について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

切り花包装市場調査の分析:包装タイプ別(袋・箱、スリーブ、ラップシート、その他)、素材タイプ別(紙・板紙、プラスチック、その他)、流通チャネル別(小売、スーパーマーケット、花屋、オンライン販売)-世界の需給分析と機会展望 2023-2033年

RFP提出
レポート: 4554 | 公開日: November, 2022

切り花包装市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

切花包装の世界市場は、予測期間である2023年から2033年にかけて年平均成長率(CAGR)〜5%で成長し、2033年末には20億米ドルの収益を獲得すると推定されます。また、2022年の売上高は7億米ドルでした。市場の成長は、主に花の生産量の上昇に起因しています。例えば、2022年には、インドだけで約350万トンの花が生産されました。

世界の切花包装市場の動向として、絶えず発展している花卉産業は、予測期間中に市場の成長にプラスの影響を与えると予測されます。2022年、アメリカの花産業は約40億米ドルに達したと推定されています。さらに、バラ、チューリップ、ヒマワリ、ラン、ユリなどの花の急増する生産は、予測期間中に市場の成長を高めるとさらに推定されます。2021年現在、約1億本のバラの茎がインドネシアのみで生産されています。したがって、これらのすべての要因は、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。


切り花包装市場 : 主な洞察

基準年

2022

予測年

2023-2033

CAGR

~5%

基準年の市場規模(2022年)

~7億米ドル

予測年市場規模(2033年)

~20億米ドル

切花包装の世界市場の地域別概要

地域的には、世界の切花包装市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域などの5つの主要地域に分かれて調査されています。これらの市場のうち、アジア太平洋地域の市場は2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されています。同地域の市場成長は、装飾用や神仏への供物用として花の利用率が高いこと、花の栽培が盛んであることなどが要因として挙げられます。例えば、アジア太平洋地域の装飾部門は、2022年にほぼ100億米ドルの総収入を生成すると推定された。したがって、このような要因は、予測期間中に地域の市場成長を高めると推定されます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Cut-Flower-Packaging-Market-Scope

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

切り花用パッケージの世界市場は、さらに地域別に以下のように分類されています。

  • 北米(アメリカ、カナダ) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米諸国) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)市場規模、前年比成長率、マーケットプレイヤーズ分析、市場機会の展望
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会損失見通し
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、市場機会の展望

当社の切り花用パッケージの世界市場の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

包装タイプ別

  • バッグ&ボックス
  • スリーブ
  • ラップシート
  • その他

素材タイプ別

  • 紙・板紙
  • プラスチック
  • その他

流通チャネル別

  • 小売
  • スーパーマーケット
  • 花屋
  • オンライン販売


growth-drivers

世界の切花包装市場。成長の原動力と課題

成長ドライバー

  • 特定の機会に花を贈る傾向の高まり- 例えば、バレンタインデーには、世界中で約3億本のバラが生産されていることが確認されています。また、アメリカでは成人の約25%がバレンタインデーに花を買うと言われています。
  • 花は、土壌や温度、天候などの条件が揃わないと咲かないため、さまざまな国に輸出され、需要を満たしている。切り花は花とつぼみがあり、特別な日に交換されるのが一般的である。そのため、魅力的なパッケージへの需要が高まり、予測期間を通じて市場の成長を高めると予想されます。
  • 増え続ける花卉作物 - 2021年時点で、花卉作物の総売上は約70億米ドルと推定される。
  • チューリップの栽培量と需要の増加 - オランダは世界有数の花卉供給国であり、2021年には約150ヘクタールのチューリップ球根が生産されると予測された。
  • 切り花の顕著な売上増 - 2020年、切り花の売上はピークを迎えた。切花は2020年、全世界で351番目に多く取引される商品となった。

課題

  • 市場における代替品の存在
  • 花の輸出入の難しさ
  • 高い初期投資の必要性

切花包装の世界市場は、流通チャネル別に小売店、スーパーマーケット、花屋、オンライン販売に分類して需要と供給を分析しており、このうち花屋セグメントが予測期間中に顕著な成長を見せると予測される。同分野の成長は、花の交換のトレンドが高まっていることに起因していると考えられます。例えば、2021年には、花卉産業は米国だけで約60億米ドルに達しました。

inside-report-bg
Cut-Flower-Packaging-Market-Size
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • シラネ社では、耐水性に優れたボードを使用し、植物を長持ちさせるツリーガード「EARTHBOARD(アースボード)」を提供しています。また、Sirane Ltd.のツリーシェルターはすべて、リサイクル、コンポスト、プラスチックフリーのサステナブルな製品です。
  • パーフォテックBVは、パーフォテック・ライナーバッグに入れたチューリップの保存期間を延ばす方法を検討する試験について発表しました。この袋は、Modified Atmosphere Packaging技術に基づいており、チューリップの鮮度を何日も保つのに有効である。

切り花パッケージの世界市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Comparable Co., Ltd.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Smurfit Kappa Group 
  • Dilpack Kenya Ltd.
  • UFlex Ltd.
  • Pafotec BV
  • Atlas Packaging and Display Camac
  • Holding BV
  • Flopack S.A.
  • Silan S.A.
  • Flamingo Holland S.A.