について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場調査規模・シェア:治療法別(エクソンスキッピング法、変異抑制法)、治療薬別(副腎皮質ステロイド、疼痛管理薬、理学療法)、流通チャネル別(病院、専門クリニック、手術センター)-世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2035

RFP提出
レポート: 3814 | 公開日: July, 2023

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場規模は、2023年〜2035年の予測期間において年平均成長率8%で推移し、2035年末までに50億米ドルに達すると予測される。2022年、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療の業界規模は20億米ドルを超えた。筋ジストロフィーの有病率が世界的に上昇していることが、DMDのような疾患を管理するためのさまざまな治療法の研究開発の増加につながっている。データによると、デュシェンヌ型筋ジストロフィーは、筋ジストロフィーの中で最も広く見つかっており、全症例の約50%を占めている。
 
希少な筋疾患の偏在化が進み、そのような筋疾患の治療法として新規薬剤の開発が増加しているのは、生活の質を改善するために症状を管理することだけを目的としているからである。DMDは、一般に3~6歳で発症し、世界的に最も頻度の高い遺伝性疾患であり、男性出生児の約3,500人に1人が罹患している。


デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場 : 主な洞察

基準年 2022年
予想年 2023-2035年
CAGR ~8%
基準年の市場規模(2022年) ~ 20億米ドル
予測年市場規模(2035年) ~ 50億米ドル
地域範囲
  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、ノルディック、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

 

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場の地域概要

APAC市場予測

アジア太平洋地域のデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場は、2035年までに約34%のシェアで最大になると予測されている。同地域では、筋骨格系疾患の有病率が高く、希少疾患の蔓延が拡大しているため、インドのような国々では、DMDを治療するための代替療法が絶えず開発されており、市場成長を後押しすると予想されている。例えば、現在インドではデュシェンヌ型筋ジストロフィーの患者が5,000人以上おり、同国の研究者はこの稀な遺伝性疾患に対する安価な治療法を積極的に研究開発している。

北米市場統計

北米のデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場は、2035年までに約26%のシェアを記録し、第2位の規模になると推定される。同地域における遺伝性疾患の有病率上昇に関する当局の懸念の高まりや、治癒不能な希少疾患を管理するための医療費、医薬品開発、遺伝子治療への投資が、特に米国などの先進国で増加していることも、市場成長を後押しすると推定される。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Duchenne Muscular Dystrophy Treatment Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場 - 日本の展望

今後の治療法へのシフトが予想され、既存薬で獲得した患者プールをターゲットとする承認済み治療法と新興治療法の公正な競争が予想される。その結果、市場は大きく成長する可能性がある。Vyondys 53は2019年12月、デュシェンヌ型筋ジストロフィーのエクソン53変異患者を対象に米国で承認された。2020年に米国と日本で認可されたViltepso(viltolarsen)の主要な競合品である。ビルテプソは日本でDMD患者に対して承認された唯一の医薬品であり、市場を支配している。

さらに、日本における企業提携/合弁事業の拡大は、新たな機会へのアクセスを獲得するための説明責任があり、迅速な成長と利益創出のための優れたアプローチである。 カプリコ・セラピューティクスと日本の製薬会社である日本新薬は、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬CAP-1002を日本で独占的に商業化・販売する提携を結んだ。

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場のセグメンテーション

  •  治療法(エクソンスキッピング法、変異抑制法)

DMDの症例数が増加しており、変異特異的治療法の開発における研究活動が活発化していることから、デュシェンヌ型筋ジストロフィーの治療において一歩先を行くことが期待されている。
さらに、ジストロフィンのタンパク質合成を早期に阻害する変異は、重篤な臨床症状を引き起こすため、遺伝子治療や変異抑制の開発がこの分野の成長を牽引している。

  • 治療(副腎皮質ステロイド、疼痛管理薬、理学療法)

副腎皮質ステロイド薬セグメントは、主に炎症を抑え免疫系を抑制するために使用される薬剤を開発するための官民出資の増加により、市場で最も収益を上げると予測されている。DMD患者の筋機能低下に対する有効な治療法がなく、多くの治療開発がまだ準備中であるため、リウマチ性疾患の治療に抗炎症薬の需要と利用が急増している。

