について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場調査 ― タイプ別(リチウムイオン電池、フロー電池、鉛蓄電池、太陽電池)、アプリケーション別 ― 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5496 | 公開日: January, 2024

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場規模は、2036年末までに330億米ドルに達すると予想されています。2024 ― 2036 年の予測期間中に 9% の CAGR で成長します。 2023 年にインテリジェント エネルギー貯蔵システムの業界規模は 120 億米ドルを超えました。 電力網の老朽化と、より回復力があり効率的なエネルギー分配システムの必要性により、インテリジェントなエネルギー貯蔵の需要が高まっています。 これらのシステムは、電圧、周波数、および全体的なグリッドのパフォーマンスを安定させ、ピーク需要期間中の負担を軽減し、停電を防ぐことができます。 実施された調査によると、米国の送電網の 70% は使用後 25 年以上経過しており、交換が必要であることが判明しました。激しい嵐に弱いため、化石燃料をエネルギーとして利用するように建設された建物が増えています。

さらに、太陽光や風力などの再生可能エネルギー源の導入の増加により、エネルギー供給に変動が生じます。 2020 年に世界の発電量に占める再生可能エネルギーの割合は 29% に増加しました。 インテリジェントなエネルギー貯蔵システムは、生産のピーク時に余剰エネルギーを貯蔵し、低生産時に放出することで、安定した信頼性の高いエネルギー供給を保証します。


インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~9%

基準年市場規模(2023年)

120億米ドル

予測年市場規模(2036年)

330億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場の地域概要

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場 – 日本の展望

日本のインテリジェントエネルギー貯蔵システム市場は、予測期間中に大きな市場シェアを獲得すると推定されています。 特に 2011 年の福島事故後、この国は再生可能エネルギーに重点を置き、クリーン エネルギー ソリューションを支持する投資と政策を推進しました。 再生可能エネルギーは2021年までに日本の発電量の22.4%を占めると予想されています。原子力発電への依存を減らし、より持続可能なエネルギー源への移行を目指す日本の取り組みにより、インテリジェントなエネルギー貯蔵システムの導入が促進されています。 再生可能エネルギー設備や蓄電システムに対する補助金や奨励金などの政府の支援政策により、市場の拡大がさらに促進されました。

さらに、特に自然災害に直面した場合に、送電網の安定性と回復力に対する需要が高まっているため、送電網の信頼性を高めるためにこれらのシステムの導入が推進されています。 さらに、技術の進歩と業界関係者と研究機関との協力により、インテリジェントなエネルギー貯蔵ソリューションの効率と手頃な価格の向上に貢献してきました。そのために日本中の住宅、商業、産業用途にとってますます魅力的となっています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Intelligent Energy Storage System Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米のインテリジェントエネルギー貯蔵システム市場は、市場シェアの 42% を保持する勢いです。 エネルギー生成のダイナミクスの変化、特に太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源の統合の増加により、効率的なエネルギー貯蔵ソリューションの需要が高まっています。 この地域が送電網の近代化と異常気象に対する回復力を重視していることも、市場の拡大に貢献しています。 インセンティブ、税額控除、クリーン エネルギー技術を促進する政策を通じた政府の支援により、住宅、商業、産業分野にわたる導入が促進されています。 さらに、電気自動車(EV)の台頭により、スマート充電インフラの必要性が高まり、エネルギー貯蔵システムの需要がさらに高まっています。 統計によると、2022年には米国とカナダを含む北米でEVの販売が48%増加しました。 技術の進歩、バッテリー技術のコスト削減、革新的なグリッド管理ソリューションの出現により、市場は前進しています。 北米が持続可能なエネルギーの未来を追求し続ける中、インテリジェントなエネルギー貯蔵システムは、信頼性と回復力のある電力供給を確保する上で極めて重要な役割を果たしています。

