について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

鉄道潤滑剤市場調査ータイプ別 (車輪フランジ潤滑剤、線路側潤滑システム)、エンドユーザー別 (旅客用レール、貨物用レール、産業用レール)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024―2036 年

RFP提出
レポート: 5541 | 公開日: January, 2024

鉄道潤滑剤市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

当社の鉄道潤滑剤市場調査によると、市場規模は、2036年末までに200億米ドルに達すると予想されており、2024ー2036年の予測期間中に8%のCAGRで成長します。2023 年の鉄道潤滑剤市場の業界規模は 100 億米ドル以上になりました。 鉄道潤滑油市場の成長を推進する極めて重要な原動力は、世界中の鉄道インフラの継続的な拡大と発展です。各国が鉄道網の強化に多額の投資を行っているため、効率的で持続可能な鉄道潤滑剤の需要が急増しています。鉄道インフラの拡大には、新しい鉄道路線の建設だけでなく、既存の鉄道路線の近代化やアップグレードも含まれます。この成長原動力を示す注目すべき例は、新興国の鉄道プロジェクトへの多額の投資です。例えば、報道によると、中国はインフラ分野に1兆ドルを投資する大規模な計画を発表しました。

鉄道インフラの拡大は、鉄道潤滑剤市場に連鎖的な影響をもたらします。鉄道線路が長くなり、列車の運行頻度が増加すると、摩擦、摩耗、メンテナンスのコストを最小限に抑えるための優れた潤滑ソリューションが必要になります。その結果、鉄道潤滑剤部門のメーカーは、鉄道インフラの拡大という持続的な傾向から恩恵を受ける態勢が整っています。鉄道インフラの拡大は、都市化と人口増加の増大する需要に対応するための効率的で持続可能な輸送ソリューションの必要性によって推進されています。政府や民間団体は、交通渋滞の軽減、二酸化炭素排出量の削減、接続性の強化など、堅牢な鉄道ネットワークの利点をますます認識しています。


鉄道潤滑剤市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

100億米ドル

予測年市場規模(2036年)

200億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

鉄道潤滑剤市場の域概要地

鉄道潤滑剤市場 – 日本の見通し

日本は高速鉄道技術の世界的な先駆者であり、新幹線ネットワークは効率性と速度の象徴となっています。日本の高速鉄道インフラの継続的な拡張と維持は、鉄道潤滑剤市場の主な成長原動力となっています。新幹線ネットワークの拡大とアップグレードに伴い、高速列車のスムーズで信頼性の高い運行を保証するための高度な鉄道潤滑剤の需要が高まっています。鉄道建設・運輸施設整備支援機構(JRTT)によると、2020年の時点で日本の高速鉄道網は約3,041キロメートルに達しており、さらに拡大する計画があります。日本の鉄道潤滑剤市場は、高速鉄道の拡張、持続可能性への取り組み、技術革新、インフラの老朽化、IoTの統合、鉄道近代化への政府投資などの要因の組み合わせによって影響を受けます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Rail Lubricants Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

アジア太平洋地域の鉄道潤滑油市場は、2036年末までに36%の最大の市場シェアを保持すると予測されています。高性能で耐久性の高い潤滑剤の開発など、レール潤滑における継続的な技術進歩が市場を前進させています。高度な配合とスマートな潤滑システムの統合により、アジア太平洋地域全体の鉄道運行の効率と信頼性が向上します。大手潤滑剤メーカーによる研究開発の取り組みは、ナノテクノロジーベースの潤滑剤とスマート潤滑システムの導入に反映されています。これらの革新は、鉄道潤滑剤市場における全体的な技術の進歩に貢献します。アジア太平洋地域では環境の持続可能性が重要な焦点となっており、政府はグリーンで持続可能な交通手段をますます推進しています。鉄道旅行は、他の交通手段に比べて本質的に環境に優しいものであり、この重点に沿っています。環境に優しい配合の潤滑剤は、規制の圧力や持続可能性への意識の高まりに応えて注目を集めています。アジア太平洋地域の鉄道潤滑油市場の成長は、急速な都市化、持続可能な輸送への注目、継続的な技術進歩などの要因によって促進されています。

