について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

スマート冷蔵庫市場調査の製品別(トップフリーザー冷蔵庫、サイドバイサイド冷蔵庫、フレンチドア冷蔵庫、ボトムフリーザー冷蔵庫)、価格帯別(プレミアム、エコノミー、ロー)、エンドユーザー別(住宅用、業務用、その他)、流通チャネル別(オンライン、オフライン)、地域別 - 世界需要分析&機会展望(2019-2027年版)

RFP提出
レポート: 1446 | 公開日: March, 2023

スマート冷蔵庫市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2019-2027年)

マート冷蔵庫の市場概要

スマート冷蔵庫は、庫内の商品を感知するようプログラムされた最新の技術で作られています。これらの冷蔵庫は、バーコードやRFIDスキャンによって在庫を追跡するために使用されます。また、家電製品の遠隔監視や、システム全体の即時更新を行うことができます。さらに、買い物リストを作成し、適切な期間をインストールした後にそれらを注文することも可能です。エネルギー効率に対するニーズの高まりとともに、電子・通信分野の技術的進歩は、市場の成長を促進すると予測されています。これらのシステムには、情報表示や対話のためのLCDパネルが搭載されています。これらの冷蔵庫の冷凍プロセスは、食品の品質を維持することができます。最新技術への需要の高まりとライフスタイルの向上が、予測期間(2019-2027年)におけるスマート冷蔵庫市場の成長を促進すると予想されます。

市場規模・予測

スマート冷蔵庫市場は、予測期間中に約16.65%のCAGRを記録すると予測されます。市場は、製品別にトップフリーザー冷蔵庫、サイドバイサイド冷蔵庫、フレンチドア冷蔵庫、ボトムフリーザー冷蔵庫、価格帯別にプレミアム、エコノミー、ロー、エンドユーザー別に住宅、商業、その他、流通チャネル別にオンラインとオフラインに区分されています。オンライン販売チャネルは、自宅にいながら家電製品を購入するという消費者行動の変化により、スマート冷蔵庫市場で最も高い需要を獲得すると予想されます。


地域別

地域別分析では、スマート冷蔵庫市場を北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの5つの主要地域に区分しています。北米市場は、技術の進歩、デジタル化の進展、自動化産業の成長により、スマート冷蔵庫市場で最大の市場シェアを獲得すると予想されます。ヨーロッパ地域は、特にドイツ、イギリス、イタリア、フランスなどの国々で革新的な技術の採用率が高く、スマート冷蔵庫の安定した需要に直面すると予想されます。IoTを活用したサービスやソリューションの需要が高まる中、アジア太平洋地域の市場は大幅な成長を遂げると予想されています。これは主に、この地域の人口が急速に増加し、革新的な家電製品の需要が高まっていることに起因しています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Smart-Refrigerator-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場細分化

スマート冷蔵庫市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます。

 製品別

  • トップフリーザー冷蔵庫
  • サイドバイサイド型冷蔵庫
  • フレンチドア冷蔵庫
  • ボトムフリーザー型冷蔵庫

 価格帯別

  • プレミアム
  • エコノミー
  • ロー

 エンドユーザー別

  • 住宅用
  • 商業
  • その他

 流通経路別

  • オンライン
  • オフライン

スマート冷蔵庫市場は、地域別に以下のようにさらに分類されます。

  • 北米(米国、カナダ) 市場規模、前年比成長率、市場機会分析
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の地域) 市場規模、前年比成長率、市場機会分析
  • ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国) 市場規模、前年比成長率、機会分析
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長率、機会分析
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東・アフリカの残りの地域)市場規模、前年比成長率、市場機会分析


growth-drivers

成長ドライバー

技術的進歩

スマートフォンやその他のスマートデバイスを通じたワイヤレス接続など、スマート冷蔵庫の技術的進歩の増加は、今後数年間にわたり世界のスマート冷蔵庫市場の成長を積極的に促進すると予想されます。このような機能により、BluetoothやWiFi接続による家電の遠隔監視が可能になります。これらのシステムは、情報表示や対話のためのLCDパネルによる表示機能を備えています。これとは別に、ハイエンド機能を備えた冷蔵庫の大量導入は、スマート冷蔵庫メーカーが事業を成長・拡大させるための多くの機会を提供しています。

都市人口の拡大

雇用機会の増加に伴い、農村部から都市部への人口移動が進んでいます。都市部の人口は世界的に増加しており、エネルギー効率が高く、時間を節約できる家電製品への関心が高まっています。都市部の人口増加により、迅速かつスマートな操作が可能なIoT対応家電に対する需要が高まっています。さらに、家電業界における人工知能の応用の高まりが、スマート冷蔵庫市場の成長を促進すると予想されます。

ライフスタイルの向上

世界中で家電製品の最新イノベーションに対する人々の意識が高まっていることが確認されています。家庭の可処分所得の増加に伴い、人々のライフスタイルも改善されています。ライフスタイルの向上は、生活を快適にし、時間やエネルギーを節約するスマート家電への大きな需要を生み出し、その結果、スマート家電の需要が増加しています。

イノベーション

多くの消費者のライフスタイルの変化に対応するため、メーカーはますます製品ポートフォリオの開発や改良を進めています。スマートフォンやインターネットユーザーの急増を背景に、世界中のコングロマリットが、スマート冷蔵庫からスマートコネクテッド冷蔵庫への製品ポートフォリオのシフトを実施しつつあります。スマートコネクテッド冷蔵庫は、消費者が家にいないときでもアクティビティを制御、監視、確保できるだけでなく、洗濯物が何回目か、オーブンで料理が出来上がるまでにどれくらいの時間がかかるかなど、他のスマートコネクテッド家電の現在のアクティビティに関する通知を受け取ることができます。

例えば、2018年、サムスンはカメラや21インチのタッチディスプレイ、スピーカーなどを統合した新しい冷蔵庫を発表し、スマートなユーザー体験を提供しました。この冷蔵庫では、通常の冷却や食材の鮮度保持のほか、買い物項目のリストアップやスケジュールの読み上げ、さらに動画の視聴も可能です。また、冷蔵庫に搭載されたカメラで食品の賞味期限を表示し、効果的に使用することができます。

制約条件

スマート冷蔵庫のコスト高  

最新技術のコスト高が懸念される昨今、各メーカーは機器のサイズやデザインにこだわっている。スマート冷凍機の初期投資額は高く、手作業をなくすことができます。さらに、日々の技術革新により、システムは複雑化しています。また、スマート機器の定期的なメンテナンスはコストアップにつながります。IOT対応家電のコスト高が、全世界のスマート冷蔵庫市場の成長を抑制している主要因の一つである。インド・ブランド・エクイティ財団によると、インドでは冷蔵庫を所有している世帯はわずか29%です。IOT対応サービスを備えた最新機器の高コストが、これらの家電製品の需要を抑制すると予想されます。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • AB Electrolux

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Haier Group Co., Ltd.
  • LG Electronics
  • Samsung Electronics Ltd.
  • Whirlpool Corporation
  • GE Appliances
  • Siemens AG, GE Appliances
  • Hisense Ltd.
  • Midea Group
  • Panasonic Corporation
  • Other leading companies