アジア太平洋地域の市場統計

アジア太平洋地域のインテリジェントエネルギー貯蔵システム市場は、いくつかの要因により堅調な成長を遂げています。 中国、インド、日本、韓国、オーストラリアなどの国々で急速に進む都市化と相まって、急速な工業化によりエネルギー需要が増大しています。 この急増は、持続可能性と環境への関心の高まりと相まって、インテリジェントなエネルギー貯蔵システムの導入を促進しています。 クリーン エネルギーを促進する政府の取り組みや、補助金や奨励金などの有利な政策が市場の拡大をさらに推進しています。 さらに、この地域では太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源への傾向が高まっており、断続的なエネルギーを管理するための効率的なエネルギー貯蔵ソリューションの必要性が高まっています。 技術の進歩、エネルギー貯蔵コンポーネントのコスト削減、スマートグリッドインフラストラクチャの進歩も市場の成長に大きく貢献しています。 アジア太平洋地域の国々がエネルギー安全保障と送電網の安定性を優先する中、インテリジェントなエネルギー貯蔵システムは、より持続可能なエネルギー情勢を形成する上で役割を果たし続けています。

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場のセグメンテーション

タイプ別(リチウムイオン電池、フロー電池、鉛蓄電池、太陽電池)

リチウムイオン電池セグメントは、世界市場の 44% を占め、最大市場のシェアを保持すると推定されています。 太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギー源の利用が増加しています。これは本質的に断続的である可能性があり、グリッドアプリケーションでは信頼性の高いバックアップ電源が必要です。 リチウムイオン電池は、エネルギー密度が高く、サイクル寿命が長く、急速充電機能があるため、エネルギー貯蔵システムの一般的な選択肢として浮上しています。

アプリケーション別 (産業用エネルギー、商業用エネルギー、住宅用エネルギー、グリッドスケールのエネルギー)

産業用エネルギーセグメントが市場シェアの大部分を獲得すると予想されます。 産業がエネルギーコストを管理し、運用を最適化し、送電網の安定性を高めるために、エネルギーの柔軟性がますます必要になっています。 企業は、産業用エネルギー貯蔵システムのおかげで、需要が低いときに余剰エネルギーを貯蔵し、需要が高いときにそれを配備することで、エネルギー効率を最大化し、送電網への依存度を減らすことができます。 さらに、負荷シフト (需要と価格のピーク時から需要と価格の低下時までエネルギー消費を変更する実践) は、エネルギーの柔軟性によって可能になります。 企業は、使用時間料金を利用し、エネルギー使用量を積極的に規制することでピーク需要料金を回避することで、電気コストを削減できます。

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

タイプ別

  • リチウムイオン電池
  • フロー電池
  • 鉛蓄電池
  • 太陽電池

アプリケーション別

  • 産業用エネルギー
  • 商業用エネルギー
  • 住宅用エネルギー
  • グリッドスケールのエネルギー


growth-drivers

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場:成長要因と課題

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場の成長要因ー

  • 電気自動車の普及拡大 - 電気自動車の急速な成長により、充電インフラ用の効率的なエネルギー貯蔵ソリューションの需要が増加しています。 推定によると、総販売台数に占める電気自動車の割合は、2020 ― 2022 年の間に約 4% から 14% へと 3 倍以上増加しました。インテリジェントな蓄電システムは電力需要を管理し、急速充電機能を提供することで、EV の普及をサポートします。
  • コスト削減と効率 - 技術の進歩と規模の経済により、エネルギー貯蔵システムのコストは低下しています。 インテリジェント システムは効率が向上しており、より優れたエネルギー管理、最適な使用法、および長寿命を実現しており、さまざまな業界にとって魅力的なものになっています。
  • 政府の取り組みと政策 - クリーン エネルギーと貯蔵システムの使用を促進する政府の支援政策、補助金、奨励金は、市場の成長を促進する上で極めて重要な役割を果たします。 これらの政策は、インテリジェントなエネルギー貯蔵ソリューションの研究、開発、導入への投資を奨励します。
  • エネルギー需要管理の強化 - エネルギー変換と需要側管理への注目が高まる中、インテリジェントなエネルギー貯蔵システムはエネルギー使用の最適化に役立ちます。 これにより、ユーザーはオフピーク時間の安い時間帯にエネルギーを蓄え、需要のピーク時に使用することができるため、全体的なエネルギーコストが削減されます。

