について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

焼成石油コークス市場調査 -アプリケーション別 (アルミニウム、TiO2、鉄鋼、塗料およびコーティング、肥料、金属)、グレード別 (アノード、ニードル)、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2024 ―2036 年

RFP提出
レポート: 5520 | 公開日: January, 2024

焼成石油コークス市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2024-2036年)

焼成石油コークス市場の規模は、2036年末までに250億米ドルに達する見込みです。2024 ― 2036 年の予測期間中に 5% の CAGR で成長します。2023 年に、焼成石油コークスの業界規模は 160 億米ドルがありました。 成長の背後にある理由は、世界中で原油生産が増加しているためです。 現在世界で最も需要のある商品は原油であり、世界経済を推進する主な要因の1つです。例えば、2022 年に世界の原油需要は日量 99百万バレルを超えました。2023年には日量約101百万バレルまで増加すると予想されています。推定によると、世界の原油生産量は2022年に5%を超える記録的な増加率となり、2021年よりも大幅に増加しました。

グリーン環境を創出するのに政府の取り組みの拡大が、市場の成長を促進すると考えられています。 エネルギーと産業システムの変革を支援し、エネルギー効率を高め、環境汚染と闘うために、世界中の政府は、あらゆるレベルでのグリーン経済の実施の指針となる一般原則に合意しました。 さらに、政府はより厳格な法律を制定し、環境に悪影響を与える活動に対してグリーン税を課しています。また、廃棄物管理、二酸化炭素回収、再生可能エネルギー、エネルギー効率などの革新的な技術を生み出すための助成金や補助金も提供しています。


焼成石油コークス市場 : 主な洞察

基準年

2023年

予測年

2024-2036年

CAGR

~5%

基準年市場規模(2023年)

160億米ドル

予測年市場規模(2036年)

250億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

焼成石油コークス市場の地域概要

焼成石油コークス市場 – 日本の見通し

日本の焼成石油コークス市場は、原油輸入の増加により予測期間中に拡大する可能性があり、ペットコークスの生産を含む原料の利用可能性が増加すると予想されます。 日本は化石燃料をほとんど保有しないため、あらゆる種類の化石燃料の多くを輸入に依存しており、世界有数の原油輸入国の一つとして浮上しています。例えば、日本は2022年に158百万キロリットル以上の原油を購入しました。特に同年、中東からの原油輸入量は前年同月比12%以上増加し、日量約2百万バレル(bpd)となりました。

さらに、日本における都市化の進行により、焼成石油コークスの膨大な需要が生じることが予想されます。 日本は世界で最も都市化された国の一つであり、国民の75%以上が都市に住んでいると考えられています。 例えば、日本の都市人口は2022年に90%を超えました。その結果、この地域では建設とインフラ開発が増加しており、セメントの生産に焼成石油コークスの使用が必要となっています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Calcined Petcoke Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

アジア太平洋地市場予測

アジア太平洋地域の焼成石油コークス市場は、建設部門の増加により、2036 年までに 48% の最大シェアを占めると予測されています。 政府の積極的な支援により、インドは今後 2 ― 3 年以内に第 3 位の建築市場に浮上すると予想されています。 特に、2023 年にはインドの建設セクターが大幅に成長し、国の GDP の 11% 以上に寄与すると予測されています。例えば、民間部門と公共部門が資金提供を受け続ける限り、インドの建設業界は 2025 年までに 1 兆米ドルを超える収益を生み出すと予測されています。

北米市場統計

北米の焼成石油コークス市場は、金属と鉄鋼の生産量の増加に牽引されて、予測期間中に2番目に大きいと推定されています。例えば、米国の鉄鋼および金属の生産量は、2021 年に非常に高い成長率に続き、今年は 4% 以上増加すると予測されています。特に、2023年10月には米国の鉄鋼生産量は6700千トン以上に達しました。

焼成石油コークス市場のセグメンテーション

グレード別 (アノード、ニードル)

アノードセグメントは、今後数年間で 55% という強力な市場シェアを獲得すると推定されています。 ローペットコークス(RPC)またはグリーンペットコークス(GPC)としても知られるアノードグレードのペットコークスは、金属と硫黄が少ないため、アノードに焼成する前にか焼する必要があります。例えば、アノードグレードのペットコークスは、通常、硫黄が 2% 以上、灰分が少なく、金属含有量が非常に少ない緑色の焼成可能なペットコークスです。 焼成石油コークス (CPC) は、アノードグレードのペットコークスを融点以下に加熱して水分と揮発性物質を除去することによって作成されます。そのため、金属濃度が低く、炭素を多く含む低品質の製品です。 さらに、アノードグレードの石油コークスの大部分には汚染物質が比較的少ないため、他の燃料よりもクリーンに燃焼し、優れた耐摩耗性を備えています。

さらに、ニードルコークスは、電極グレードの針状結晶を有するプレミアムグレードの焼成物質であり、黒鉛化製品の製造に使用されます。 針か焼石油コークスの大部分は炭素含有量が高く、硫黄などの不純物が比較的少ないため、鉄鋼産業の電気アーク炉用の黒鉛電極の製造など、さまざまなプロセスでの利用に適しています。 さらに、層構造がよく発達しているため、独特の摩耗特性と摩擦特性があり、より柔らかく高純度の焼成石油コークスが必要な場合にも有利となる可能性があります。

エンドユーザー別(浸炭および再浸炭、電気アークおよび誘導炉)

電気アークおよび誘導炉セグメントは、間もなく注目すべきシェアを獲得する見込みです。 か焼石油コークスは高純度の固体炭素質材料であり、電気炉や誘導炉の建設に使用される電極の製造に使用されます。例えば、黒鉛電極の製造に使用される焼成石油コークスは、鍛造製錬炉で 1400°C 以上の温度で製造され、炭素含有量は約 98% です。

また、電極は電気炉に電気を流すための装置であり、主に鉄鋼の製造プロセスに使用されます。 さらに、電気アーク炉は主に鉄または非鉄金属の溶解または抽出に使用されますが、鋼の製錬にも使用できます。特殊工具鋼、航空鋼、ステンレス鋼などは、厳密な化学組成と優れた機械的性能を必要とするためです。

さらに、か焼された石油コークスは、炭素含有量が高く、コークスのグレードが低いため、製鋼時の炭素レベルのバランスをとるために浸炭および再浸炭プロセスで頻繁に使用されます。

焼成石油コークス市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

エンドユーザー別

  • 浸炭および再浸炭
  • 電気アークおよび誘導炉

グレード別

  • アノード
  • ニードル

アプリケーション別

  • アルミニウム
  • TiO2
  • 鉄鋼
  • 塗料およびコーティング
  • 肥料
  • 金属


growth-drivers

焼成石油コークス市場:成長要因と課題

焼成石油コークス市場の成長要因ー

  • 金属産業における焼成石油コークスの採用の増加 – 焼成石油コークスは主に冶金工場や鋳物工場で、特殊高炭素鋼の製造に使用するアルミニウムを溶解するために使用されます。 鋳造工場でカーボンを製造し、さまざまなカーボンおよびグラファイト製品を製造するためのカーボン上昇剤します。
  • 発電用のペットコークスの使用 - 石油コークスは、発電所で電気を生成するための燃料として広く使用されています。 たとえば、世界中で生成されるペットコークスの 75% 以上は燃料グレードとして分類されており、発電に使用されています。
  • セメント窯での使用量の増加 - 焼成石油コークスは、添加剤として炭素繊維と組み合わせてセメント産業のエネルギー源として利用される導電性セメントモルタルを作成できる導電性物質です。 たとえば、世界中のセメント窯で使用される燃料の 78% 以上が従来の化石燃料であり、石油コークスがこの合計の 40% 以上を占めています。
  • 原料としての焼成石油コークスの応用 - ペットコークスは、カーボンブラシ、グラファイト電極、その他の炭素製品を含む、さまざまな炭素製品の製造における原料として使用されます。 さらに、空気や水を浄化するために使用される活性炭の製造にも使用され、塗料、インク、ポリマーの製造にも利用されます。

