report-banner

フェンシング市場調査 - 材質別(金属、木材、プラスチック、コンクリート)、アプリケーション別(住宅、農業、工業)、流通チャネル別(小売、オンライン)、設置別(請負業者、DIY)、エンドユーザー別(住宅、軍事・防衛、鉱業、エネルギー・電力、輸送、政府、農業、石油・化学)– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 6087 | 公開日: June, 2024

フェンシング市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

フェンス市場規模は2023年に290億米ドルを超え、2036年末までに600億米ドルに達すると推定されており、2024―2036年の予測期間中に6.3%のCAGRで成長しています。2024年にフェンス市場の業界規模は308億米ドルがありました。

新しい建設スペースを保護し、安全に保つためのフェンスソリューションの需要が高まっているため、建設と不動産への投資が増加し、市場が拡大しています。グローバルインフラストラクチャハブ2023のレポートによると、G20政府の約42%が2022年にインフラストラクチャ、輸送など、いくつかのセクターに投資しました。

さらに、世界的な経済活動の影響により、小規模から大規模までの企業や組織の数が増加しています。これにより、ビジネス、機器、リソースを保護するための施設のセキュリティと保護の必要性が高まっています。


フェンシング市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~6.3%

基準年市場規模(2023年)

290憶米ドル

予測年市場規模(2036年)

600憶米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

フェンシング市場の地域概要

フェンシング市場:日本の展望

日本のフェンス市場は、急速な都市化と人口増加により、2024―2036年の予測期間中に非常に大きなシェアを占めると予想されています。日本は世界で最も都市化が進んでいる国の一つであり、人口の半分以上が都市に住んでいます。これにより、効果的な空間管理、製造、建設の必要性が高まり、空間を区切って境界を確立するためのフェンスの需要が見込まれています。あるレポートによると、日本の都市化の度合いは過去10年間で約91.9%に増加すると予想されています。

さらに、住宅所有者や産業家によるフェンスの採用率の高さとともに、技術の進歩が継続的に増加しています。日本の高齢化がますます進んでいることも、フェンス業界の原動力となっているため、この市場の成長に重要な要因となっています。人々の安心感と意識の高まりが、保護ソリューションの需要を促進しています。

この分野への研究開発投資と相まって、日本の技術はフェンス業界を直接的に強化します。フェンス部門は成長が見込まれており、この支援的な規制環境はイノベーションと市場拡大を促進します。日本の消費者はフェンスとそのサービスに非常に興味を持っており、この市場規模の拡大に好ましい環境を作り出しています。この消費者の関心の高まりが、フェンス市場の成長と機会を促進します。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Fencing Market Overview

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場統計

北米地域のフェンス市場は、2036年末までに約46%のシェアを占めると予想されています。農業および関連産業、軍事部門、その他のいくつかの部門など、いくつかの業界でフェンスが必要であるため、この地域の市場収益シェアは政府の貢献によっても期待されています。この需要のため、彼らはこの業界の発展に取り組んでいます。

消費者の意識が高まり、安心感が高まっているため、米国には50,000を超える請負業者がいます。レポートによると、米国のフェンス建設は2018―2023年に毎年2.3%増加しています。現在の住宅プロジェクトとインフラストラクチャの改善にはフェンスが関係しており、美しく機能的なフェンスは、この地域のフェンス市場の需要を刺激しています。

アジア太平洋地域市場分析

アジア太平洋地域は、予測期間中に大幅な CAGR でフェンス市場の大幅な成長を遂げ、住宅部門と非住宅部門の両方の顧客にサービスを提供し続けることで、より速いペースで影響を与えると予測されているため、2 位の地位を維持します。安全性が向上するだけでなく、不動産価値が 3 ― 6% 向上します。さらに、木材、プラスチック、複合材、コンクリートなど、さまざまな種類のフェンスの採用が増加しています。

中国政府も、さまざまなプロジェクトにメーカーを任命して実地経験を積み、世界中の観客を引き付けることで貢献しています。中国国家統計局のレポートによると、54百万人以上の農村移民労働者が建設業界で働くよう割り当てられています。DIY オプションもこの地域で人気が高まっており、フェンス市場は急速に成長しています。

