について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

真性多血症(PV)治療市場調査-薬物クラス別(代謝拮抗剤、キナーゼ阻害剤、αインターフェロン)、投与経路別、流通チャネル別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024―2036 年

RFP提出
レポート: 5256 | 公開日: September, 2023

真性多血症(PV)治療市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

当社の真性多血症(PV)治療市場調査によると、市場規模は、2036年末までに450億米ドルに達すると予測されており、2024-2036年の予測期間中に7%のCAGRで拡大します。2023 年の真性多血症(PV)治療の業界規模は 60 億米ドルでした。 この市場の成長は、新しい高度な治療法の開発によるものと考えられます。 以前は、PV の治療法は 1 つだけで、体から余分な血液を除去する瀉血術でした。 最近、インターフェロンα、JAK阻害剤、骨髄抑制療法など、いくつかの新しい治療法が開発されました。 これらの治療法は、患者が多くの症状を管理し、生活の質を向上させるのに役立ちます。

これに加えて、真性多血症の有病率の増加により、予測期間内に真性多血症(PV)治療市場の成長が促進されると予想されます。 さらに、患者は長期間にわたって真性多血症の症状を経験します。 この病気は、目に見える症状が現れる前に、血液検査などの定期検査中に偶然発見されることがよくあります。 早期診断により、患者が迅速に回復する可能性が高まります。 データによると、米国では3,300人に1人が真性多血症を患っていました。


真性多血症(PV)治療市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~7%

基準年市場規模(2023年)

60億米ドル

予測年市場規模(2036年)

450億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

真性多血症(PV)治療市場の域概要地

真性多血症(PV)治療市場 - 日本市場の見通し

日本の真性多血症治療市場は、2024 ー2036 年の期間に大幅に成長すると予測されています。この市場の成長は、この地域における高齢者人口の増加によるものと考えられます。 日本人は高齢化が進んでおり、高齢者では真性多血症を発症するリスクが高くなります。 これは、この病気が 60 歳以上の人に多く見られるためです。2021 年までに、65 歳以上の人口は日本の総人口の約 29.8 パーセントを占めます。出生率の低下と長寿化により、2060 年の日本の人口の約 38 % が 65 歳以上の高齢者になると予測されています。

これに加えて、この地域では真性多血症に対して利用できる効果的な治療法が数多くあります。 これらには、瀉血、ヒドロキシ尿素、JAK 阻害剤が含まれます。 これらの治療法が利用できるようになったことで、真性多血症の人々が健康で長生きすることが可能になりました。 したがって、日本で効率的かつ効果的な治療法が利用可能になると、推定期間中に日本地域の真性多血症(PV)治療市場の市場拡大が促進されると予測されます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Polycythemia Vera Treatment Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

当社の真性多血症(PV)治療市場調査によると、北米地域の市場は、2024ー2036 年の期間に 34% という最高の成長率を維持すると予想されています。この市場の成長は、新しい薬物送達システムに対する高い需要、先進医療の開発、研究開発活動への投資の増加など、さまざまな要因によるものと考えられます。 ロゲインターフェロン アルファ-2b-njft は、真性多血症 (PV) の治療薬として求められており、2021 年 5 月、PharmaEssentia USA Corporation は、米国食品医薬品局 (FDA) への生物製剤ライセンス申請 (BLA) の再提出を発表しました。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパ地域の真性多血症(PV)治療市場は、推定期間中に大幅に成長すると見込まれています。 ヨーロッパ地域では診断検査がますます強化されており、この地域の真性多血症の治療部門の成長を促進する態勢が整っています。

真性多血症(PV)治療市場のセグメンテーション

薬物クラス別(代謝拮抗剤、キナーゼ阻害剤、αインターフェロン、選択的セロトニン再取り込み阻害剤)

当社の真性多血症(PV)治療市場調査によると、代謝拮抗剤セグメントは、2036 年末までに 35% の市場シェアを保持すると予測されています。他の薬剤と比較して、人々の治療成功率が高いため、成長が予測できます。 それは人気のある治療法の選択肢であることが証明されており、予測期間中に着実に成長すると予想されます。

投与経路別(経口、静脈内、筋肉内、皮下)

経口セグメントは予測期間中に大幅に成長すると予想されます。 薬物の放出速度と生物学的利用能を制御する技術は劇的に進化しており、経口投与は薬物送達の最も一般的な方法です。 同じ用量の薬剤を使用しても、新しい経口送達方法によりその有効性を高めることができます。 これらやその他の開発により、製造コストも削減され、患者の治療費も削減されます。