当社の焼成石油コークス市場 調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • 特定地域での石炭採掘の禁止 - 石炭採掘事業に関連した環境への重大な悪影響が広範囲にわたる劣化と住民の大規模な立ち退きをもたらしてきた長い歴史があるため、世界中の多くの国が石炭からの撤退を進めています。 さらに、気候変動への懸念よりも経済的配慮が、この新規炭鉱の一時停止の主な要因であり、同様に石炭由来の焼成石油コークス(CPC)市場の成長に影響を与えると予想されています。
  • 地政学的緊張やサプライチェーンの混乱などのいくつかの要因に起因する原材料価格の変動です。
  • 高炭素含有量に伴う環境懸念により、よりクリーンな代替品への需要が高まる可能性があります。

inside-report-bg
Calcined Petcoke Market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Emirates Global Aluminium(EGA)は、英国の石油・ガス会社 BP p.l.c と提携して、生成される二酸化炭素の量を削減し、さまざまなサプライヤーから入手するか焼石油コークスの品質と排出量を最適化する方法を見つけて作成しました。
  • EIG Global Energy Partners は、Novonor およびブラジル開発銀行 (BNDES) と協力して、ブラジルの石油およびガス ソリューション プロバイダーである Ochan Participações (Obian) を買収し、新たな機会を創出し、Ochan を新たな発展段階に導きました。
  • Japan Petroleum Exploration Co., Ltd. (JAPEX)は、液化天然ガス (LNG) の供給を得るために ADNOC Gas と契約を締結しました。これは、特にアジアの LNG 市場における同社の世界的な拠点の拡大を示しています。 さらに、500百万米ドルを超えるこの5年契約により、日本はADNOCにとって石油およびガス製品の最大の海外輸入国となります。
  • 2023 年 11 月、製鉄などの重工業を脱炭素化すると発表されました。日韓両国は水素とアンモニアの開発で協力し、アンモニアと水素の安定供給を保証するサプライチェーンを構築する案を発表するとみられます。

焼成石油コークス市場を支配する注目の企業

top-features
  • Indian Oil Corporation Ltd.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主要製品提供
    • 財務実績推移
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近開発
    • 地域存在感
    • SWOT分析
  • Japan Petroleum Exploration Co., Ltd. (JAPEX)
  • Rain Industries Limited
  • NingXia Wanboda Carbons and Graphite
  • India Carbon Limited
  • Weifang Lianxing New Material Technology Co., Ltd.
  • Aluminium Bahrain
  • Oxbow Corporation
  • Shandong Zhongyang New Material Technology Co., LTD.
  • Emirates Global Aluminium (EGA)
  • EIG Global Energy Partners

レポートで回答された主な質問

Ques: 焼成石油コークス市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 世界中で原油生産が増加していることと、グリーン環境を構築するのに政府の取り組みの拡大が、市場の成長を促進する主な要因です。

Ques: 予測期間中に焼成石油コークス市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: 焼成石油コークス市場規模は、2024 ― 2036 年の予測期間中に 5% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、焼成石油コークス市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: アジア太平洋地域の市場は、2036 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはさらに多くのビジネス機会がもたらされると予想されています。

Ques: 焼成石油コークス市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Rain Industries Limited、NingXia Wanboda Carbons and Graphite、India Carbon Limited、Weifang Lianxing New Materials Technology Co., Ltd.、Aluminum Bahrain、Oxbow Corporation、Shandong Zhongyang New Materials Technology Co., LTD です。

Ques: 焼成石油コークス市場のグレードセグメントで最大市場の規模を獲得しているのはどのセグメントですか。

Ans: アノードセグメントは、2036 年末までに最大市場の規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。