について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

低雑音増幅器(LNA)市場調査規模・シェア:材料別(シリコン、ガリウムヒ素、シリコンゲルマニウム、リン化インジウム);周波数別(6Hz~60Hz、60Hz以上);用途別(セルラーインフラ、無線ローカルエリアネットワーク(WLAN)、全地球測位システム(GPS)};エンドユーザー別(通信、家電、自動車) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2033

RFP提出
レポート: 4360 | 公開日: October, 2022

低雑音増幅器市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

世界の低雑音アンプ市場は、予測期間(2023年~2033年)のCAGR(年平均成長率)~15%で成長し、2033年末までに~70億米ドルの収益を獲得すると推定される。さらに、同市場は2022年に〜20億米ドルの収益を生み出した。同市場の成長は、主にスマートフォンの世界的な普及と信号増幅器に対するニーズの高まりに起因している。例えば、2021年から2022年にかけて、世界全体で~2億6800万人のスマートフォンユーザーが増加した。

最近の世界の宇宙ビジネスの進展や商業衛星産業の成長に伴い、衛星通信サービスプロバイダーの間でLNAの需要が増加傾向にあり、その結果、予測期間中に世界の低雑音増幅器(LNA)市場で事業を展開する主要プレーヤーに大規模な収益創出機会を創出することが期待されている。

低雑音増幅器の世界市場定義

低雑音増幅器は、非常に微弱な信号を増幅し、A/D変換に適した電圧レベルを提供できる電子増幅器である。 低雑音増幅器は、信号のS/N比を大幅に劣化させることなく、低電力信号を増幅する。さらに、通常アンテナからのアナログ処理では、信号がほとんど認識できないため、ノイズを加えることなく増幅する必要があり、そうでなければ重要な情報が失われる可能性がある。LNAは、ラジオやその他の信号受信機に存在する最も重要な回路部品の1つです。


低雑音アンプの世界市場: 主要インサイト

基準年

2022

予想年

2023-2033

CAGR

~15%

基準年の市場規模(2022年)

~ 20億米ドル

予測年市場規模(2033年)

~ 70億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

ローノイズアンプの世界市場 地域別概要

北米のローノイズアンプ市場は、他のすべての地域の市場の中で、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されている。例えば、2021年の米国における家電小売販売額は約4,400億米ドルと推定されている。

本レポートの詳細についてはこちら:

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

世界の低雑音アンプ市場を詳細に分析した結果、以下のセグメントが含まれている:

素材別

  • シリコン
  • ガリウムヒ素
  • シリコンゲルマニウム
  • リン化インジウム

周波数別

  • 6 Hz~60 Hz
  • 60ヘルツ以上

アプリケーション別

  • 携帯電話インフラ
  • ブロードバンド
  • ワイヤレス・ローカルエリア・ネットワーク(WLAN)
  • 全地球測位システム(GPS)
  • 産業・科学・医療(ISM)バンド

産業別

  • 携帯電話インフラ
  • ブロードバンド
  • ワイヤレス・ローカルエリア・ネットワーク(WLAN)
  • 全地球測位システム(GPS)
  • 産業・科学・医療(ISM)バンド


growth-drivers

低雑音アンプの世界市場: 成長促進要因と課題

成長要因

  • GPSレシーバー、衛星通信、WPANなどの通信レシーバーで使用されるため、LNAの需要が増加している。GPSシステムの使用の増加は、予測期間中のLNA市場を押し上げると予想されます。例えば、約7,800万台の自動車がGPSシステムを搭載しており、今後数年間で約98%の自動車がGPSシステムを搭載することが判明しています。
  • 世界の宇宙ビジネスの成長 - 商業衛星産業が宇宙ビジネスの72%を占め、2021年の総売上は2,750億米ドルを超える。
  • ワイヤレスネットワークのトレンド上昇 - 推定によると、2021年には世界全体で220億台以上のデバイスがWLAN経由で接続される。
  • 成長する自動車産業 - 推定によると、2022年の自動車(自動車を含む)全体の販売台数は7,800万台になると予想されている。
  • 新興技術への支出の急増 - 従来技術および新興技術に対する世界の消費者の支出は、2022年に5,000億米ドルに達すると推定される。

課題

  • 設計上の課題 - 優れたトランジスタ、優れた入出力整合回路、高直線性、適切なDCバイアス・ネットワーク、高ゲイン、低雑音指数、優れた安定性が同時に要求されるため。これらの設計パラメータはすべて重要で、困難で、コストがかかる。
  • 不要信号発生の可能性
  • 性能安定性への懸念

世界のローノイズアンプ(LNA)市場は、アプリケーション別にセルラーインフラ、ワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)、全地球測位システム(GPS)、ISMバンド、ブロードバンドにセグメント分けされ、需要と供給が分析されている。これらのセグメントの中で、セルラーインフラストラクチャセグメントは、2033年末までに最大の収益を獲得すると予測されている。これは、セルラーインフラストラクチャへの支出の増加と、世界的なLTE(Long Term Evolution)技術の利用の急増が背景にある。例えば、世界のプライベートLTE/5G無線インフラ収入は、2021年の17億米ドルから2026年には80億米ドル以上に達すると予想されている。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • アップル社、-比類のない音質、強化されたアクティブノイズキャンセレーション、ステムから直接メディア再生や音量調節ができるタッチコントロールを実現した第2世代AirPods Proを発表。
  • Skyworks Inc.は、車載、セルラーコンペンセータ、セルラーテレマティクス向けにSKYA21038、SKYA21039、SKYA21040、SKYA21041を発表しました。中でもSKYA21040は、単極3投(SP3T)スイッチとバイパスモード付きローノイズアンプ(LNA)を超小型パッケージに集積しています。

世界の低雑音アンプ市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Apple Inc.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Skyworks Solutions, Inc.
  • Analog Devices, Inc.
  • Panasonic Industry Co., Ltd.
  • WanTcom, Inc.
  • NXP Semiconductors N.V.
  • Infineon Technologies AG
  • DBwave Technologies LLC
  • Qorvo Inc.
  • Semiconductor Components Industries, LLC
  • Teledyne Technologies Incorporated