について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

中国プラスチックキャップ市場調査 キャップタイプ別(スクリューオンキャップ、ディスペンサーシステム、その他)、原材料別(HDPE、LDPE、PP、その他)、エンドユーザー別(食品・飲料、化粧品・パーソナルケア、医薬品、家庭用、その他)分析 -需要と供給分析・機会展望 2022-2033

RFP提出
レポート: 4687 | 公開日: March, 2023

中国プラスチックキャップ市場 調査、規模、傾向のハイライト(予測2022-2033年)

中国のプラスチックキャップ市場は、予測期間(2023年~2033年)にCAGR 6.8%で成長し、2033年末までに16,317.7百万米ドルの収益を獲得すると推定されます。さらに、2022年には7,962.3百万米ドルの売上を計上しました。市場の成長は、中国から他国へのプラスチックボトルとキャップの輸出が増加していることに起因しています。他国からのプラスチックキャップに対する需要の高まりは、中国におけるプラスチックキャップの製造を増加させます。プラスチック製の栓、蓋、キャップ、その他のクロージャーは、2020年に中国で288番目に多く輸出された商品でした。さらに、中国は同年、プラスチック製ストッパー、蓋、キャップ、その他のクロージャーの世界最大の輸出国であり、10億米ドル以上のこれらの製品を海外に出荷しています。さらに、米国に出荷されるペットボトルの約34%を中国が製造しています。さらに、米国向けのプラスチック製蓋の30%以上が中国で生産されています。

これらに加え、中国でのプラスチック製品の製造コストが安価になったことも、中国プラスチックキャップ市場の成長を促進する要因だと考えられています。世界中の誰もがリーズナブルな価格で製品を求めているため、プラスチックの製品コストが低いと、世界のさまざまな国からプラスチック製品の需要が高まり、中国の製造部門を後押しすることになるからです。 工具職人の給与は世界で最も低く、中国の工具職人は同じ作業を1,000ドル程度で喜んで行うが、米国の工具職人は年間4万ドル以上の収入を得るのが容易である。さらに、中国の工場の諸経費も生産コストの低さに貢献している。多くの中国企業は24時間365日営業しているため、高価な機械を有効に活用でき、比較的に安価に製造できるのです。

中国のプラスチックキャップ市場。主なインサイト

基準年 2022
予想年 2023-2033
CAGR ~6.8%
基準年の市場規模(2022年) 7,962.3百万米ドル
予測年市場規模(2033年) 16,317.7百万米ドル
リージョンスコープ 中国

中国のプラスチックキャップ市場。成長ドライバーと課題

成長の原動力

  • プラスチックの生産量増加 - 高品質なプラスチックの生産量増加により、中国におけるプラスチック製品の生産量が増加することが期待されます。毎月、中国はほぼ700万メートルトンのプラスチック製品を生産しています。2020年1月以降のプラスチック製品の月間生産量が最も多かったのは、2021年12月の約800万メートルトンでした。
  • 包装におけるプラスチックの使用量の増加-プラスチック包装された製品は、外部からの汚染から保護されながら、味、香り、栄養価を保つことができます。そのため、プラスチックは包装に多く使用されています。中国の家庭用プラスチック包装の年間消費量は19,800トンで、そのうち缶・容器は約3,800トン、ペットボトルは約5,500トンであると推定されています。
  • 水や飲料用のボトル使用の増加 - 水や炭酸・非炭酸飲料のボトルには、中身を密閉するためのプラスチックキャップが使われています。 2022年11月に中国で生産されたソフトドリンクは約1100万メートルトン。さらに、2022年のソフトドリンクの販売収益は約1,260億米ドルでした。
  • より良いプラスチックキャップとグリップの導入 - CETIE(International Technical Centre for Bottling and Related Packaging)は、ネックとクロージャーの重量を抑制するために、キャップのネックの新しい規格であるGME 30.40を導入しました。さらに、BERCAPは、ネック仕上げのGME 30.40規格に適合するクロージャーを約7049点発売しました。
  • プラスチックの生産コストが安い-中国のプラスチック生産コストは、低い人件費、豊富な原材料、工場の労働時間の長さにより、安いと推定される。 プラスチック製品の価格は、米国に比べ約30%から75%程度低くなっています。

挑戦すること

  • プラスチックキャップの代替品の存在 - キャップに使用できる素材の選択肢が増えることは、市場成長の妨げになると思われる。例えば、アルコール飲料では、コルク栓やアルミキャップが使用されています。一方、一般的なガラス瓶では、金属製のキャップが使用されています。また、医薬品のボトルなど、再密封が必要な場合はゴムが多く使用されている。プラスチックキャップ市場拡大の主な障壁は、プラスチック容器用キャップでもプラスチックと競合するゴムである。
  • プラスチックが環境に与えるマイナス影響
  • プラスチック使用量削減のために、政府が打ち出したさまざまな政策。

市場セグメンテーション

中国のプラスチックキャップ市場は、エンドユーザー別に食品・飲料、化粧品・パーソナルケア、医薬品、家庭用、その他に区分し、需要と供給を分析しています。5種類のエンドユーザーのうち、食品・飲料分野は、予測期間中にCAGR 7.2%で成長し、2033年末に100億5900万米ドルの最大の市場シェアを獲得すると推定されます。さらに、このセグメントは2022年に4,708.7百万米ドルの収益を生み出しました。このセグメントの成長は、炭酸飲料や水筒の使用が増加していることに起因しており、炭酸飲料には主にポリエチレンテレフタレートのPETが包装に使用されています。中国では、食品および飲料業界におけるPETボトルの家庭用包装材の年間消費量は、それぞれ約75トンおよび約5200トンと推定されています。これに加えて、その他のペットボトルの消費量は約177トンでした。さらに、2020年の1人当たりのボトル入り飲料水の消費量は約280億ガロンで、中国はボトル入り飲料水の消費量で世界を席巻しています。

また、中国のプラスチックキャップ市場は、原料別にHDPE、LDPE、PP、その他にセグメント化され、需要と供給が分析されています。この4つのセグメントのうち、HDPEセグメントは、予測期間中に7%のCAGRで成長することにより、2033年末に6億7260万米ドルの市場収益を獲得すると予想されます。また、2021年には、このセグメントは32億720万米ドルの収益を生み出しています。プラスチックキャップの基材であるHDPE樹脂は、食品安全性、耐薬品性、高い柔軟性、持続可能性など、さまざまな利点があります。この分野は、HDPEの高い需要と中国での輸入増を背景に成長すると予想されます。 他のどの国や地域よりも大幅に多い、2021年の世界のHDPE需要の約34%を中国が担い、純輸入の約51%を中国が占めています。2020年、中国は約300万トンのHDPEを輸入し、翌年の2021年には約600万が輸入されました。

当社の中国プラスチックキャップ市場の詳細な分析は、以下のセグメントを含みます。

キャップタイプ別
  • スクリューオンキャップ
  • ディスペンサーシステム
  • その他
原材料別
  • 高密度ポリエチレン
  • LDPE
  • ピーピー
  • その他
エンドユーザー別
  • フード&ビバレッジ
  • コスメティック&パーソナルケア
  • 医薬品
  • 家庭用
  • その他

中国プラスチックキャップ市場を支配するトップ注目企業

  • Hiccup Closure Co., Ltd.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Shantou Jinli Plastics Industry Co., Ltd.
  • Guangzhou Cheers Packing Co., Ltd.
  • Cangzhou Weikang Food & Pharmaceutical Package Co., Ltd.
  • Alvea Suzhou
  • Jinan Youlian Industrial Co.,Ltd.
  • Ningbo GreenYard Sprayers Co.,Ltd. 
  • Berry Global
  • Berry Cup
  • Chenxin Packaging CO.
  • Yulin Plastic Packing Factory


本レポートの詳細についてはこちら:
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • 2022年4月:バイオ医薬品会社アーデリクスから、成人の便秘を伴う過敏性腸症候群(IBS-C)の治療薬として最初で唯一のNHE3阻害剤であるIBSRELAが発売されました。Ardelyx社の製品として初めて米国食品医薬品局から承認を取得したのがIBSRELAです。
  • 2022年3月:テクノロジー主導のヘルスケアソリューションを提供するIndegene社、およびReguloraのメーカーでPrescription Digital Therapeutics(PDT)事業を行うMeta Me Health社が提携し、過敏性腸症候群関連の腹痛(IBS)の治療薬としてReguloraを提供。