について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

石油とガスの磁気測距市場調査 -テクノロジー別(回転磁気測距、アクティブ磁気測距、パッシブ磁気測距)、アプリケーション別(オンショア、オフショア)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5437 | 公開日: December, 2023

石油とガスの磁気測距市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

石油とガス磁気測距市場規模は、2036年末に30億米ドルに達すると予測されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 8% の CAGR で拡大すると予想されます。2023 年に石油とガス磁気測距の業界規模は 234百万米ドルを超えました。 この市場の成長は主に世界中の石油価格の上昇によって促進されています。 石油採掘分野により高い効率と生産性に対するニーズの高まりに伴い、石油とガスの磁気測距の需要が大幅に増加しています。 過去3カ月でブレント原油価格は30%以上上昇し、現在は1バレル当たり93米ドル付近で取引されており、2022年11月以来の高値となっています。

市場の成長につながる先端分野の増加を見据えて、重力排水への対応が必要になることが予想されます。 この地域の石油生産量の多さと広大な油田の結果、市場の成長は今後数年間に起こると予測されています。 石油とガス部門の需要の増加により、予測期間中に石油・ガス磁気レンジ市場の成長が促進されると予測されています。


石油とガスの磁気測距市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

234百万米ドル

予測年市場規模(2036年)

30億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

石油とガスの磁気測距市場の地域概要

石油とガスの磁気測距市場 – 日本の展望

日本の石油とガス磁気測距市場は、2024―2036年の間に大幅に成長すると予測されています。日本に水平掘削の人気の高まりは、日本市場の成長を牽引することになります。 2020年には、日本には1,648の水平井戸があり、2019年に1,445から増加しました。さらに、製造が容易な従来の石油の枯渇により、石油会社やガス会社は重油やアスファルトなどのより困難な資源の探索と開発を余儀なくされています。 石油とガスの磁気測距は、井戸を正確に位置決めし、正しい位置に掘削していることを確認するのに役立つため、これらの用途にとって貴重なツールです。

さらに、この市場の成長は、国内の炭層メタンプロジェクトの拡大によっても促進される可能性があります。 コールベッドメタンプロジェクトは、従来の天然ガスに代わるよりクリーンで持続可能な代替手段を提供するため、日本でもますます人気が高まっています。 石油とガスの磁気測距を使用して、石炭層メタン生産用の井戸を正確に位置決めできます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
OIL AND GAS MAGNETIC RANGING MARKET

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米の予報

北米地域の石油とガス磁気測距市場は、2036 年末に 35% の最大市場シェアを保持すると予想されています。米国は原油と天然ガスの最大の生産国の一つであり、2019年にはそれぞれ世界の生産量の約18%と23%を占めています。8,390 本の未完成の井戸がすでに掘削されており、予測期間中に新しいプロジェクトが開始される予定です。 カナダの石油埋蔵量は世界第 3 位で、その 96% がオイルサンド埋蔵量です。 ここで入手できるサンドオイルは濃厚なオイルであり、砂粒子の含有量が高くなります。 したがって、このような分野では蒸気を利用した重力排水が増加しており、効率的な磁気測距結果が必要です。 さらに、北米は世界中で膨大な量の回収可能なシェールガスとタイトオイル埋蔵量があるため、磁気範囲の石油とガス市場で支配的です。 予測期間中にこの傾向は維持され、この地域市場の成長をさらに推進すると予測されます。

ヨーロッパ市場統計

ヨーロッパ地域市場は、予測期間中に大幅に成長すると予想されます。 それは、これらの地域に多数の石油とガスの生産施設が存在することで説明できます。 英国は、広範なパイプライン ネットワークと堅実な石油とガス探査活動を考慮すると、市場に大きく貢献しています。 さらに、技術の進歩により、磁気測距ツールはより正確で信頼性が高く、手頃な価格になりました。 これにより、この技術は石油とガス事業者にとってより魅力的なものとなっています。 欧州の石油とガス部門は、環境規制当局からの監視の強化に直面しています。 磁気測距技術は、坑井の配置を改善し、流出や漏洩のリスクを軽減することで、石油とガスの操業による環境への影響を軽減するのに役立ちます。

石油とガスの磁気測距市場のセグメンテーション

アプリケーション別(オンショア、オフショア)

アプリケーションに関しては、オンショアセグメントは 2036 年末に 60% の収益シェアを記録し、市場を支配する態勢が整っています。磁気測距は、噴出救済井の位置決め、蒸気補助重力排水、重油用途、計画された井間接続など、さまざまな油田用途に使用されています。 単なる石油の枯渇により、石油・ガス業界は重油やアスファルトなどの他の選択肢への切り替えを余儀なくされています。 重質炭化水素の生産には脱水支援が必要であり、磁気測距の必要性が高まります。 しかし、世界の重油生産量は 2019 年に日量11.6百万バレルまで減少しました。今後の深海プロジェクト、水平掘削、CBM プロジェクトの増加により、磁気測距市場は大幅に成長すると予想されています。

テクノロジー別(回転磁気測距、アクティブ磁気測距、パッシブ磁気測距)

