について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

サーマルプリントヘッド市場調査規模・シェア、用途別(モバイル、レシート、バーコード、フォト、カードプリンタ)、製品タイプ別(厚膜プリントヘッド、薄膜プリントヘッド) - 世界需給分析、成長予測、統計レポート 2024-2036

RFP提出
レポート: 4673 | 公開日: February, 2023

サーマルプリントヘッド市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

サーマルプリントヘッド市場規模は2036年末までに310億米ドルを突破し、予測期間(2024〜2036年)の年平均成長率は5%で推移すると予測される。2023年、サーマルプリントヘッドの業界規模は20億を超えた。同市場の成長は、病院受診者数の増加と病院数の増加に起因すると考えられる。サーマルプリントヘッドは、患者リストバンド、病院設備ラベル、薬剤などの印刷に使用される。日本には2020年に約8,000の病院があった。 一方、米国は8,000近い病院があり、韓国が約4,100でこれに続く。また、Covid-19により来院患者数も大幅に増加した。2022年1月現在、米国では約15万5000人のコビド患者が入院している。

これに加えて、デジタル決済やキャッシュレス決済のトレンドの高まりを背景に、サーマルプリントヘッド市場の成長が見込まれている。デジタル決済やリアルタイム決済により、人々はQRコードをスキャンして取引を行うようになっている。これらのコードには銀行の詳細情報が含まれており、サーマル・プリンターによって鮮明な画像が慎重に印刷される。例えば、米国だけでも2020年には約1,100万世帯がQRコードをスキャンしている。英国の小売業者は年間約110億枚のレシートを配布している。また、アメリカでは10人中7人近くが紙のレシートを好んでいる。

サーマルプリントヘッド市場規模は2036年末までに310億米ドルを突破し、予測期間中(2024~2036年)の年平均成長率は5%で推移すると予測される。2023年、サーマルプリントヘッドの業界規模は20億を超えた。同市場の成長は、病院受診者数の増加と病院数の増加に起因すると考えられる。サーマルプリントヘッドは、患者リストバンド、病院設備ラベル、薬剤などの印刷に使用される。日本には2020年に約8,000の病院があった。 一方、米国は8,000近い病院があり、韓国が約4,100でこれに続く。また、Covid-19により来院患者数も大幅に増加した。2022年1月現在、米国では約15万5000人のコビド患者が入院している。

これに加えて、デジタル決済やキャッシュレス決済のトレンドの高まりを背景に、サーマルプリントヘッド市場の成長が見込まれている。デジタル決済やリアルタイム決済により、人々はQRコードをスキャンして取引を行うようになっている。これらのコードには銀行の詳細情報が含まれており、サーマル・プリンターによって鮮明な画像が慎重に印刷される。例えば、米国だけでも2020年には約1,100万世帯がQRコードをスキャンしている。英国の小売業者は年間約110億枚のレシートを配布している。さらに、10人中7人近くのアメリカ人が紙のレシートを好んでいる。


サーマルプリントヘッド市場: 主要インサイト

基準年

2023

予想年

2024 - 2036

CAGR

~5%

基準年の市場規模(2023年)

~20億米ドル

予測年市場規模(2036年)

~310億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

サーマルプリントヘッド産業 - 地域別概要

アジア太平洋地域の市場予測

アジア太平洋地域のサーマルプリントヘッド市場は、2036年末までに35%の最大収益シェアを占めると推定される。同市場の成長の主な要因は、同地域におけるデジタル取引の増加と、取引にバーコードを使用する頻度の増加である。キャッシュレス取引の成長率はアジア太平洋地域が最も高く、2020年から2025年にかけては約110%増、次いで2025年から2030年にかけては約80%増と、アフリカや欧州に次ぐ成長が見込まれている。また、インドでは全人口の約40%が決済にQRコードを利用している。一方、この地域の市場規模は、病院での医療リズム、患者情報、領収書の印刷にサーマルプリントヘッドの使用が増加していることから拡大が見込まれている。そのため、入院患者数の増加や病院の収容能力の拡大が、同地域の市場成長を後押しするだろう。中国でCOVID-19患者が急増している最近の出来事では、西部の陝西省が約22,000の病床を確保しており、集中治療能力を約20%向上させるために他の病床を転換する用意がある。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Thermal Printhead Market Overview

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場統計

北米地域のサーマルプリントヘッド市場は、2024年から2036年の間に大きく成長すると推定される。北米市場における技術部門の繁栄、同地域における複数の大手企業の存在、製品が必要とされる様々な分野、新技術を開発するために各企業が行っている大規模な投資が、北米市場の収益成長の主な原動力となっている。

サーマルプリントヘッドのセグメント化

アプリケーション(モバイル、レシート、バーコード、フォト、カードプリンター)