当社のインテリジェントエネルギー貯蔵システム市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 標準化の欠如 - 業界が急速に進化するにつれ、エネルギー貯蔵システムの効率、容量、安全性を向上させるための技術進歩が継続的に必要とされています。 ただし、この急速な進化により、さまざまな製品やメーカー間で標準化されたプロトコルやテクノロジーが不足することがよくあります。 この標準化の欠如は相互運用性に課題をもたらし、さまざまなシステムのシームレスな通信や統合が困難になります。 互換性の問題が発生し、システムの最適化、スケーラビリティ、および全体的なパフォーマンスの可能性が制限される可能性があります。 さらに、統一基準がないことにより、消費者や企業の間で不確実性が生じ、広範な導入や投資が妨げられる可能性があります。
  • AESS の設置に伴う多額の資本投資により、顧客ベースの成長が制限され、市場の成長が鈍化します。
  • 他の同様市場との競争が市場の成長を制限する要因になります。

inside-report-bg
Intelligent Energy Storage System Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 202312 - ABBと重力エネルギー貯蔵を専門とする英国に本拠を置く企業グラビトリシティは、ホイストの知識と技術が廃鉱山での重力エネルギー貯蔵システムの構築と設置をどのように促進できるかを調査する契約を締結しました。
  • 2021 2 - インテリジェントで健康的で環境に優しい建築ソリューションの世界的リーダーであるジョンソンコントロールズは、リチウムイオンリスク防止システムのリリースを発表しました。 このシステムの設計は、リチウムイオンエネルギー貯蔵システム (ESS) や、データセンターや製造工場の UPS システムなどの他のリチウムイオン電池を使用するアプリケーションに対して、早期警告バッテリー障害検出を提供することを目的としています。
  • 2022 5 - 柔軟でスケーラブルなキャビネット設計でリチウムチタン酸化物 (LTO) バッテリー化学の信頼性を提供する東芝 125VDC SCiB エネルギー貯蔵システム (ESS) が、東芝インターナショナル コーポレーション (TIC) によって導入されました。 東芝の 125VDC SCiB ESS キャビネットは、石油、ガス、石油化学の 125VDC スタンドアロン分散制御システム (DCS)、125VDC バッテリを備えた産業用 UPS システム、125VDC 制御電源を備えたユーティリティ開閉装置などの市場向けに、環境的に堅牢なエネルギー貯蔵ソリューションを提供します。
  • 20238 - Tokyu Land Corporation、PowerX Inc.、Shizen Energy Inc.は、新たなプロジェクトに協力するため、伊藤忠商事株式会社とパートナーシップ契約を締結しました。埼玉県東松山市のTENOHA東松山におけるTLCの系統規模蓄電プラント向け蓄電池システムの供給(以下「本事業」といいます。) 今世代の蓄電プラント会社では、伊藤忠商事が出資するPowerX社が製造する日本製の蓄電バレルを蓄電池システムに初めて活用します。

インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場を支配する注目の企業

top-features
  • ABB
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • NEC Corporation
  • dSPACE GmbH
  • KORE Power, Inc. 
  • ITOCHU Corporation
  • TOSHIBA CORPORATION Johnson Controls
  • Eos Energy Enterprises
  • Electrovaya
  • BSLBATT 
  • Bloom Energy.
  • Wärtsilä  
  • Beacon Power, LLC
  • CODA Energy
  •  Amperehour Solar Technology Pvt. Ltd

レポートで回答された主な質問

Ques: インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 電力網の老朽化、電気自動車の普及、再生可能エネルギーの導入増加、政府の支援政策などが、市場成長の主な推進要因となっています。

Ques: 予測期間中にインテリジェントエネルギー貯蔵システム市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 9% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス機会がもたらされると予想されています。

Ques: インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Johnson Controls、Eos Energy Enterprises、Electrovaya、BSLBATT、Bloom Energy、Wärtsilä、Beacon Power, LLC、CODA Energy、Amperehour Solar Technology Pvt. Ltd.、NEC Corporation です。

Ques: インテリジェントエネルギー貯蔵システム市場のタイプセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: リチウムイオン電池セグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。