北米市場統計

北米地域の鉄道潤滑剤市場は、予測期間中に 2 番目に大きなシェアを占めると予測されています。北米における貨物輸送の拡大は、鉄道潤滑油市場の重要な推進力となっています。輸送および物流ネットワークの重要な構成要素である貨物鉄道には、広範囲にわたる鉄道ネットワークの信頼性と寿命を維持するための効果的な潤滑ソリューションが必要です。アメリカ鉄道協会(AAR)の報告によると、2020年に北米の貨物鉄道は23百万台以上の商品を輸送しました。これは貨物輸送の巨大な規模を浮き彫りにし、堅牢な鉄道潤滑剤の需要を強調しています。高速鉄道プロジェクトは他の地域でより顕著ですが、北米では鉄道インフラの近代化への注目が高まっています。鉄道の速度を向上させ、移動時間を短縮し、全体的な効率を向上させる取り組みは、高度な鉄道潤滑剤の需要に貢献しています。北米は鉄道潤滑における技術革新の導入の最前線にあります。センサーとデータ分析を使用して潤滑プロセスを最適化するスマート潤滑システムの統合は、効率を高め、メンテナンスコストを削減するために注目を集めています。

さらに、同年には膀胱癌関連で約17,200人が死亡すると予測されています。北米における膀胱癌の有病率と発生率は、特に転移段階に進行した症例に対する効果的な治療法が緊急に必要であることを浮き彫りにしています。膀胱癌に罹患している多くの患者数は、革新的な治療法の重要な市場を生み出し、転移性膀胱癌に関連する特有の課題に対処するための研究開発の取り組みを推進しています。臨床試験の実施における北米の卓越性と研究の卓越性は、鉄道潤滑剤市場の成長に大きく貢献しています。堅牢な研究環境は、イノベーションと新しい治療法の開発を促進します。

鉄道潤滑剤市場のセグメンテーション

タイプ別(車輪フランジ潤滑剤、線路側潤滑システム)

線路側潤滑システムセグメントは、2036 年には 60% の最大の市場シェアを獲得すると推定されています。世界中の規制当局は、交通インフラの重要な側面として鉄道の安全性を重視しています。線路脇の潤滑システムの導入は、摩耗を最小限に抑え、脱線のリスクを軽減することでこれらの安全基準に適合し、鉄道ネットワーク全体の安全性と信頼性に貢献します。米国の連邦鉄道局 (FRA) は、鉄道の安全性を高め、事故を防止する手段として、潤滑システムの使用を含む摩擦管理プログラムの重要性を強調しています。線路側潤滑システム部門の成長は、運用効率の向上、鉄道コンポーネントの寿命延長、騒音の低減、増大する鉄道交通量への対応、予防保守の実現、規制上の安全基準への適合といった能力によって推進されています。

エンドユーザー別 (旅客用レール、貨物用レール、産業用レール)

旅客用レールセグメントは 2036 年に大きなシェアを獲得すると予想されています。補助金、奨励金、国民啓発キャンペーンを通じて鉄道利用を促進する政府の取り組みは、旅客鉄道部門の成長にとって重要な原動力となっています。このような取り組みは、持続可能な交通手段への嗜好を変え、個人での車での移動への依存を減らすことを目的としています。欧州連合による持続可能なモビリティの推進には、鉄道インフラへの多額の投資と鉄道利用を増やす取り組みが含まれます。 2020年、EUは鉄道を含む持続可能な交通手段に焦点を当て、グリーンディールに750億米ドルを拠出しました。旅客鉄道部門の成長は、人口増加、高速鉄道への政府投資、持続可能性への配慮、渋滞懸念への対処、技術の進歩、政府の支援的な取り組みなどの要因によってさらに促進されています。

鉄道潤滑剤市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • 車輪フランジ潤滑剤
  • 線路側潤滑システム

