について info@researchnester.jp +81 505 050 8480

日本における化学品事業

日本の化学品事業は非常にやりがいのあるビジネスです。 化学品事業は現代世界にとって不可欠な部分となっています。 化学物質は農業、製造、鉱業などの無数の目的に利用されているためです。 化学品の需要が世界的に高まる中、さまざまな市場参加者がこうした儲かる事業に参入しています。 日本のメーカーが製造している主な化学製品は以下のブログに記載されています。

2022 年の日本の化学産業の研究開発支出は約 93.1億ユーロに達しました。 一方、2021年の支出は約76.1億ユーロでした。 したがって、日本の化学産業は収益ベースで世界最大の産業の一つでした。

政府の取り組みが日本の化学セクターをどのように推進しているか

取り組み1:化学産業活性化プログラム

2019 年に発足したこの取り組みは、中小企業 (SME) に資金援助を提供し、研究開発 (R&D) の取り組みを奨励することで、化学産業に活気を吹き込むことを目指しています。

効果: このイニシアチブは、投資を引き出し、化学部門内での研究開発ベンチャーを育成するという成果をもたらしました。 このプログラムは中小企業に過度にこだわり、大企業への十分な支援を怠っているのではないかと反対する声もあります。

取り組み2: グリーン イノベーション ファンド

グリーンイノベーション基金は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するための日本のグリーン開発戦略の一環として設立されました。この基金は、日本のカーボンニュートラルという目標の達成に役立つ技術と取り組みの進歩を支援することを目的としています。 研究開発や教育訓練への支援も提供します。 化学産業は、光触媒を利用した水素の製造や、CO2を原料とした化学品の製造などの役割を担っています。 さらに、電池、半導体、炭素繊維などの軽量材料など、化学産業が供給する材料は産業に大きく貢献しています。

Chemical Business in Japan

  1. 日本のプラスチック市場

    日本は世界最大のプラスチック生産国であり、年間10百万トン以上の生産能力を持っています。 中国と米国もこの業界の主要なプレーヤーであり、それぞれ年間15百万トンと12百万トンを超える生産能力を持っています。 日本では、プラスチック産業が化学製造部門の中で大きなシェアを占めています。 この国はまた、世界のプラスチック廃棄物の膨大な部分を排出しています。

    東南アジアや中国地域でのプラスチック廃棄物の禁止により、日本の戦略はジェネリックプラスチックに代わる持続可能な代替品の方向に変わった。 日本企業は機械用途向けの最先端材料の開発に注力しています。

    さらに、日本は炭素繊維とゴムの大手メーカーです。 日本は世界でも有数のゴム消費国の一つです。 2017年、日本は1.6百万トンの合成ゴムを製造し、約0.88万トンが消費された。 また、日本では現在 25 社以上の企業がピッチ系炭素繊維の開発に取り組んでいます。 ゴム製品のビジネスに携わる企業は 1,210 社以上あります。

    日本ではプラスチック材料に対する安定した需要があり、それがプラスチック製品の販売量の安定に反映されています。 その値は約6.1百万トンに近い。

    2022 年には、自動車用ホースの生産量は約 244.6百万メートルになると予想されています。 これにより、日本は世界最大のゴム生産国となります。 2020年の合成ゴムの生産量は約1.22百万トンに達しました。

  2. 日本における汎用化学品市場

    汎用化学品は、非常に大規模に製造され、他の化学物質を生成する中間体として機能する化学物質のグループです。 これらの化学物質は、明確に定義された無数の産業ニーズに応えるために生成されます。 主要な分野とその構成要素には、合成繊維、合成繊維、染料、塗料、コーティングなどがあります。

    汎用化学品には、メタノール、1-ブタノール、アクリル酸、エチレン、スチレン、アジピン酸、プロピレングリコール、酢酸、アンモニア、フェノール、トルエンなどがあります。

  3. 日本における農薬産業

    通常、殺虫剤は農薬として知られ、害虫を防ぐために広く使用されています。 農薬には、雑草を殺すための除草剤と病気を取り除くための殺菌剤があります。 農芸化学は日本の農業産業にとって不可欠な部分です。 2020年には約51,900トンの農薬が農業で使用されました。 日本は主に、この地域で米、大豆、小麦、大麦、果物、野菜などの作物を栽培しており、これらは農薬の使用に大きく貢献しています。

