について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

バルクコンテナ包装市場調査の製品タイプ別(バルクコンテナ、バルクコンテナライナー、フレキシタンク、その他)、材料別(プラスチック(PP、PVC、LLDPE、LDPE、HDPE、その他)、金属、木材、板紙、繊維、その他)、エンドユーザー別(食品・飲料、石油・潤滑油、塗料・染料、医薬、その他)分析 - 世界の需給分析と機会展望2023-2033年

RFP提出
レポート: 4512 | 公開日: November, 2022

バルクコンテナ包装市場 調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2033年)

バルクコンテナパッケージングの世界市場は、予測期間である2023年から2033年にかけて年率10%で成長し、2033年末には3500万米ドルの収益を獲得すると推定されます。また、2022年の売上高は2,000万米ドルでした。市場の成長は、バルク貨物の需要を押し上げる国際海上貿易の上昇に起因することができます。例えば、2018年には、世界の商船隊に約3000万トンのバルク貨物が積載されました。

プラスチックベースのパッケージングソリューションに対する需要の急増や、世界的なプラスチックの生産量の増加など、世界のバルクコンテナパッケージング市場の動向は、予測期間中に市場の成長にプラスの影響を与えると予測されています。例えば、世界のプラスチック総生産量は、2020年には約3億5,000万トンであると推定されています。さらに、貨物輸送サービス指数(TSI)の上昇とガソリン需要の活況は、予測期間中の市場成長をさらに押し上げると予想されます。運輸統計局が提供する統計によると、TSI指数は2021年8月から2022年8月にかけて5.0%上昇しました。したがって、これらのすべての要因は、予測期間にわたって市場の成長を高めると推定されます。


バルクコンテナ包装市場  : 主な洞察

基準年

2022

予測年

2023-2033

CAGR

~10%

基準年の市場規模(2022年)

~2,000万米ドル

予測年市場規模(2033年)

~35百万米ドル

バルクコンテナパッケージングの世界市場の地域別概要

地域別に見ると、バルクコンテナパッケージングの世界市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域を含む5つの主要地域に分けて調査されています。これらの市場のうち、アジア太平洋地域の市場は、2033年末までに最大の市場シェアを占めると予測されています。この地域の市場成長は、零細・中小企業(MSME)の増加や中産階級の人口増加に起因しています。インド・ブランド・エクイティ財団(IBFE)が発表したデータによると、インド全体のMSME産業における輸出シェアは2021年には49.4%近く、2020年には49.8%とされています。したがって、予測期間中に市場は指数関数的に成長することが予想されます。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Bulk-Container-Packaging-Market-Growth

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場細分化

バルクコンテナパッケージングの世界市場は、さらに地域別に以下のように分類されます。

  • 北米(アメリカ、カナダ) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米諸国) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会展望
  • ヨーロッパ(イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、ノルディック(フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、アイルランド、スイス、オーストリア、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)、市場規模、前年比成長率、マーケットプレイヤーズ分析、市場機会の展望
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、シンガポール、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域) 市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、機会損失見通し
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率、市場プレイヤーの分析、市場機会の展望

世界のバルクコンテナパッケージング市場の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

製品タイプ別

  • バルクコンテナ
  • バルクコンテナライナー
  • フレキシタンク
  • その他

材料別

  • プラスチック
  • PP
  • PVC
  • LLDPE
  • LDPE
  • 高密度ポリエチレン
  • その他
  • 金属
  • 木材
  • 板紙
  • 繊維
  • その他

エンドユーザー別

  • 食品・飲料
  • 石油・潤滑油
  • 塗料・染料
  • 医薬品
  • その他


growth-drivers

世界のバルクコンテナパッケージング市場 成長ドライバーと課題

成長ドライバー

  • 市場成長を後押しするアルコール輸出の拡大世界銀行が提供するデータによると、2019年の国別アルコール輸出量(リットル)は、中国(24,063,200)、シンガポール(2,119,260)、EU(87,137,400)、アメリカ(17,728,200)、ドイツ(21,724,500)などとなっています。
  • アルコールは、その土地の文化や雰囲気に大きく影響され、国によって製造方法が異なります。しかし、その土地特有のお酒を輸出入することで、経済が活性化し、遠くの国の人たちにも飲んでもらえるような味を流通させることができるのです。例えば、2022年、インドは約2億5000万ドル相当のアルコール飲料を輸出した。
  • 世界的な工業用化学品の出荷量の増加。 2022年現在、世界の化学産業の総収入は約4500億ドルであり、さらに中国と米国のシェアはそれぞれ約45%と12%と推定される。
  • 食品の輸出入の増加世界銀行の統計によると、2021年の食品輸出(商品輸出に占める割合)は9%、食品輸入は8%とされている。
  • 世界中で急増するスパイスの需要例えば、2021-22年のスパイス製品の総輸出量は、インドだけで約4億米ドルと推定される。

課題

  • COVID-19によるサプライチェーンの衰退
  • 初期投資の負担が大きい
  • 出荷期間が長いため、製品にダメージを与える可能性

バルクコンテナ包装の世界市場は、エンドユーザー別に食品・飲料、石油・潤滑油、塗料・染料、医薬品、その他に需要・供給を区分・分析し、このうち食品・飲料セグメントが予測期間中に顕著な成長を見せると予測されます。このセグメントの成長は、食品・飲料業界におけるバルクコンテナの大きな利用が原因であると考えられています。2022年時点で、食品・飲料セグメントから生み出される総収入は、およそ7億5000万ドルに達すると推定されます。  

inside-report-bg
Bulk-Container-Packaging-Market-Analysis
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  • Amcor Limited が、業界をリードするサステナビリティの実践に対して EcoVadis メダル(金賞)を受賞。このメダルは、Amcor Limited がその分野の全企業の上位 5% に入ることで、その幅広い活動を示すために授与されたものです。
  • 産業用パッケージングと製品サービスのリーディングカンパニーであるGreif, Inc.が、ブラジルを拠点とする持続可能で高性能なジェリカンを発売しました。このジェリカンは、化学薬品、フレーバー、農薬、香料、飲料の包装用に発売されます。

バルクコンテナパッケージングの世界市場を支配する注目のトップ企業

top-features
  • Hoover Circular Solutions

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Greif, Inc.
  • MAUSER Corporate GmbH
  • Berry Global Co., Ltd.
  • Winpac
  • Sealed Air Co., Ltd. 
  • DS Smith Plc
  • International Paper Company
  • Bemis Manufacturing Company
  • Amcor Limited