フェンシング市場のセグメンテーション

材質別(金属、木材、プラスチック、コンクリート)

金属セグメントは、2036 年までに約 37% という最大の収益シェアを獲得すると予測されています。このセグメントの成長率は、その高い耐久性と弾力性に起因しています。鋼、アルミニウム、チタンなどの金属は、耐久性があり、弾力性が高く、摩耗やその他のさまざまな損傷に対して優れた保護機能を備えていると考えられているためです。これらの特性により、これらの金属で作られたフェンスは、長期間にわたって強度と効果を維持できます。あるレポートによると、インフラ建設における全体的な鉄鋼消費量は約 60―65% です。さらに、金属は腐食や酸化に対する耐性も高く、表面の錆やその他の劣化の蓄積を防ぎます。これにより、金属で作られたフェンス ソリューションの長期的な効果とパフォーマンスが保証されます。

さらに、金属は掃除が簡単で、最小限の労力で済み、必要に応じて簡単に修理できるため、メンテナンスの手間がかかりません。金属は、長期間にわたって構造と性能を維持でき、長期間にわたってわずかな修理とメンテナンスのみを必要とします。このような要因により、金属はフェンス材料として魅力的な選択肢となり、フェンス市場での成長に貢献しています。

アプリケーション別(住宅、農業、工業)

住宅セグメントはまもなく大きなシェアを獲得する見込みで、フェンス分野の用途で引き続き2番目に大きな部門であり続ける可能性が高い。これは、フェンスが住宅地域のセキュリティと保護を向上させる最も効果的なツールの1つであり、潜在的な侵入者に対する物理的な障壁を提供し、私有空間への不正アクセスを阻止するからであます。あるレポートによると、住宅不動産市場の収益は近い将来、約5.1%のCAGRで成長すると予想されています。

フェンスは、美的価値を提供し、空間の視覚的な魅力を向上させるため、住宅地域の重要なデザイン要素にもなっています。これにより、住宅所有者のフェンスの需要が高まり、フェンスの市場価値の増加に貢献しています。

設置別(請負業者、DIY)

今後数年間、DIY セグメントは最も急速に成長するセグメントになると予想されています。フェンスは、消費者が自分の好みや要件に応じて、簡単に効果的に設置できます。請負業者は、通常顧客が知ることが難しい材料処理能力についても知識を持っています。

フェンシング市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

材質別

  • 金属
  • 木材
  • プラスチック
  • コンクリート

アプリケーション別

  • 住宅
  • 農業
  • 工業

設置別

  • 請負業者
  • DIY

エンドユーザー別

  • 住宅
  • 軍事・防衛
  • 鉱業
  • エネルギー・電力
  • 輸送
  • 政府
  • 農業
  • 石油・化学


growth-drivers

フェンシング市場:成長要因と課題

フェンシング市場の成長要因ー

  • 都市化の進展と土地不足の拡大 - 都市化はフェンス業界にとって大きな原動力の一つと考えられてきました。人口密度の高まりと土地の有効活用の必要性の高まりにより、フェンスソリューションの需要が大幅に増加すると予想されています。これは、フェンスが空間を区切って境界を確立する便利な方法を提供するためです。あるレポートによると、2020年には世界の人口の約44%が都市に住み、約43%が郊外や町に住み、約13%が農村部に住んでいます。さらに、都市化により美観とデザインへの注目も高まり、機能的であるだけでなく見た目にも美しいフェンスソリューションに対する市場の需要が急増しています。
  • 安全性とセキュリティへの重点の高まり - 犯罪の発生率の増加により、都市や多くのコミュニティの安全性に対する懸念が高まり、公共スペース、住宅地、企業の人々の安全とセキュリティを確保するためのフェンスやその他の障壁を含む安全対策の需要が急増しています。あるレポートによると、2020年に世界犯罪統計率は約5.61で、2019年には約0.74%がありました。

