について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

マイコプラズマ検査市場調査ー規模とシェア、アプリケーション別 (細胞株、ウイルス検査)、 技術別、製品とサービス別、エンドユーザー別– 世界の需要と供給の分析、成長予測、統計レポート 2023ー2035 年

RFP提出
レポート: 4969 | 公開日: June, 2023

世界のマイコプラズマ検査市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2023-2035年)

マイコプラズマ検査市場規模は、2035年末までに最大20億米ドルを超えると予想されており、2023ー2035年までの予測期間中に、最大12%のCAGRを記録します。2022 年のマイコプラズマ検査業界の規模は 840百万米ドルでした。当社のマイコプラズマ検査市場調査によると、バイオシミラーや生物製剤の需要の高まりにより、市場は成長しています。生物製剤およびバイオシミラーの製造には、細胞培養培地、成長因子、添加剤などのさまざまな原材料の使用が必要です。これらの物質はマイコプラズマ汚染の潜在的な原因となります。これに対応して、これらの原材料のより安全な使用を保証するために、マイコプラズマ検査が重要になります。

さらに、臨床試験のグローバル化の高まりは、マイコプラズマ検査市場の成長に新たな機会をもたらします。世界は国際協力を通じて研究イニシアチブを促進しています。これにより、細胞株、サンプル、試薬が国家間で交換されることになり、マイコプラズマ汚染のリスクが高まります。したがって、このテストは、共有マテリアルの完全性を維持するために使用されます。


世界のマイコプラズマ検査市場: 主な洞察

基準年

2022年

予測年

2023-2035年

CAGR

~12 %

基準年市場規模(2022年)

約840百万米ドル

予測年市場規模(2035年)

約20億米ドル

地域範囲

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ (メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
  • アジア太平洋 (日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、その他のアジア太平洋)
  • ヨーロッパ (英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、北欧、その他のヨーロッパ)
  • 中東およびアフリカ (イスラエル、GCC 北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

世界のマイコプラズマ検査市場の地域概要

北米市場統計

当社のマイコプラズマ検査市場調査によると、北米のマイコプラズマ検査市場は、2035年末までに約37%のシェアを獲得し、最大規模になる見込みです。さまざまなバイオテクノロジー企業や製薬企業の存在と研究開発への投資の増加により、新薬や抗体、組換えタンパク質、細胞ベースの治療法の開発が促進されるです。これらの製品の安全性と品質を確保するために、マイコプラズマ検査の必要性もそれに応じて増加しています。米国保健福祉省は、医薬品有効成分(API)、抗生物質、必須医薬品の開発におけるバイオマニュファクチャリングの役割を拡大するために、40百万米ドルを投じる予定です。

アジア太平洋市場分析

アジア太平洋地域のマイコプラズマ検査市場は 2 番目に大きいと推定されており、予測期間中に約 26% のシェアを記録します。感染性物質の影響に関する知識の増加と、バイオセーフティの質を向上させるために医療機関によって施行されている規制により、マイコプラズマ検査の需要が高まっています。WHO 東南アジア地域事務局 (SEARO) は、バイオセーフティを支援するために、感染性物質の輸送とバイオリスク評価に焦点を当てた 2 つの地域訓練を企画しました。

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Mycoplasma testing market

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

ヨーロッパ市場予測

さらに、当社のマイコプラズマ検査市場調査によると、ヨーロッパの市場は、2023 年から 2035 年にかけて注目すべきシェアを占めると予測されています。この地域のマイコプラズマ検査市場の成長は、すべてのバイオテクノロジー企業および製薬会社による適正検査基準 (GLP) および適正製造基準 (GMP) の厳格な順守によるものです。したがって、マイコプラズマ検査は、製品の安全性を確保するためにこれらの実践に不可欠な要素であると考えられています。

世界のマイコプラズマ検査市場セグメンテーション

アプリケーション別 (細胞株、ウイルス検査、生産終了検査)

当社のマイコプラズマ検査市場調査によると、細胞株セグメントは、2035 年には最大約 55% の最大の市場シェアを獲得すると推定されています。モノクローナル抗体の需要の高まりにより、この部門の成長が期待されています。たとえば、モノクローナル抗体は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を抑制するのに効果的であることが証明されています。REGEN-COV などの抗 SARS-CoV-2 モノクローナル抗体は、国内の接触者の感染を防ぎ、新型コロナウイルス感染症に関連した入院や死亡のリスクを軽減することに成功しています。モノクローナル抗体産生に使用される細胞株をテストすることで、マイコプラズマ汚染と細胞増殖および抗体発現の妨害を確実に防止します。

技術別(PCR、ELISA、微生物培養、酵素法)

PCR セグメントは、2035 年には約 40% という大きなシェアを獲得すると予想されています。PCR 技術は、さらに汚染された DNA を分離することによって、さまざまな種のマイコプラズマを認識します。PCR (ポリメラーゼ連鎖反応) 技術によって得られる結果は信頼性が高く、さらに、結果がすぐに得られ、この技術は使いやすいです。

世界のマイコプラズマ検査市場の詳細な分析には、次のセグメントが含まれます。

アプリケーション別

  • 細胞株
  • ウイルス検査
  • 生産終了検査

技術別

  • PCR
  • ELISA
  • 微生物培養
  • 酵素法

製品およびサービス別

  • アッセイ、キット、試薬
  • 機器
  • サービス

エンドユーザー別

  • バイオ医薬品会社
  • 細胞バンク
  • 受託研究機構(CROs)


growth-drivers

世界のマイコプラズマ検査市場:成長要因と課題

マイコプラズマ検査市場の成長要因:

  • 細胞培養汚染に関連して高まる懸念 ーマイコプラズマは細胞培養を汚染する細菌であり、マイコプラズマ検査は細胞汚染と研究への悪影響を防ぐために不可欠なステップです。FDA、ATCC、およびその他の研究によると、今日のすべての細胞培養の約 5ー30% がマイコプラズマ種のみに感染しています。ある 1 つのケースでは、一般的な細胞株のウイルス汚染率が 25% を超えました。
  • 医薬品の研究開発活動における支出の増加ー細胞培養の複雑さが増し、品質管理措置の一環としてマイコプラズマ検査の必要性も高まるため、支出の増加はより複雑で高度な研究プロジェクトにつながります。薬学研究における世界の研究開発支出は、2021年に約2,380億米ドルに達しました。
  • マイコプラズマ検査における技術の進歩ー技術革新により、マイコプラズマ検査の効率と精度とアクセスしやすさが向上し、業界に有利な機会がもたらされました。たとえば、ザルトリウスは、培養不可能なマイコプラズマの汚染も早期に検出できる Micorsart マイコプラズマ qPCR 検出アッセイを開発しました。

当社のマイコプラズマ検査市場調査によると、以下はこの市場の課題です。

  • マイコプラズマ検査の高額な費用 ー多くの研究機関や学術機関では予算が限られていることが多く、マイコプラズマ検査の高額なコストがその使用を妨げ、市場の成長を妨げる可能性があります。たとえば、生体サンプルのコストは約 125 米ドル、患者検体のコストは約 210 米ドルです。
  • 熟練した技術者が不足しています
  • 既存ブランドへの高い忠誠心が新規参入の機会を制限しています

inside-report-bg
Mycoplasma testing market Survey
本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

  1. 2022 年 10 月: SwiftDx は、新しいマイコプラズマ汚染検査の開始を発表しました。PCR法を応用した側方流動検査です。より使いやすく、数分以内に正確な結果が得られます。このテストはCambridge大学によって完全に評価され、検証されています。
  2. 2023 年 4 月: Agathos Biologics は、ライフサイエンス分野の研究向けの高度な分析試験サービスの開始を発表しました。デジタル PCR (dPCR) テクノロジーを採用し、核酸測定において最も正確な感度と精度を提供します。

世界のマイコプラズマ検査市場を支配する注目の企業

top-features
  • Thermo Fisher Scientific, Inc.
    • 会社概要
    • 事業戦略
    • 主な製品
    • 財務実績
    • 主要業績評価指標
    • リスク分析
    • 最近の開発
    • 地域プレゼンス
    • SWOT分析
  • Merck KGaA
  • Lonza Group Ltd.
  • PromoCell GmbH
  • Asahi Kasei Corporation
  • Sartorius AG
  • InvivoGen
  • Eurofins Scientific
  • SwiftDx
  • Agathos Biologics

レポートで回答された主な質問

Ques: マイコプラズマ検査市場の成長を促進する主な要因は何ですか?

Ans: 新しいバイオテクノロジー研究への支出の増加、マイコプラズマ検査技術の進歩、研究のグローバル化が市場の成長を推進する主な要因です。

Ques: 予測期間中にマイコプラズマ検査市場のCAGRはどのくらいですか?

Ans: マイコプラズマ検査市場規模は、2023ー2035年までの予測期間中に、最大12% の CAGR に達すると予想されます。

Ques: 将来、マイコプラズマ検査市場の成長に向けてより多くのビジネス機会を提供するのはどの地域ですか?

Ans: 北米地域の市場は、2035 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されており、将来的にはより多くのビジネス チャンスがもたらされます。

Ques: マイコプラズマ検査市場で支配的な主要企業はどれですか?

Ans: 市場の主要プレーヤーは、Thermo Fisher Scientific, Inc、Merck KGaA、Lonza Group Ltd.、PromoCell GmbH、Asahi Kasei Corporation、Sartorius AG、InvivoGen、Eurofins Scientific、SwiftDx、および Agathos Biologics です。

Ques: 会社概要はどのように選ばれるのでしょうか?

Ans: 企業概要は、製品セグメントから生み出される収益、収益創出能力を決定する企業の地理的存在、および企業が市場に投入する新製品に基づいて選択されます。

Ques: マイコプラズマ検査市場のセグメントは何ですか?

Ans: 市場はアプリケーション、技術、製品とサービス、エンドユーザーによって分割されています。

Ques: マイコプラズマ検査市場のアプリケーションセグメントで最大の市場規模を獲得しているのはどのセグメントですか?

Ans: 細胞株セグメントは、2035 年末までに最大の市場規模を獲得すると予想されており、大きな成長の機会が見られます。


Ques: 市場の成長に影響を与える課題は何ですか?

Ans: 熟練労働者の不足と検査コストの高さが、市場拡大の成長を阻害する要因であると推定されています。