について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

ヘルスケア向けフレキシブルパッケージ市場調査の分析:素材別(紙、プラスチック、アルミニウム、バイオプラスチック、その他)、製品別(ハイバリアフィルム、ラップ、シール、バッグ&パウチ、蓋&ラベル、その他)、エンドユーザー別(医療機器、医薬品、受託包装、インプラント製造、その他)-世界の需要と供給分析&機会展望2023〜2033年

RFP提出
レポート: 4583 | 公開日: November, 2022

ヘルスケア向けフレキシブルパッケージ市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

医療用フレキシブル包装の世界市場は、予測期間である2023年から2033年にかけて年平均成長率(CAGR)〜7%で成長し、2033年末までに〜250億米ドルの収益を獲得すると推定されます。また、2022年の同市場の売上高は1,500万米ドルでした。市場の成長は、主に世界中の一人当たりの健康支出の上昇に説明することができます。世界銀行が提供するデータに従って、世界の健康支出は2019年に1,121.9米ドルに達すると推定されました。 

錠剤やカプセルの販売量の急増、医薬品や薬剤の開発に対する政府の取り組みの高まりなど、世界のヘルスケア用フレキシブル包装市場の動向は、予測期間中に市場の成長にプラスの影響を与えると予測されています。例えば、タブレットのセグメントは、2018年に約550億米ドルの総量に達すると予測されている一方で、2022年には、世界中の錠剤の出荷がほぼ4000万台を記録しました。また、段ボールの生産量の増加は、さらに予測期間にわたって市場の成長を高めると予想されます。2020年時点で、段ボールの生産量は約1億7000万トンに達すると予想されています。したがって、これらのすべての要因は、予測期間にわたって市場の成長を高めると推定されます。


ヘルスケア向けフレキシブルパッケージ市場 : 主な洞察

基準年

2022

予測年

2023-2033

CAGR

~7%

基準年の市場規模(2022年)

~150億米ドル

予測年市場規模(2033年)

~250億米ドル

医療用フレキシブル包装の世界市場地域別概要

地域別では、ヘルスケア向けフレキシブルパッケージングの世界市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域など5つの主要地域に分けて調査されています。このうち、アジア太平洋地域の市場は、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されています。同市場の成長は、同地域における1人当たりの医療費増加、人口増加、可処分所得の増加などに起因しています。例えば、一人当たりの総医療費(USD)は、2019年に中国で約500、インドで60,00、インドネシアで100、日本で4,000、その他に達しています。したがって、そのような要因は、予測期間中に市場の成長を高めると推定されます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Flexible-Packaging-Paper-Market-Scope

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

医療用フレキシブル包装の世界市場は、さらに地域別に以下のように分類されています。

  • 北米(アメリカ、カナダ) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米諸国) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長率、マーケットプレイヤーズ分析、市場機会の展望
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会損失見通し
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、市場機会の展望

世界のヘルスケア向けフレキシブルパッケージング市場の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

素材別

  • プラスチック
  • アルミニウム
  • バイオプラスチック
  • その他

製品別

  • ハイバリアフィルム
  • ラップ
  • シール
  • バッグ&パウチ
  • 蓋・ラベル
  • その他

エンドユーザー別

  • 医療機器
  • 医薬品
  • 受託包装
  • インプラント製造
  • その他


growth-drivers

ヘルスケア向けフレキシブルパッケージングの世界市場 成長の原動力と課題

成長ドライバー

  • 絶え間なく発展する製薬業界2021年、世界の製薬業界は1兆5千億米ドルの総収入を生み出すと推定されています。
  • 医薬品業界は、医薬品が腐敗するのを防ぐために使用されるため、フレキシブル包装の大きな需要があります。一般的な例としては、カプセル、錠剤、粉末などがあります。軟包装は、特定の製品を充填することで、どんな形にもすることができます。真空パウチ、ジップロック、ラミネートチューブなどがあります。
  • 世界的に拡大する医薬品への支出 2021年現在、世界では医薬品に1兆5,000億ドル近くが費やされていると推定され、2010年の約8,500億ドルから増加傾向にあります。
  • インプラントの需要増加例えば、インプラントの世界市場は、2023年までに約1,000億ドルに達すると予測されています。
  • 医療機器製造の増加整形外科機器分野は、2027年までに約500億米ドルに達すると予測されています。

課題

  • 認知度や必要な人材が不足している
  • 高額な初期投資の必要性
  • COVID-19によるサプライチェーンの衰退

ヘルスケア向けフレキシブルパッケージングの世界市場は、エンドユーザー別に医療機器、医薬品、受託包装、インプラント製造、その他に需要と供給をセグメント化して分析されており、このうち医薬品セグメントが予測期間中に顕著な成長を見せると予測されている。このセグメントの成長は、製薬業界におけるフレキシブルパッケージングの高い需要に起因していると考えられる。例えば、2021年には、製薬業界は1.5兆米ドルの総収入をタッチオフすると推定されています。

inside-report-bg
Flexible-Packaging-Paper-Market-Growth
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Huhtamäki Oyj、リサイクル可能でサステイナブルなアイスクリームパッケージ「ICON」を発表。このパッケージシステムは米国で発売され、95%がバイオベース材料で製造されています。
  • Mondi plc、オーストリアのベーコンメーカーHandl Tyrol社と提携し、ベーコン用の革新的なモノマテリアルポリプロピレン(PP)バリアパッケージングソリューションを提供。真空包装を行うことで食品廃棄物を防ぐことができるため、さらに活用されている。

ヘルスケア用フレキシブル包装の世界市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Gerresheimer AG

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Bemis Manufacturing Company
  • CCL Industries Inc.
  • Westrock 
  • Futamaki 
  • Datweiler Holdings 
  • Mondi PLC 
  • Becton Dickinson & Company 
  • Amco plc Sealed Air Co., Ltd.