について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

無菌包装市場調査の分析:包装タイプ別(バッグ&パウチ、ボトル&缶、バイアル&アンプル、カートン、その他)、材料別(ガラス、紙&板紙、プラスチック、金属、その他)、用途別(食品&飲料、医薬品、化学品、その他)-世界の需給分析&機会展望2023-2033年

RFP提出
レポート: 4463 | 公開日: October, 2022

無菌包装市場の調査、規模、動向ハイライト(2023-2033年予測)

世界の無菌包装市場は、予測期間、すなわち2023年から2033年にかけて年平均成長率〜10%で成長することにより、2033年末までに〜350億米ドルの収益を獲得すると推定される。さらに、同市場は2022年に〜160億米ドルの収益を生み出した。同市場の成長は主に、食品から発生する感染症を予防するための無菌包装に対する需要が急激に高まっていることに起因している。例えば、毎年約100万人が抗菌剤耐性によって死亡していることが観察されている。これに加えて、無菌包装は、それらに保存料の任意の並べ替えを追加することなく、食品や飲料の品質を維持し、そのような要因はまた、予測期間にわたって無菌包装市場の成長のための恩恵として機能します。

化学産業や医薬品における無菌包装の需要の活況など、世界の無菌包装市場の動向は、予測期間にわたって市場の成長にプラスの影響を与えると予測されている。例えば、世界の化学産業は、2021年に約5兆米ドルの総収入を生成すると推定された。さらに、医薬品を長期間有効な状態に保つための無菌包装への要求が高まっており、予測期間中の市場成長をさらに押し上げると予測されている。医薬品の開発と生産は、研究開発への支出の増加によって拍車がかかっている。例えば、2021年には世界中で約1.5兆米ドルが医薬品開発に費やされた。無菌包装は、包装中または包装後の微生物侵入を防ぐため重要である。したがって、これらすべての要因が予測期間中の市場成長を押し上げると予想される。さらに、無菌包装材の再利用とリサイクル可能性は、機能的かつ経済的な理由により、市場成長に大きく貢献している。

世界の無菌包装市場の定義

無菌包装とは、食品や医薬品などを包装とは別に滅菌する独自の製造方法である。無菌雰囲気の中で、内容物を容器に入れる。この方法では、非常に高い温度で内容物の鮮度を保つと同時に、微生物汚染を防ぐことができる。

無菌包装は、牛乳、スープ、トマト、プリンなど、さまざまな食品や飲料の包装に大いに利用されている。さらに、無菌包装のアプリケーションは、薬が有害な細菌で汚染されていないことを保証するために製薬業界でも見られます。

無菌包装は、その利点のために様々な最終用途産業で使用されています。第一に、無菌包装の使用は、製品の寿命を拡大しながら、製品の貯蔵寿命を増加させるのに役立ちます。第二に、無菌包装は従来の包装に比べ軽量であるため、メーカーにとっては輸送・流通コストが削減される。第三に、無菌包装は細菌に対する保護層を提供する滅菌プロセスを使用するため、保存を必要としない。第四に、無菌包装は主に再生可能な資源で構成され、製造に必要なエネルギー量も少なく、プラスチックも少ないため、製品を包装するための持続可能な方法であると考えられている。第五に、ハイテク無菌包装の利用は、製品の品質を保持し、一流の品質を提供するのに役立ちます。


無菌包装の世界市場: 主な洞察

 

基準年

2022年

予想年

2023-2033年

CAGR

~10%

基準年の市場規模(2022年)

~ 160億米ドル

予測年市場規模(2033年)

~ 350億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

世界の無菌包装市場の地域別概況

アジア太平洋地域の無菌包装市場は、他のすべての地域の市場の中で、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されている。同地域の市場成長の主な要因は、無菌包装の消費拡大と食品・飲料産業、および同地域の包装食品生産率の上昇にある。これらには、乳製品、パン・菓子、食肉など、製品の鮮度を長期間保つために無菌包装を必要とする日常的な包装食品が含まれる。例えば、アジアにおける調理済み食品(ready-to-eat meals)セグメントが生み出す総収益は、2022年には約3,000億米ドルに達すると予測されている。さらに、工業化と都市化の進展が、予測期間中の市場成長をさらに押し上げると予想されている。さらに、製薬業界の成長は、大規模な患者プールの存在に起因する医薬品の需要を増加させ、医薬品の保存期間を延ばすために無菌包装の販売を増加させると予想されている。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Aseptic-Packaging-Market-scope

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

一方、北米の無菌包装市場も大きなシェアで成長し、注目すべき収益を獲得すると予測されている。同地域の国内総生産(GDP)の成長と成長する経済の支援とともに、技術的に高度な無菌包装を生産する能力は、同地域の市場成長の主な要因であると考えられている。その他の要因としては、包装、食品・飲料、自動車、製薬などの最終用途産業からの高い需要が挙げられる。

