について info@researchnester.jp +81 505 050 8480
report-banner

シーリングライト市場調査グローバルな需要分析と機会の見通し2023年

RFP提出
レポート: 246 | 公開日: June, 2023

シーリングライト市場調査、規模、傾向のハイライト(予測2017-2023年)

シーリングライトの世界市場概要

シーリングライトは、一般的な照明を提供するために一般的に利用されており、主要な人口密集地域や天井の低い部屋で非常に人気があり、実現可能です。これらは基本的に天井と接続されている照明器具です。過去数年間で、高度な照明システムは、その強化されたデザインと技術により、ヘルスケア企業や住宅など、多くの分野で重要性を確立していることが通知されています。

世界中の都市化の急速なペースと投資の増加に裏打ちされたインフラ施設の増加は、世界中でシーリングライトの大きな需要を生み出している主な要因です。企業部門の拡大と、これらの部門におけるモジュール式でコンパクトなシーリングライトの需要の高まりは、シーリングライトの世界的成長を後押ししました。さらに、シーリングライトの主要プレーヤーは、さまざまな最終用途向けにエネルギー効率が高く、より明るいシーリングライトの製造に注力しています。一方、世界中の住宅および商業部門の改造により、シーリングライトの需要が高まっています。

エネルギー効率が高くコンパクトな照明システムを提供するための照明技術の分野における継続的な研究開発は、省エネシーリングライトの需要を促進しています。都市の人々の間でLEDのCFLなどの高度な照明技術へのこの成長傾向とは別に、さまざまな分野での省エネ照明システムへの懸念の高まりは、シーリングライト市場の成長を牽引する重要な要素の一部です。 

市場規模

と予測 世界のシーリングライト市場は、予測期間、すなわち2016-2023年に11.6%のCAGRを記録すると予測されています。さらに、天井タイル照明システムは、企業および商業部門におけるモジュラータイル照明システムの需要の増加により、予測期間中に指数関数的な成長を示すと予想されます。タイル照明システムのコンパクトなデザインとエネルギー効率の高い特性は、世界中でそのようなシーリングライトの需要を膨らませていることが観察されています。

アジア太平洋地域は、予測期間、すなわち2016年から2023年にかけて、世界中のシーリングライト市場全体の著しい成長を目撃すると予想されています。市場は主にインド、中国日本などの主要経済国からのシーリングライトの需要の高まりに牽引されています。都市化によるインフラ部門の急速な拡大は、今後7年間でアジア太平洋地域のシーリングライト市場を牽引すると予想されます。これに加えて、企業のヘルスケア住宅など、さまざまな最終用途部門におけるエネルギー効率の高い照明システムの採用の増加は、シーリングライト市場の成長を促進しています。 

ヨーロッパと北米は、この地域にハイテクと高度なインフラが存在するため、2023年までにシーリングライトの最大の市場になると予想されています。時代遅れの構造物の改造による北米地域の住宅部門の回復は、近い将来、シーリングライトの需要を刺激すると予想されます。さらに、中東地域は、予測期間、すなわち2016-2023年中に最も急成長している市場になると予想されています。巨額の投資によるインフラ設備の急速な開発は、新世代シーリングライトの需要をさらに刺激すると予想されます。これとは別に、中東地域で建設中の高級ホテルや企業ビルからのシーリングライトの需要の高まりは、2023年までかなりの速度でシーリングライト市場を拡大すると予想されています。


地域別

北米(米国カナダ)市場規模と前年比成長分析 中 南米(メキシコ、ブラジル、その他の中南米)市場規模と前年比成長分析 西 欧・東欧(ドイツ イタリア スペイン フランス イギリス ネルベクス ハンガリー 西欧 ロシア ポーランド 東欧他) 市場規模と前年比成長分析 アジア 太平洋(中国、インド、シンガポール、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア)

本レポートの詳細についてはこちら:
inside-report-bg
Global Cieling Market Demand

サンプル納品物ショーケース

Sample deliverables

調査競合他社と業界リーダー

過去のデータに基づく予測

会社の収益シェアモデル

地域市場分析

市場傾向分析

本レポートの詳細についてはこちら:

市場セグメンテーション

当社の詳細な分析により、世界のシーリングライト市場を以下のセグメントにセグメント化しました。

技術別

  • ハロゲン
  • 蛍光
  • CFL(コンパクト蛍光灯)
  • LED(発光ダイオード) 有機
  • EL(有機発光ダイオード)

インストール別

  • 吊り下げ
  • 照明システム タイル照明システム マウント
  • 照明システム

世界のシーリングライト市場は、地域に基づいて次のようにさらに分類されています。

  • 北米(米国・カナダ)市場規模、前年比成長率、機会分析
  • 中南米(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他の中南米)市場規模、前年比成長率、機会分析
  •  欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ&ルクセンブルグ、ノルディック、ポーランド、トルコ、ロシア、その他の欧州)市場規模、前年比成長率、機会分析
  •  アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)市場規模、前年比成長率、機会分析
  •  中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、UAE、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率と機会分析


growth-drivers

成長の原動力と課題

世界中で新世代のシーリングライトの人気が高まっていることは、シーリングライトの需要を膨らませる重要な要素の1つです。近代的で高度なインフラ施設の拡大につながっている不動産セクターへの投資の増加に加えて、消費者を引き付けるためにモジュラーシーリングライトの需要を増強しています。さらに、従来の電球よりもはるかにコンパクトでエネルギー効率の高いOLEDなどの高度な照明技術の導入は、世界中で牽引力を得ています。高度な照明技術はまた、より長い寿命と低消費電力を提供し、予測期間、すなわち2016-2023の間にシーリングライトの需要をさらに高めます。 

同様に、省エネ照明技術の採用に向けた政府のイニシアチブは、消費者に世界中で新世代のシーリングライトを採用するよう促しています。例えば、政府当局による照明システムメーカーに対するさまざまな補助金政策は、LEDおよびOLED照明システムのコスト削減に役立っています。

一方、CFLおよびLEDライトの製造に関する厳しい規制の存在は、新世代照明システムの高コストと未開発諸国での意識の欠如は、シーリングライト市場の成長を妨げている要因の一部です。

本レポートの詳細についてはこちら:

news-jp

ニュースで

キーパーソン

top-features
  • Jaguar Lighting 

          º  会社概要
          º  事業戦略
          º  主要製品
          º  業績
          º  主要業績指標
          º  リスク分析
          º  最近の展開
          º  地域プレゼンス
          º SWOT分析

  • Havells Wipro Siska
  • Lumen light and life
  • ChelsomCo., Ltd.
  • Surya Roshini
  • Rigman Lighting Co., Ltd.