エンドユーザー別

  • 旅客用レール
  • 貨物用レール
  • 産業用レール


growth-drivers

鉄道潤滑剤市場:成長要因と課題

鉄道潤滑剤市場の成長要因ー

  • 都市化の進行と人口増加: 都市化の容赦ないペースと、それと並行する世界人口の増加が、鉄道潤滑油市場の極めて重要な推進力として浮上しています。都市中心部が拡大するにつれて、効率的で持続可能な交通ソリューションに対する需要が高まっています。都市交通システムの重要な構成要素である鉄道輸送では、使用量が増加しており、その結果、効果的な潤滑の必要性が高まっています。 2020 年、国連は世界人口の約 55% が都市部に居住しており、この数字は 2050 年までに 68% に達すると予測されていると報告しました。都市化の進展により公共交通機関の需要が急増しており、その容量と環境への優しさから鉄道が好まれています。
  • 鉄道貨物輸送の需要: 鉄道貨物輸送部門の成長は、鉄道潤滑剤市場の主要な推進力となっています。鉄道輸送は、世界的な物流およびサプライ チェーン ネットワークの重要な要素であり、長距離にわたる商品の移動に費用効果が高く効率的なソリューションを提供します。電子商取引業界の拡大とシームレスな物流への需要の高まりにより、鉄道貨物輸送部門の活動が急増しています。鉄道で輸送される物品が増えるにつれて、レール部品の磨耗が激化し、貨物列車のスムーズで信頼性の高い運行を確保するための効果的な潤滑ソリューションが必要になります。レール潤滑剤は、重負荷のシナリオでホイールとレールの間の摩擦を軽減し、両方のコンポーネントの摩耗を最小限に抑える上で重要な役割を果たします。
  • 市場競争力と製品ポートフォリオの拡大:主要企業の存在を特徴とする鉄道潤滑剤市場の競争環境は、市場のダイナミクスと成長に影響を与えます。この分野の企業は、競争力を獲得し、鉄道業界の進化するニーズに対応するために、製品ポートフォリオの革新と拡大を推進しています。市場競争力により、メーカーは鉄道分野の多様な用途に対応する特殊な潤滑剤を開発するようになりました。高速旅客列車であれ、頑丈な貨物機関車であれ、オーダーメイドの潤滑ソリューションに対する需要により、研究開発の取り組みが推進されています。

当社の鉄道潤滑剤市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 環境への懸念と規制順守: 鉄道潤滑剤市場が直面している重要な課題の 1 つは、環境慣行に対する監視がますます厳しくなり、厳しい規制に準拠する必要性が高まっていることです。従来の潤滑剤には、環境に有害な物質が含まれていることがよくあります。その結果、業界はより環境に優しい配合を開発し採用するというプレッシャーにさらされています。欧州連合の REACH (化学物質の登録、評価、認可、制限) などの規制枠組みでは、生態系に対する潤滑油の影響を最小限に抑えるために、特定の基準に準拠することが求められています。鉄道潤滑剤分野のメーカーにとって、性能と環境責任のバランスを達成することは課題となっています。
  • 技術の適応と実装
  • 市場の分断と熾烈な競争

inside-report-bg
Rail Lubricants Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023年に、ExxonMobilは、現在進行中の世界的なエネルギー危機によるエネルギー価格の高騰により、960億米ドルという過去最高の年間利益を報告し、アナリストの予想を上回り、前年の損失から大幅に回復しました。
  • ExxonMobilは、再生可能エネルギー源への移行とより厳格な気候変動規制の順守が遅れているとの認識で、引き続き批判にさらされています。最近の株主提案と物言う投資家の圧力は、気候変動に対するより積極的な行動に対する需要の高まりを強調しており、これが同社の将来の方向性を形作る可能性があります。
  • 2022年6月、Idemitsuは西部石油の買収を発表し、日本における精製・燃料流通ネットワークを拡大しました。この戦略的な動きにより、同社の市場での地位が強化され、日本の石油産業における存在感が強化されます。
  • 2023年、IdemitsuはAIを活用した呼吸器疾患診断ツールを開発する、ResApp Healthと提携しました。この投資は、出光が製油所を運営し潤滑油を販売している低・中所得国において、手頃な価格で正確な診断へのアクセスを改善することを目的としています。

鉄道潤滑剤市場を支配する注目の企業

top-features
  • Fuchs Petrolub SE
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Shell
  • ExxonMobil Corporation
  • Chevron Corporation
  • BP plc (British Petroleum)
  • TotalEnergies SE
  • Quaker Houghton
  • Klüber Lubrication
  • SKF Group
  • Whitmore Manufacturing Company
  • Idemitsu Kosan Co., Ltd.
  • JXTG Nippon Oil & Energy Corporation
  • ENEOS Corporation
  • Showa Shell Sekiyu K.K.
  • Cosmo Energy Holdings Co., Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: 鉄道潤滑剤市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: ヘルスケア分野の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に鉄道潤滑剤市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 鉄道潤滑剤市場規模は、2024ー2036 年の予測期間中に 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、鉄道潤滑剤市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: 鉄道潤滑剤市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Fuchs Petrolub SE、Shell、ExxonMobil Corporation、Chevron Corporation、BP plc (British Petroleum)、TotalEnergies SEなどです。

Ques: 鉄道潤滑剤市場のエンドユーザーセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 旅客用レールセグメントは 2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。