無菌包装の世界市場セグメンテーション

世界の無菌包装市場は、用途別に食品・飲料、医薬品、化学品、その他に需要・供給がセグメント化され分析されているが、このうち食品・飲料セグメントは予測期間中に顕著な成長が見られると予測されている。同分野の成長は、包装食品や加工食品を好む消費者の増加による。例えば、2022年に世界の食品セグメントが生み出す総収入は150億米ドルに達すると予測されている。さらに、労働人口の割合が増加していることも、予測期間にわたって無菌包装市場の成長を促進している要因である。また、果物、ジャム、乳製品、ソースなどの包装など、製品の寿命を延ばすとともに包装前に滅菌を必要とするFMCG分野からの需要の高まりは、今後数年間で無菌包装の利用率を高めると予想されている。また、家庭外で生活する人々の食品や飲料の需要の増加は、安全で衛生的な食品を提供するために無菌包装の必要性をもたらし、予測期間における無菌包装の売上高の増加に起因している。

世界の無菌包装市場はまた、ガラス、紙・板紙、プラスチック、金属、その他に素材別に需要と供給をセグメント化して分析している。 これらのうち、プラスチックセグメントは、プラスチック無菌包装がバッグ&パウチ、ボトル&缶、カートンなどの製造に高度に使用されているため、最も大きなシェアを保持しているとされている。プラスチック無菌包装は、柔軟性、耐薬品性、耐熱性、汚染防止などの有利な特性により、今後数年間は包装業界でより多く使用されると予想される。一方、ガラス分野も、汚染を抑制し環境を保護する持続可能な包装ソリューションに対する意識の高まりを背景に、顕著なCAGR率で成長し、市場で注目すべきシェアを獲得すると予想されている。ガラスは滅菌しやすく、非反応性であるため、ワイン、ジュース、ソーダなどの酸性アイテムの包装に適している。

世界の無菌包装市場の詳細分析には以下のセグメントが含まれます:

包装タイプ別

  • バッグ&ポーチ
  • ボトル&缶
  • バイアル・アンプル
  • カートン
  • その他

材料別

  • ガラス
  • 紙・板紙
  • プラスチック
  • 金属
  • その他

アプリケーション別

  • 食品・飲料
  • 医薬品
  • 化学品
  • その他


growth-drivers

無菌包装の世界市場: 成長促進要因と課題

成長ドライバー

  • 例えば、2022年現在、食品・飲料業界は約7億5,000万米ドルの総売上高を生み出すと推定されている。現代では、人々は多忙な生活を送っており、適切な食事をする時間がない。多くの企業は、準備と消費に便利なすぐに食べられるとパッケージ化された食事を販売しています。したがって、無菌包装によって満たされるそのようなタイプの食品の滅菌のための市場のニーズが浮上している。
  • 紙と板紙の生産増加 - 2021年には、紙と板紙の消費量は約4億トンに達すると予測されている。
  • 乳製品を新鮮に保つための重要な要件 - 適切に包装されていない乳製品は酸っぱくなったり固まったりする。そのため、乳製品の腐敗を防ぐ高品質な包装が必要となる。従って、乳製品の高い需要は予測期間中に無菌包装の需要を増加させると予想される。牛乳の生産は、様々な理由のためにYOY指数関数的に成長している、例えば、2020年には、牛乳の約9億トンが世界中で生産された。
  • 製薬業界の大幅な増加 - 医薬品は、保存期間を延ばすために適切で安全な包装が必要である。したがって、無菌包装は医薬品を長期間安全に消費できるようにする。したがって、製薬業界の急速な拡大が市場成長の好機をもたらすと予想される。例えば、米国の医薬品部門は2021年11月時点で3兆米ドル以上と評価されている。

課題

  • 無菌包装による環境への悪影響 - 無菌包装のほとんどはプラスチック製で、環境に大きな影響を与え、土壌汚染や水質汚染につながる。そのため、この要因は予測期間中の市場成長を妨げると推定される。
  • 高い初期投資の必要性
  • COVID-19によるサプライチェーンの混乱

inside-report-bg
Aseptic-Packaging-Market-Regional
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Amcor Limited は、パッケージング・ソリューションの製造・開発における世界的なリーダーとして名高い企業です。同社は、ePac Flexible Packaging に大規模な投資を行いました。この投資は、同社の成長に拍車をかけるために行われるものです。
  • Sealed Air Corporationは、スマートパッケージング、デザインサービスなどに関連したソリューションを提供するデジタルパッケージングブランドである新ブランドprismiqを発表します。新ブランドは、最先端のデジタル印刷技術を搭載しています。

世界の無菌包装市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Sealed Air Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品の提供
    • 財務実績
    • 重要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域でのプレゼンス
    • SWOT分析
  • Amcor Limited
  • UFlex Limited
  • DS Smith Plc
  • Stora Enso Oyj
  • International Paper Company
  • Smurfit Kappa Group
  • WstRock Company
  • Bemis Company, Inc.
  • Sonoco Product Company