について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

トンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場規模・シェア:タイプ別(横方向トンネリング、縦方向トンネリング)、用途別(アナログスイッチ、アンプ、位相シフト発振器、電流制限器、デジタル回路)、エンドユーザー別(民生用電子機器、産業用電子機器、航空宇宙、防衛) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2033

RFP提出
レポート: 4207 | 公開日: August, 2022

トンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

トンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場規模は、2033年末までに3394 Million USDを突破し、予測期間中、すなわち2023-2035年のCAGRは約11%になると予測されている。2022年のトンネル電界効果トランジスタ(TFET)の業界規模は9億7,000万ドルであった。同市場の成長は、世界的なデータセンター数の増加とともに、低消費電力かつ高性能なトランジスタに対する需要が高まっていることに起因している。データセンター・サービスでは、大量のデータが必要とされるため、エネルギー消費量は時間とともに増加している。例えば、2022年1月には、米国に約2,750、英国に約450のデータセンターがあった。多くのデータセンターで分析される膨大なデータの利用可能性が高まり、このデータを安全かつセキュアに保つ必要性が、トランジスタへの要求を高めている。IT産業とソフトウェア・アプリケーションの増加も、今後数年間の市場成長を押し上げると予想される。

トンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場も、次世代モノのインターネット(IoT)デバイスの主要な将来のトランジスタとしてTFETの需要が増加していることから、成長が見込まれる。推計によると、2019年には世界全体で約100億台のIoTデバイスが存在し、2025年末までに300億台まで増加すると予測されている。さらに、シリコンベースのトンネル電界効果トランジスタは、低電流レベルのみを供給しながら、低いサブスレッショルド・スイングを達成することができる。さらに、低消費電力や低オッドステート電流など、TFETが提供するさまざまな利点により、メーカーは従来の金属-酸化膜-半導体電界効果トランジスタ(MOSFET)をTFETに置き換えつつある。したがって、こうした要因が今後数年間の市場成長を押し上げると予想される。


トンネル電界効果トランジスタ市場: 主な洞察

基準年

   2022

予想年

   2023-2033

CAGR

   ~11%

基準年の市場規模(2022年)

~ 9億7000万米ドル

予測年市場規模(2033年)

~ 3394百万米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

トンネル電界効果トランジスタ産業 - 地域別概要

北米市場予測   

北米のトンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場は、他のすべての地域の市場の中で、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されている。同市場の成長の主な要因は、同地域における次世代スマートフォンの需要と普及の拡大にある。 推計によると、米国では人口の75%以上、約2億6500万人がスマートフォンを所有している。さらに、TFETを相補型金属酸化膜半導体(CMOS)技術に統合するなどの技術進歩が進み、低消費電力集積回路の改善に役立っている。したがって、このような要因が予測期間中の同地域の市場成長を促進すると予想される。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Tunnel-Field-effect-Transistor-(TFET)-Market-regional

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

欧州市場予測

さらに、次世代ワイヤレス接続システムの需要増加により、欧州地域の市場は予測期間中に大きく成長すると推定される。近年、技術の進歩により、欧州は5G技術導入の世界において強力な地域となっており、次世代のワイヤレス接続を可能にしている。さらに、デジタル化の進展や、モバイル機器のデジタル変革に伴う先端技術導入への投資の増加といった主な要因が、今後数年間のトンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場の成長を促進すると予想される。

トンネル電界効果トランジスタのセグメント化

アプリケーション(アナログスイッチ、アンプ、位相シフトオシレータ、電流リミッタ、デジタル回路)

世界のトンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場は、用途別に需要と供給をアナログスイッチ、アンプ、位相シフトオシレータ、電流リミッタ、デジタル回路、その他にセグメント化して分析している。このうち、デジタル回路分野は、民生用電子機器の製造においてデジタル回路の採用が増加していることを背景に、予測期間中に最大の市場シェアを獲得すると推定される。スマートフォンの需要増加、ノートパソコンやその他の電子機器の採用が、この市場セグメントの成長を促進すると予測されている。推計によると、インドの家電・コンシューマーエレクトロニクス産業は2021年に約90億米ドルと評価され、2025年末には190億米ドルを超えると予測されている。このような要因が、予測期間中の同分野の成長を後押しすると予想される。また、可処分所得の増加により、世界中でインターネットを利用する人の数も増加すると予想される。

エンドユーザー(民生用エレクトロニクス、産業用エレクトロニクス、航空宇宙、防衛)