真性多血症(PV)治療市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

薬物クラス別

  • 代謝拮抗剤
  • キナーゼ阻害剤
  • αインターフェロン
  • 選択的セロトニン再取り込み阻害剤

投与経路別

  • 経口
  • 静脈内
  • 筋肉内
  • 皮下

流通チャネル別

  • 病院薬局
  • 小売薬局
  • ドラッグストア


growth-drivers

真性多血症(PV)治療市場:成長要因と課題

真性多血症(PV)治療市場の成長要因ー

  • 病気についての意識の高まり – 医療従事者や一般の人々の間で、真性多血症についての意識が高まっています。 これにより、病気と診断され治療を求める患者が増加しています。
  • 医療費の増大 – 先進国と発展途上国における医療費の増加も、真性多血症の治療分野の拡大を促進しています。 これは、この障害を持つ患者は定期的なモニタリングと治療が必要であり、高額な費用がかかる可能性があるためです。 インドでは、現在の医療支出は 6,600 億米ドルであるのに対し、現在の資本支出は 680 億米ドルです。 世論調査によると、政府医療費(GHE)に占める連邦政府の割合は34.3%、州政府の割合は65.7%となっています。
  • 遠隔医療の成長傾向 – 医療分野における遠隔医療とデジタル化の傾向の増加により、真性多血症(PV)治療市場に有利な成長機会がもたらされると予測されています。 仮想診察へのアクセスにより、PV に苦しむ人々が仮想モードで治療を受けるオプションが得られます。

当社の真性多血症(PV)治療市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 厳格な基準が必要 – 真性多血症の新しい治療法の承認に関する規制要件は厳格です。 これにより、新しい治療法の市場導入が遅れる可能性があります。
  • 治療の副作用
  • 高額な治療費

inside-report-bg
Polycythemia Vera Treatment Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 深い専門知識と実証済みの科学原理を活用して新しい血液学および腫瘍学生物学的製剤を提供する世界的なバイオ医薬品イノベーターである PharmaEssentia Corporation は、コルデインターフェロン アルファの加速投与計画を評価する第 3b 相臨床研究である ECLIPSE PV による治療を最初の患者が受けていると報告したと発表しました。-2b-njft は、成人の真性多血症 (PV) を治療するためにプレフィルドシリンジを使用します。
  • 2021年11月、米国食品医薬品局は、赤血球の過剰産生を引き起こす血液疾患である真性多血症の成人向けにベスレム注射を承認した。 余分な細胞は血液を濃くし、血流を遅くし、血栓ができる可能性を高めます。
  • PharmaEssentia Japanは、成人真性多血症の治療薬としてロープギンインターフェロン アルファ-2bの販売承認申請を厚生労働省に提出しました。 これは、真性多血症の人の赤血球数を減らすのに効果的であることが示されている、新規のモノペグ化長時間作用型プロリンインターフェロンです。
  • Jakafiは、他の治療法で適切な反応が得られた成人の真性多血症の治療薬として、2023年3月に厚生労働省によって承認されたJAK阻害剤です。Jakafiは、赤血球の生成に関与するタンパク質の活性をブロックすることによって機能します。 日本でのJakafiの承認は、PV患者に新たな効果的な治療選択肢を提供するものであり、大きな進歩であります。

真性多血症(PV)治療市場を支配する注目の企業

top-features
  • Sanofi
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Takeda Pharmaceutical Company
  • Otsuka Pharmaceutical Company
  • PharmaEssentia Japan
  • Thermo Fisher Scientific Inc.
  • Pfizer Inc.
  • Galena Biopharma
  • Bristol-Myers Squibb Company
  • Novartis AG
  • Eli Lilly and Company
  • PharmaEssentia Corporation
  • Bayer AG
  • Viatris Inc.
  • Teva Pharmaceuticals Industries Ltd

レポートで回答された主な質問

Ques: ベラ多血症治療市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 真性多血症の有病率の増加と真性多血症の治療に対する意識の高まりは、真性多血症(PV)治療市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。

Ques: 予測期間中にベラ多血症治療市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、2024 -2036 年の予測期間中に約 7% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、ベラ多血症治療市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米市場は 2036 年末までに最大の市場シェアを保持し、将来的にはより多くのビジネスチャンスを提供すると予測されています。

Ques: ベラ多血症治療市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Pfizer Inc、Galena Biopharma、Bristol-Myers Squibb Company、Novartis AG、Eli Lilly and Company、PharmaEssentia Corporation、Bayer AG、Viatris Inc. などです。

Ques: 真性多血症(PV)治療市場の投与経路で最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 真性多血症(PV)治療市場の投与経路で最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?