について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

髄膜炎ワクチン市場調査:グローバルな需要、成長分析、機会の見通し2023年

RFP提出
レポート: 231 | 公開日: May, 2023

 世界 市場概要 

髄膜炎は、いくつかの有害な細菌を生んだ季節変動のために起こる細菌感染症です。ワクチン接種に対する意識の高まりと世界中の髄膜炎の事件の増加は、髄膜炎ワクチンの主な需要増加要因です。発展途上国や新興国による世界中の医療費の増加は、より良く効果的な治療法を提供するために医療部門のシナリオを変えています。新興国では、疾病の負担を最小限に抑えるために高度なワクチン接種を採用しており、医療費の数字をさらに削減してす。 Lab Grown Diamonds Market Demand & Growth

世界の髄膜炎ワクチン市場は2015年に21億米ドルと評価され、市場はさらに2023年までに52億米ドルを獲得すると予想されています。さらに、世界の髄膜炎ワクチン市場は、予測期間、すなわち2016-2023にわたって14.5%のCAGRで大幅に繁栄すると予測されています。

北米は、世界中の髄膜炎ワクチンの市場全体で収益の面で最高の市場シェアを占めました。市場は、政府の介入の増加、医療費の増加、さまざまな予防接種プログラムによる髄膜炎に対する意識の高まりを背景に、予測期間中も優位性を維持すると予想されます.クリックして無料サンプルレポートをダウンロード

一方、アジア太平洋地域は、インド中国などの新興国における先進ワクチンの需要の高まり、GDPの増加、疾病負担を最小限に抑えるための医療に対する意識の高まりにより、髄膜炎ワクチン市場において世界で最も日和見的で最も急成長している地域であると予想されています。

消費者のための低コストで 効果的なワクチンを開発するための医療分野における研究開発のさらなる後押しは、人口の間でワクチン接種に対する意識を高める可能性が高い。髄膜炎ワクチンの市場は、従来のワクチンよりも効果が高いため、低コストの髄膜炎ワクチンの導入などの要因が大きく牽引されています。

髄膜炎疾患とその予防に対する意識の高まりと、世界中の政府機関による有利な償還政策の導入は、疾患の負担を最小限に抑えるために、消費者を高度な髄膜炎ワクチンの採用にシフトさせる可能性があります。

髄膜炎ワクチン市場は、費用対効果の高いワクチンに対する意識の高まりと発展途上国のGDPのプラス成長により、近い将来に需要の面で拡大すると推定されています。

市場セグメンテーション

当社の詳細な分析により、世界の髄膜炎ワクチン市場を以下のセグメントにセグメント化しました。

病気の種類別

  •   細菌性髄膜炎
  •   髄膜炎菌性疾患
  • 肺炎球菌性髄膜炎
  •   結核性髄膜炎
  • 真菌性髄膜炎
  • Hib髄膜炎

髄膜炎の他のタイプ別

  • 髄膜炎A + C 髄膜炎
  • ACWY135髄

ワクチン別

  • 多糖類
  • ワクチン
  • コンジュゲート
  • ワクチン
  • 併用ワクチン
  • n エンドユーザー別 病院

地域別

世界の髄膜炎ワクチン市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模 前年比成長率と機会分析
  • ラテンアメリカブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模 Y-O-Yの成長と機会分析
  • ヨーロッパ (イギリス ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベルギー オランダ & ルクセンブルク ノルディック ポーランド トルコ ロシア その他のヨーロッパ) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • アジア太平洋(中国 インド 日本 韓国 インドネシア マレーシア オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • 中東・アフリカ(イスラエルGCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模:前年比成長と機会分析

乳児の免疫力の低下による細菌感染のリスクが高いことと相まって出産の増加 衛生に対する意識の欠如による髄膜炎の症例の増加 高度な医療ワクチン接種に対する意識の高まりは、世界中の髄膜炎ワクチンの市場を牽引する要因の一部です。費用対効果の高いワクチン接種の導入、早期予防への意識の高まり、ワクチン接種に対する医師の嗜好の高まりなどのこの要因とは別に、予測期間、すなわち2016-2023にわたって髄膜炎ワクチンの需要を促す重要な要素の一部です。さらに、発展途上地域における人口の個人可処分所得の増加と、様々な細菌感染症の治癒と治療に対する懸念の高まりによる医療費の増加は、早期予防と健康衛生に対する懸念の高まりであり、髄膜炎ワクチンの需要を膨らませる主要な重要な要素の一部です。

しかし、低開発国における髄膜炎に対する意識の欠如と熟練した医療医師の欠如は、髄膜炎ワクチンの市場を世界中に抑制する可能性が高い要因の一部です。

キープレーヤー

髄膜炎ワクチン市場の主要プレーヤーは次のとおりです。

  • GlaxoSmithKline
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品内容
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域での存在感
    • SWOT分析
  • Baxter Baxter
  • Sanofi
  • Pasteur Merck
  • Pfizer
  • Zhejiang Tianyuan 
  • Beijing Tiandan Biology

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで