について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

エチルアミン市場調査―用途別(抑制剤、触媒、硬化剤、凝集防止剤)、エンドユーザー別 (農業、医薬品、プラスチック、塗料およびワニッシュ)、増粘剤別― 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5478 | 公開日: January, 2024

世界のエチルアミン市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

エチルアミン市場規模は、2036年末までに38億米ドルに達すると予想されており、2024ー2036年の予測期間中に5%のCAGRで成長します。 2023 年のエチルアミンの業界規模は 21 億米ドルを超えました。エチルアミンは、殺虫剤、ゴム用化学薬品、医薬品の製造において極めて重要です。 その重要性は、これらの多様な化合物の基礎元素であることにあります。 これらの最終製品に対する需要の高まりは、エチルアミン市場の拡大を直接推進します。 エチルアミンはそれらの生産における主要な構成要素として機能するため、殺虫剤、ゴム関連化学薬品、または医薬品の需要が増加すると、エチルアミンの必要性が増大します。 世界で約 18 億人が農業に従事していると推定されており、この人口の大部分が農薬を使用して食料品や商品を保護しています。 エチルアミンと最終製品の間のこの相互依存関係は、エチルアミン市場の継続的な成長と維持の促進に貢献します。

さらに、エチルアミン誘導体は繊維産業で染色や仕上げプロセスなどの用途に利用され、生地に特定の特性を与え、その性能を高めます。 たとえば、綿を無水エチルアミンで処理すると、通常に比べて素材の光沢が長く保たれます。 これにより、繊維産業におけるエチルアミンの使用が飛躍的に増加し、市場の成長を推進しました。


エチルアミン市場: 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

約 5%

基準年市場規模(2023年)

約21憶米ドル

予測年市場規模(2036年)

約38憶米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

エチルアミン市場の地域概要

エチルアミン市場 – 日本の見通し

日本のエチルアミン市場は、予測期間中に有利な市場成長を目撃する予定です。 2020 年の日本のエチレン市場は、安定しつつも緩やかな成長軌道を記録しました。 エチルアミンの需要は主に、エチルアミンが殺虫剤、医薬品、ゴム用化学薬品などのさまざまな化学物質の製造に不可欠な成分として機能する国の堅固な化学産業から生じました。 RNPLのアナリストが分析したところによると、2021年には約90億ドルが化学分野に投資され、日本の厳格な規制と化学製造における技術進歩の重視がエチルアミン市場の着実かつ制御された拡大に貢献しました。

さらに、市場では、環境への影響を削減するという日本の取り組みに沿って、持続可能な慣行や環境に優しい生産方法への動きが見られました。 さらに、新しい自動車法や規制により、日本におけるエチルアミンの必要性が高まることが予想されます。 この分野ではエチルアミンがガソリン添加剤として使用されているため、エチルアミンの需要が増加すると予想されます。 自動車分野での塗料や潤滑剤の使用が増えるにつれ、エチルアミンの世界的な需要は増加すると予想されています。 また、国内で進行中の研究開発イニシアチブでは、エチルアミンの革新的な用途と誘導体が探求されています。 この新たな用途と製品開発の探求により、エチルアミンの市場可能性が拡大し、従来の分野を超えてその用途が多様化し、市場の持続的な成長が促進されました。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Ethylamine Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場予測

北米は世界市場の 45% に相当する最大の市場シェアを保持すると予想されます。 この地域は、いくつかの産業における多様な用途により、着実な成長を遂げています。 この地域の堅調な化学製造部門が主な原動力となっており、除草剤、殺虫剤、医薬品などのさまざまな化合物の生産にエチルアミンが利用されています。 現在、米国ではエチルアミンが年間 22 ― 106 ポンドという大量に生産されています。 さらに、米国とカナダでの農業活動の拡大は、特に作物強化のための農業部門におけるエチルアミンベースの製品の需要の増加に大きく貢献しています。

APAC市場統計

アジア太平洋地域のエチルアミン市場も、2036 年までに大きな市場シェアを獲得すると予想されています。この地域では、いくつかの要因によりエチルアミンの需要が急増しています。 特に中国やインドなどの国々における急速な工業化は、エチルアミン市場の成長を大きく推進しました。 この地域の旺盛な農業活動は、エチルアミン由来の殺虫剤や除草剤の使用を必要とし、需要の増加に大きく貢献しています。 さらに、アジア太平洋地域全体で製薬および化学部門が繁栄しているため、医薬品やさまざまな化合物を含むエチルアミンベースの製品の市場が強化されています。

エチルアミン市場のセグメンテーション

エンドユーザー別 (農業、医薬品、プラスチック、塗料およびワニッシュ)

農業セグメントは最大の市場セグメントを占め、世界市場の 38% を占めると推定されています。 エチルアミンは、さまざまな作物保護製品の製造に使用されているだけでなく、アトラジンなどの幅広い農薬への拡張にも使用されています。 2020年、ブラジルにおける除草剤アトラジンの売上は前年比40%以上増加し、有効成分3332万トンに達しました。 さらに、エチルアミンは、シアナジンやシマジンなどの一部の除草剤の製造原料としても使用されます。 エチルアミンの役割は、他の化合物と結合して害虫、雑草、または植物の病気を標的とする有効成分を形成する能力にあり、それによって作物の保護と農業生産性の向上に役立ちます。 エチルアミンに由来するこれらの合成農薬は、農家が作物に及ぼす害虫や病気の影響を管理し軽減するのに役立ち、現代の農業実践において極めて重要な役割を果たしています。

用途別(抑制剤、触媒、硬化剤、凝集防止剤)

触媒セグメントは、予測期間にわたって市場シェアの大部分を獲得する準備ができており、主にエンドユーザー産業でポリウレタンフォームを製造したり、ローダミンおよびエチルシノピロリジン分散液を作成する染料で利用されています。 その結果、エチルアミンは主に触媒として宣伝され、市場に焦点を当てて市場を前進させ、製品の売上高をサポートします。

エチルアミン市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます:

用途

  • 抑制剤
  • 触媒
  • 硬化剤
  • 凝集防止剤

エンドユーザー

  • 農業
  • 医薬品
  • プラスチック
  • 塗料およびワニッシュ

増粘剤

  • エチレンジアミン(EDA)
  • ジエチレントリアミン(DETA)
  • トリエチレンテトラミン(TETA)
  • テトラエチレンペンタミン(TEPA)


growth-drivers

エチルアミン市場:成長要因と課題

エチルアミン市場の成長要因ー

  • より良い食品品質への要求- 食品の安全性と品質は、世界中の消費者や保健機関の主な関心事の一部であり、現在のライフスタイルと市場のグローバル化により、より高級な食品の需要が増加しています。 高品位エチルアミンを使用することで、より早く食品の品質を高めることができます。 食糧農業機関 (FAO) の推定によると、2050 年までにさらに約 60% の食糧生産の増加が必要となり、これが最終的にエチルアミン市場の増加につながると予想されています。
  • 農業分野での使用の増加- アトラジン、シマジン、シアナジンなどの除草剤の製造における原料としての重要性を考慮すると、エチレンは農薬市場の拡大によって推進されています。 過去 10 年間、世界中の農家が収量を増やすためにますます化学物質に依存した結果、除草剤の使用が最近増加しています。 農業分野への新技術の導入の結果、農業生産における規制装置の需要が増加しています。 その結果、農業生産を促進するためにエチルアミンがより頻繁に使用されるようになりました。
  • 研究開発の増加- 継続的な研究開発活動により、エチルアミンの新しい用途と誘導体が継続的に探索され、コーティング、繊維、パーソナルケア製品などのさまざまな業界での市場の可能性が拡大しています。
  • 人口増加- 世界的な人口の拡大は、医薬品、農薬、エチルアミンに依存するその他の製品を含むさまざまな製品の需要の増加につながり、市場の成長をさらに推進します。

当社のエチルアミン市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • オーガニック食品に対する意識の向上 有機農業システムの目標は、人工的に配合された肥料、除草剤、その他の投入物の使用を最小限に抑えることです。 代わりに、システムは輪作、動物の肥料、マメ科植物、緑肥、その他の投入物に依存しています。 エチルアミンのような化学物質の潜在的な危険性に対する消費者の意識が高まるにつれて、製品の売上も増加します。 現在、有機栽培は世界の農地のわずか 1.6 パーセントを占めていますが、多くの国ではそれをはるかに上回るシェアを持っています。 2020 年には 18 か国でしたが、2021 年には 20 か国で有機管理が全農地の 10% 以上を占めました。
  • 製造中のエチルアミンの発熱特性は市場の成長の制限要因です。
  • エチルアミンの製造に必要な原材料のコストが高いことが、製品の商業化の妨げになっています。

inside-report-bg
Ethylamine Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022 年 6 月 – BASF は、ルイジアナ州ガイスマー施設の重要な特殊アミンの生産能力を拡大しようとしています。 柔軟な世界規模の製造資産の生産能力の拡張が2024年半ばまでに完了したことを受けて、BASFは、LupragenTMおよびBaxxodur®の商標で販売される主要なポリエーテルアミンおよび第3級アミンの生産能力を増強する予定です。 これらの北米のリソースは、中国の南京とドイツのルートヴィヒスハーフェンにあるフェアブントの拠点を含む、特殊アミンを生産する施設の世界的なネットワークを補完することになります。
  • 2022 年 9 月 - インドの重要なアミンメーカーである Balaji Amines は、成長目標の第 1 段階を完了しました。 90 エーカーを超える敷地に広がる新しい工場は、この第 1 期拡張の一部です。
  • 2023 年 9 月 - 50,000 種類を超える試薬を保有するKanto Kagakuは、急速に拡大する半導体およびライフサイエンス産業の研究と生産を支援する斬新で独創的なソリューションを作成しています。
  • 2023年1月 - Sumitomo Chemicalは、自然由来の農業原料や生物刺激剤を集めたバイオラショナル*の一種を製造する米国の企業であるFBSciences Holdings, Inc.(以下「FBS」)への投資を決定しました。 ガイドラインまでに取得が完了している必要があります。

エチルアミンの状況を支配する企業

top-features
  • BASF SE
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Delamine B.V.
  • Diamines and Chemicals Ltd.
  • The Dow Chemical Company
  • Thermo Fisher Scientific Inc.
  • Huntsman International LLC
  • Nouryon Chemicals Holding B.V. 
  • Oriental Union Chemical Corp.
  • Sadara Chemical Company 
  • Saudi Basic Industries Corporation
  •  BALAJI AMINES
  • Tosoh Corporation
  • Sumitomo Chemical Co., Ltd.
  •  MITSUBISHI GAS CHEMICAL COMPANY, INC. 
  • Kanto Chemical Co., Inc. 
  • Showa Chemical Industry Co., Ltd.

レポートで回答された主な質問

Ques: エチルアミン市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 世界的な都市化により、製薬、繊維、化学などのエンドユーザー産業での用途が増加しています。 食品の品質に対する国民の意識の高まりと農業部門での使用は、エチルアミン市場の主要な成長ドライバーの一部です。

Ques: 予測期間中にエチルアミン市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: エチルアミン市場規模は、2024―2036 年の予測期間中に 5% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、エチルアミン市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2036年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネスチャンスを提供すると予測されています。

Ques: エチルアミン市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、are Delamine B.V., Diamines and Chemicals Ltd., The Dow Chemical Company, Thermo Fisher Scientific Inc., Huntsman International LLC, Nouryon Chemicals Holding B.V., Oriental Union Chemical Corp., Sadara Chemical Company, Saudi Basic Industries Corporation, Tosoh その他があります。

Ques: エチルアミン市場のエンドユーザーセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか

Ans: 農業部門は 2036 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。