フェンス部門は、潜在的な犯罪者を最小限に抑えながら障壁として機能し、視覚的な保護を提供することで、安全で安心な環境を提供することにも貢献しています。

  • 防衛システムの必要性の高まり - 防衛システム、特にミサイルシールドと防空システムの必要性の高まりにより、それらのシステムを保護するためのフェンスの需要が急増しています。さらに、国境の脅威とセキュリティに対する懸念が高まっていることと相まって、潜在的な侵略者に対する障壁を提供しながら、フェンス部門の需要が大幅に増加しました。あるレポートによると、ホームセキュリティシステムの予測市場シェアは2039年までに1060億を超え、CAGRは約8.5%です。
     

当社のフェンシング市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 用途が限られている - フェンス業界は、オープンスペース、中庭など、平らな表面があるエリアでのみ使用および設置できます。フェンスは、デザインや高さのせいで適応性が限られており、地理的制限や規制遵守によって制限され推進されることがよくあります。これにより、フェンス業界の推定成長が制限され、それが今度は景観の成長の抑制要因となる可能性があります。フェンスシステムは可視性もないため、特定の状況ではその有効性と抑止要因が制限されます。
  • フェンスソリューションの設置には高額な費用がかかる可能性があり、その後はメンテナンスとアップグレードに関連する費用も高額です。フェンスの耐久性は限られており、長期間にわたって効果を維持するには頻繁なメンテナンスが必要なため、これは国内および国際間の障壁を取り除くために必要です。

inside-report-bg
Fencing Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Bekaert - トンネル工事における新しい繊維強化コンクリート (FRC) を発表しました。これは、コスト効率を大幅に向上させると同時に、生産時間を短縮します。これらの FRC は軽量で、取り扱いが簡単です。
  • Ply Gem - プライ ジェム マスチック サイディングと付属品のプロモーションのために、デイブとジェニー マーズとの提携を発表しました。デイブとジェニーは、建築契約、改修、改造のアイデアを扱うトップ クラスのエキスパートです。
  • Omakase Corp. - 天然木とリサイクル材料を使用した、環境に優しく持続可能なフェンスの新シリーズを日本市場向けに発売しました。
  • Yamato Steel Co. Ltd. - 強度と耐久性を最大限に高めるために超高周波溶接技術を使用して作られた、新しいスチールフェンスのシリーズを日本市場に導入しました。

フェンシング市場を支配する注目の企業

top-features

フェンス市場に関連する企業のほとんどは、この市場の成長のために継続的に協力し、拡大し、契約を結び、ベンチャーに参加しており、この分野で主要なキープレーヤーであると推定されています。

  • Jerith Manufacturing
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Nagaokameichiku
  • Sanko Ltd.
  • Omakese
  • Nippon Paper Lumber
  • Itochu Corp.
  • Yamato Steel Co. Ltd.
  • Allied Tube & Conduit
  • Ameristar Fence Products Incorporated
  • The American Fence Company
  • Associated Materials LLC
  • Bekaert
  • Beta fence NV
  • CertainTeed Corporation
  • Ply Gem
  • Long Fence Company Inc.

レポートで回答された主な質問

Ques: 将来、フェンシング市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の状況は、2036年末までに約46%の最大の市場シェアを占めると推定されています。

Ques: フェンシング市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Nagaokameichiku、 Sanko Ltd.、 Omakese、 Nippon Paper Lumber、 Itochu Corp.、 Yamato Steel Co. Ltd.などです。

Ques: フェンス市場の世界的な見通しは?

Ans: フェンス市場市場規模は、2024―2036年の予測期間中に6.3%のCAGRで拡大し、2036年末までに600億米ドルを超えると予測されています。

Ques: 日本のフェンス産業はどのくらいの規模ですか?

Ans: 日本の都市化度は過去10年間で約91.9%に増加すると見込まれており、急速な都市化により、予測期間中に日本は著しい成長を示しています。


Ques: 日本のフェンス業界の最新のトレンド/進歩は何ですか?

Ans: Yamato Steel Co. Ltd.は、強度と耐久性を最大限に高めるために超高周波溶接技術を使用して作られたスチールフェンスを導入しました。