について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

電子タバコ&ヴェポライザー市場調査規模&シェア、製品タイプ別(使い捨て電子タバコ, 充電式電子タバコ, 電子タバコ&タンク, 個人用ヴェポライザー&MOD)、バッテリーモード別(手動, 自動)、フレーバー別(タバコ, 植物性, フルーツ&ナッツ, 甘味, メンソール, チョコレート)、流通チャネル別(百貨店, 電子タバコ専門店, オンラインストア, タバコ屋, 薬局) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2033

RFP提出
レポート: 451 | 公開日: May, 2022

電子タバコ&ヴェポライザー市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

電子タバコ&ヴェポライザーの市場規模は、2023年から2033年の予測期間中に33%のCAGRで成長し、2033年末までに4,600万米ドルを超える勢いである。2022年には、電子タバコ&ヴェポライザーの業界規模は19百万米ドル以上であった。市場の成長は、主に喫煙タバコによって引き起こされる健康上の問題の増加に起因している。例えば、ニコチンとは別に、喫煙タバコは5,100以上の化学物質で肺、血液、臓器を毒化し、その多くは発癌物質(癌を引き起こす化学物質)である。

電子タバコは、タバコを吸い込むことなく、タバコを吸っているような体験を刺激するタバコ型のデバイスを指す。電子タバコは、バッテリー、アトマイザー、電子リキッドで構成されています。電子タバコは喫煙者の禁煙に役立つ。電子タバコは、従来のタバコに比べて病気や死亡につながることがなく、ニコチン依存も軽減されるため、消費者は従来のタバコよりも電子タバコを好む。例えば英国では、喫煙によって年間8万人以上が死亡し、さらに数千人が深刻な病気に苦しんでいる。


電子タバコとヴェポライザー市場: 主要インサイト

Base Year

2022

Forecast Year

2023-2033

CAGR

33%

Base Year Market Size (2022)

 USD 19 Million

Forecast Year Market Size (2033)

USD 46 Million

電子タバコとヴェポライザー産業 - 地域別概要

地域別では、世界の電子タバコ&ヴェポライザー市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東&アフリカ地域を含む5つの主要地域に調査されている。これらの市場の中で、北米市場は2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測され、その背景には、健康への関心の高まり、同地域の若者の電子タバコとヴェポライザーの採用増加などがある。米国食品医薬品局(FDA)が発表したデータによると、2022年には米国の中高生の約10人に1人、250万人以上が電子タバコを使用している。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
E-cigarette-And-Vaporizer-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

電子タバコ&ヴェポライザー・セグメンテーション

流通チャネル(百貨店, 電子タバコ専門店, オンラインショップ, タバコ屋, 薬局)

電子タバコ&ヴェポライザー市場は、流通チャネル別に需要と供給を百貨店、電子タバコ専門店、オンラインストア、タバコ屋、薬局、その他にセグメント化して分析している。このうち、オンラインストアの分野は、消費者のオンラインストアやオンラインショッピングへの傾斜が高まっていること、オンラインストアで様々な種類の電子タバコやヴェポライザーに簡単にアクセスできることから、予測期間中に大きな成長が見込まれている。例えば、世界中で約30億人のオンライン買い物客がいる。

我々の世界電子タバコ&ヴェポライザー市場の詳細な分析は、以下のセグメントを含む:

製品タイプ別

  • 使い捨て電子タバコ
  • 充電式電子タバコ
  • 電子ゴー&タンク式電子タバコ
  • パーソナルヴェポライザー&MOD
  • その他

バッテリーモード別

  • マニュアル
  • 自動

フレーバー

  • タバコ
  • 植物
  • フルーツ&ナッツ
  • スウィート
  • メントール
  • チョコレート
  • その他

流通チャネル別

  • 百貨店
  • 電子タバコ専門店
  • オンラインストア
  • たばこ専門店
  • 薬局
  • その他


growth-drivers

電子タバコとヴェポライザー部門: 成長要因と課題

成長要因

  • 若年層における電子タバコ使用の増加-若年層はタバコを吸う習慣がある。若いうちに喫煙を始めた人は、人生の後半に始めた人よりも重度のニコチン中毒になる可能性が高い。そのため、若い世代は喫煙がもたらす深刻な影響についてより認識している。そのため、喫煙の悪影響を抑えるために、電子タバコの使用が若者の間で急増している。例えば、2022年の第1四半期まで、英国の11-18歳の約18%が電子タバコを試したことがあり、2021年の12%、2020年の14%から増加している。
  • 世界中で電子タバコの普及が進む - 例えば、全世界の成人電子タバコユーザーは2011年の約800万人から2021年には8400万人に増加した。
  • インターネットの普及拡大 - 世界銀行のデータによると、2020年にはインターネット利用者の総数が世界人口の60%に拡大する。
  • 禁煙意欲の高まり - 例えば2019年、イギリスでは喫煙者の約62%が禁煙を計画している。一方、今後3カ月以内に禁煙する意向があるのは10%だった。
  • 世界的な一人当たり所得の急増 - 世界銀行の報告書によると、2019年の一人当たり年間所得の1.5%に比べ、2021年には世界の一人当たり年間所得は4.8%増加する。

課題

  • 政府による高額税率の賦課
  • 規制のない製造プロセス
  • 厳しい取引法の賦課

inside-report-bg
E-cigarette-And-Vaporizer-Market-size
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社は、同社のブランドの一つである「Vuse」が、世界初のカーボンニュートラルVAPEブランドとなり、世界で最も高いシェアを獲得したと発表した。
  • JTインターナショナルSAは、世界初のニコチン入り電子タバコ「ロジック・プロ」をスイスで発売した。ロジック・プロでは、タバコは燃焼することなく極低温で加熱される。

電子タバコとヴェポライザーの市場を支配する企業

top-features
  • Imperial Brands PLC

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • JUUL Labs, Inc.
  • British American Tobacco plc
  • Pacific Smoke International
  • Philip Morris International Inc.
  • Altria Group, Inc.
  • NicQuid, LLC
  • NJOY, LLC
  • Reynolds American Inc.
  • JT International SA