について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

ロイシン市場調査―供給源別(植物および動物)、アプリケーション別(食品添加物、調味料)、およびエンドユーザー別(食品および飲料、医薬品、農業および動物飼料、化粧品およびヘルスケア製品、その他)–世界の需要分析および機会の見通し2029年

RFP提出
レポート: 2847 | 公開日: June, 2023

ロイシンの紹介

ロイシンは必須アミノ酸の一種で、人間自身では生産できず、食事を通してのみ得ることができます。分岐鎖アミノ酸(BCAA)の一つであり、アミノ酸輸血や合成アミノ酸注射血糖降下剤や植物成長促進剤の調製に用いることができる。ロイシンは、エネルギーを高め、持久力を高めるために、スポーツ栄養や栄養補助食品の重要な成分として使用されています。それは筋肉の合成に非常に重要です。したがって、高強度の身体活動に従事し、低タンパク質食を得る人々は、ロイシンを栄養補助食品と見なします。ロイシンは、より迅速に分解および吸収されるため、他の分岐鎖アミノ酸よりも好ましいと考えられることが多い。

3D Ball and Stick Structure of Leucine

市場規模と予測

ボディビルダーやスポーツマンが筋肉の獲得に強力な効果のため、重い運動にふけるロイシンベースのサプリメントの要件の増加だけでなく、食品および製薬業界での食品添加物および潤滑剤としてのロイシンの適用は、それぞれ市場の成長を後押しすると予想される重要な要因の一部です。ロイシン市場は、予測期間、すなわち2021-2029年に大幅なCAGRを記録すると予想されています。市場はエンドユーザーによって、食品および飲料、製薬農業および動物飼料化粧品およびヘルスケア製品などにセグメント化されています。これらのセグメントの中で、必須タンパク質とアミノ酸を含む栄養製品と栄養補助食品の需要の継続的な増加により、食品および飲料のセグメントが市場でトップシェアを保持すると予想されています。 クリックしてサンプルレポートをダウンロード

エンドユーザー別ロイシン市場シェアセグメンテーション

成長の原動力

市場の成長を促進するための食品および製薬業界からのロイシンの需要の高まり

食品および飲料加工業界におけるロイシンの需要は、調味料および香味料食品の食品添加物としての大規模な用途のために、大幅に増加しています。さらに、糖レベルのバランスをとるのに役立つ薬物の製造における成分として製薬部門で広く使用されています。さらに、ロイシンの健康に有益な特性により、ロイシンの市場は革新的な製品オプションの数々で急速に拡大しています。このような要因により、世界のロイシン市場の成長が大幅に拡大することが期待されています。

市場の成長を促進するために、スポーツや身体トレーニング活動のためのサプリメントにロイシンのアプリケーションの増加

アミノ酸および栄養含有量の高い存在のために、ロイシンは、スポーツ選手のスポーツパフォーマンスを有意に改善し、トレーニング後の筋肉回復のために使用される。さらに、それはまた、タンパク質分解のエネルギー調節の減少および血糖値の制御のようないくつかの健康上の利点を提供する。スポーツ栄養ジャーナルの国際協会によると、必須アミノ酸と適切なロイシンの高い割合を含む急速に消化されたタンパク質は、筋肉タンパク質合成を刺激するのに最も効果的です。また、内臓脂肪を燃やすのに役立ち、同様に成長ホルモンの出力を向上させることができます.さらに医師は、通常、骨格皮膚および損傷した筋肉組織の治癒を改善するため、手術後にロイシンを塗布することを勧める。このような要因は、予測期間中に世界のロイシン市場の成長を促進すると予想されます。

拘束

市場の成長を妨げるロイシンの過剰摂取に関連する健康問題

ロイシンの使用が増加しているにもかかわらず、その過剰摂取は、慢性疲労や協調障害などの人間の健康にさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、今日では、慢性下痢などの健康問題を考慮して、将来の世界のロイシン市場の成長に悪影響を及ぼすことが予想される他の代替品を好む人もいます。

市場セグメンテーション

世界のロイシン市場に関する当社の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

出典別

  • 植物
  • 動物

アプリケーション別

  • 食品添加物
  • フレーバーエンハンサー

エンドユーザー別

  • 食品・飲料
  • 農業と動物飼料
  • 化粧品・ヘルスケア製品
  • 余人

地域別

地域分析に基づいて、ロイシン市場は北米ヨーロッパ、アジア太平洋ラテンアメリカ、中東&アフリカ地域を含む5つの主要地域に分かれています。北米におけるロイシン市場は、栄養補助食品やヘルスケア製品を製造するための地域の食品および飲料産業からのロイシンの需要が高まっているため、最大のシェアを占めると予想されています。一方、アジア太平洋地域の市場は、ロイシンを製造および販売する地域の主要な市場プレーヤーの存在の結果として、予測期間中に最も高い速度で成長すると予測されています。さらに、豊富な原材料とともに新技術が導入されるにつれて、アジア太平洋地域でのロイシンの需要をさらに高めることが予想される巨大な成長機会のために、中国や日本などの国々で特に事業拡大に熱心な企業

もいます。

世界のロイシン市場は、地域に基づいてさらに次のように分類されています。

  • 北米(米国およびカナダ)市場規模 前年比成長率と機会分析
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模 Y-O-Yの成長と機会分析
  • ヨーロッパ(イギリス ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベルギー オランダ & ルクセンブルク ノルディック ポーランド トルコ ロシア その他のヨーロッパ) 市場規模 前年比 成長と機会分析
  • アジア太平洋(中国 インド 日本 韓国 インドネシア マレーシア オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模 前年比成長と機会分析。
  • 中東・アフリカ(イスラエルGCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模:前年比成長と機会分析

市場を支配するトップ注目企業

  • Arla Foods Ingredients Group P/S
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品内容
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域での存在感
    • SWOT分析
  • Evonik Industries AG
  • Ajinomoto Co., Inc.
  • Kyowa Hakko Bio Co., Ltd.
  • Wuxi Jinghai Amino Acid Co., Ltd.
  • Luzhou Inc.
  • Baika Holdings Group Co., Ltd.
  • Jiahe Biotech
  • Viachem Inc.
  • AMINO GmbH 

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2017年9月7日: Arla Foods Components(AFI)とオーフス大学病院の研究者が実施した研究は、空腹時誘発異化状態時の筋肉喪失を防ぐために、ロイシンが豊富な乳清タンパク質が大豆タンパク質と比較して筋肉タンパク質の保存に優れていると結論付けました。

レポートで回答された主な質問

Ques: ロイシン市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: スポーツ、食品、製薬業界からのロイシンの需要の高まりは、市場の成長を牽引する主な要因の1つです。

Ques: 予測期間中にロイシン市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 市場は、予測期間、すなわち2021-2029年に大幅なCAGRを達成すると予想されています。

Ques: ロイシン市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Arla Foods Ingredients Group P/S、Evonik Industries AG、味の素株式会社、協和発酵バイオ株式会社、無錫Jinghai Amino Acid Co. Ltd.、Luzhou Inc.、Meihua Holdings Group Co. Ltd.などです。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業プロファイルは、セグメントから生み出された収益、収益創出能力を決定する会社の地理的プレゼンス、および会社が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: ロイシン市場の主要セグメントは何ですか?

Ans: ロイシン市場は、主に供給源、用途、エンドユーザー、地域によってセグメント化されています。

Ques: ロイシン市場におけるエンドユーザーセグメントの重要な成長指標は何ですか?

Ans: エンドユーザーセグメントのサブセグメントである食品および飲料セグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。


Ques: 市場の成長を抑制する要因は何ですか?

Ans: