について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

大量通知システム市場調査規模&シェア:コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)、展開形態別(オンプレミス、クラウド)、組織別(大企業、中小企業)、タイプ別(ビル内ソリューション、広域ソリューション、分散受信者ソリューション)、エンドユーザー別(BFSI、エネルギー&公益事業、教育、医療、政府、防衛、運輸&物流) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2035

RFP提出
レポート: 174 | 公開日: July, 2022

大量通知システム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

大量通知システム市場規模は2035年末までに1,740億米ドルに達すると推定され、予測期間(2023~2035年)のCAGRは23.40%で成長する。2022年の大量通知システムの業界規模は140億米ドル以上であった。市場拡大の背景には、工業炉からの燃料ガス漏れや、洪水、ハリケーン、地震などの自然災害の増加がある。世界中で毎年約6700件の自然災害が発生していると推定されている。自然災害による死者は、世界で毎年平均6万人にのぼる。MNSは、災害時に緊急サービスが一般市民に迅速かつ簡単に警告や最新情報を発信することを可能にする。

加えて、職場や教育分野でのBYOD(Bring Your Own Device)の人気の高まりが、大量通知システム市場の成長を促進すると予想される。例えば、職場で個人所有のデバイスを使用する従業員の数は世界で68%に上る。BYODを採用する組織の割合は57%に増加している。BYODのトレンドに伴い、組織は従業員に迅速かつ効果的に連絡するために大量通知システムに依存している。これらのシステムでは、一度に複数のデバイスにメッセージを送信できるため、メッセージがタイムリーに受信されるようになります。


大量通知システム市場: 主な洞察

基準年

2022

予測年

2023-2035

CAGR

23.40%

基準年の市場規模(2022年)

 140億米ドル

予測年市場規模(2035年)

 1,740億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、中南米のその他地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

大量通報システム産業-地域別概要

北米市場統計

北米の大量通知システム市場は、2035年末までにほぼ38%のシェアを占め、全地域の中で最大になると予想されている。サイバー攻撃、テロ脅威、自然災害の増加も北米の大量通報システムの需要を高めている。2022年、米国では8人の男性が聖戦テロで起訴された。米国では9.11以降、500人以上がテロ容疑で起訴されている。大量通報システムは、潜在的な脅威について大勢の人々に迅速に警告を発し、知らせる効果的な方法を提供する。北米ではテロの脅威が増加しているため、より多くの組織が安全とセキュリティを確保するために大量通知システムに注目している。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Mass Notification System Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

APAC市場予測

アジア太平洋地域の大量通報システム市場は、2035年末までに全体の約27%を占め、第2位の規模になると予想されている。同市場の拡大は、主に組織の間で安全なデジタル通信に対する需要が高まっていることと、運用コストを削減しながら公共の安全を守るという要求が高まっていることに起因している。さらに、モバイル・ファースト技術の傾向の高まりや、公共安全、緊急警報、公共アドレスなど、さまざまな用途の大量通知システムの導入が増加していることも、アジア太平洋地域の市場を牽引すると予想される。

大量通知システムのセグメント化

コンポーネント(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)

2035年には、ハードウェア分野が世界の大量通報システム市場の約43%のシェアを占めると予想されている。このセグメントの拡大は、センサー、トランスミッター、レシーバーなどのハードウェア・コンポーネントの採用が増加していることに関連している。 これは主に、緊急サービス、公共安全、その他を含む様々な活動をリアルタイムで監視・通知するニーズが高まっているためである。スマートシティプロジェクトの増加も、ハードウェア・セグメントの成長を後押ししている。例えば、中国では現在、全国で約750~880のスマートシティプログラムが実施されている。スマートシティは、緊急時の通信に大量通知システムを使用するIoTデバイスによって支えられている。

企業規模(大企業、中小企業)

大量通知システム市場における大企業セグメントは、2035年までにほぼ53%の主要な収益シェアを獲得すると予想されている。大企業セグメントの成長の主な要因は、幅広い産業で大量通知システムの利用が増加していることである。これは主に、効率的なリスク管理の必要性と相まって、従業員、顧客、サプライヤー間のより良いコミュニケーションの必要性に起因している。さらに、大企業は効果的なリスク管理戦略の必要性をますます認識するようになっている。その結果、危機発生時に重要な情報を迅速かつ正確に発信する緊急通報システムの需要が高まっている。

当社の世界市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます:

