について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場調査 -半導体材料別(単結晶シリコン、多結晶シリコン、厚膜シリコン)、アプリケーション別、テクノロジー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5583 | 公開日: February, 2024

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場規模は、2036年末までに590億米ドルに達すると予想されています。2024―2036年の予測期間中に7%のCAGRで成長します。2023年に業界規模は、 データセンター向けオンサイト太陽光発電の総額は 250 億米ドルを超えました。 データセンターは電力消費量が多いため、データが継続的に収集されることを保証するためにバックアップ電源と常時電源の両方を必要とします。 世界のデータセンターの電力消費量は、2022 年に 240 ―340 TWh1、つまり世界の総最終電力需要の約 1.3% になると予測されています。通常のデータセンターは数十メガワットから数キロワットの電力を使用します。 データセンターのランニングコストが高いのは、電源に大きく依存しているためです。 しかし、エネルギー効率の急速な進歩により、世界の電力の 1% ― 1.5% を消費するデータセンターとデータ伝送ネットワークからのエネルギー消費量の増加が抑制されています。

政府や民間企業もポリマー太陽電池などの新技術を開発しています。例えば、2023 年 11 月、デンマークの印刷エレクトロニクス機器会社 InfinityPV は、ロールツーロール印刷薄膜太陽電池製造ラインにおける非接触故障検出のための新しいイメージング技術を提供しました。 ペロブスカイト、有機、ケステライト、二セレン化銅インジウムガリウム (CIGS)、およびアモルファスシリコン PV 箔のメーカーは、いわゆる超高速レーザービーム誘起電流マッピング技術を利用でき、既存のロールツーロールラインに後付けできます。 現在のシリコン太陽電池技術と比較して、これらは 1000 分の 1 の薄さ、柔軟性、軽量さ、低価格になると予想されています。


データセンター向けオンサイト太陽光発電市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~7%

基準年市場規模(2023年)

250億米ドル

予測年市場規模(2036年)

590億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の地域概要

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場 – 日本の展望

日本のデータセンター向けオンサイト太陽光発電市場は、予測期間中に徐々に成長する準備ができています。 化石燃料への依存を減らし、環境問題に対処するために、日本は再生可能エネルギー、特に太陽光発電を積極的に推進してきました。 日本政府は、太陽エネルギーやその他の再生可能エネルギー源の利用を促進するために、いくつかの法律と財政的奨励金を制定しています。例えば、現在の目標は、2030 年までに排出量を 2013 年にレベルから 46% 削減することです。また、国は2050年までにカーボンニュートラルを達成したいと表明しました。これらのプログラムは、データセンターに財政的援助と有利な規則を提供し、データセンターが敷地内の太陽光発電設備を購入できるようにします。さらに、太陽光発電技術のコストは時間の経過とともに低下しており、データセンターによるデータセンター向けオンサイト太陽光発電システムへの投資が経済的に実現可能になっています。 このコスト競争力により、長期的な電気料金削減の可能性とともに、国内市場の拡大が促進されています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
On-Site Photovoltaic Solar Power for Data Centers Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米のデータセンター向けオンサイト太陽光発電市場は、予測期間中に37%のシェアを保持すると予想されます。 データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の成長の主な理由の 1 つは、米国政府による企業設置に対する太陽光 ITC (投資税額控除) の終了が近づいていることです。 また、太陽光発電はデータセンターのエネルギーコストを大幅に削減するのに役立ちます。 データセンターは、オンサイトで自家発電することで、コストがかかる従来のグリッド電力への依存を減らすことができます。 さらに、データセンターは持続可能性と二酸化炭素排出量の削減をますます優先するようになっています。 オンサイトの太陽光発電を採用することで、データセンターは環境責任への取り組みを実証できます。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパのデータセンター向けオンサイト太陽光発電市場は、2036年末までに27%のシェアを占めると予想されています。ヨーロッパのデータセンター向けオンサイト太陽光発電のニーズは、主にベネルクス、ドイツ、フランス、スペインの政府の取り組みによって推進されています。 気候変動に取り組むために、多くのヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに対する高い目標を設定しています。 これらの目標を達成するために、データセンターではオンサイトの太陽光発電の普及が進んでいます。 さらに、環境への責任と持続可能性はヨーロッパ全土で高く評価されています。 さらに、ノルウェーのグリーン マウンテン データ センターでは、太陽光発電を含むすべての再生可能エネルギーが電力として使用されています。 さらに、ヨーロッパ全土の政府は、太陽光発電やその他の再生可能エネルギーへの取り組みに対して、さまざまな奨励金や支援を提供しています。例えば、太陽光発電を行うデータセンターは財政的に恩恵を受け、オランダで税制上の優遇措置を受ける可能性があります。 これは、データセンターがオンサイトの太陽光発電システムを購入する動機になります。

