について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

メコプロップ市場調査 - タイプ別(メコプロップ-P 酸、メコプロップ-P エステル)、エンドユーザー別(農業、住宅、商業)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5466 | 公開日: December, 2023

メコプロップ市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

メコプロップ市場規模は、2036年末に220億米ドルに達すると予想されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 8% の CAGR で成長します。2023 年に、メコプロップの業界規模は 100 億米ドルを超えていました。 メコプロップ市場は、主に農業近代化の急務によって急成長しています。 増加する世界人口の需要を満たすために農業慣行が進化するにつれ、メコプロップベースの除草剤を含む高度な雑草管理ソリューションの導入が持続可能な農業にとって極めて重要になっています。 農業の近代化には、生産性を向上させ、環境への影響を軽減し、食料安全保障を確保するための最先端の技術と革新的な実践の統合が含まれます。 これに関連して、メコプロップは、世界中の農家が使用する除草剤の重要な成分として浮上しています。 報告書によると、世界の除草剤需要は2022―2030年に9%増加すると予測されています。

作物の収量を増やし、雑草の蔓延と戦うのに効果的な除草剤に対するニーズが高まっており、メコプロップの需要が高まっています。 農業が現代的な手法で進化し続ける中、メコプロップ は持続可能な雑草管理のための極めて重要なソリューションとして浮上しています。 家庭園芸のトレンドの高まりと、美しい景観への注目の高まりにより、住宅部門におけるメコプロップベースの除草剤の需要が高まっています。 メコプロップは、芝草を傷つけることなく広葉雑草を抑制する効果があるため、芝生の手入れ愛好家にとって好ましい選択肢となっています。


メコプロップ市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~8%

基準年市場規模(2023年)

100億米ドル

予測年市場規模(2036年)

220億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

メコプロップ市場の地域概要

メコプロップ市場 – 日本の展望

日本のメコプロップ市場は、国内の発展する農業および造園分野における除草剤の極めて重要な役割を浮き彫りにする複数の要因によって形成され、力強い成長軌道に乗っています。 日本の農業は、機械化、精密農業、技術統合の進展により変革期を迎えています。 農家が現代的な手法を採用するにつれて、効率的で持続可能な雑草管理ソリューションの必要性により、メコプロップのような先進的な除草剤の需要が増加しています。 農林水産省 (MAFF) のデータによると、日本の農業技術と農業機械への投資は過去 5 年間に 15% 増加しており、近代化された農業慣行への移行が浮き彫りになっています。 日本のメコプロップ市場は、現代の農業慣行、消費者の嗜好、政府の積極的な支援との戦略的連携によって推進され、持続的な成長を遂げる態勢が整っています。 業界が進化し続けるにつれて、関係者はこれらの成長原動力を活用して、日本のダイナミックな農業環境におけるメコプロップの継続的な成功を確実にすることができます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Mecoprop Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

アジア太平洋地域市場予測

アジア太平洋地域のメコプロップ市場は、2036 年末に 42% の最大市場シェアを保持すると予測されています。アジア太平洋地域は、実践が進化し、効果的な雑草管理ソリューションに対するニーズが高まっている農業のダイナミックな拠点として立っています。 この状況の中で、メコプロップ市場は、この地域特有の農業の課題と機会を反映する無数の要因によって力強い成長を遂げています。 業界関係者、研究機関、政府間の共同研究開発の取り組みは、除草剤技術の進歩において極めて重要な役割を果たします。 アジア太平洋地域のイノベーションへの取り組みにより、先進的なメコプロップ製剤の開発が促進されています。 アジア太平洋地域のメコプロップ市場は、農地の拡大から現代的な手法の導入、持続可能性への取り組みまで、さまざまな要因が重なって成長しています。 この地域が進化を続ける中、メコプロップ はアジア太平洋地域の多様な農業環境における微妙な雑草管理のニーズに応える重要なプレーヤーとして浮上しています。

北米市場統計

北米地域のメコプロップ市場は、予測期間中に2番目に大きなシェアを保持すると予測されています。 北米は、多様な農業景観と革新的な農業実践への取り組みにより、メコプロップ市場にとって極めて重要な地域として機能しています。 北米に除草剤耐性雑草の蔓延は、従来の雑草管理慣行に重大な課題をもたらしています。 メコプロップ は独自の作用機序でこの懸念に対処し、耐性雑草の個体数と戦うための革新的なソリューションを農家に提供します。 研究によると、北米では過去5年間で除草剤耐性雑草の発生が20%増加しており、メコプロップのような革新的な除草剤の緊急性が強調されています。 北米は精密農業と先進技術の導入の最前線にあります。 この地域の農家は、GPS 誘導機械、ドローン、データ分析をますます活用しています。 メコプロップ はこれらの精度重視の実践に沿って、的を絞った効率的な雑草防除を提供します。 北米のメコプロップ市場は、除草剤耐性への取り組みから精密農業の導入、持続可能で多様な農業実践への注目の高まりに至るまで、さまざまな要因が重なって推進されています。 北米が世界の農業情勢を形成し続ける中、メコプロップはこの地域で持続可能で効率的な雑草管理の実践を促進する不可欠なツールとして浮上しています。

メコプロップ市場のセグメンテーション

タイプ別(メコプロップ-P 酸、メコプロップ-P エステル)

メコプロップ-P エステルセグメントは、2036 年には 60% 最大市場シェアを獲得すると推定されています。拡大するメコプロップ市場の中で、メコプロップ-P エステルセグメントは、その独自性を強調する要因の組み合わせにより、目覚ましい成長を遂げる態勢が整っています。 特徴と用途。 除草剤製剤を強化するための研究開発への継続的な投資は、メコプロップ-P エステル部門の成長に大きく貢献しています。 改良されたアジュバント、界面活性剤、および相乗的な組み合わせなどの革新により、メコプロップ-P エステル製剤の全体的な有効性が向上します。 データによると、除草剤の研究開発への世界的な支出は 25% 増加しており、そのかなりの部分が最適な雑草管理の成果を得るために メコプロップ-P エステルのような製剤の進歩に充てられています。 メコプロップ-P エステルセグメントの成長は、その拡張された残存活性から環境の持続可能性および多様な条件への適応性に至るまで、さまざまな要因の組み合わせによって推進されています。 農業と造園の実践が進化するにつれて、メコプロップ-P エステルは多用途かつ効果的なソリューションとして浮上し、現代の雑草管理の課題に対処する上での メコプロップ 市場の全体的な成功に貢献しています。

エンドユーザー別(農業、住宅、商業)

農業セグメントは、2036 年には大きなシェアを獲得すると予想されています。雑草管理の拡大する市場において、メコプロップ市場の農業部門は重要なプレーヤーとして立っており、作物の健康を維持し、収量を最適化するために極めて重要なソリューションを提供しています。 メコプロップを含む革新的な除草剤の研究開発(R&D)への投資は、農業分野の成長に大きく貢献しています。 製剤、バイオアベイラビリティ、および作用機序の継続的な進歩により、進化する雑草の課題に対処する際のメコプロップの有効性が強化されています。 メコプロップ市場の農業分野は、精密農業や持続可能な実践から除草剤耐性雑草への対処まで、さまざまな要素の相乗効果によって成長しています。 業界が進化するにつれて、メコプロップは現代農業の基礎として浮上し、世界の食料安全保障に不可欠な持続可能で効率的な雑草管理の実践を促進します。

メコプロップ市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • メコプロップ-P 酸
  • メコプロップ-P エステル

エンドユーザー別

  • 農業
  • 住宅
  • 商業


growth-drivers

メコプロップ市場:成長要因と課題

メコプロップ市場の成長要因ー

  • 農薬製品に対する世界的な需要の高まり: 世界人口の急増と食料安全保障へのニーズの高まりにより、農薬ソリューションに対する需要が高まっています。メコプロップは多用途除草剤として、効果的かつ的を絞った雑草防除を提供することでこの需要に応える上で極めて重要な役割を果たし、それによって作物の収量を守ります。包括的な分析によると、世界の農薬売上高は 2025 年までに 653 億米ドルに達すると予測されています。
  • 研究開発への投資: 研究開発活動への継続的な投資により、先進的なメコプロップ製剤が進化しました。 バイオアベイラビリティの向上、環境への影響の軽減、および残留活性の延長はこれらの取り組みの重要な成果であり、さまざまな農業用途でのメコプロップの採用を推進しています。 現在進行中の研究努力は、雑草防除における有効性を高めるためにメコプロップ製剤を精製することに焦点を当てています。 高度な配合は、除草剤の生物学的利用能を向上させ、対象以外の植物への影響を最小限に抑えながら対象雑草による最適な取り込みを確保することを目的としています。 この革新への献身が、高性能除草剤としてのメコプロップの評判を高めています。 環境への懸念と規制の圧力により、メコプロップの生態学的フットプリントを最小限に抑えることを目的とした研究開発の取り組みが推進されています。 研究者は、メコプロップが進化する持続可能性基準に確実に適合するよう、環境プロファイルを改善した製剤の開発を積極的に行っています。 土壌および水中での残留性の低減と生分解性の強化は、研究開発投資を通じて求められる重要な成果です。
  • 都市化と住宅の造園の拡大: 都市化への世界的な傾向により、住宅の造園と芝生の手入れへの注目が高まっています。 芝草を傷つけることなく広葉雑草を防除するメコプロップの有効性により、住宅所有者にとって好ましい選択肢として位置づけられ、住宅分野の成長に貢献しています。

当社のメコプロップ市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 規制の監視と遵守: メコプロップを含む除草剤の使用を管理する厳しい規制は、製造業者と使用者にとって顕著な課題となっています。進化する環境と安全基準に準拠するには、継続的な適応と遵守が必要であり、製品開発、登録、市場アクセスがさらに複雑になります。 複雑な規制環境に対処すると、製品承認の遅れ、コンプライアンスコストの増加、潜在的な市場制限につながる可能性があります。持続的な市場アクセスと国民の受け入れのためには、世界的な規制枠組みとの整合性を維持することが重要です。
  • 除草剤耐性と雑草適応です。
  • 環境および生態学的懸念です。

inside-report-bg
Mecoprop Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2020年、Syngentaはイタリアの生物刺激剤の大手メーカーであるValagro S.p.A.を買収しました。 この買収により、シンジェンタの生物刺激剤製品のポートフォリオが拡大し、持続可能な農業市場に同社の地位が強化されました。
  • 2021 年、Syngentaは米国を拠点とするバイオベースの作物保護製品の大手開発会社である Nusetuc を買収しました。 この買収により、シンジェンタの生物作物保護製品のポートフォリオが拡大し、持続可能な農業市場における同社の地位が強化されました。
  • 2023 年、Sumitomo Chemicalは米国に本拠を置く生体刺激剤の開発・製造会社である FBSciences Holdings, Inc. を買収しました。 この買収により、住友化学の持続可能な農業ソリューションのポートフォリオが拡大し、米国の生物刺激剤市場における地位が強化されました。
  • 2021年、Sumitomo Chemicalは米国に本拠を置き、エレクトロニクスおよび半導体産業向けの特殊化学品を提供するフォートレス・スペシャルティ・ケミカルズを買収しました。 この買収により、住友化学の特殊化学品のポートフォリオが拡大し、エレクトロニクスおよび半導体市場に地位が強化されました。

メコプロップ市場を支配する注目の企業

top-features
  • Dow AgroSciences LLC
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Sumitomo Chemical Co., Ltd.
  • Nippon Soda Co., Ltd.
  • Nissan Chemical Corporation
  • Arysta LifeScience Corporation
  • Ihara Chemical Industry Co., Ltd.
  • Syngenta AG
  • Bayer CropScience
  • BASF SE
  • FMC Corporation
  • Nufarm Limited
  • Sumitomo Chemical Co., Ltd.
  • Adama Agricultural Solutions Ltd.
  • UPL Limited
  • Corteva Agriscience

レポートで回答された主な質問

Ques: メコプロップ市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 農業部門の需要の増加が市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にメコプロップ市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: メコプロップ市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 8% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、メコプロップ市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域市場は、2036 年末に最大市場シェアを保持すると予測されており、将来に多くのビジネス機会がもたらされると予想されています。

Ques: メコプロップ市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Dow AgroSciences LLC、Syngenta AG、Bayer CropScience、BASF SE、FMC Corporation、Nufarm Limited などです。

Ques: メコプロップ市場のエンドユーザーセグメントで最大市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: 農業セグメントは、2036 年末に最大市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。