コンポーネント別

  • ハードウェア
  • ソフトウェア
  • サービス

展開モード別

  • オンプレミス
  • クラウド

企業規模別

  • 大企業
  • 中小企業

タイプ別

  • ビル内ソリューション
  • 広域ソリューション
  • 分散受信ソリューション

業種別

  • BFSI
  • エネルギー・公益事業
  • 教育
  • ヘルスケア
  • 政府機関
  • 防衛
  • 運輸・物流


growth-drivers

大量通知システム部門: 成長要因と課題

成長ドライバー

  • さまざまな事業分野でのデジタル化の進展 - 例えば、大半の企業が何らかの形でデジタル化に取り組んでおり、上級ビジネスリーダーの86%は、デジタル化は自社にとって優先事項であるべきだと考えている。また、80%以上の企業がデジタル主導のビジネス戦略の導入に成功している。デジタル技術の台頭により、企業は多くのプロセスを自動化できるようになり、より効率的で迅速なコミュニケーションが可能になった。MNSは、従業員や顧客に変更や更新を迅速に知らせることができるため、幅広い業界でますます普及している。
  • 政府機関や地方行政における一方的なコミュニケーションへのニーズの高まり- 政府機関や地方行政の中には、一方的な方法で個人とコミュニケーションをとるために大量通知システムを利用するところが増えている。例えば、AlertMedia, Inc.は、企業全体の通信を可能にし、解決策を確認し、企業全体のセキュリティチームを接続する緊急通信ソフトウェアを発売した。このソフトウェアは、緊急事態が発生した場合に、組織が迅速に従業員とコミュニケーションをとるのに役立つ。
  • 学校における犯罪の増加、教育分野でのMNS利用の必要性- 2019-20年度には、米国の公立学校の75%が少なくとも1件の犯罪が発生したと報告しており、これは120万件にのぼる。MNSを利用することで、学校は生徒や教職員に潜在的な危険を迅速に知らせることができ、生徒や教職員は備えをし、必要な行動をとることができる。また、学校はキャンパス内で発生したあらゆる事件の正確な記録を残すことができ、潜在的な脅威を特定し、将来の事件を防ぐのに役立てることができる。
  • 電子カルテ(EHR)の普及 - 2021年現在、何らかの電子カルテ(EHR)を採用している開業医の数は89%近くまで増加しており、そのうち79%近くが認定EHRを採用している。MNSシステムは、医療提供者が患者や他の医療提供者に、記録の重要な更新に関する通知を迅速かつ確実に送信するのに役立ちます。これにより、すべての人にタイムリーに変更を知らせることができ、潜在的なエラーを減らすことができる。
  • IoTデバイスとクラウドベースのソリューションの普及拡大-世界中で120億台以上のIoTデバイスが接続されていると推定されている。また、パブリック・クラウド・サービスに対するエンドユーザーの支出は、2023年までに5,900億ドルに達すると予想されている。IoTデバイスは、通知を送受信するための安全でコスト効率の高い方法を提供する。また、クラウドベースのソリューションは、テキストメッセージ、電子メール、プッシュ通知など、さまざまな通知方法に対応できる拡張性と柔軟性を備えている。

課題

  • 大量通知システムの複雑なアーキテクチャ - アーキテクチャが複雑なため、インストールやメンテナンスのプロセスに時間とコストがかかることが多く、中小規模の組織がシステムに投資することが難しくなります。その結果、大量通知システム市場の成長性が制限される。
  • 高額な設備投資
  • 特定の地域におけるインターネットの限られた普及率

inside-report-bg
Mass Notification System Market Size
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 次世代屋外用ハイパワースピーカーステーション(HPSS)が、優れた明瞭度を持つ大量通報システム(MNS)、緊急通信システム(ECS)、軍用巨大音声システムを提供する世界的リーダーであるアコースティックテクノロジー社から発表された。
  • エバーブリッジ社は、新世代のトラベルリスク管理(TRM)を新規および既存の企業顧客向けに発表した。新しいTRMツールは、出張のリスクを評価・管理するためのリアルタイムのデータと洞察を企業に提供し、自動化された出張アラートと通知を提供します。また、チームの出張計画や出張先を追跡し、チームの安全とセキュリティを常に確保することもできます。

大量通知システムを支配する企業群

top-features
  • Acoustic Technology, Inc.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Everbridge Inc.,
  • Honeywell International Inc.
  • Eaton Corporation
  • Motorola Solutions Inc.
  • BlackBerry AtHoc Inc.
  • OnSolve
  • Singlewire Software, LLC
  • xMatters
  • Desktop Alert, Inc.