について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

ニッケルカドミウム電池市場調査ーブロック電池構造別(Lレンジ、Mレンジ、Hレンジ)、セルタイプ別、エンドユーザー別 – 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024―2036 年

RFP提出
レポート: 4905 | 公開日: September, 2023

ニッケルカドミウム電池市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

当社のニッケルカドミウム電池市場調査によると、市場規模は、2036年末までに420億米ドルに達すると推定されており、2024-2036年の予測期間中に3%のCAGRで拡大します。2023 年のニッケルカドミウム電池の産業規模は 40 億米ドルでした。 市場の成長は電気自動車の需要の増加に起因すると考えられます。 ニッケルカドミウム電池は、その高い放電率、長サイクル、信頼性により電気自動車に広く使用されています。 インドにおけるEV用バッテリーの使用量は、2025年までに15GWh以上、2030年までに約60GWhに達すると予想されています。インドのセル製造事業への投資は、2030年までに90億米ドルを超えると予想されています。

これに加えて、ニッケルカドミウム電池の市場成長を促進すると考えられる要因には、スマートフォン、ラップトップ、ウェアラブル、タブレットなどのポータブル電子機器の売上の増加が含まれます。 さらに、ニッケルカドミウム電池は、電動工具や非常用照明などの産業用および商業用途で頻繁に使用されています。


ニッケルカドミウム電池市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~3%

基準年市場規模(2023年)

40億米ドル

予測年市場規模(2036年)

420億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

ニッケルカドミウム電池市場の域概要地

ニッケルカドミウム電池市場 – 日本の見通し

日本のニッケルカドミウム電池市場は、2024-2036年の間に大幅に成長すると予測されています。 この市場の成長は、この地域で起こっている大幅な技術進歩によるものと考えられます。 ニッケルカドミウム電池技術はここ数年で大幅に進歩し、その結果、より高いエネルギー密度、より長いサイクル寿命、より優れた性能を備えた電池が実現しました。 これにより、ニッケルカドミウム電池の幅広いアプリケーションがさらに魅力的になると期待されています。

これに加えて、日本政府もニッケルカドミウム電池の開発と使用を支援し、奨励しています。 これは、日本でニッケルカドミウム電池を製造する企業に対する補助金や減税など、日本政府が打ち出したいくつかの政府イニシアチブからも見て取れます。 これに加えて、この地域の自動車、民生用車両、化学、製薬、鉱業などのさまざまな業界からのこの種の電池に対する高い需要の結果、ニッケルカドミウム電池の輸入が増加しています。 これは、この地域のニッケルカドミウム電池市場の成長を促進するもう1つの重要な要因です。 日本におけるニッケルカドミウム二次電池の輸入額は、2022年に22億米ドルと推定されています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Nickel Cadmium Battery Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

当社のニッケルカドミウム電池市場調査によると、アジア太平洋地域におけるの市場シェアは、他のすべての地域の市場の中でも最大となり、予測期間終了までに約35%のシェアを占めると予測されています。 市場の成長は主に、電池の生産を促進するための投資の増加に起因すると考えられます。 日本の委員会は、官民セクターの取り組みとして240億米ドルを提案した。 政府はこの資金を3万人の適切な人材を雇用することでサプライチェーンと電池の製造を拡大するために使用する予定だ。 さらに、国内の医薬品および医療機器の生産事業が盛んであるため、ニッケルカドミウム電池市場は大幅に拡大しています。

北米市場統計

北米のニッケルカドミウム電池市場は、2036年末までに大幅に成長すると推定されています。市場の成長は主に停電の増加によるものと考えられます。 研究者らによると、米国では過去 10 年間に、それまでの 10 年間に比べて停電が 64% 増加しました。 2000 ー2021 年に、報告されたすべての停電の 83% は、干ばつによる山火事から竜巻やハリケーンなどの激しい嵐に至るまで、気象関連の出来事が原因で発生しました。その多くは、地球の温度が上昇するにつれてさらに悪化します。 さらに、2021 年にはいくつかの壊滅的な嵐が米国の電力網に負担をかけました。 世帯は平均して 7 時間 20 分間停電し、ハリケーン、山火事、吹雪などの悪天候がそのうち 5 時間以上、つまりほぼ 72% を占めました。

ニッケルカドミウム電池市場のセグメンテーション

エンドユーザー別 (航空宇宙および防衛、家庭用電化製品、ヘルスケア、自動車、産業、海洋)

当社のニッケルカドミウム電池市場調査によると、市場の産業部門は、2024ー2036年までの期間に最大の市場シェア30%を保持すると予想されています。 これらのバッテリーは、石油とガス、再生可能エネルギー、化学、鉱業、電力などのさまざまな産業で使用されています。 これらの分野で使用されるバッテリーは、安全で中断のない動作を保証しながら、バックアップ発電機の起動、シャットダウン手順の処理、重要な負荷の維持、コンピューター データの保護を行うことができなければなりません。 プロセス産業では、困難な状況下やあらゆる極端な温度下でも優れた性能を発揮するバッテリーが必要です。 使用されている産業用セルは寿命が長く、メンテナンスの必要がありません。 ニッケルカドミウム電池は安定したバックアップ電力を提供し、困難な条件でも動作するように設計されているため、産業用アプリケーションに好まれます。

ブロック電池構造別(Lレンジ、Mレンジ、Lレンジ)

Lレンジセグメントは、2036年には世界のニッケルカドミウム電池市場の46%のシェアを占めると予想されています。このセグメントの成長は主に、Lレンジニッケルカドミウム電池の信頼性の向上によるものです。 低電流の供給により、これらのバッテリーの放電期間は長くなります。 Lレンジバッテリーは、鉄道信号、非常ブレーキGシステム、非常照明、太陽光発電システム、火災警報器、直流計器、通信など、さまざまなアプリケーションに使用されています。 L レンジ ニッケル カドミウム バッテリーの容量はメーカーによって異なり、一般的な範囲は 8 Ah ~ 101,680 Ah です。

ニッケルカドミウム電池市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

ブロック電池構造別

  • Hレンジ
  • Lレンジ
  • Mレンジ

セルタイプ別

  • 通気セル
  • 密閉セル

エンドユーザー別

  • 自動車
  • 産業
  • 家庭用電化製品
  • 航空宇宙および防衛
  • ヘルスケア
  • 海洋


growth-drivers

ニッケルカドミウム電池市場:成長要因と課題

ニッケルカドミウム電池市場の成長要因ー

  • 再生可能エネルギーおよび太陽エネルギープロジェクトの需要の増加 – 太陽光および再生可能エネルギープロジェクトの数が増加し、ニッケルカドミウム電池の必要性が高まっています。 これらのバッテリーは、耐用年数が長く、バックアップ損失がないこと、信頼性と安全性、安価なメンテナンスコスト、および適応性により、太陽エネルギー貯蔵に使用されます。 これらのバッテリーは深いサイクルにも対応しており、損傷を受けることなく高い放電深度を維持できます。 その特性は市場の拡大に影響を与えています。
  • 航空機の数の増加 - 産業用ニッケルカドミウム電池は、民間航空機と軍用航空機の両方に選ばれた電池技術です。 主電源に障害が発生した場合、アビオニクスやその他の重要な搭載機器にバックアップ電力を供給します。 新型コロナウイルス感染症によるパンデミックにもかかわらず、2022 年の世界の航空機保有数は約 25,600 機でした。また、2032 年までに 38,000 機を超えると予想されています。
  • データセンターのインフラストラクチャの拡張 - ニッケルカドミウム電池は幅広い温度範囲で完全に動作するため、データセンターのインフラストラクチャ管理での使用に適しています。 2021 年 1 月の時点で、110 か国に約 8,000 のデータセンターがありました。これら 6 か国には、全データセンターの約 33% を占める米国、約 6% を占める英国、そして約 5% を占める中国が含まれています。

当社のニッケルカドミウム電池市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • ニッケルカドミウム電池に関連する環境上の懸念 – これらの電池には、カドミウムとニッケルを含む有毒物質が含まれています。 有効期限が切れた後、適切に処分しないと、環境に重大な害を及ぼす可能性があります。 このため、特定の用途でのこれらのバッテリーの使用にはいくつかの制限が生じています。 そして、これらの制限は、今後のニッケルカドミウム電池市場の成長を妨げると予想されます。
  • 市場で他の代替バッテリーが入手可能になると、将来的には市場の拡大に悪影響を及ぼすと予測されます。
  • ニッケルカドミウム電池は時代遅れの電池とみなされており、これが今後の市場の成長を妨げると予想されるもう1つの理由です。

inside-report-bg
Nickel Cadmium Battery Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • ALCAD AB.ニッケルカドミウム電池の新しいスリングシリーズの発売を発表。 これらは、石油やガスの施設などの遠隔地だけでなく、サービスや鉄道用の屋外キャビネットなどのスペースが限られた用途にも適しています。
  • Saft Group SAS は Saft Sunica を設置しました。 さらに、ヨーテボリ港への主要な航行入口であるスウェーデン海事局のニッケル電池システム。 これにより、トルバドゥレン灯台の重要な太陽光発電航行灯の電力継続が確保されます。
  • Panasonicは、電気自動車用の新しいニッケルカドミウム電池を2024年に発売すると宣言した。従来のニッケルカドミウム電池よりも密度が高く、サイクル寿命が長いと言われています。 コスト面でも有利になると考えられます。
  • NECはシステムのエネルギー貯蔵用にニッケルカドミウム電池を開発する予定だ。 従来のニッケルカドミウム電池と比較して、密度が高く、サイクル寿命が長いと言われています。 さらに、より手頃な価格になることが予想されます。 環境にも優しいです。

ニッケルカドミウム電池市場を支配する注目の企業

top-features
  • Panasonic Corporation
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • GS Yuasa Corporation
  • Hitachi Ltd
  • NEC Corporation
  • ALCAD A.B.
  • Battery Specialities, Inc.
  • BYD Motors, Inc.
  • Cell-Con, Inc.
  • Energizer Holdings, Inc.
  • Glob Tek, Inc.
  • GP Batteries International Ltd.
  • Power-Sonic Corporation
  • Saft Groupe SAS
  • HBL Power Systems

レポートで回答された主な質問

Ques: ニッケル・カドミウム電池市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 電気自動車の需要の高まり、データセンターのインフラストラクチャの拡大は、ニッケルカドミウム電池市場の成長を促進すると予想される主要な要因の一部です。

Ques: 予測期間中にニッケル・カドミウム電池市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、2024 -2036 年の予測期間中に約 3% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、ニッケル・カドミウム電池市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2036年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネスチャンスがもたらされると予想されています。

Ques: ニッケル・カドミウム電池市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Battery Specialities, Inc、BYD Motors, Inc、Cell-Con, Inc、Energizer Holdings, Inc、Glob Tek, Inc、GP Batteries International Ltd、Power-Sonic Corporation、 などです。

Ques: ニッケルカドミウム電池市場のエンドユーザーで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 産業部門は 2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。