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場のセグメンテーション

半導体材料別(単結晶シリコン、多結晶シリコン、厚膜シリコン、アモルファスシリコン)

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の単結晶シリコンセグメントは、2036年末までに43%のシェアを占めると予想されています。単結晶シリコンパネルは効率が高いため、同じ量の日射量でより多くのエネルギーを生成できます。 これは、データセンターなどの制約のあるスペースで特に役立ちます。 データセンターは、単結晶シリコン パネルを利用することで、電力出力を最適化し、日射量を最大化できます。 さらに、単結晶シリコン パネルは、データセンターが採用する割合が増加している持続可能性の目標をサポートします。 これらはクリーンで再生可能なエネルギーを提供し、炭素排出量を削減し、より持続可能で環境に優しい方法でデータセンターを運営するのに役立ちます。 ここ数年、この分野でのエネルギー消費量は顕著に増加しており、主要なデータセンターで処理されるワークロードの急速な増加により、その増加率は毎年平均 20 ― 40% となっています。 単結晶太陽電池は、生産手順の強化やセル効率の向上など、継続的な研究開発の結果、大きな技術的進歩を遂げています。 これらの進歩は、これらのセルを使用するソーラーパネルの全体的な性能と魅力を向上させることにより、市場の上昇軌道をサポートします。

アプリケーション別(オングリッド、オフグリッド)

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場のオフグリッドセグメントは、予測期間中に54%のシェアを獲得して成長しています。 オフグリッド太陽光発電ソリューションにより、送電網の障害や停電が発生した場合でもデータセンターの運用を維持できます。 長期的には、オフグリッド オプションはデータセンターの電力コストの節約にも役立ちます。 太陽光エネルギーを敷地内で生産することで、高価な送電網への依存を減らし、全体的なエネルギーコストを削減できる可能性があります。 データ センターは、主電力網への接続が現実的でないか、費用がかかる孤立した場所に設置される場合があります。 これらのデータセンターには、大規模なグリッド インフラストラクチャに代わる実行可能な代替手段、つまりオフグリッドの太陽光発電があります。 これらの要因を考慮すると、市場では今後数年間でオフグリッド分野が大幅に成長すると予想されます。

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

半導体材料別

  • 単結晶シリコン
  • 多結晶シリコン
  • 厚膜シリコン
  • アモルファスシリコン

アプリケーション別

  • オングリッド
  • オフグリッド

テクノロジー別

  • 太陽光発電リニアフレネルリフレクター
  • 太陽光発電複合サイクル発電所(ISCC)
  • 太陽光発電パラボラディッシュ
  • 太陽光発電タワー
  • 太陽光発電パラボラトラフ


growth-drivers

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場:成長要因と課題

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の成長要因ー

  • 持続可能な実践の世界的な拡大 - 生成時に環境に有害な炭素粒子を放出する化石燃料を燃料とする国の送電網に依存するのではなく、データセンターに独立した再生可能エネルギー源を使用します。それはこの市場の成長に寄与する主な要因の 1 つです。 石炭、石油、ガスなどの化石燃料は、世界中の温室効果ガス排出量の 75% 以上を占め、二酸化炭素排出量全体のほぼ 90% を占めており、化石燃料は気候変動の最大の原因となっています。 温室効果ガスの排出は地球を覆い、太陽からの熱を閉じ込めます。 太陽光発電の設置コストの低下により、予測期間中に市場が推進されると予想されます。
  • 技術進歩の急増 - これらの技術開発は市場を刺激し、将来の市場拡大の余地を与えると予想されます。例えば、Amazon は世界中の 4 つのデータセンターのそれぞれに再生可能電源を設置しました。 オーストラリア、スウェーデン、スペイン、バージニアにあるデータセンターもその中にあります。 これらのデータセンターは 1 時間あたり 840 ギガワットの電力を生成すると予測されています。 この統合の有効性は、スマートグリッド技術と AI を活用したエネルギー管理の進歩によってさらに強化されます。 AI データセンターは、太陽光エネルギーを最適に分配するスマート グリッドの機能により、信頼性の高い電力を供給できます。
  • 世界中で燃料コストが上昇 - 太陽光発電と呼ばれることが多いデータセンター向けオンサイト太陽光発電は、小規模用途の市場から主要な電力源に成長しました。 燃料価格の高騰、非倫理的な地域からの輸入化石燃料への依存、未確認の汚染レベルにより、データセンター向けオンサイト太陽光発電が再生可能エネルギー源の有力な代替品として浮上しています。 報告書によると、2022年10月における米国の正規のガソリン小売価格は、香港や中央アフリカ共和国よりも大幅に安いです。2022 年 10 月末の時点で、世界最高のガソリン価格は 1 ガロンあたり 3.82 米ドルがありました。