    農業は小規模な産業にすぎず、作物の生産に重点を置いています。 農業部門に出荷された化学物質の大部分は、野菜や畑作に利用されました。 肥料の生産量が最も多いのはアンモニアであると推定されています。 日本は化学肥料を国内で作るために原料を輸入に頼っています。

    さらに、アンモニアの発生量は約817千トンに達しました。 これが日本で最も多く生産される化学肥料であるアンモニアの原料となります。

  4. 日本における医薬品市場

    医薬品で最も一般的に使用される化学物質には、アセトン、塩酸、塩化ベンジル、無水酢酸などがあります。 しかし、日本の化学産業におけるHCLの生産量は、2021年に比べ2022年には約13.4千トン減少しました。

    これ以外に、アセトンは製薬業界で広く使用されている化学物質です。 さらに、2021年の日本のアセトン生産量は約437千トンとなった。 2030年までに日本のアセトン需要は73.2万トンに増加すると予測されています。

    日本は世界最大の医薬品市場になりつつあり、世界シェアの約7.2%を占めています。 日本の医薬品市場規模は、2023年の880億米ドルから2030年までに920億米ドルに成長すると予想されています。パンデミックは日本の医薬品市場にプラスの影響を与えました。 パンデミック中、ワクチンや医薬品の輸入が増加した。

    これに加えて、高齢者人口の増加、心血管疾患、がん、高血圧、神経疾患などの慢性疾患の発生率の増加が市場の成長を牽引しています。 さらに、UNPFが発表したデータによると、2022年には日本に住む総人口の約29.1%が65歳以上になるとのこと。したがって、高齢者人口の増加により、心血管疾患、癌、神経疾患に対する脆弱性がさらに高まっています。 日本の医薬品市場における著名な企業には、Takeda Pharmaceutical Company Limited、Pfizer Inc.、Chugai Pharmaceutical Co., Ltd、Merck & Co., Inc、Daiichi Sankyo Companyなどがあります。

  5. 日本の石油化学産業

    日本の石油化学産業は、衣料品、タイヤ、包装、洗剤産業と直結しています。 さらに、石油化学原料は世界の石油需要の約 12.1% を占めています。 日本の石油化学産業は、輸入ナフサと国産ナフサを資源としてさまざまな製品を製造しています。 この業界は国内に約11兆円相当の商品を出荷する市場を主力としています。 輸出製品は出荷量の約12%を占めます。

    日本で最も生産量の多い石油化学製品はエチレンであると分析されています。 また、日本において石油化学製品の需要が最も多い用途は合成樹脂です。 2022年の日本の石油化学製品生産量は以下のようになります。

 

コンパウンド

数量 (メートル法)

エチレン

5,448,80

キシレン(非石油系含む)

4,889,611

プロピレン

4,514,388

分解ガソリン

3,829,200

二塩化エチレン

3,341,230

尿ベンゼン

3,129,000

パラキシレン

2,462,407

 

その他に発生した石油化学製品は、ブタン、ポリプロピレン、スチレンモノマー、ポリエチレン(低密度)、ブタジエン、ポリエチレン(高密度)、フェノール、アクリロニトリル、合成アセトン、ビスフェノールA、ポリブタジエン、ABS樹脂、アクリル酸樹脂などでした。

これ以外にも、石油化学製品はプラスチック包装、肥料、合成ゴム、洗濯洗剤などあらゆるところで使用されています。

一言で言えば、

日本の化学企業には、強固な基盤を築く大きなチャンスがあります。 日本の国内化学会社は、単に商品を製造するだけではなく、付加価値の高い特殊化学品の追加に移行しつつあります。 このほか、Mitsubishi Chemical Holdingは日本を代表する化学会社です。 他のさまざまな市場参加者も化学分野でベンチャーを始めようとしています。 しかし、健全なビジネス上の意思決定を行うには、市場の複雑さを理解する必要があります。

market-research-specialist

戦略アナリストを雇う

市場調査のスペシャリストをお探しですか?

提案依頼書