について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

分散アンテナシステム(DAS)市場調査規模&シェア:提供製品別(コンポーネント、サービス)、カバー範囲別(屋内、屋外)、ユーザー施設別(500KSQ.FT超、200K-500KSQ.FT、200KSQ.FT未満)、所有者別(キャリア、ニュートラルホスト、エンタープライズ)、業種別(商業、公共安全) - 世界の需給分析、成長予測、統計レポート 2023-2035

RFP提出
レポート: 1841 | 公開日: March, 2023

分散アンテナシステム(DAS)市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

分散アンテナシステム市場規模は2035年末までに250億3,000万米ドルを超え、予測期間(2023~2035年)の年平均成長率は9.1%で推移する見通しである。2022年、分散型アンテナシステムの業界規模は約82億米ドルであった。分散型アンテナシステムの需要は、モバイルブロードバンド技術の需要の高まりに起因している。モバイルブロードバンドの総契約数は15.6億から2022年12月には17.6億に増加した。

さらに、スマートフォンの利用拡大も、世界中で分散型アンテナシステムの需要を促進している。スマートフォンユーザーは、Wi-Fiに接続していないときはいつでも3Gや4G接続を利用することに慣れている。したがって、市場は今後数年間で拡大すると予想される。


世界の分散アンテナシステム市場: 主な洞察

基準年

2022

予想年

2023-2035

CAGR

~9.1%

基準年の市場規模(2022年)

~82億米ドル

予測年市場規模(2035年)

~250億3000万米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米地域)
  • アジア太平洋(日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、韓国、オーストラリア、その他のアジア太平洋地域)
  • ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、オランダ、その他のヨーロッパ地域)
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC、南アフリカ、その他の中東・アフリカ地域)

分散アンテナシステム産業の地域別概要

日本を除くアジア太平洋地域の市場予測

日本を除くアジア太平洋地域のDAS市場は、2022年の27億米ドルから88億6,000万米ドルに成長すると予測されている。電気通信産業の成長、アジア太平洋地域における商業スペースの拡大、同地域における5G技術の採用拡大が、分散型アンテナシステムの需要に拍車をかけている。さらに、中国とインドの商業用不動産賃貸市場が大幅な成長を続けていることから、分散型アンテナシステムのニーズは高まると予想される。例えば、India Brand Equity Foundationは、予測期間を通じて、2020年に3,600万平方フィートであったインドのフレキシブルオフィススペースは、ハイブリッドスペース需要の増加と都市の拡張により、10~15%の割合で増加すると予測している。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Distributed Antenna System Market size

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米市場の分析

北米における分散型アンテナシステム市場の成長は、同地域におけるデータトラフィックの増加に起因している。米国とカナダは2021年の月間モバイルデータトラフィックが最大で、アクティブなスマートフォン1台当たり約21GBだった。そのほか、主要な市場プレーヤーは、市場でのプレゼンスと世界中の消費者ベースをサポートするためにパートナーシップやコラボレーションを確立している。例えば、2022年12月、分散型アンテナシステム(DAS)、Wi-Fi、プライベートネットワークの著名な接続プロバイダーであるBoingo Wirelessは、テキサス州フリスコに本社となる新しい地域オフィスを開設する計画を発表した。

分散アンテナ・システム・セグメント

 カバレッジ(屋内、屋外)

2023~35年の予測期間において、分散アンテナシステム市場の屋内セグメントが最大の収益シェアを獲得すると推定される。スマートフォンやその他のモバイル機器の普及が進み、世界中でモバイルデータ消費量が大幅に増加している。最近では、オフィスビル、ショッピングモール、空港、スタジアムなど、屋内でも信頼性の高い高速接続が求められている。さらに、モノのインターネット(IoT)機器やスマートビルディング・アプリケーションの採用が増加しているため、信頼性の高い屋内無線接続が必要とされており、これが屋内分散型アンテナ・システムの需要を牽引している。例えば、IoT接続は2022年に世界で約17%上昇し、約130億アクティブIoTエンドポイントを突破した。IoT接続デバイスは、2023年には世界全体でさらに約15%増加し、アクティブエンドポイントは150億近くに達すると予測されている。

ユーザー施設(20万平方フィート未満、20万~50万平方フィート、50万平方フィート超)

200K-500K SQ.FTサブセグメントの分散型アンテナシステム市場は、予測期間中に9.4%という最高のCAGRを獲得する見込みである。中堅の会場がDASシステムの最も人気のあるロケーションになりつつあるためである。会議やイベントなどのイベントを開催する中規模スペースは、通常ユーザー密度が高い。分散アンテナシステムは、このようなシナリオにおける無線接続の需要増を効率的に処理する。

