました。

世界の体組成計市場を支配する注目の企業

top-features
  • Tanita Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品の提供
    • 財務実績
    • 重要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域でのプレゼンス
    • SWOT分析
  • OMRON HEALTHCARE Co., Ltd.
  • InBody Co., Ltd.
  • A&D Company, Limited
  • Beurer Japan Co., Ltd.
  • InBody Inc
  • GE HealthCare Technologies Inc.
  • Cosmed srl
  • Tanita Corporation
  •  Omron Corporation
  • Hologic Inc.
  • RJL Systems, Inc.
  • Seca GmbH & Co. Kg.
  • Selvas Healthcare, Inc.
  • Charder Electronic Co. Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: 体組成計市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 肥満の蔓延と体重関連疾患に対する懸念の高まりが、体組成計市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に体組成計市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 体組成計の市場規模は、2023ー2035 年の予測期間中に 約15.70% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、体組成計市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の体組成計市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: 体組成計市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 体組成計市場の主要プレーヤーは、InBody Inc、GE HealthCare Technologies Inc、Cosmed srl、Tanita Corporation、Omron Corporation、および Hologic Inc、などです。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業概要は、製品セグメントから生み出される収益、収益創出能力を決定する企業の地理的存在、および企業が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: 体組成計市場のセグメントは何ですか?

Ans: 市場は製品、エンドユーザー、地域ごとに分割されています。

Ques: 体組成計市場のエンドユーザーセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: フィットネス クラブおよびウェルネス センター部門は、2035 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。