テクノロジーに、アクティブ磁気測距セグメントは、予想期間中に最大市場シェアを保持する予定です。 この成長は、石油と回収技術の統合の増加によるものと考えられます。 EOR 技術は、成熟した油田からより多くの石油を抽出するために使用されています。 これらの技術では、多くの場合、注入井と生産井の正確な配置が必要ですが、AMR によって容易に行うことができます。 AMR などは、蒸気注入装置と生産井が相互に最適な距離に配置されることを保証するために、蒸気支援重力排水プロジェクトで使用されます。

石油とガスの磁気測距市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

テクノロジー別

  • 回転磁気測距
  • アクティブ磁気測距
  • パッシブ磁気測距

アプリケーション別

  • オンショア
  • オフショア


growth-drivers

石油とガスの磁気測距市場:成長要因と課題

石油とガスの磁気測距市場の成長要因ー

  • 重質炭化水素の生産に高い需要 - 原油やアスファルトなどの重質炭化水素の需要の高まりにより、磁気測距市場も今後数年間で拡大すると予想されます。 この磁気範囲は、石炭層メタンの生産、蒸気補助重力排水、および石油とガスの磁気範囲市場の成長の触媒となることが期待されるその他の活動もサポートします。
  • 水平方向と方向性掘削の統合の増加 – 水平方向および方向性掘削技術は、オペレーターが地表からアクセスできない貯留層に到達できるため、石油とガス業界でますます人気が高まっています。 磁気測距を使用すると、これらの作業中にドリルビットの位置を正確に追跡できるため、事故を防止し、正しい位置に坑井を掘削できるようになります。
  • 新しい技術の開発 – 磁気測距ツールをより正確で、信頼性が高く、コストに優しいものにする新しい技術が開発されています。 これらのテクノロジーは、高度なセンサー、データ処理アルゴリズム、クラウドベースのソフトウェアで構成されています。 この技術開発の成長により、調査対象期間に石油とガスの磁気測距市場の拡大が促進されています。

当社の石油とガスの磁気測距市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 干渉の影響を受けやすい – 磁気測距ツールは、地下の磁気異常によって干渉される可能性があります。 これにより、鉄含有量が多い領域など、特定の領域では精度が低下する可能性があります。 新しい技術の開発により磁気干渉の影響を軽減できる可能性がありますが、これは継続的な課題です。 これは、予測期間中に市場の成長を妨げることになります。
  • 標準化の欠如により、将来に市場成長に制限が生じることが予想されます。
  • アプリケーションの範囲が限られているため、予測期間中に市場拡大が制限されると予想されます。

inside-report-bg
OIL AND GAS MAGNETIC RANGING MARKET SURVEY
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 年 8 月にシエラレオネ石油総局は、GCC および他のアフリカの石油とガス生産国および企業と協力して、それぞれの地域の社会経済的成長を促進することに関心を表明しました。
  • 2019年3月にAbu Dhabi National Oil Companyは、石油とガス生産能力を2030年までに日量5百万バレルに増加すると発表しました。これにより、今後数年間で市場に新たな成長の機会が開かれることになります。
  • Omega Simulation Corporationであるオメガシミュレーション株式会社は、民間非営利資金提供団体である日本財団から、日本財団傘下の 2 つのプロジェクト「DeepStar 1 共同研究開発」を実施する事業者に採択されました。 海洋石油と天然ガスの脱炭素化を加速するプログラムです。 これらのプロジェクトは6月1日に開始される予定です。
  • 日本の企業であるHitachi Ltd.は、既存のセンサーよりもコンパクトでエネルギー効率が高い新しいタイプの磁気測距センサーを開発中であると発表しました。 新しいセンサーは、自動車、家電、石油、ガスなどの多くの用途で利用されることが期待されています。

石油とガスの磁気測距市場を支配する注目の企業

top-features
  • Halliburton Company
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Inpex Corporation
  • Yokogawa Electric Corporation
  • Hitachi Ltd.
  • Fujitsu Electric
  • Big Guns Energy Services Ltd.
  • Weatherford International Plc
  • GMW Associates
  • Vector Magnetics LLC
  • Scientific Drilling International Inc.
  • Baker Hughes
  • Bartington Instruments Ltd.
  • Transocean Ltd.
  • Schlumberger NV
  • Sierra Leone Petroleum Directorate
  • Abu Dhabi National Oil Company

レポートで回答された主な質問

Ques: 市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 石油とガス産業の需要の高まりと石油価格の上昇は、石油とガス磁気測距市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。

Ques: 予測期間中に市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米市場は 2036 年末に最大市場シェアを保持し、将来に多くのビジネス機会を提供すると予測されています。

Ques: 市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主なプレーヤーは、Big Guns Energy Services Ltd.、Weatherford International Plc、GMW Associates、Vector Magnetics LLC、Scientific Drilling International Inc.、Baker Hughes、Bartington Instruments Ltd.、Transocean Ltd.、Schlumberger NV などです。

Ques: 石油とガスの磁気測距市場のアプリケーションで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: オンショアセグメントは、2036 年末に最大市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。