アプリケーション別では、バーコード分野が2036年までに世界のサーマルプリントヘッド市場で35%のシェアを占めると推定される。このセグメントの成長は、バーコードやQRコードによるデジタル決済や支払いの利用が増加していることに起因している。QRコードのリーチは2018年から2020年にかけて96%近く増加した。米国と英国の参加者を対象とした調査では、約47%の人がQRコードの利用を支持していることが分かった。さらに発展途上国では、デジタル決済のシェアが2014年の約35%から2021年には57%に増加している。さらに、世界の成人の3分の2がデジタル決済を行ったり、受けたりしている。

製品タイプ(厚膜プリントヘッド、薄膜プリントヘッド)

厚膜プリントヘッドによるサーマルプリントヘッド市場は、予測期間末までに収益シェアの60%を占めると推定される。赤外線の熱を利用して画像やメッセージをある表面から別の表面に転写するサーマルプリンティングシステムのコンポーネントが厚膜サーマルプリンタヘッドである。POS端末、発券機、セルフチェックアウトシステム、その他のディスプレイ用途が主な用途である。フィルムの厚さは、搭載される基板に印刷できる温度範囲によって決まる。

サーマルプリントヘッドの世界市場を詳細に分析した結果、以下のセグメントが含まれている:

申し込み

  • モバイル
  • レシート
  • バーコード
  • 写真
  • カードプリンター

製品タイプ

  • 厚膜プリントヘッド
  •  薄膜プリントヘッド


growth-drivers

サーマルプリントヘッド市場: 成長ドライバーと課題

成長ドライバー

  • AIDC(Automatic Identification and Data Capture)の普及拡大 - キャッシュレス決済の増加により、取引におけるバーコードの利用が増加している。経済産業省が2018年に策定した「キャッシュレス・ビジョン」には、日本のキャッシュレス社会への移行に向けた提言が盛り込まれた。2025年の大阪万博までに、取引の40%をキャッシュレス化し、将来的には80%まで上昇する可能性があるとしている。
  • 小売業とポータブルサーマルプリント技術への需要の高まり - 小売業の電子商取引売上高は、2022年に世界で初めて5兆米ドル近くに達し、小売業全体の売上高の4分の1以上を占めるようになった。また、成長の鈍化にもかかわらず、2025年までに全体の支出は7兆米ドルを超えると予想されている。
  • 医療分野におけるサーマル・プリンターの利用拡大 - 病院の心臓モニターでリアルタイムのリズムを記録するため、サーマル・プリンターは医療業界で主に採用されている。そのため、心血管疾患の増加により、サーマルプリントヘッド市場の成長が期待されている。WHOによると、心臓発作と脳卒中はCVDによる死亡者5人のうち4人以上を占めている。さらに、EUおよびヨーロッパ全体では、毎年600万人以上のCVD患者が新たに発生している。
  • 技術的に先進的な製品の発売が増加 - さまざまな表面への高速・高樹脂コーディングに最適なSmartDate Xtreme Plusサーマルプリントヘッドが2021年に発売された。このプリンターは高樹脂リボンを使用し、最高600 mm/s(2フィート/s)で鮮明な高樹脂コードを生成し、先進的な設計となっている。

課題

  • 過剰な加熱と不十分なメンテナンスによる損傷 - サーマルプリンタは大量の熱を発生するため、時間の経過とともにプリントヘッドが損傷するリスクが高まります。また、それに伴う余分な出費の原因にもなります。熱と印刷の比率が合わないと、印字ヘッドが損傷する可能性があります。したがって、サーマルプリンターの熱設定は、印刷中に削り取られる可能性があるため、常に清潔に保つ必要があります。磨耗や損傷は、プリンターの寿命や画質を低下させます。
  • サーマルプリンターで利用可能な機能は限られており、予測期間におけるサーマルプリンターヘッド市場成長の妨げとなる。
  • 印刷業界の厳しい規則と規制が今後の市場拡大に制限を課すと予測

inside-report-bg
Thermal Printhead Market Region
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 伊藤忠商事株式会社は、滋賀県と社会貢献に関する連携協定を締結したと発表した。滋賀県知事と伊藤忠商事代表取締役社長兼COOの石井啓太が協定書に署名しました。伊藤忠商事は、社会貢献パートナーシップ協定に基づき、「三方よし」の精神で滋賀県と連携し、SDGsの支援に取り組んでまいります。
  • 東芝アメリカビジネスソリューション社、時間と場所を選ばずプリントできる最新ソフトウェアを発売 e-BRIDGE® Global Print技術により、東芝は印刷プロセスを完全に合理化します。

サーマルプリントヘッド市場を支配する企業

top-features
  • ROHM CO., LTD.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • ITOCHU Corporation
  • Toshiba Tec Corporation
  • Shandong Hualing Electronics Co., Ltd.
  • AOI Electronics
  • Alps Electric
  • Gulton
  • Zebra Technologies
  • Datamax-O’Neil
  • Argox Information Technology