当社の世界市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれる:

セラピー
  • エクソンスキッピングアプローチ
  • 変異抑制
治療
  • 副腎皮質ステロイド
  • 疼痛治療薬
  • 理学療法
流通チャネル
  • 病院
  • 専門クリニック
  • 外科センター

 


growth-drivers

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場:成長要因と課題

成長ドライバー

  • デュシェンヌ型筋ジストロフィーにおける医薬品開発イベントの増加 - 医薬品開発には、新規化合物の開発から臨床試験まで幅広い活動が含まれ、これらすべてがデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療の商業化に貢献する。Reveragen Biopharma, Inc.の合成ステロイドであるバモロロンが、DMD治療薬として2023年10月までにFDAの承認を取得する可能性があるなど、新たな研究活動や新薬の承認決定が行われつつあり、市場の拡大余地が高まっている。
  • デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療のための遺伝子治療への投資と承認の増加 - デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療のための遺伝子治療への投資の増加と、承認と主要な臨床試験は、今後数年間で市場の成長を増大させると予想される。米国食品医薬品局は、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療のための最初の遺伝子治療薬として、小児患者を対象にエレビディスを承認した。

課題

  • ジストロフィンをコードする遺伝子は大きいため、現在の遺伝子治療ベクターに適合させることが難しく、さらなる研究が必要である。このような課題はすべて、一定期間における市場拡大の妨げになると予測されている。
  • 標準化の欠如
  • 厳しい規則と規制

inside-report-bg
Duchenne Muscular Dystrophy Treatment Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2021年1月 大鵬薬品工業株式会社は、デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬「TAS-205」が日本で第III相臨床試験を開始したと発表した。
  • 2021年12月 中外製薬株式会社は、ロシュ社とサレプタ・セラピューティクス社が開発中のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)の実験的遺伝子治療薬delandistrogene moxeparvovec(SRP-9001)について、ロシュ社とライセンス契約を締結したと発表した。
  • 2021年6月 世界的な医薬品流通の大手製薬会社であるノバルティスAGは、医療機器製造ポートフォリオを拡大するためにヒューレット・パッカード・エンタープライズと協業することを発表。
  • 2018年5月 筋炎協会(TMA)は、常染色体筋疾患に関する認識を広めるため、5月を筋炎啓発月間とすることを発表。

デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場 を支配する注目の企業

top-features
  • TAIHO PHARMACEUTICAL CO., LTD
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品
    • 業績
    • 主要業績指標
    • リスク分析
    • 最近の展開
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Nippon Shinyaku Co. Ltd.
  • DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED
  • Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.
  • Baxter International, Inc.
  • Eli Lilly and Company
  • Novartis AG
  • Sanofi-aventis Groupe
  • Abbott Laboratories
  • Johnson & Johnson Services, Inc.
  • Merck & Co., Inc.
  • Siemens Healthcare GmbH
  • Pfizer Inc.
  • Becton, Dickinson, and Company

レポートで回答された主な質問

Ques: デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 筋ジストロフィー予防への支出の増加と、DMDに対する遺伝子治療の開発の高まりが、市場の成長を促す主な要因である。

Ques: 予測期間中にデュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療薬の市場規模は、予測期間(2023~2035年)のCAGRが8%に達すると予測されている。

Ques: 将来、デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2035年末までに最大の市場シェアを占め、将来的にさらなるビジネスチャンスをもたらすと予測されている。

Ques: デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Baxter International, Inc.、Eli Lilly, and Company、Novartis AG、Sanofi-aventis Groupe、Abbott Laboratories、Johnson & Johnson Services, Inc.、Merck & Co, Inc.、Siemens Healthcare GmbH、Pfizer Inc.、Becton, Dickinson, and Companyである。

Ques: デュシェンヌ型筋ジストロフィー治療市場において、治療分野で最大の市場規模を獲得しているセグメントは?

Ans: 突然変異治療分野は、2035年末までに最大の市場規模を獲得し、大きな成長機会を示すと予想されている。