当社のデータセンター向けオンサイト太陽光発電市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • データセンター内の太陽光パネル設置スペースの制限 - 予測期間中に、小規模データセンターではスペース不足により太陽光パネルを設置できないため、市場の成長が妨げられることが予想されます。 いくつかの政府は、炭素排出量の増加にも関わらず、総発電量に占める再生可能エネルギーの割合を高めるプログラムを立ち上げています。
  • 太陽光発電システムの設置に伴う高額なコストが市場の成長を妨げる可能性があります。
  • 気象条件への依存が市場の成長を妨げる可能性があります。

inside-report-bg
On-Site Photovoltaic Solar Power for Data Centers Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023 10 月 – Orange はポーランドに 2 か所のデータセンターを持ち、そこにソーラーパネルが設置されています。 同社はウッチのデータ処理センターに 370 kW の容量の太陽光発電設備を導入しました。 これは、施設の年間エネルギー需要の約 2% をカバーすることになります。
  • 2023 6 - カラワンの H2 データセンター キャンパスに、DCI インドネシアとサリム グループが 2 番目のデータセンターとなる H2-02 を開設しました。 DCI による太陽光発電インフラの統合により、H2–02 はインドネシア初の太陽光発電データセンターとなりました。 H2 キャンパスの 30 ヘクタールの部分を取り囲み、最大 30 MW の太陽光発電容量を備えています。 600 MW まで拡張可能な H2 キャンパスは 86 ヘクタールにあります。
  • 20238 - 建物一体型ペロブスカイト太陽電池ガラスのプロトタイプがパナソニックホールディングス株式会社(パナソニックHD)によって開発され、長期実装実証プロジェクトを開始したことも発表しました。神奈川県藤沢サステナブル・スマートタウン(Fujisawa SST)内に新築したモデルハウス「未来共創ファインコートⅢ」での1年以上にわたる技術試験を含みます。
  • 2023年2月 - 株式会社インターネットイニシアティブがデータセンター「白井データセンターキャンパス」のサーバー棟および管理棟の屋上に太陽光発電パネルを設置しました。 データセンターは2019年5月から稼働しており、2023年2月に設置される予定がありました。太陽光発電パネルによる年間発電量の見込みは、白井DCCサーバー棟の設備容量の約3%に相当する約373MWhと見込んでいます。

データセンター向けオンサイト太陽光発電市場を支配する注目の企業

top-features
  • Equinix, Inc.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • NTT Anode Energy Corporation.
  • Panasonic Holdings Corporation
  • Internet Initiative Co. Ltd
  • Japan Renewable Energy Co. Ltd.
  • Canadian Solar Inc.
  • Orange
  • Salim Group
  • DCI Indonesia.
  • Tokyo Electric Power Company Holdings

レポートで回答された主な質問

Ques: データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 世界中で持続可能な慣行の成長、技術の進歩の高まり、世界的な燃料費の増加が、データセンター市場向けのデータセンター向けオンサイト太陽光発電の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にデータセンター向けオンサイト太陽光発電市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: データセンター向けオンサイト太陽光発電市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に7% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、データセンター向けオンサイト太陽光発電市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス機会がもたらされます。

Ques: データセンター向けオンサイト太陽光発電市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Equinix Inc.、 Canadian Solar Inc.、 Orange、Salim Group、DCI Indonesia.、Tokyo Electric Power Company Holdings、NTT Anode Energy Corporation、Panasonic Holdings Corporation、Internet Initiative Co. Ltd、Japan Renewable Energy Co. Ltd.などがあります。

Ques: ータセンター向けオンサイト太陽光発電市場のアプリケーションセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: オフグリッドセグメントは、2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。