について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

食品包装市場調査の素材別(プラスチック、ガラス、金属、紙・板紙、木材)、タイプ別(フレキシブル、リジッド、セミリジッド)、用途別(乳製品、調理済み食品、ベーカリー・菓子、果物・野菜、シーフード、肉・鶏肉、ソース・ドレッシング・調味料、その他)分析 - 世界の需給分析と機会展望2023-2033年

RFP提出
レポート: 4448 | 公開日: January, 2023

食品包装市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

食品包装の世界市場は、2023年から2033年までの予測期間において、年平均成長率10%で推移し、2033年末までに5,600億ドルの収益を獲得すると予測されます。また、2022年の同市場の売上高は3,200億米ドルでした。市場の成長は主に、世界的に変化する人々のライフスタイル、およびパッケージ化された加工食品への嗜好の高まりに起因しています。例えば、超加工食品の世界的な消費量は非常に増加しています。これらの食品は、現在、人が1日に必要とするエネルギーの27〜62%を占めています。

食品包装は、食品を新鮮に保ち、本来の風味や品質を損なうことなく目的地に届けるために重要な役割を担っています。食品を汚染物質や湿気から守り、こぼしやいたずらから守り、製品の形状や品質を維持するのに役立ちます。また、栄養価や賞味期限、価格、原産国などの情報を伝える手段としても重要性が増しています。さらに、パッケージは小売業者がより多くの顧客を惹きつけるために使用する現代的なマーケティングツールとしての役割も果たしています。処理後の食品の品質包装を必要とする新規かつ効率的な食品加工技術の上昇カウントは、予測期間にわたって食品包装市場の需要を煽っています。例えば、食品加工のためのナノテクノロジーの概念は、動物性および植物性製品の両方における着色料、センサー、フレーバー、添加物、保存料、食品サプリメントの加工と調合のための扉を開いた(ナノカプセル化およびナノエマルジョン)。ナノ材料は、さまざまなソース、飲料、油、ジュースにおいて、さまざまな電気化学的および光学的特性を実証しています。ユニークな特性は、食材やサプリメントとして食品加工の分野で優れた品質を実証しています。酸化マグネシウムや二酸化ケイ素などの酸化物化学物質は、食品の風味付けや着色、焼成を行うことができます。二酸化チタンは、ガム、ソース、ケーキの成分としての使用も承認されています。                                                 


食品包装市場 : 主な洞察

基準年

2022

予測年

2023-2033

CAGR

~10%

基準年の市場規模(2022年)

 ~ 3,200億米ドル

予測年市場規模(2033年)

~ 5,600億米ドル

食品包装の世界市場の地域別あらすじ

地域的には、世界の食品包装市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域を含む5つの主要地域に調査されています。これらの市場のうち、アジア太平洋地域の市場は、都市人口の増加、包装食品需要の増加、オンライン食品注文の増加、同地域の可処分所得の増加などを背景に、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されます。世界銀行のデータによると、2021年には東アジア・太平洋地域の都市人口の比率は61%に達します。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Food-Packaging-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

食品包装の世界市場は、さらに地域別に以下のように分類されています。

  • 北米(アメリカ、カナダ) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米諸国) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • 欧州(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他の欧州)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーズ分析 & 機会展望
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析&機会損失見通し
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、市場機会の展望

世界の食品包装市場の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

素材別

  • プラスチック
  • ガラス
  • 金属
  • 紙・板紙
  • 木材

タイプ別

  • フレキシブル
  • 硬質
  • セミリジッド

アプリケーション別

  • 乳製品
  • 調理済み食品
  • ベーカリー&コンフェクショナリー
  • 果物・野菜
  • シーフード
  • 肉・鶏肉
  • ソース
  • ドレッシング・調味料
  • その他


growth-drivers

世界の食品包装市場。成長の原動力と課題

成長ドライバー

  • オンラインフードデリバリーのトレンドの急上昇 - 2020年以降、フードデリバリーのトレンドは大きく後押しされました。人々は、忙しいライフスタイルの結果として、そして社会的な距離を保つために、オンライン食品を注文する傾向にあります。また、フードデリバリーアプリの導入により、好きな食べ物を手に入れるプロセスが加速し、簡素化された。このような要因が、予測期間中の食品包装市場の需要を牽引しています。例えば、2022年、オンライン食品配達セグメントの世界収益は、約3240億米ドルに成長すると予想されます。
  • 乳製品産業の成長 - 例えば、インドの組織化された乳製品産業は、2022年末までに約11%の収益成長を目撃すると予測されています。
  • 食料品のオンラインショッピングの世界的な傾向の高まり - 調査によると、ヨーロッパの約29%が食料品を購入する際にオンラインを選択することが好ましいとされています。
  • 労働人口の増加 - 例えば、全世界の雇用者数は、2019年に約30億人に達しました。
  • 都市化の進展 - 世界銀行によると、現在、世界人口の50%以上が都市に居住しています。都市部に住む人の数は、2045年までに2倍以上の60億人に増加すると推測されています。

課題

  • 原材料のコスト上昇
  • 食品包装技術の急速な変化
  • 熟練工の不足

食品包装の世界市場は、プラスチック、ガラス、金属、紙・板紙、木材に素材別に需要・供給が区分され分析されています。このうち、プラスチックは容器、ラップ、パウチ、タブなど幅広い用途で使用されていることから、予測期間中に大きな成長が見込まれています。さらに、柔軟性、こぼれにくさ、費用対効果、軽量性などの特徴が、プラスチックが食品包装に最も好まれる材料であることを物語っています。米国環境保護庁(EPA)によると、2018年には1,450万トンのパッケージングとプラスチック容器が製造されました。

inside-report-bg
Food-Packaging-Market-Size
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Mondi plcは、Heiber + Schröderと提携し、eCommerce業務用のEnvelopeMailerの梱包を自動化する自動梱包機eComPackを発売しました。
  • 株式会社ベリーグローバルは、タコベル社と共同で、消費者使用済みプラスチックを使用したプラスチックカップの製造に向けた取り組みを開始しました。タコベルは、2022年後半に米国の一部のレストランで新しい透明なポリプロピレン(PP)カップのテストを行う予定です。

世界の食品包装市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Sealed Air Co., Ltd.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Sonoko Products Company 
  • Mondi PLC
  • Berry Global
  • DS Smith Plc
  • Genpack LLC 
  • Graham Packaging Company, LP
  • Pakchibu LLC
  • International Paper Company 
  • Winpac Limited