Menu ×

CHEMICALS AND ADVANCED MATERIALS

水性コーティング市場ー樹脂タイプ別(アクリル、ポリエステル、アルキド、エポキシ、ポリウレタン、PTFE、PVDF、PVDC);およびエンドユーザー別(建設、自動車、工業用木材、その他)–世界の需要分析と機会の見通し2031年

  • レポート: 3887
  • Text Size:

の成長に関する広範な洞察 Waterborne Coatings 中の市場 COVID-19

全世界を混乱させ、多くの産業に影響を与えたCOVID-19の詳細な影響分析を入手してください。

インサイトをリクエストする


IN THE NEWS
  • September 2020- PPG launches a new water-based coating system in China for the refinish market, consisting of epoxy primers, primer surfacers and clear coats.

  • September 2020- BASF announces new product line of water-based basecoats that are said to increase the efficiency of the Body Shop and improve the environmental footprint.

    ..

Global market for water-based coatings highlights 2022-2031

The global water-based coating market is estimated to generate significant revenues by growing at a CAGR of approximately 5% over the forecast period, 2022-2031. Market growth can be attributed to rapid urbanization and an increasing number of construction and infrastructure projects around the world. According to UN agencies, the world's urban population surged from 715 million in 1950 to 4.2 billion in 2018. The total number of people living in urban areas is estimated to increase to 68% by 2050. As a result, the preference for water-based coatings in the automotive and general aviation industries is increasing due to low volatile organic compound (VOC) emissions. It is also expected to significantly drive market growth over the next few years. In addition, a government initiative focused on increasing the water content of paints as a solvent is projected to provide ample growth opportunities for the market in the near future.

Aqueous coating market graph

The market is divided into acrylic, polyester, alkyd, epoxy, polyurethane, PTFE, PVDF and PVDC depending on the type of resin, of which the acrylic segment is expected to occupy the largest share of the global water-based coating market. This can be explained by the excellent color and gloss retention provided by the acrylic coating in outdoor exposure. Apart from this, the increasing use of acrylic modified polyurethane coatings in automotive repairs due to their superior exterior durability is also expected to drive future market segment growth. In addition, based on end users, the construction segment is rated to gain the largest share during the forecast period due to the high utilization of coatings in building applications such as doors, trims, wooden varnishes, window frames, interior and exterior walls. increase. Click to download sample report

Key macroeconomic indicators that influence market growth

chemicals Graph

化学産業は経済の主要な構成要素です。米国経済分析局によると、2020年の米国では、GDPに占める化学製品の付加価値の割合は約1.9%でした。さらに、世界銀行によると、米国の化学産業は2018年に製造業の付加価値の16.43%を占めました。エンドユーザーからの需要の高まりに伴い、化学製品の市場は今後も成長が見込まれています。UNEP(国連環境計画)によると、化学品の売上高は2017年から2030年にかけてほぼ倍増すると予測されています。現在のシナリオでは、アジア太平洋地域は最大の化学品生産・消費地域です。中国は世界最大の化学産業を有し、近年、年間売上高は約1.5兆米ドルを超え、世界の売上高の約3分の1を占めています。さらに、広大な消費者基盤と有利な政府の政策が中国の化学産業への投資を押し上げている。低コストの原材料と労働力の容易な入手、政府の補助金、緩和された環境基準は、世界中の主要ベンダーの生産拠点として機能してきました。一方、FICCI(インド商工会議所連盟)によると、インドの化学産業は2019年に1,630億と評価され、世界の化学産業に3.4%貢献しました。世界の化学品生産で6位にランクされています。この統計は、今後数年間でアジア太平洋地域の国々のビジネスへの投資にとって有利な機会を示しています。

水性コーティングの世界市場地域概要

地域

的には、世界の水性コーティング市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東およびアフリカ地域を含む5つの主要地域に分かれています。アジア太平洋地域の市場は、この地域での自動車生産の増加を背景に、予測期間中に注目すべき成長を目撃し、顕著なシェアを獲得すると推定されています。2021年9月、中国では約30万台の商用車と150万台の乗用車が生産された。自動車産業は、2021年10月と比較して、その月に約150万台の車両を生産しました。さらに、政府の税制優遇措置と低い人件費の提供に起因するアジアにおける新産業の台頭も、今後数年間でこの地域の市場成長を促進すると予想されます。さらに、欧州市場は、この地域のコーティングおよび塗料中のVOC含有量を削減するための政府のイニシアチブの開始により、予測期間中に最大のシェアを獲得すると予測されています。

Market share image of water-based coating

世界の水性コーティング市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、前年比成長、市場プレーヤー分析と機会見通し
  • ラテンアメリカ
  • (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模、前年比成長、市場プレーヤー分析と機会見通し
  • ヨーロッパ(
  • 英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ&ルクセンブルク、NORDIC(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、Y-O-Y成長、市場プレーヤー分析と機会見通し
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長、市場プレーヤー分析と機会見通し
  • 中東・アフリカ(
  • Israel, GCC (Saudi Arabia, United Arab Emirates, Bahrain, Kuwait, Qatar, Oman), North Africa, South Africa, and other Middle East / Africa) Market size, year-on-year growth, market player analysis & opportunity outlook

Market segmentation

Our in-depth analysis of the global water-based coating market includes the following segments:

By type of resin

  • acrylic
  • polyester
  • Alkyd
  • Epoxy
  • Polyurethane
  • Ticker
  • Ticker
  • Ticker

By end user

  • construction
  • Car
  • Industrial wood
  • Remaining person

The driving force for growth

  • Rapidly increasing urbanization around the world
  • Increasing preference for water-based coatings in various end-user industries

Task

  • High sensitivity of water-based coating to low temperature and high humidity

Top attention companies that dominate the market

  • BASF SE
    • Company Profile
    • Business strategy
    • Main products
    • Financial performance
    • Key performance indicators
    • Risk analysis
    • Recent development
    • Regional presence
    • Swat analysis 
  • PPG Industries Co., Ltd.
  • RPM International Co., Ltd.
  • Sherwin-Williams Company
  • Asian Paint Limited
  • Axalta Coating Systems LLC
  • Nippon Paint Holdings Co., Ltd.
  • Kansai Paint Co., Ltd.
  • Tick ​​Rila OYJ
  • Akzo Nobel National Park

よくある質問


関連レポート


免責事項 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 2020 Research Nester. All Rights Reserved