Menu ×

DEFENCE, MARINE & AEROSPACE

航空機シートフレーム市場ー材料タイプ別(アルミニウム、マグネシウム、複合材)、車の種類別(経済、プレミアムエコノミー、ビジネス、ファーストクラス)-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

  • レポート: 860
  • Text Size:

インフレと迫り来る景気後退が企業を苦しめる。

2022年および2023年には、市場参加者は荒波にもまれることが予想され、通貨換算の大きなギャップ、収益の縮小、利益率の低下、物流やサプライチェーンにおけるコスト圧迫などにより、損失を被る可能性があります。また、2022年の米国経済成長率は3%にとどまると予想されています。

インサイトをリクエストする                                                       


同国の購買力は2.5%近く低下すると予想される。一方、ヨーロッパ諸国では、特にこれからの冬にエネルギー危機という形で最悪の事態がやってくるでしょう。COVID-19の直後から、世界中の経済がインフレに見舞われています。特に欧米諸国では、予想以上のインフレにより、各国の銀行や金融機関が経済損失を抑制し、企業の利益を守るための懸念が高まっていた。金利上昇、ドル高による原油価格の高騰、ウクライナとロシアの紛争によるガスやエネルギー資源の価格高騰、中国経済の減速(2022年に4%程度)による生産と世界のサプライチェーンの混乱、その他の要因が各産業にマイナスの影響を与えるだろう。

                                                        インサイトをリクエストする

続きを読む

航空機シートフレームの世界市場概要

航空機のシートフレームは、シート解剖学の製造にその用途を持っています。航空機のシートフレームは、航空機の種類に応じて異なる特性のパターンで配列されています。数年前、航空機のシートフレームは、いくつかの形態のフォームとプラスチック材料を備えた板金から設計されています。今日では金属構造にもかかわらずマグネシウム合金や複合材料が重量を減らすために使用されていますが。民間航空機における複合材料や軽量プラスチックの普及は、軽量化や高燃費化を実現する設計の実践に多用されています。航空機におけるこのような材料の適用は、歴史的に航空機製造業者および連邦航空局によって刻まれた厳格な法律および規制によって規制されてきた。航空機のシートフレームのメーカーは、可燃性性能の必要条件の要件を首尾よく満たし ているため、禁止が解除されたため、マグネシウム合金を使用しています。補助および軽量の航空機シートフレームは、細長いS字型の複合パネルを使用して、シートバッククッションシートベルトバックルとアームレストへの改良されたサポートを実現します。航空機のシートフレームは、乗客の重量と偏差に効果的に対処するために、指令プロトコルで強制的に製造されています。

市場規模と予測

航空機のシートフレーム市場は、2017年から2027年にかけて30%の注目すべきCAGRで成長し、2027年までに重要なレベルに達すると予測されています。データ分析アウトソーシングとは、データと算術研究のアウトソーシングを意味します。データ分析バッジは、企業がより良い意思決定を行うために、運用コストを削減し、カスタマイズされた製品を提供し、顧客サービスを改善するためのバッジです。

安全性とコスト効率の高いシートメンテナンスの需要が急速に高まっているため、世界の航空機シートフレーム市場は2017年に重要なレベルに存在するようになり、予測期間中に注目すべきCAGRが証明されると予想されています。航空機のシートフレームは非常に簡単に交換でき、座席構成を変更する可能性があるため、この要因は航空機のシートフレーム市場を世界中の重要なレベルに押し上げる責任があります。

航空機の配達数イメージ

北米は、世界中の航空機シートフレーム市場の主要市場として存在すると予想されています。このような強化などの国での輸送モードのための航空機のアプリケーションの高い普及率は、北米航空機のシートフレーム市場の大幅な増加を明らかに。商業的に使用される航空機への投資の強化と高いGDPのために、北米の航空機シートフレームシステム市場の大幅な成長を維持しています。アジア太平洋地域は、今後数年間で注目すべき市場シェアを把握していると認識されています。中国、インド、インドネシア、マレーシアなどの発展途上国は、予測期間中にかなりの成長を示しています。クリックして無料サンプルをダウンロード

航空機シートフレーム市場グラフ

成長の原動力

交換が容易な航空機シートフレーム

座席構成とともに交換が容易な航空機のシートフレームのために、シートフレームの世界的な需要は今後数年間で増加すると予想され、世界中の航空機シートフレーム市場を積極的に牽引すると予想されます。

費用効果が大きい

航空機の座席

に合わせた製造コストは高価になる傾向があり、航空機の座席の解剖学は労働依存の操作を伴う。さらに、関連するシートフレームの属性は、航空機内の設置場所に応じて異なります。

拘束

在庫管理

適切な在庫保持を維持する必要性の中で上昇は、適切なメンテナンスのために容易に利用可能に保たれている多数の部品を促進する傾向がある。上記の理由は、世界中の航空機シートフレームメーカーにとって大きな課題として存在すると予想されます。

市場セグメンテーション

世界の航空機シートフレーム市場に関する当社の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

市場セグメンテーション

マテリアルタイプ別

  • アルミニウム
  • マグネシウム
  • 複合 材料

航空機クラス別

  • 経済
  • プレミアムエコノミー
  • 一流

地域別

地域

分析に基づいて、世界の航空機シートフレーム市場は、北米ヨーロッパ、アジア太平洋ラテンアメリカ、中東&アフリカ地域を含む5つの主要地域に分かれています。

北米は、世界中の航空機シートフレーム市場の主要市場として存在すると予想されています。カナダや米国などの国々における輸送手段の航空機アプリケーションの高い浸透は、北米航空機のシートフレーム市場で大幅な上昇を示しています。商業的に割り当てられた航空機への投資の急増と高いGDPに続いて、北米の航空機シートフレームシステム市場の大幅な成長に準拠しています。アジア太平洋地域は、近い将来、注目すべき市場成長を実現することが期待されています。中国、インド、インドネシア、マレーシアを含む進化する経済は、予測期間中に大幅な成長を示しています。

世界の航空機シートフレーム市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模 前年比成長率と機会分析
  • ラテンアメリカ
  • (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模 Y-O-Yの成長と機会分析
  • ヨーロッパ
  • (イギリス ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベルギー オランダ & ルクセンブルク ノルディック  ポーランド トルコ ロシア その他のヨーロッパ) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • アジア太平洋(中国 インド 日本 韓国 インドネシア マレーシア オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模 前年比成長と機会分析。
  • 中東・アフリカ(
  • イスラエルGCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール・オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模:前年比成長と機会分析

キープレーヤー

  • ハイメック・エアロスペース
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域的なプレゼンス
    • スワット分析
  • PACシーティングシステム
  • レカログループ
  • ゾディアック・エアロスペース
  • ミルスエアクラフトシート株式会社
  • その他の著名な選手

関連レポート


免責事項 | プライバシーポリシー | 利用規約 | LOB

Copyright © 2022 Research Nester. All Rights Reserved