について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

農業用ドローン市場調査世界の歴史的成長(2012-2016年)と将来の展望(2017-2024年)需要分析と機会評価

RFP提出
レポート: 462 | 公開日: April, 2023

農業用ドローン市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2017-2024年)

農業用ドローン市場の概要

農業用ドローンは、センサーGPSやデジタル画像レコーダーなどの追加技術を備えたマルチロータードローンの一種です。農業用ドローンは、農家が作物の成長を監視し、すべての畑の生産を改善するのに役立ちます。さらに農業用ドローンには制御装置が設けられており、種散布作物健康監視、作物偵察、その他の農業作業など様々な農業作業を行うことができる。農業用ドローンは、精密農業や、作物のより良いケアを保証するために農家を支援するために使用されます。さらに、農業用ドローンは、作物の成長やその他の作物の変化を監視する機能を備えているため、作物管理に最適なソリューションです。さらに、高度な農業用ドローンは、気象条件の変化に応じて反応し、人工知能を使用して視界やペイロードの変化に対応します。農業用ドローンの性能と能力を向上させるためのイノベーションは、大きなトレンドです。

市場規模と予測

世界の農業用ドローン市場は、予測期間(2017年から2024年)にわたって30.2%の堅調な年平均成長率(CAGR)で成長すると予想されています。農業用ドローンの世界市場は、2016年に約3億米ドルの収益を上げ、予測期間の終わりまでに約37億米ドルの評価額に達すると予想されています。さらに世界の農業用ドローン市場は、作物全体の生産を改善するための精密農業の必要性の高まりと相まって、人口の咲き誇る背景に成長すると予想されます。農耕ロボットをはじめとする先端技術の作物畑へのさらなる普及は大きな潮流です。

 

地域別では、世界の農業用ドローン市場は、北米、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカ地域を含む5つの主要地域に分かれています。これらの地域の中で、北米は農業用ドローンの最大の市場であり、予測期間中に著しい成長を経験すると予想されています。さらに、この地域、特に米国における高度な農業技術の高い採用率は、この地域の農業用ドローン市場の成長を促進する可能性が高い重要な要素です。さらに、作物の偵察種子散布やフィールドマッピングなどの農業用途における農業用ドローンの使用の増加と相まって、精密農業の利点に対する意識の高まりは、北米地域の農業用ドローン市場の拡大を促進することも期待されています。

さらに、アジア太平洋地域は、先進技術の採用の増加や、この地域の農業用途向けの費用対効果の高い農業用ドローンを開発するための複数の企業による投資の増加などの要因により、予測期間中に目覚ましい成長を経験することが想定されています。


本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Global-Agriculture-drones-market-share-demand-size-growth

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

世界の農業用ドローン市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

製品別

  • 固定翼ドローン
  • マルチロータードローン
  • ハイブリッドドローン
  • その他のマルチロータードローン(マイクロドローン)

コンポーネント別

  • ハードウェア
    • 電池
    • センサー
    • コントローラ
    • その他(カメラ) 
  • ソフトウェア
    • データ管理
    • データ分析
    • イメージングソフトウェア
    • マッピングソフトウェア

アプリケーション別

  • フィールドマッピング
  • 株式会社経営
  • 散布(種子農薬)
  • 作物スカウト
  • 家畜モニタリング
  • 余人

地域別

世界の農業用ドローン市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国、カナダ)市場規模、前年比成長率 市場規模、前年比成長率&機会分析、将来予測&機会分析
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のLATAM地域)の市場規模、前年比成長率、将来予測、機会分析
  • 欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベネルクス(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)、ノルディック(ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド)、ポーランド、ロシア、その他欧州)市場規模、前年比成長、将来予測、機会分析
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、マレーシア、インドネシア、台湾、香港、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)、市場規模、前年比成長率、将来予測、機会分析
  • 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)、市場規模、前年比成長、将来予測、機会分析


growth-drivers

成長の原動力と課題

農業用ドローンの世界市場は、主に、その追加の利点のための正確な農業に対する意識の高まりによって推進されています。さらに、農業用ドローンは、非常に大きな耕作地での作物監視に最適なソリューションです。さらに、作物偵察フィールドマッピングや種子肥料&農薬散布などの農業ドローンの他の用途は、これらの農業ドローンを農業部門でより受け入れやすくしている主な要因の一部です。さらに、農業用ドローンのこれらの追加の利点は、近い将来、世界の農業用ドローン市場の成長を促進する可能性があります。

バッテリー耐久性を向上させるための農業用ドローンによるこの技術的進歩とは別に、制御も世界の農業用ドローン市場の成長を牽引している重要な要素です。平均的な農家が購入できる費用対効果の高い農業用ドローンを生産するための大手企業によるこの高い投資に加えて、近い将来に農業用ドローンの需要をエスカレートさせると予想される重要な要素です。  

さらに、余分なペイロードと長い土地被覆を運ぶ能力による固定翼ドローンの普及率の上昇は、世界の農業用ドローン市場の成長の背後にある動的な要因です。しかし、インドやネパールなどの国々における農業用ドローンの使用制限は、世界の農業用ドローン市場の成長を妨げる大きな要因です。この認識の欠如と訓練を受けたドローンのパイロットの入手不能に加えて、世界の農業用ドローン市場の成長を抑制することも期待されています。

inside-report-bg
Global-Agricultural-drones-market-share-demand-size-growth-trends
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

キープレーヤー

top-features
  • Aerovironment Co., Ltd.

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • DJI Innovation
  • israel aerospace industry
  • precision hawk
  • Aum SA
  • Trimble Navigation Co., Ltd.
  • Micro Drone GmBh
  • 3D robotics
  • ibotics
  • dragonfly innovation
  • copter cam
  • Cyber ​​Hawk Innovation Co., Ltd.