について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

デジタル屋外用市場調査 - 製品タイプ別(ビルボード、交通機関、ストリートファニチャー、その他)、用途別(屋内、屋外)、エンドユーザー別(自動車、パーソナルケア&家庭用品、娯楽、小売、食品&飲料、交通機関、その他セグメント) - 世界の需要分析と機会展望 2027年

RFP提出
レポート: 629 | 公開日: May, 2022

デジタル屋外用市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2018-2027年)

デジタルアウトオブホーム市場の概要

デジタル・アウト・オブ・ホームとは、空港の地下鉄バス停やストリートファニチャーなどの看板など、消費者が外出しているときに消費者に届くデジタル製品を通じて行われる広告を指します。家庭外のデジタルは、娯楽輸送など、幅広い用途に選ばれています。

市場規模と予測

世界のデジタルアウトオブホーム市場は、予測期間、すなわち2018-2027年に堅調なCAGRで拡大すると予想されています。さまざまな公共の場へのデジタル広告への巨額の投資などの要因は、世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。さらに、開発途上地域におけるデジタルアウトオブホームシステムに対する高い需要は、世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長にプラスの影響を与えると予想されます。

市場は、北米、アジア太平洋、中東・アフリカ地域、ラテンアメリカ地域を含む5つの主要地域にセグメント化されています。これらの地域の中で、北米は予測期間中にデジタルアウトオブホームの市場全体を支配すると予測されています。販売とマーケティングへの支出の増加やデジタル化への嗜好などの要因は、北米のデジタルアウトオブホーム市場の成長を促進すると予想されます。さらに、デジタル化の進展は、北米のデジタルアウトオブホーム市場の成長にとって大きく期待されています。

欧州は、予測期間中に最速の成長率を記録する態勢を整えています。さまざまな業界にわたるデジタルサイネージの需要の高まりなどの要因は、予測期間中に世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長を引き起こすと予測されています。アジア太平洋地域のデジタルアウトオブホーム市場は、予測期間中に大幅な成長を目撃すると予想されます。デジタル化に対する政府投資の増加やGDPの増加などの要因は、アジア太平洋地域のデジタルアウトホーム市場の成長を強化することが想定されています。

製品タイプに基づいて、デジタルアウトオブホーム市場は、ビルボードトランジットストリートファニチャーなどにセグメント化され、そのうちビルボードデジタルアウトオブホームセグメントは、予測期間中にデジタルアウトオブホーム市場全体を支配すると予想されます。


本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Digital-out-of-home-market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

当社の詳細な分析により、世界のデジタルアウトオブホーム市場を次のセグメントにセグメント化しました。

製品タイプ別

  • ビルボード
  • トランシット
  • ストリートファニチャー
  • 余人

エンドユーザー別

  • 自動車
  • パーソナルケア&世帯
  • 娯楽
  • 小売
  • 食品・飲料
  • 運輸
  • 余人

地域別

世界のデジタルアウトオブホーム市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されます。

  • 北米(米国 カナダ) 市場規模前年比成長率・将来予測・機会分析
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のLATAM)市場規模前年比成長率将来予測と機会分析
  • 欧州(英国 ドイツ フランス イタリア スペイン ハンガリー ベネルクス(ベルギー オランダ ルクセンブルク) 北欧(ノルウェー デンマーク スウェーデン フィンランド) ポーランド ロシア その他の欧州) 市場規模 前年比成長予測と機会分析
  • アジア太平洋地域(中国 インド 日本 韓国 マレーシア インドネシア 台湾 香港 オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模 前年比成長率 将来予測と機会分析
  • 中東/アフリカ( イスラエルGCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)の市場規模、前年比成長率予測、機会分析

世界のデジタルアウトオブホーム市場は、次のようにセグメント化されています。

  • 製品タイプ別市場規模とY-O-Y成長分析
  • エンドユーザー別市場規模とY-O-Y成長分析
  • 地域別市場規模と前年比成長分析


growth-drivers

成長の原動力と課題

米国では、2016年と比較して、2019年までに約45億ドルがデジタルアウトオブホーム広告に費やされると予想されており、世界中で約12億ドルの増加が見込まれています。この要因は、世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長を強化すると予想されます。さらに、頻繁なユーザーエンゲージメントデバイスと広告用アプリケーションの開発の増加は、世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長を積極的に推進すると予想されます。

デジタル看板を通じたデジタル広告に対する政府のイニシアチブなどのこの要因とは別に、予測期間中に世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長を促進すると予想されます。

発展途上地域では、メーカーの数がさらに増加し、世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長がさらに強化される可能性があります。さらに、世界中のデジタルアプリケーションの需要の高まりなどの要因により、予測期間中に世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長が増加すると予想されます。

しかし、デジタルアウトオブホーム広告の不安定なコストは、今後数年間で世界のデジタルアウトオブホーム市場の成長を制限すると予想される重要な要素の一部です。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

キープレーヤー

top-features
  • JCDecaux

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Clear Channel Outdoor Holdings Co., Ltd.
  • llama advertising company
  • out front media
  • daktronics
  • Omedia Co., Ltd.
  • Broadsign International LLC
  • Seoto Electronics Co., Ltd. Mvix Co., Ltd.
  • christie digital system
  • Ayuta Media System
  • Deep Ski Co., Ltd.