について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

空港手荷物スクリーニングシステム市場調査ー製品タイプ別(高度なイメージングシステム、コンピューター断層撮影システム、爆発物検出システム、X線システム);手荷物の種類別(手荷物、機内手荷物)によってセグメンテーション-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年

RFP提出
レポート: 1560 | 公開日: May, 2022

空港手荷物スクリーニングシステム市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2019-2027年)

市場概要

空港の手荷物スクリーニングシステムは、電子機器の助けを借りて手荷物を監視またはチェックするために使用されるスクリーニングシステムの一種です。これらのシステムは、荷物が航空機に引き渡される前に適切に検査される空港で使用されます。スクリーニングシステムは、人口の間で安全保障上の懸念が高まっているため、世界中で大きな認識を得ています。製造業者は、手荷物スクリーニングシステムの技術的進歩をより重視していることが観察されています。この強調は、運用を効果的に実行でき、空港のパフォーマンスを高めることができるという事実によるものです。新しい空港の開発に伴い、手荷物スクリーニングシステムの機能は最終的により重要になっています。セキュリティ上の懸念の高まりと、金属探知機が非金属物体や爆発物を検出しなかったため、多くの空港は高度なスクリーニング技術と手順を実装することを余儀なくされています。これらの技術は、爆発物や非金属兵器の手荷物や荷物をスクリーニングするために実装されています。

市場規模と予測

世界の空港手荷物スクリーニングシステム市場は、予測期間、すなわち2019-2027年に約6%のCAGRを予測していると予想されています。航空旅行の需要の高まりと航空交通量の増加は、市場の成長を牽引すると予想されます。これらのスクリーニングシステムのメーカーは、効率的な手荷物スクリーニングシステムの開発と提供にますます注力しています。既存の手荷物検査プロセスの改善は、空港の性能と効率を同時にサポートすることができます。 2011 年以前は、航空機に対する 3 種類の攻撃 (爆撃のハイジャックと強盗) が非常に一般的でした。3種類の攻撃すべてにおいて、人や物が乗った民間航空機が主要な標的でした。その結果、安全性を高めるためにスクリーニングシステムが導入されました。米国運輸省(DOT)の乗客数予測と、運輸保安局(TSA)の過去および予測された乗客スクリーニング統計を組み合わせると、セキュリティスクリーニングシステムは2017 年と比較して2018年に3.5%増加すると予想されています。


地域別

地域に基づいて、空港手荷物スクリーニングシステム市場は、北米ヨーロッパ、アジア太平洋ラテンアメリカ、中東およびアフリカを含む5つの主要地域に分かれています。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Airport-Baggage-Screening-System-Market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

北米の空港手荷物スクリーニングシステム市場は、この地域の主要な市場プレーヤーの存在により、急速な成長を目撃すると予想されます。長年にわたり、世界中で攻撃やテロの脅威が増えているため、この地域の空港セキュリティシステムに多額の投資が行われてきました。北米は、空港手荷物スクリーニングシステム市場の主要地域の1つであり、予測期間中も優位性を維持すると推定されています。

アジア太平洋地域では、この地域の空港インフラの整備とアップグレードにかかる費用の増加により、空港手荷物スクリーニングシステム市場も大幅に成長すると予想されています。この地域では、多くのテロリストの脅威があり、各国政府にセキュリティ対策の改善を余儀なくされています。 これらすべての要因に起因する地域は、空港の手荷物スクリーニングシステムを製造する企業にとって非常に有益になっています。

市場セグメンテーション

世界の空港手荷物スクリーニングシステム市場に関する当社の詳細な分析には、以下のセグメントが含まれます。

製品タイプ別

  • 高度なイメージングシステム
  •  コンピュータ断層撮影システム
  • 爆発物探知システム
  •  X線システム

ゲッジタイプ別

  • 手荷物の預かり
  •  機内持ち込み手荷物

世界の空港手荷物検査システム市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国とカナダ)市場規模前年比成長率と機会分析
  • ラテンアメリカ (ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)市場規模前年比成長率と機会分析
  • 欧州 (ドイツ 英国 フランス イタリア スペイン ベネルクス 北欧 ハンガリー ポーランド トルコ ロシア その他のヨーロッパ) 市場規模 前年比成長率と機会分析
  • アジア太平洋地域 (中国 インド 日本 韓国 インドネシア マレーシア オーストラリア ニュージーランド その他のアジア太平洋地域)市場規模前年比成長率と機会分析。
  • 中東/アフリカ( イスラエルGCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)の市場規模、前年比成長率、機会分析。


growth-drivers

成長の原動力と課題

  • 増大するテロの脅威

増大するテロの脅威と空港事件により、爆発物探知システムは空港で個人の安全を確保する主要な機器となっています。他のスクリーナーよりも高い画質を提供する空港手荷物スクリーニングシステムは、手荷物内の爆発物武器や密輸品の検索中に重要な要素となっています。手荷物スクリーニングのこれらすべての利点は、爆発物検出およびスクリーニングシステムを採用する空港の数の増加をもたらしました。これらはすべて、手荷物スクリーニングシステム市場の成長に貢献しています。

  • スマートセキュリティイニシアチブ

スマートセキュリティイニシアチブは、乗客の遅延を最小限に抑え、空港の検問所で高度なセキュリティを維持することを目的としています。空港は、チェックポイント全体の乗客と手荷物の流れを改善するために、革新的で高度な技術を取り入れています。今日、多くの空港では、空港内の爆発物や非金属物を検出することを目的として、高度な機内持ち込み手荷物X線装置の新しいスループットプロセスと空港前チェックを採用しています。空港にこのようなIT技術が加わったことで、市場への新たな投資が集まっています。

さらに、米国運輸保安局(TSA)は、既存の検問所と受託手荷物のスクリーニング技術を改善し、検出能力と効率を向上させています。これらの技術には、高度なイメージング技術X線スキャン爆発物検出システムおよび爆発物痕跡検出システムが含まれる。このような開発は、空港手荷物スクリーニングシステム市場の成長を牽引すると予想されます。

  • 高いスクリーニング費用

スクリーニングシステムに関連する高いコストは、市場の成長に重大な脅威をもたらします。高い設置コストと定期的なメンテナンスとアップグレードにより、予測期間中の市場の成長が制限されます。空港の手荷物スクリーニングシステム市場は、すべてのプレーヤーが大きな市場シェアを獲得するために競争しており、非常に競争しています。ベンダーは、コスト製品品質の信頼性とアフターマーケットサービスに基づいて競争するさまざまな要因で競争します。ベンダーにとって、競争の激しい市場環境で生き残り、成功するために、費用対効果が高く高品質の空港手荷物スクリーニングシステムを提供することは非常に困難です。

これは、市場の新しいプレーヤーにとっての課題であり、空港手荷物スクリーニングシステム市場の成長にとっての挑戦的な要因となります。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

市場を支配するトッププレーヤー:

top-features
  • american science and engineering

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Analog Co., Ltd.
  • Astrophysics Co., Ltd.
  • CEIASpA
  • Girardoni SpA
  • glide path group
  • L3 Security & Detection System
  • lapiscan system
  • smith detection
  • Other notable players