世界のトンネル電界効果トランジスタ(TFET)市場は、エンドユーザー別の需要と供給についても、民生用電子機器、産業用電子機器、航空宇宙・防衛、その他にセグメント化して分析している。これらのセグメントの中で、民生用電子機器セグメントが大きなシェアを獲得すると予想されている。この市場セグメントの成長は、テレビ、タブ、携帯電話、パソコン、ノートパソコン、エアコンなどの家電製品の使用が増加していることに起因している。人々の生活水準の向上は、インターネットの普及と人々の可処分所得の増加により、インターネット・ユーザーの人口を増加させている。観測によると、2021年には世界中で50億人以上がテレビを利用している。推計によると、2023年には世界中で約50億人のインターネット・ユーザーが報告されている。さらに、デジタル化技術の成長と急速な都市化が市場成長を後押しすると推定されている。

当社の世界市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます:

タイプ別

  • ラテラル・トンネリング
  • 垂直トンネル

アプリケーション別

  • アナログスイッチ
  • アンプ
  • 位相シフト発振器
  • 電流リミッター
  • デジタル回路
  • その他

エンドユーザー別

  • 民生用電子機器
  • 産業用エレクトロニクス
  • 航空宇宙・防衛
  • その他


growth-drivers

トンネル電界効果トランジスタ部門: 成長ドライバーと課題

成長ドライバー

  • 家電消費の増加に伴う半導体産業の成長 - 電子機器の利用拡大、人工知能の進歩、インターネットの普及が市場成長の原動力になると推定される。携帯電話やその他の機器への大容量メモリーチップの導入、無線通信チップセットの増加が市場成長を促進すると推定される。半導体の成長は、世界中でスマートフォン、集積回路、メモリーデバイスの需要が高まっていることに起因している。推定によると、2021年の世界半導体産業の総収入は約5800億米ドルで、2020年の総収入約4600億米ドルを上回った。
  • 世界各国の政策による政府支援の増加 - データによると、2019年、インド政府は、2025年末までに国内製造業で約3,900億米ドルのビジネスを目標に掲げ、製造業を強化するため、エレクトロニクスに関する国家政策(NPE 2019)を打ち出した。
  • エレクトロニクスの進歩を向上させるための研究開発費の増加 - 世界銀行のデータによると、国内総生産(GDP)に占める世界の研究開発費の割合は、2018年の2.2%から2021年には約2.63%となった。
  • デジタル化の進展と急速な都市化に伴うスマートフォンの販売台数の増加 - 推定によると、2020年のスマートフォンの販売台数は約13億台であったのに対し、2021年には世界で約14億台が販売された。
  • 人々の可処分所得の増加に伴うノートパソコンの普及拡大 - 推定によると、ノートパソコンの世界出荷台数は2025年末までに2億6,500万台を超えると予測されている。

課題

  • 市場におけるTFETの利点に関する認知度の低さ - 他のトランジスタがあるように、誰もがTFETモデルの利点を知っているわけではない。また、これらのトンネル・フィールド・トランジスタの操作と開発に熟練した専門家が必要であることも、市場成長の妨げになると推定される。
  • 信頼性問題を引き起こすソース/ドレインの非対称性
  • 高いトンネル率で増加するサブスレッショルド・スイング

inside-report-bg
Tunnel-Field-effect-Transistor-(TFET)-Market-scope
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Wi-LAN社の完全子会社であるアルセフィーナ・イノベーションズ社は、大手半導体ファウンドリーから約1,000件の半導体特許を取得したと発表しました。
  • アナログおよび組込み半導体の設計、製造、販売で市場をリードするテキサス・インスツルメンツ・インコーポレーテッド(TI)は本日、テキサス州シャーマンに300mm半導体ウェハ製造工場を新設する計画を発表した。この決定は、製造および技術的な競争優位性を強化すると同時に、今後数年間の顧客の需要をサポートする計画の一環です。

トンネル電界効果トランジスタをリードする企業群

top-features
  • STMicroelectronics International N.V.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Infineon Technologies AG
  • Texas Instruments Incorporated
  • Advanced Linear Devices Inc.
  • Fairchild Semiconductor International Inc. (Semiconductor Components Industries, L.L.C.)
  • Taiwan Semiconductor Manufacturing Company
  • Avago Technologies Limited (Broadcom, Inc.)
  • Qorvo Inc.
  • Toshiba Corporation
  • Alsephina Innovations, Inc. (Wi-LAN Inc.)