当社の世界市場の詳細分析には、以下のセグメントが含まれます:

提供

  • コンポーネント
  • サービス

カバレッジ

  • 屋内
  • 屋外

ユーザー施設

  • > 50万平方フィート
  • 20万~50万平方フィート
  • < 20万平方フィート未満

所有権

  • キャリア
  • ニュートラルホスト
  • エンタープライズ

縦型

  • 商業
  • 公共安全


growth-drivers

分散アンテナシステム部門: 成長ドライバーと課題

成長ドライバー

  • 成長する5Gインフラとの統合 -いくつかの大手企業や政府機関は、公共の5Gネットワークに加えて、5Gプライベート・ネットワークを検討している。このようなビル内5Gサービスに対する要求の高まりを受けて、各メーカーは配信システムの改善を進めている。例えば、2021年7月、Comba Telecom Systems Holdings Limitedは、その子会社であるComba Network Systems Company Limitedが、3 Hong Kong向けにComFlex Proソリューションの立ち上げに成功し、同事業者の5G屋内ネットワークカバレッジの拡大と深化を支援したと発表した。
  • DASへの政府投資の増加 - どの国でもデジタルインフラが十分に接続されていれば、経済成長に影響を与え、多くの投資を呼び込むことができると推定されるため、世界各国の政府はDASに幅広く投資している。例えば、2021年7月、アブダビ投資庁(ADIA)は、東南アジアで分散型アンテナシステムと通信タワーの開発、買収、運営に注力するデジタル・インフラ・プラットフォームEdgePoint Infrastructureの少数株式を大幅に取得した。ADIAはEdgePointに5億米ドルを投資し、同プラットフォームの今後の成長を強化する予定である。
  • 複数のエンドユーザーからの需要増加 - 商業ビルやオフィス、交通ハブ、教育機関など、多数のエンドユーザーからの需要増加がDASの需要を世界的に牽引している。例えば、2022年12月、独立系の無線通信・放送インフラ事業者であるCellnexは、ポルトガル、スペイン、フランス間の輸送回廊に沿って5Gインフラを強化する6つのプロジェクトを受注した。これを達成するため、セルネックスは34の新しい通信サイト(トンネル内の分散型アンテナシステム(DAS)を含む)を配備する計画を発表した。これらのプロジェクトは全体で2,575万米ドルの投資となり、その50%は欧州委員会が融資する。

課題

  • 高いDASソリューション導入コスト - 困難な点は、適切なシステム(アクティブDASまたはパッシブDAS)を選択し、DASシステムの幅広い価格帯を考慮することです。アクティブDASの導入には数百万ドルの費用がかかり、非常に高価です。マルチキャリアのアクティブDASシステムは5米ドルから始まり、1平方フィートあたり10米ドルまでかかります。これは、導入コスト、専用機器、光ファイバーケーブルの価格をカバーしている。高コストと複雑なインフラ要件のため、アクティブDASはパッシブDASほど普及していない。
  • 信号干渉の問題
  • 技術的問題

inside-report-bg
Distributed Antenna System Market
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2023年3月 HUBER+SUHNER は、SENCITY Occhio Plus 屋内アンテナを発売し、移動体通信事業者に対し、建物内の 5G 周波数帯域で高いデータスループットを保証する、より迅速で信頼性の高いソリューションを提供します。空港、駅、小売モール、スポーツスタジアムなど、標準的なマクロセルシステムでは到達が困難な施設でのカバレッジを実現します。
  • 2023年1月 SOLiDとネットワークソフトウェアベンダーのMavenirは、オープンRAN無線と分散型アンテナシステム(DAS)のビル内技術のグローバル相互運用性テストを発表。この共同テストでは、SOLiDのDAS RFインターフェースユニットと、O-RANスプリット7.2xおよびSOLiDのDAS RFインターフェースユニットをサポートするMavenirのオープン仮想化RAN(vRAN)DU(分散ユニット)および集中ユニット(CU)の互換性が確認された。

分散型アンテナシステム市場を支配する企業

top-features
  • CommScope Holding Company, Inc.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Corning Incorporated
  • HUBER+SUHNER
  • Comba Telecom Systems Holdings Ltd.
  • SOLiD
  • ATC TRS V LLC
  • Boingo Wireless, Inc.
  • PBE Group
  • Zinwave
  • Advanced RF Technologies, Inc.
  • Siemon
  • TAMAGAWA ELECTRONICS CO., LTD
  • Other Key Players